旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

タグ:スフレチーズ ( 2 ) タグの人気記事

5.8キロのトマト

明日までお天気が良く、明後日からまとまった雨が降るらしいです。
貴重な晴れ、大切にしなきゃ、一日の始まりに窓を開けようとしたら、一番乗りのお客様がお見えでした。
c0226317_20434419.jpg

今年はよくアゲハチョウを見かけます。夕方、戸締りをする時も飛んでいました。


トマトは好きな野菜で、パクパク。何も付けないで頂きます。
c0226317_20492316.jpg

好きなのは、捥ぎりたての青臭いトマトが好きです。でも、完熟や少し熟してしまったのは商品にならないからとお客様からたくさん頂きます。
同じお天道様の下、トマトの時期も同じ頃で、同じ作物が次から次に・・・。
c0226317_2048431.jpg

好きだけど、好きだけど・・・トマト三昧で少し飽きて、消費が間に合わなくなると、ジャムに逃げます。

湯剥きして、ヘタを取って、測ると2.7キロ。もう一つは、3.1キロ。
大きな鍋があれば一度に作る事ができるのですが、二回煮ました。
トマトの甘さもあるので、入れる量の半分の砂糖をまぶし、水分を出し、火にかけ、甘みの調節。
レモンを道の駅で買ってあったので、2個入れました。

①2.7キロのトマト。
朝、湯剥きをしていると早朝のお客様お見えに、下に降りて行き、お仕事。お帰りになるとすぐに、作業再開。
剥いて、お砂糖をまぶし、少し煮た所で、仕事開始の8時間近。着替えなきゃ~~~。
着替え、仕事に。仕事が忙しく、昼食時間の12時半を過ぎても、二階に上がる事が出来ずに、13時25分。ようやく二階に上がり、トマトの鍋に着火。ミニトマトをパクパク。
10分煮るか煮ないうちに内線が。火を消し、下に。また二階に上がり、火をつけコトコトしようとすると内線。

無理だと諦め、氷で周りを冷やし荒熱を取り、鍋ごと冷蔵庫に。そして仕事に戻りました。

その日の夕方、夕食が終わるとすぐ煮て、ジャムの完成!


②3.1キロのトマト。
昨日の様な事がないように、もっと早く起きる。朝からの仕事を済ませ、二階に。
湯剥きをして、お砂糖をまぶし、水分が出たのでコトコト。もう少し煮たら完成と言う所で、8時間近。
着替えて下に降り、仕事をし、一段落したので二階に上がり、瓶の煮沸。
下からの内線に急いで出ようと、お湯でやけどしながら、内線に出ると、急遽発注忘れのお客様の所に配達に行かなくてはならないとのこと。
また火を止め、配達に。
配達から戻ると、また火をつけ、瓶詰めし、煮沸の為に瓶ごとにコトコト。完成!



種を取るのがホントは見た目が良いんでしょうけど、種位食べてあげなくちゃ、皮を捨てたんだからトマトに申し訳ない。
c0226317_20551248.jpg

作る時はたくさんあったトマトも、煮詰めていけばこの位。

これは、北九州の妹ともう一人の妹家族と祖父母、親戚の叔母さん宅に配りました。
もう一つのは、小さなタッパーに入れ、お客様とトマトを頂いた方に配りました。

トマトジャム意外にビックリされ、嬉しいです♪作り甲斐があります!!


暑くなると、シフォンをちょこちょこ焼いていたのをお休みして、冷たく冷やして頂けるお菓子に惹かれます。
何だか、無性にスフレチーズが食べたくて、朝から2台焼きました。
c0226317_2154840.jpg

クリームチーズとたまご。どちらかと言うと、とことん、ギリギリまでたまごの割合を多くしています。

食べる方によっては、すっご~くたまごの味がしますね!っておっしゃったり、たまご屋のたまごケーキですねっておっしゃる方もいらして、嬉しいです♪
c0226317_216282.jpg


さじを入れると、しゅわっとしっとり、そしてたまごの味。そして甘さ控えめ。なので、お連れのご主人様たちにも喜んで頂けました!
丁度母の弟も長崎から来ていたので、「これなら、食べられるよ~~~♪」と嬉しいお言葉を頂きました♪


今日、夕ご飯が済むと近所の方が見えられて、頂きました。初物です~~~♪
c0226317_21423750.jpg

分からないでしょ・・・鮎です。釣って来られたそうです!釣りはされるのに、お魚食べないそうです。
c0226317_21432578.jpg

鮎って骨も硬くないので、塩焼きにしても骨も全て食べてしまいます。
夕飯が済んでいたので、明日鮎のせごしと塩焼きにしましょう!ありがとうございます!!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-06-16 21:31 | 季節のお仕事

私の母の日

5月8日は、母の日でした。
母の日には毎年、洋服をプレゼントすると決めています。それも、私が普段買うお店で、母に似合いそうなのを買います。
私の母は、ラベンダー色や薄いピンクが良く似合うので、今年はラベンダー色のカーディガンを贈りました。去年は、マリンルックの青と白のボーダーのカットソーにパンツを付けて贈りました。
母にはいつまでも、母らしく元気で居て欲しいものです。

私のもうひとりの母、と言っても良い位の、お料理の先生には毎年、エプロンを贈ります。料理の先生は、エプロンが戦闘着。
先生67歳?68歳?だったかな?いつまでも、若く居て欲しいので、これまたお気に入りのお店で探します。絶対、先生が買う事も手に取る事もないような綺麗で、明るくて、料理するのもその前にエプロンをつけることまでもが楽しくなるようなエプロン探し。なかなか良いのがなくて大変ですが、楽しくもあり♪

先生のお宅にお邪魔する時は、何かしらお菓子を作って行きます。先生のご両親が先生から30分位の所に住んでいらっしゃるので、4人分のお菓子作り。で、何を作ろう~~~あっ、母の日だから、私の母の大好きなチーズケーキを作ろうと思い立ちました。もちろん、我が母の分にも1台。
c0226317_1933050.jpg

たまごたっぷりのスフレチーズ。
たまごのお陰で、高さが10cm以上のケーキになります。
これを2台、焼きました。このレシピは、たまごの味がするので、自分でも一口食べて唸ってしまう程美味しくて、家族も大好きなレシピで、以前先生宅にもお持ちしたらとっても喜んでくださったので。

c0226317_19295780.jpg

先生宅に行くと母は知っていたので、いつものごとく母は山にハチクを取りに行っていました。先生には、取ったその日のを食べて貰いたいけん、との事。だから、朝起きたら母の姿はなかったです。

チーズケーキ1台を包んで、祖父母の家に芍薬の花を頂きに行きました。先生と先生のお母さんに持って行こう♪
c0226317_19303622.jpg


先生宅に出発する20分前位に、頭に笹やくもの巣をつけた母が戻ってきました。ハチクをたくさん抱えて、車にたくさん乗せてくれました。孟宗竹とは違い、手でポキポキ。
孟宗竹が嫌いでも、ハチク好きな方結構多いです。養鶏場の肥やしがよく効いていて、ハチクは大収穫。汗かき、汚れまくっては、母はお客様に配っています。

そんな母に、『冷蔵庫開けてね~』と、言って出発しました。
c0226317_19455611.jpg

冷蔵庫には、スフレチーズをカットしておきました。草取りと庭の手入れをしている父と二人で休憩する時に食べて欲しくて、「今日は母の日、好きなだけど~ぞ」と、書いて貼ってきました。

先生宅に到着する直前位に、母からメールが。
「今、お父さんと食べてるよ。毎日が母の日でも良いよ~♪」って。


先生宅で今回作ったのは、
蕗の煮物・シジミご飯・野菜スープ・鮭のクリームコロッケ・イチゴのブッセ♪
c0226317_19511034.jpg


私イチゴのブッセ、初めて食べました。ブッセって、どんな意味なんでしょう?ブッセって、油もバターも使わずに、たまごの味がして、ふわふわ、しっとり。軽い、これ良いです。
c0226317_19531418.jpg

祖父にも良いと思います。

早速、翌日、先生のお宅ではグラニュー糖で作ったのをもちろん、喜界島粗糖に置き換えて作るつもりで、お昼休みになったら、急いでイチゴを買いに行こうと思っていました。

そう思っていたら・・・以前、金柑のジャムを下さった方の御主人が見えられて。
c0226317_1957831.jpg

「福岡から送って来たと、食べんね?」ってイチゴを頂いてしまいました♪

思わぬ頂き物にビックリ!喜んで作っちゃいました♪中は喜界島粗糖ですが、上には粉糖をかけました。喜界島粗糖でも出来るのかしら??
c0226317_2005630.jpg

これが完成品。たくさん出来たので、もちろんイチゴを頂いたお宅にお持ちして、お見えになったお客様にも紅茶を添えて、お出ししました。
c0226317_202588.jpg

今回も、祖父の為に豆乳クリーム使用です。
祖父母宅に行き、好きか分からなかったので、お皿に2個入れて持って行きました。
夕方、祖母にどうだった?と味を聞いたら、「じいちゃんな、全部食べてしまいなはったけん、ばあちゃんな食べとらんとたい。じいちゃんが食べなはったってことは、美味しかったってことたい」って。
「うっそ~~~~!ばぁちゃん食べてないの???」
もう配ってしまって、残っていなかったので、明朝、早く起きて作りました。

今度は、祖母の為のブッセ作り。
c0226317_209634.jpg

祖父母宅に3個持っていきました。今度こそ、祖母も食べる事が出来ますように!
夕方、今度は祖母が「じいちゃんな二つ食べなはったばってんが、今日はのさったよ(食べられたよ)。美味しかった~♪」とニコニコでした。

祖父って九州男児で、本当にちゃぶ台がひっくり返っていたみたいです。父から、昔は好き嫌いしたら怒られ、悪い事をした本人を怒るんじゃなくて、ばあちゃんば怒らすけん、余計応えたたいなって聞いたことあります。
でも、そんな祖父は食べたくないと思ったものは、今は一口も食べません。祖母が入院した時も、祖母以外の食事は食べたくないと食べずに、祖母に心配をかけていました。
そんな祖父ですので、シフォンや作ったお菓子を食べてくれただけでも、嬉しくなってしまいます。

体によくて、食べて美味しくて、楽しくなって、心がホッとできるお菓子って良いなって思いました。


その後も二日間ブッセ作りにはまっています。あ~~~他にも作った記事を載せたいのですが、今日はここまで・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-05-15 20:17 | 私の先生