旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

タグ:シフォンケーキ ( 5 ) タグの人気記事

ひよこケーキ♪

暑い日が続きますね~熊本も予想では明日から雨が降り、梅雨入りのようですが、何せ雨が降らない日が続いています。
でも、バジルやパクチー、モロヘイヤは元気です♪(手前から、バジル・パクチー・モロヘイヤです。)
c0226317_20463924.jpg

何にもない時は、パクチーを摘んできて、春雨を戻して、レモンがないので八朔を搾って、うちの鶏をスモークチキンにしてもらって保存しているものを和えて、一品♪
c0226317_21114261.jpg



先週金曜の晩。
11時位ですね・・・仕事が終わり、食事を済ませ、洗濯や家事を済ませ、母は梅加工。
私は、とらにゃんさんのブログで『ケーキショップ テラサワ』のマドレーヌを思い出し、ど~~~しても食べたくなり、明日焼くための準備♪
母の作品の一部です。父と二人で収穫し、酢味噌やカリカリ漬け、梅酒やはちみつ漬け、醤油梅、梅干・・・。
c0226317_20542773.jpg

こんな遅くに何をしているんでしょう。

私は翌朝、早起きをして、マドレーヌを焼きました♪
バターの良い香り、ちっさいのをたくさん、た~~~くさん52個焼きました♪
c0226317_20594699.jpg

それをお客様に配るために、ラッピング。配達も頼まれたので、配達先にも一掴みずつ持って行きました。
c0226317_2102039.jpg

父曰く、この焼いた形が「ひよこ」に見えるそうで。「たまごの味が濃くて、美味い!ひよこケーキ、美味い!」と絶賛してました!マドレーヌなんだけど・・・。
c0226317_2115716.jpg

小さいので、パクパク食べちゃいます。これ美味しいです!お客様にも評判が良かったです。


日曜日、高校の時からの友人とランチ。
と言っても、彼女は妹と同じ4歳と6ヶ月の二人の子どもがいるので、子守と言うよりも、子どもと対等に甥っ子と遊ぶように遊んでしまい、ヘトヘトになりました。
甥っ子と遊ぶのとは、やっぱり勝手が違ってヘトヘト。その帰りに、「夏みかんが庭になったから、持って帰って!」と言われ、夏みかんを頂きました。
c0226317_2132823.jpg

夏みかんを手にした時から、頭の中にいろいろな事が・・・・。
c0226317_2112293.jpg

月曜日の朝、果汁を絞ってゼリーにしました♪

妹が就職活動の為に、最終バスで帰ってくるので、夜1時間ちょっと先のバス停に迎えに行かなくちゃ、予定では、21時15分着の予定。
そのついでに、と言うかゼリーを持って行きたい所があったんです。夏みかんを手にした時から、ゼリーにして小学校時代の友人の家に行こうと思っていました。

この友人は二人目を妊娠中、でも一人目の時よりつわりがひどく、体調が優れないとのこと。心配していたので、さっぱり柑橘系なら大丈夫かなって。
妊娠、出産を経験していない私からすると、本当に未知の世界の話で、母親になられている全ての方を尊敬します。
到着すると、彼女はパクパクと食べ、顔色も良くて、ホッと安心しました。

月曜のお昼、以前金柑ジャムを持って来ていただいた方が見えられて、「土曜に頂いたマドレーヌが美味しくて、何かお礼がしたくて、おはぎを作ったんだけど、食べんね?」と言って持ってこられました。
c0226317_21243253.jpg

作られた奥様は体調が優れないのに、あんこから手作りです。
土曜、旦那様が一人で見えられた時、「ほんの一つずつですが、奥様にもお一つどうぞ」と一つしかお渡ししていないのに、かえって申し訳なくて・・・。

そして、「こん前んとは、美味かった~」と、イクリを持って来られた方もいらっしゃいました。
c0226317_21314673.jpg

真っ赤になったら食べごろです♪イクリ大好きで、毎年たくさんの方から頂きます!イクリでジャムを作ってもいいんだろうなと、思うもののそのままパクパク。なくなっちゃうんですよね~~♪
かなりのビタミンCを摂取してるよな~~。


「こん前、お菓子ばもろたけん」と言って、こんな物も届きます。猪肉です。
c0226317_2133255.jpg



ナナコさんのブログにお邪魔して、チョコシフォンを見て、焼きたくなっちゃって♪
c0226317_21433230.jpg

チョコじゃなくて、ココアで焼きました。冷たく冷やして食べると、美味しい~~~♪お客様にも冷たく冷やしてお出ししました。
c0226317_21413734.jpg





あ~~~~~またマドレーヌが作りたくなってきちゃった!!!!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-06-11 21:49 | 焼き菓子

5月20日。

5月20日、誕生日を迎えました。
朝、母と「おはよう!誕生日おめでとう」「おはよう。産んでくれて、ありがとうございます」って交わす日です。

30歳って、どっと来るのよとか、かなり不安で押しつぶされそうになるのよって聞いていました。でも、毎日の忙しさで、そんな暇もなく30歳になりました。
そうね・・・30歳。文字にすると、あ~30歳かぁ・・・って感じですね。

でも、そうこう言っても毎日を大切に生きる事には変わりないわけだし。周りがもうそろそろ結婚しても良いんじゃない?って、周りが焦っている横でバタバタの毎日です。

そんな30歳の昨日も朝からシフォンロールを作るべく、スポンジ作り♪
生地を作り、オーブンに!で、母がまたまた頂いて来た「甘夏」。
「甘夏」・・・ゼリーにしたり、シャーベットにしたり、絞って100%ジュースにしたり、剥いてそのまま頂いたり、果汁でシフォン焼いたり、もう少しで無くなるはずだったのに・・・。
母がまた頂いて来ました・・・。
もう剥いても誰も食べない、食べるの飽きたりしたら、ジャム作りです。
オーブンにスポンジ生地を入れてから、3.2キロの甘夏をひたすら刻みます。
8時の仕事始めに遅れる事は出来ない、ひたすら刻み、土鍋いっぱいの甘夏に、お砂糖を降り掛け、仕事に♪
c0226317_20561840.jpg

水分が出てきてくれるの待ちです。
昨日は比較的涼しくて、その上バタバタで、仕事に下りれば仕事に集中。煮るのは、お昼休みまでお預けです。

昼休み、二階に上がると同時に、甘夏の水分の上がり具合を確認、果汁を入れ、火にかけます。
c0226317_20591630.jpg

あまりベチョ~っとならない、お菓子に入れてもピールのような存在感のあるジャムにしたいと思いました。なので、いつもより厚く切っています。その為に、小さな肉切り包丁で切りました。

ジャムを火にかけ、新玉ねぎの巣篭もり卵(我が家で出来た新玉ねぎとグリーンピースを鰹節で煮て、真ん中に温泉卵を入れて煮たもの)をパクッと食べた時、父から、「○○(私の名前)、こっちに来なさい」との事。
何か壊しちゃったかな?何て思いながら父の所に、座ると「今日は誕生日だからな」と頂きました。
c0226317_215152.jpg

「何??」「数珠だ」
c0226317_2174223.jpg

へぇ~~数珠??
私も大人になったものだ、数珠なんて日常使うものではないし、お葬式に行く時位しか使わないけど、大人としては持っているのが当たり前のものだよな・・・でもなんか照れくさくて、「お父さん、来年は喪服を作ってくださいね」って言ってしまいました・・・。

母は、誕生日の時はもちろん赤飯です。祖父母をはじめとする家族の誕生日には、いつも赤飯でお祝いです。
c0226317_2195280.jpg

朝から甘夏を刻む私の隣で、「今朝は共同調理場で、ごめんなさいね」って言いながら、大きな蒸し器で赤飯を作ってくれていました。
c0226317_21115544.jpg

パックに入れ、ラップで包み、近所の方や私がお世話になっている方などに配ります。毎年ながらありがたいです。
なので、今朝作ったママレードもおまけに配りました。スペアリブや手羽元をこのママレードと醤油と酒で煮るとかなり美味しいので、ちっちゃなレシピも添えました。
c0226317_2113194.jpg


配った残りは、冷蔵庫に。妹達には今、イチゴジャムを食べさせているので、ジャムなくなったとのメールが来たら今度はこのママレードを持たせましょう♪

昼休み、ママレードを作りつつ、ロールケーキも巻きました。
c0226317_2119880.jpg

普段食べない弟が食べて、「俺は、お前のロールケーキだけ食える。なんで店のはあがん甘かつや(甘いのか)?」って言って食べてくれました♪
一つ下の弟、食が細い子で昔から母が手を焼いていたので、弟がお菓子を食べるなんて珍しい事。この歳になってまで母が手を焼くことはありませんが、あまり食べないですね。。。なので、嬉しかった。弟からの言葉の誕生日プレゼントを頂きました。



ママレードを作りながら、食べたいなあ~って思っていたものを夜、焼きました!
c0226317_21161110.jpg

ママレードシフォン♪18cm型を二台いっぺんに焼きます。
c0226317_21332810.jpg

いつも作りながら、固さを見ながら分量を変えるので同じシフォンを作り続けているとカレンダーに書きなぐって一ヵ月後、月が変わると分からなくなるなんてよくあります。

今回は、ママレードを250g、卵白317g、牛乳大4と小1(あっ書き忘れている!カレンダーに書き忘れていますが、小1また入れました)
c0226317_2138470.jpg

焼き上がり。温度をもう少し下げて焼いてもよかったな♪
c0226317_21401451.jpg

こんな感じのママレードがピールのようなアクセントになるシフォンが食べたかったんです。
c0226317_21381976.jpg

もちろん、冷蔵庫に入れておいて翌日、今日ですね。お客様にも甘夏シフォン配りました。
c0226317_21383937.jpg


カレンダーの21日。
今日の分量は、午前中肉屋さんに配達に行った時に、おばちゃんが「豚モツがあるばい、買わんな?(買わないね?)」と言ったので、父と弟の晩酌のおつまみにちぎりこんにゃくも入れて、「豚ホルモンの味噌煮」を昼休みに作った分量です。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-05-21 21:59 | シフォンケーキ
木曜、イチゴがあまりにも綺麗で美味しそうだったので焼いた、イズミサンのロールケーキ。
c0226317_2026742.jpg


お客様にも好評です♪「店んとはあもうして(甘くて)食べれんばってんが(食べれないけど)、あた(あなた)のは旨か」嬉しいです。
c0226317_2028536.jpg


土曜日、妹の居る北九州行きのバスが1日5本位しかなく・・・14時30分のバスに乗る事にしました。
14時30分のバスに乗るためには、遅くとも13時30分までには家を出ないと間に合いません。そのために、早朝からバタバタしていました。「レモンシフォン」を二台!
いつも同じ職場のおばちゃんから、「レモンシフォン」のご注文を頂いていました。娘さんの御主人が「食べたいから、頼んで~」とおっしゃったとの事。
「バタバタ忙しいでしょ?無理しない時で良いよ。」っておっしゃっていましたが、明日は日曜、お孫さんも集まるみたいなので是非とも焼きたいと思いました。

それと、もう一台は、北九州の友人。
来週4月25日に誕生日なので、こっそり妹と計画をしていました。
c0226317_20391186.jpg

出かけなくちゃいけない時間の20分前、型出し終了。それから、事務所に降りて最終引継ぎ、13時30分に出なくちゃいけないのに13時33分まで仕事をしてて、急いでバスセンターに向いました。

バスセンターに到着したのが、5分前。考えてみれば、信号機に上手いこと止まらずに渋滞もなく来ました。

バスに乗り、ホッとして、仮眠を取るつもりが・・・「余命」と言う、映画が始まってしまいました。
公開中に見に行きたいなと思っていた映画だったので、イヤホンをつけ、見入ってしまい、途中で泣いたり・・・最後まで見る事ができ、まぶしくて閉めていたカーテンを開けると、降りるバス停の一つ手前でした。
お~~~よかった、こんなこともあろうかと、途中で整理券とバスの回数券を握っていたのです♪
余裕、余裕~~~そんな気持ちで、前から三番目の席に座っていたのですが後ろに乗っている方が下りてしまって、一番最後に降りました。

整理券と回数券を料金箱に入れる瞬間。ん?えっ?え~~~~何か分からなくなってしまいました・・・。

そう、私は切り離した回数券の要らない方の紙と整理券を料金箱に入れようとしていたのです。

パニックになり、でも乗客の方もバスの後ろにもバスが止まってて、待たせるわけにはいかない・・・。運転手さんに、「バス出してください。次まで行きます」と告げ、席に着き、かばんを開けると、クチャクチャの回数券。

丁度信号で止まっていたので、降ろして頂きました。運転手さん、すみませんでした・・・。


そんなこんなで北九州の妹に会い、妹の部屋でお泊りさせてもらい、私が北九州の大学に居た10年前は妹が小学生。
妹の行きたい所、食べたいもの、やりたい事って考えながら、遊びに来る妹を待っていました。それが今では逆転。駅前に迎えに来てくれた妹を見て、感激してしまいました。大きくなったもんだ・・・。

その日は、北九州の友人と妹と三人で食事をして、妹とは12時近くまでしゃべっていました。
翌朝、洗濯物を回すから6時に起きなくちゃと言う事で、6時起床。

妹が朝食のヨーグルトに、毎朝私が作ったジャムを入れて食べている事に、姉さん泣きそうでした。妹は市販のものはめったに食べないので、今回もイチゴジャム作ってきて良かった!
「よし、今度も美味しいジャム作るぞ!」妹には言いませんでしたが、そっと心に誓いました。


朝食後、7時50分、妹の家を出発。妹は自転車、私は早歩きで15分先のバス停に向かい、妹と二人で天神行きのバスに乗りました。
バスの中では、二人とも爆睡で、妹が私にもたれかかってくるので、気づいたら通路に体が乗り出した状態で寝ていました・・・。妹が見たい洋服屋さんや雑貨屋さんを回り、楽しみました♪


月曜、朝から「シュークリーム」を焼きました。
弟が好きなのはバターではなく、油で作った「シュー皮」。研究!研究!!
c0226317_21125852.jpg

前回のよりは膨らんでいる、何かつかめてきたかも・・・?
c0226317_2113159.jpg

この前のはクリームを入れる前に、友人に誘われ、遊びに行ってしまったので、今回はちゃんとクリームまで作りました。
c0226317_21132574.jpg

キビ砂糖を気持ち入れてカスタードを作ったので、甘さが控えめでした。明日、がんばろ~♪


と言うことで、今朝も研究、研究~~♪
c0226317_21164695.jpg

妹親子が来ると言う事なので、多めに作りました。
c0226317_2116599.jpg

必ず、甥っ子は「大きいのが良い~」と言うはずです。なので、一番大きいのも作りました。
案の定、甥っ子が手前の大きいのにクリームを詰めて食べました♪
c0226317_21171455.jpg

卵黄12個分でカスタードクリームを炊いて、たっぷり詰めました。カスタードが甘さ控えめだったので、急遽粉糖をかけました。30個作りました♪
c0226317_21172869.jpg

車で5分先に住んでいる親戚の家にも、お客様にもお配りしました。
c0226317_21173844.jpg


もっともっと練習しなくては~~~♪

にしても、卵白が14個分ある・・・どうしよう・・・・・・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-20 21:29 | 焼き菓子

とある一日。

4月14日、14時引き取りで「レモンシフォン」を3台ご注文頂きました。

本来なら、もうレモンがないのでお断りするのですが・・・母が日曜、直売所に行って無農薬の地元農家の方のレモンを6個。
「何かに使うかと思って、買ってきたよ。もう、6個しかなかったから全部買ってきた。何かに使って、ここ置いとくね~」と、買って来てくれていたので助かりました。
c0226317_2056618.jpg


シフォンのご注文は母の友人です。先日ここにも紹介したバリバリのキャリアウーマンです。
また1時間ちょっとかけて、ケーキを取りに来てくれる事に。その方の大好きなのが「レモンシフォン」なので、りクエストはもちろんレモンシフォンでした。
当日、3台焼くとなると何があるか分からないので、2台は前の日の晩に焼きました。
c0226317_20583299.jpg

当日、残りは1台なので1台焼けばいいのですが、朝焼いた1台の型出しの不安もあったので一台保険として2台焼きました。
c0226317_2103364.jpg

型出しの失敗もなく。
c0226317_2105753.jpg

お約束の3台。
c0226317_2111013.jpg

ラッピングもして、準備完了♪保険として焼いた一台は、カットしてお客様に配りました。
c0226317_2162652.jpg





翌日の12時5分。昨日も見えられた常連さんがいらっしゃいました。
ん?たまご昨日買いに見えられたのに?どこかに持っていかれるのかな?なんて思っていたら、これを手渡されました。
c0226317_21113286.jpg

温かい~まだ熱い位です。
「昨日、シフォンばもろうたけんな(貰ったので)。おっが(俺が)植えた高菜ばおっが(俺が)漬けて、ばあさんの炒めらしたけん、持ってきたたい。昼飯に食いなっせ。旨かばい」

貴重な物を頂いて、走って二階の食事をしている両親に持って行きました。シフォン、カットで二人分しかお渡ししてないのに・・・。

私は、その頂いた高菜の見た時、ひらめいてしまいました!昼休みに作るしかない!時間との勝負になりそう!!!
それもそのはず、午前中、近くの二つの小学校に給食の配達に出かけ、美味しそうなイチゴを手に入れたんです。「紅ほっぺ」大きくて、綺麗で、5パック買いました。
土曜日に妹の所に行くので、ジャムにして持って行こうと思いました。でも、鮮度が命。
c0226317_21334281.jpg

昼休みに作るしかない、だって今晩もシフォンを2台焼かなくちゃいけないんだから!


12じ30分。
いつもはダラダラと仕事をして、昼食を取り忘れることも多々あって・・・でも、今日は珍しく、昼食になるとすぐに二階に上がりました。何たって、時間勝負です!!!

上がると廊下の食材ストック棚から、強力粉・薄力粉・塩・油・喜界島粗糖を持って台所に。

①強力粉・薄力粉・塩・油を捏ね捏ね。そして、ふきんをして30分寝かす。

②捏ね終わると、イチゴを洗い、ヘタを取り、計量、ホーロー鍋にイチゴを入れ、グラニュー糖をかける。

③イチゴの水分出しを砂糖に任せている間に、卵白の計量、薄力粉・喜界島粗糖・・・ロールケーキ作り。
イチゴがあまりにも綺麗だったので、ロールケーキにして家族に食べさせようと思ったので。
ロールケーキの生地が出来、オーブンに入れタイマーをセット。

よし、イチゴを煮ようと思ったら、思いのほか水分が出ていない・・・一つだけある真ん中の真っ白のイチゴは、パクリと食べました♪
c0226317_21353567.jpg

もう少し水分が出て欲しいので、そのまま蓋をして、夜、煮る事にしました。


30分寝かしていた生地を取り出し、先ほど頂いた「高菜漬け」を包んで、鍋で焼いて、完成したのは・・・
c0226317_2139493.jpg

「おやき」です♪甘めの高菜とモチモチの生地が丁度いいです!お客様にも配るためにも、16個焼きました。

焼いていると、ロールケーキの生地が完成。
c0226317_214439100.jpg

お焼き16個を焼き終え、スポンジが乾燥しないように、ビニールに包み、下に降り仕事に戻りました。

夕方、高菜を持って来ていただいた容器におやきを並べ、母の作った「鶏のたたき」とわけぎをビニールに入れ、先ほど高菜を持って来ていただいた方のお宅に。
c0226317_21395831.jpg


そうそう、祖父母の家に朝、新聞を届けに行った時、いつものトンネルから見た風景。
c0226317_21492748.jpg

ムスカリが終わり、真ん中に「芍薬」が咲いているのを写真に撮ろうと思い出し、お昼に作った「おやき」とカメラを持って祖父母宅に。
c0226317_21535111.jpg

すると、祖父が「こっちもあるばい」「こっちにも来てみろ」と、案内をしてくれたので、写真をパチパチ。その様子は後日。

仕事に戻り、でも5時までは到底無理の仕事量。でも、晩酌に間に合わないと母の「鶏のたたき」が・・・仕事を一時中断。車に乗って出かけようとしたら、母が「鶏のたたき」の袋を二つ。ん・・・・・・?
「○△さんちにも行ってきて」と言うことで、○△さん宅に到着。畑に出ているみたいで鍵が閉まっている、「タタキ」とワケギの入った袋を木にぶら下げ、母に電話。「○△さん、居ないから柿の木にぶら下げたって、電話しとって~」と。先を急がなきゃ!

高菜を頂いた方のお宅に到着。ご主人がいらして、「おう!どうしたとか!」おやきとタタキを見せると、「うちんとがおるけん、やって帰れ、あすこば開けてみれ」、との事。勝手口から、奥様にご挨拶、お渡しして、「おじゃましました~~~~」と戻るや否や、仕事に。

仕事が終わると、庭からパクチーを収穫。弟が大切に育てた鶏を頂きました。母が切ったワケギ。母らしい、つながっている・・・。
c0226317_2241626.jpg

生姜レモン醤油で食べたり、パクチーを刻み、スウィートチリソースとレモン。
c0226317_2242666.jpg


パクチーを刻むとすぐイチゴの入った鍋をコンロに。ジャム作りです。
c0226317_2284023.jpg


ジャムをコトコト。タタキを頂きつつ、ロールケーキ用のシロップを作り、生クリームをあわ立て、ロールケーキを巻きました。
c0226317_22101231.jpg

一晩置いて、明日頂く事にしましょう♪

そして、シフォンを二台焼きました。二台目をオーブンに入れ、少し洗い物をして、入浴。
焼きあがる前に、上がってこないと!バタバタ入浴し、上がってきたのが焼き上がりまで、2分18秒。お~~~間に合った!

シフォンをオーブンから出して、髪を乾かし、バタバタしている間にシフォンを冷まし、シフォンをビニールに包み、就寝。



あっ、昼食。
あの白いイチゴ、一粒しか食べてなかった・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-16 22:28 | シフォンケーキ
ポカポカ陽気で、クンシランもたくさん咲き誇り、母が一年かけて育ててきた花の発表会のような毎日です。

クンシランはつぼみの段階でどなたかのお宅にお邪魔し、花が終われば母の手元に帰って来て、また母が一年世話をする。母はこんな事を、毎年しています。

こんなお客さんもいらっしゃいます。
c0226317_15141341.jpg

我が家の家紋は扇なのですが、女紋は蝶です。なので、蝶を見かけると、ウキウキしてしまいます。他にもたくさん蝶が来ていました。どんな味なのかしら~♪


土曜日、知り合いの方から頂いたお豆腐が美味しくて、その方に電話をすると、「近くまで行くので、持って行きますよ!」との事。そのお言葉に甘え、持って来て頂くことに。

もちろん御代は払いますが、わざわざ来て頂くので、たまごとシフォンをお渡ししようと朝からシフォンを焼きました!
何シフォンにしようかな~やはり、一押しの「たまごシフォン」にしました。
c0226317_1520295.jpg

バニラビーンズも何も入れないのに、たまごの良い香り♪
c0226317_15212122.jpg

初めてお会いするので、何人家族か分からないので、18cmで焼きました。
c0226317_1522269.jpg

気に入っていただけると、嬉しいです!

その方が作られるのは、これです。「味噌豆腐」です。
c0226317_1526925.jpg

入れ物いっぱいに入っているのは、もろみ。この中に、ガーゼに包まれ、4丁の豆腐が入っています。
c0226317_1527857.jpg

ガーゼを外し、切り分けると、ご飯に合うんです!!

残ったもろみを弟はご飯にかけ、食べて仕事に行きました。
味噌豆腐は、チーズのように硬いのもあれば、このようなソフトタイプもあったり、家庭ごとに味が違います。

我が家でも、自宅用は作るのですが、県外の親戚や日曜にお料理の先生のお宅に伺う予定で、たぶん御高齢のご両親は作っていらっしゃらないだろうとお持ちする事にしました!




土曜の夕方、仕事が終わり、両親は畑の手入れに行き、台所から父と母の具合を見つつ、晩御飯を作ります。
二人を見ながら、コトコトとカレーを作りました。
暑い時は、ココナッツミルク。土曜日、こちらは25度になり、暑かった・・・。
冷蔵庫にある魚とジャガイモを蒸して、先日教わったカレーをアレンジ。ガラムマサラを多めにしました。
もう少しで、帰ってくるなと分かれば、母の作ったサンチュとお菓子用にストックしてある胡桃をカリカリに焼いたものを和え。
サンチュを私が全て使ってしまったので、弟は、「かあちゃ~~ん、帰ってくる時、サンチュばまた持って来て~~~~」と叫んでいました。



夕食が済めば、先生のお宅にお持ちする「桜シフォン」作り。もう、桜も終わるので、桜シフォンもこれが今年最後かな。
c0226317_15335753.jpg

昨晩焼いて準備していたので、余裕かと思って、部屋の掃除をしていたら、出かける時間が迫り焦りました。三分の一・・・桜が綺麗に取れませんでした・・・。残念だ~~~。
c0226317_1534118.jpg


先生のお宅で作ったのは、「筍ご飯」「鶏レバーの甘辛煮」「さばの味噌煮」「わらび煮」「しいたけのおすまし」です。
やはりやはり、同じ料理のはずか、家庭それぞれで味付けや料理の仕方が違うんです。面白いです。
c0226317_1539280.jpg


このワラビ。母が、金曜仕事が終わって、「もう暗くなるから、止めなさい」と、言われても収穫に行った命がけのワラビなんです。
c0226317_15414079.jpg

農場の崖にワラビがたくさんあります。農場なので肥やしが効いて、ワラビも大きくてたくさんあるんです。
c0226317_15415590.jpg

母が収穫してきたワラビの量が、半端ではなかった・・・。今までで、一番多かったです。
手では抱えられないほど、カゴいっぱいありました。母はそれを、夜11時頃からアク抜きをして、先生のお宅に持たせようとしていました。

でも、私は早く休ませてもらいました。。。






今朝、シフォンは昨晩焼いていたので、余裕があると思いながらも6時に起きました。

すると父と母の姿はなく、蒸篭に母の掘ってきた筍、摘んできたわらび、収穫したにんじんの入った「山菜おこわ」が蒸されていたので、いい香り♪・・・父は、庭の草取り。母は、畑の手入れだったみたいです。

畑の手入れが終わったのか母が、車の鍵を取りに来ました。ホームセンターかどこかに行くのかなって思いました。

準備をしている私に電話が。母からでした。
「先生の所に出発するのは何時?ちょっと待ってて欲しいんだけど・・・」

先生の所に出かける数分前に、汗まみれの母が戻ってきました。
「先生のお宅に、筍を持っていきなさい」・・・・・・・「え~~~~~~竹山行ってたの????」母のパワーには脱帽です。

山菜おこわに、筍とわらびをたくさん使ったから、筍を取りに行ったそうです・・・。


先生のお宅で、「白花豆」も煮ました。
c0226317_15392957.jpg

先生のお宅で、先生が作られていたのを頂いて美味しかったので、リクエストしました!

お砂糖を控えめに、豆を踊らさずに崩さずに煮ます。

んもぉ~~美味しい事!パクパク食べちゃいます!色々自分でも煮ましたし、食べた中で祖母の次に美味しいです。

祖母が入院しちゃって、食べられなくなったので、今度この煮方をマスターして、豆を煮て持っていくつもりです!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-11 16:05 | シフォンケーキ