旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi
ポカポカ陽気で、クンシランもたくさん咲き誇り、母が一年かけて育ててきた花の発表会のような毎日です。

クンシランはつぼみの段階でどなたかのお宅にお邪魔し、花が終われば母の手元に帰って来て、また母が一年世話をする。母はこんな事を、毎年しています。

こんなお客さんもいらっしゃいます。
c0226317_15141341.jpg

我が家の家紋は扇なのですが、女紋は蝶です。なので、蝶を見かけると、ウキウキしてしまいます。他にもたくさん蝶が来ていました。どんな味なのかしら~♪


土曜日、知り合いの方から頂いたお豆腐が美味しくて、その方に電話をすると、「近くまで行くので、持って行きますよ!」との事。そのお言葉に甘え、持って来て頂くことに。

もちろん御代は払いますが、わざわざ来て頂くので、たまごとシフォンをお渡ししようと朝からシフォンを焼きました!
何シフォンにしようかな~やはり、一押しの「たまごシフォン」にしました。
c0226317_1520295.jpg

バニラビーンズも何も入れないのに、たまごの良い香り♪
c0226317_15212122.jpg

初めてお会いするので、何人家族か分からないので、18cmで焼きました。
c0226317_1522269.jpg

気に入っていただけると、嬉しいです!

その方が作られるのは、これです。「味噌豆腐」です。
c0226317_1526925.jpg

入れ物いっぱいに入っているのは、もろみ。この中に、ガーゼに包まれ、4丁の豆腐が入っています。
c0226317_1527857.jpg

ガーゼを外し、切り分けると、ご飯に合うんです!!

残ったもろみを弟はご飯にかけ、食べて仕事に行きました。
味噌豆腐は、チーズのように硬いのもあれば、このようなソフトタイプもあったり、家庭ごとに味が違います。

我が家でも、自宅用は作るのですが、県外の親戚や日曜にお料理の先生のお宅に伺う予定で、たぶん御高齢のご両親は作っていらっしゃらないだろうとお持ちする事にしました!




土曜の夕方、仕事が終わり、両親は畑の手入れに行き、台所から父と母の具合を見つつ、晩御飯を作ります。
二人を見ながら、コトコトとカレーを作りました。
暑い時は、ココナッツミルク。土曜日、こちらは25度になり、暑かった・・・。
冷蔵庫にある魚とジャガイモを蒸して、先日教わったカレーをアレンジ。ガラムマサラを多めにしました。
もう少しで、帰ってくるなと分かれば、母の作ったサンチュとお菓子用にストックしてある胡桃をカリカリに焼いたものを和え。
サンチュを私が全て使ってしまったので、弟は、「かあちゃ~~ん、帰ってくる時、サンチュばまた持って来て~~~~」と叫んでいました。



夕食が済めば、先生のお宅にお持ちする「桜シフォン」作り。もう、桜も終わるので、桜シフォンもこれが今年最後かな。
c0226317_15335753.jpg

昨晩焼いて準備していたので、余裕かと思って、部屋の掃除をしていたら、出かける時間が迫り焦りました。三分の一・・・桜が綺麗に取れませんでした・・・。残念だ~~~。
c0226317_1534118.jpg


先生のお宅で作ったのは、「筍ご飯」「鶏レバーの甘辛煮」「さばの味噌煮」「わらび煮」「しいたけのおすまし」です。
やはりやはり、同じ料理のはずか、家庭それぞれで味付けや料理の仕方が違うんです。面白いです。
c0226317_1539280.jpg


このワラビ。母が、金曜仕事が終わって、「もう暗くなるから、止めなさい」と、言われても収穫に行った命がけのワラビなんです。
c0226317_15414079.jpg

農場の崖にワラビがたくさんあります。農場なので肥やしが効いて、ワラビも大きくてたくさんあるんです。
c0226317_15415590.jpg

母が収穫してきたワラビの量が、半端ではなかった・・・。今までで、一番多かったです。
手では抱えられないほど、カゴいっぱいありました。母はそれを、夜11時頃からアク抜きをして、先生のお宅に持たせようとしていました。

でも、私は早く休ませてもらいました。。。






今朝、シフォンは昨晩焼いていたので、余裕があると思いながらも6時に起きました。

すると父と母の姿はなく、蒸篭に母の掘ってきた筍、摘んできたわらび、収穫したにんじんの入った「山菜おこわ」が蒸されていたので、いい香り♪・・・父は、庭の草取り。母は、畑の手入れだったみたいです。

畑の手入れが終わったのか母が、車の鍵を取りに来ました。ホームセンターかどこかに行くのかなって思いました。

準備をしている私に電話が。母からでした。
「先生の所に出発するのは何時?ちょっと待ってて欲しいんだけど・・・」

先生の所に出かける数分前に、汗まみれの母が戻ってきました。
「先生のお宅に、筍を持っていきなさい」・・・・・・・「え~~~~~~竹山行ってたの????」母のパワーには脱帽です。

山菜おこわに、筍とわらびをたくさん使ったから、筍を取りに行ったそうです・・・。


先生のお宅で、「白花豆」も煮ました。
c0226317_15392957.jpg

先生のお宅で、先生が作られていたのを頂いて美味しかったので、リクエストしました!

お砂糖を控えめに、豆を踊らさずに崩さずに煮ます。

んもぉ~~美味しい事!パクパク食べちゃいます!色々自分でも煮ましたし、食べた中で祖母の次に美味しいです。

祖母が入院しちゃって、食べられなくなったので、今度この煮方をマスターして、豆を煮て持っていくつもりです!
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-11 16:05 | シフォンケーキ

我が家のピザ

先週の土曜日は、友人の結婚式でした。
c0226317_20395722.jpg

友たちに式に参列するから北九州から帰ってきたら、焼いてよと、何度も何度もご注文頂いたのですが・・・今回も時間が合いませんでした。。。式後、絶対シフォンを持ってウロウロしたら大変なことになる・・・案の定、夜遅くまで皆でウロウロ。


今年?去年?最後の貴重なレモンは、4月3日、誕生日を迎える友人の為に「レモンシフォン」を焼きました♪
c0226317_2043364.jpg

皮をいつもよりたっぷり入れたので、良い香り~~~♪

土曜日に式があるので、金曜も遅くまで仕事をして土曜の午前中は仕事をしなくてもいいようにしたつもりが・・・仕事って増えるのね。。。11時まで仕事をしました。
仕事を切り上げ、急いで友人宅に。13時30分に美容院を予約したので、友人宅に居られる時間が1時間弱。

二人目を出産したので、その子に会いに来ると言いつつ。サプライズで左手にシフォンを、右手には母が掘ったばかりの筍と米ぬかを持って行きました。

すると、おばちゃんは私がシフォンやお菓子を作るのをご存知なので、「紫芋」で羊羹を作って待っていてくれました~。おじさまが裏ごしをして下さったそう、とても美味しかったのですが、車の中にカメラを置き忘れ、写真がありません。。。おばちゃん~美味しかったです♪おじちゃん、ありがとうございました!


バタバタと友人宅を出ようとすると、「持って帰りなさい」と、袋いっぱいの柑橘類。
c0226317_20514677.jpg

ネーブル、八朔、晩柑・・・友人宅の庭は、何せ柑橘類が多くてビックリします。これでも、配りながら帰ってきたんです。。。



土曜日、遅くまでウロウロしていたので、日曜日はゆっくりするはずが・・・・。
習慣って恐ろしい。。。目覚ましをセットしてなかったのに、目覚ましの時間に「あっ!!目覚ましが壊れてる!」っと飛び起きました。そして、リビングに来ると・・・日曜たい。。。

そう、思った私の目に入ったのがこれ。
c0226317_20565694.jpg

真ん丸い華が連なる、蘭です。一年かけてようやく開花しました。その開花を、間違えて早く起きて一番に見ました。
c0226317_2057757.jpg

この花を見て・・・「シュークリーム」が食べたくなりました。

何ヶ月に一日、何もする事を決めない、したくなったらしたい事をする日曜日にするつもりだったので、「シュークリーム」を作りました。バターを使わず、綿実油使用。
c0226317_2102492.jpg

う~ん、下手。。。シュークリームは作るの、3回目かな。得意なお菓子ではないです。でも、得意になりたいお菓子です。
c0226317_2104284.jpg

イズミサンが以前、シューの皮だけを頂くと言うのを拝見した事があります。
中に何も詰めないで、シューの皮を頂く。とても、新鮮な事です。一口パクリ。
「うま~~い、へぇ~美味しい!」この見た目からは期待してなかったのですが、味は良いです。


シュークリームって、面白いです!!!



今日、こちらはポカポカの良い天気でした。

天気が良いと、この暖かさがありがたくて、布団を干すだけでは物足りない。ど~~~~も、この位暖かくなると、粉ものが捏ねたくなります、発酵に活かしたくなります。

なので、昼休み、捏ねちゃいました。
c0226317_2173998.jpg

小麦粉も、塩も、イーストも丁度有ったので。

捏ね捏ね、濡れふきんをかけて、ビニールで大きく囲って。ポカポカ暖かい、蘭の部屋に。

そして、そのままベランダに!母が昨日、甥っ子と新玉ねぎを収穫して干していたのを知っていたので~♪
c0226317_21104786.jpg

一つ頂いて来ました!
c0226317_21122841.jpg

玉ねぎを炒め、ホールトマトでピザのトマトソース作り!

トマトソースも完成、生地も良い感じに発酵していたので、半分にして、ビニール袋に入れて冷蔵庫に。仕事に戻りました!


仕事を終え、二階に上がり、冷蔵庫で待っていてくれたのは、この生地。
c0226317_21151427.jpg

好きな発酵具合♪

伸ばして伸ばして、トマトソースを塗り・・・
c0226317_2118085.jpg

今日のトッピングは、母の友達の中野さんに頂いたナスと、弟が食べるつもりで買っていたモッツラレラチーズとウインナー♪
c0226317_21204100.jpg

焼き上がり。見た目がお上品ではないですね・・・。
c0226317_2223959.jpg



母の掘ってきた筍♪
c0226317_21203753.jpg

焼き上がり。ホクホクしていて、栗のような、林檎のような、とうもろこしのようなお味です。
c0226317_2121734.jpg



庭に生えている三つ葉も乗せて~♪茎の部分の方が香りが強いので刻んで、葉は乾燥してしまうので、チーズの下に隠しました。
c0226317_21205429.jpg



ピザは6枚焼きました。  

我が家で食べたのは、2枚。他のは、焼いては、皿に入れ、アルミホイルを軽くかぶせ、近所に配りました♪
遅番の子にも、ピザを持たせました!晩御飯作りの間のつなぎにでもなれば、嬉しいな♪
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-06 21:35 | シフォンケーキ
毎朝、祖父母の新聞受けから新聞を取り、祖父母の家の中に届けます。雨や雪が降ると、足元が滑りやすいからです。

一歩門をくぐると、すぐ左手に私の好きな景色があります。これです。生垣があるはずなのに、ここだけ中が見えるようになっています。
c0226317_22473886.jpg

あまり良く分からないでしょ・・・右には、「ムスカリ」
c0226317_22481592.jpg

奥を見ると、ずーーーとクリスマスローズが一面咲いているの分かるでしょうか?奥の木が生えている先までクリスマスが咲き誇っています。
c0226317_22482435.jpg

毎朝、この景色を見ると「じいちゃんって、クリスマスローズ育てるの上手いなあ」っていつも尊敬。
c0226317_2258256.jpg

この贅沢な景色をありがとう、感謝です。

祖父は、いろんな花を植えています。窓を開けると今一番好きなのが、この花の香りがすることです♪
c0226317_22541517.jpg

「フリージア」の香り、大好きです♪毎年、許可を得て、摘んでは部屋に飾らせてもらいます。
c0226317_22545792.jpg



たぶん、アヤメ科の植物で、祖父は名前を知っているのでしょうが、早朝でまだ祖父は起きていなくて聞いてません。最近この花も、たくさん咲き始めました。
c0226317_2257189.jpg




春ですね~♪




3月31日。甥っ子3歳が保育園、最後の日です。
何かね、妹の住んでいる所はおかしな事に、子どもを増やしましょうという掛け声はあるもの、二人目が産まれたら、今までに保育園に行っていた子は保育園を辞めなくちゃいけなくて、また保育園に行きたいなら待機児童の一番後ろに並びなおし。

そんなこんなで、甥っ子がお世話になった担任の先生お二人にシフォンを焼く事になりました!!

お一人は、25歳の女性なので、「レモンシフォン」。もう一人は、高校生のお子さんがいらっしゃる女性には、「桜シフォン」に決めました。

丁度3月31日は月末と、年度末。
忙しいの覚悟でした。でも、甥っ子の節目におばとして出来る事は、お世話になった先生にちゃんとご挨拶のシフォンを焼くこと。早朝からの作成でした。

レモンシフォンは、いつも同様焼きあがりました。

桜シフォンに取り掛かり、材料を揃え、準備をしていると母が隣で料理をしてて、「かつおぶしが無くなっちゃった。買い置きあったっけ?」「あっ、あれはどこだっけ?」「蕗の味付け、甘いのとあっさりしょうゆ味どっちが良い?」・・・・・やっぱりダメだ、台所に二人入ると、母のペースに巻き込まれちゃう。

メレンゲ作るとき、ふと思いました。あ~~これ、レモンシフォンの砂糖の分量だって。通常の桜シフォンより砂糖が多め。。。塩分があるから、この程度でも大丈夫かな?出来て食べて判断しよう!

「桜シフォン」って、桜の塩漬けと甘納豆が入るんです。お味的には、桜餅のような感じです。

オーブンを見て、お~良い感じ♪なんて思いながら、下からお客さんが呼ぶので降りていき、上がってくると後5分。洗い物するかと、テーブルに手を伸ばすと・・・
「あ~~~~~~~~~~~~~~~~~あずきが~~~~~~~ココにある!!!!」
「あ~びっくりした。あずきは、さっきからそこにあったわよ♪」って、母。
入ってなきゃいけない甘納豆が、ココに。。。入れ忘れました。
焼き直しの決定です。。。
c0226317_21505987.jpg

でも、先生にはちゃんとしたものをお渡ししたい!でもでも、桜の塩漬けがもうない。。。
妹は16時にココを出るので、焼きなおすなら、もう昼休みしかありません。
父も母も「○△にはない?」と、思いつくお店を回ってくれて、聞いてくれて。
少し遠いけど、一軒だけお店に並んでいるのを見た記憶があるお店が有ります。昼休みになった途端に買いに行き、焼くつもりでした。
すると母が、「準備してなさい!買ってくること位は出来るから!行かせて頂戴!」と、行ってくれたのでギリギリまで、月末閉めの仕事をして、材料を集め、準備万端!!

後は母待ち。待ち。待ち。ん????帰ってこない・・・。
「もう帰るから」と電話に答える母。普段会わない3人もの方と偶然会って、少し話してきたの・・・・・お~~~~い、母さん!!!

何とか母のお陰で、完成しました♪
c0226317_229592.jpg

チラシの上において写真撮影とは・・・あの時バタバタしてて、写真撮る事さえ忘れてたもんな。
c0226317_22105899.jpg

妹は、感謝の言葉を書きまくっていました。
c0226317_22111021.jpg

先生お二人は、とても喜んで下さったみたいで、妹からメールが来てました「忙しいのに、ありがとうね」って。



小豆を入れ忘れた、桜シフォン。。。その日はバタバタしていたので、型ごと袋に入れて冷蔵庫に。
翌日型出し。食べてみました。
c0226317_22363674.jpg

「お~~~ミラクル♪小豆がないところに、いつもより少し多めの砂糖の甘み。美味い~♪」

丁度おやつ時の祖父母にも持って行きました。
c0226317_2236508.jpg


丁度「木曜市」と言う、近所のお年寄りが各自自分の家で作った野菜を持ち寄って、「市」と言っても大きなものではなく、商店街の空き店舗を利用してお店をしている日でした。なので、差し入れに持って行きました♪
c0226317_22384117.jpg





暖かいと油断していたら、日によっては突然寒くなったり。
私の手と足がしもやけになり、寒いと痛いし、暖かくなるとかゆい・・・。一人、真冬のような状態です。。。

c0226317_21342919.jpg

寒い時には、スパイシーな物が食べたいと、日曜に教えてもらったカレーを作ってみました♪

レシピには本当は入っていなかったんですが、行商に見えられたおばちゃんが持っていたあさりと海老が美味しそうで購入。その他は、母がまた掘ってきた筍も入れました♪

スパイスのお陰で、指はありえないほど赤くなり、弟には「今時、しもやけになる奴なんておらんばい。何か違う炎症だろ?」。。。父は、「四月になったのになぁ・・・俺も、出来とる」。。。母は、「全国探せども一人かもしれんね」って・・・。その位、急にしもやけの手に逆戻り。あ~~~ぁ、明日は友人の結婚式なのになぁ・・・。



夕食後、明日、結婚式に持って行く「レモンシフォン」を焼きました♪

最後のレモンを使ってしまったので、これでレモンは最後かな。去年、緑レモンを頂いた柿原さんに感謝ですね。大切に大切に使わせていただきました!
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-02 23:05 | シフォンケーキ

桜とたまごとレモン味

今日のお花は、「利休梅」です♪
c0226317_20411146.jpg


昨日すっかり焼くのを忘れていたシフォン、今朝焼きました!!
早起きしようと思いましたが、今日は弟の朝食時間に重なってしまうので、6時まで事務所で仕事をして、6時10分から焼きました。

おまかせかぁ~何をこの前は焼いたかな・・・。記録に残しておけばいいものの、その時にある素材でシフォンを作るので何シフォンだったのか。。。

今は、桜の綺麗な時。このシフォンを注文された方からは、よく「桜の塩漬け」を頂きます。そして、去年も頂いた塩漬けで、「桜シフォン」を焼きました。
聞くところによると、月末、年度末で遅くまで残業される女性の従業員の方達への差し入れとの事。暗くなるまで事務所でお仕事をされるのだから、見た目も味もホッとできるものがいいのでは?と、「桜のシフォン」を焼こうと決めました。

6時から焼くので、3台は焼けます。
本番の「桜シフォン」の前に、オーブンを温めるつもりで、「たまごシフォン」と「レモンシフォン」を焼きました。

時間との勝負、この二台については途中の写真がありません。(デジカメを取りに行く余裕なんて、ない!撮っている時間も、ない!!)


なので、三台目の「桜シフォン」を。
c0226317_205258.jpg

桜の塩漬けを30分位水に漬けて、塩抜きします。そして、隣町で作っていらっしゃる小豆の甘納豆をキッチンバサミで半分にします。
あまり大きいと穴になるし、虫の様で見た目が悪いので・・・。

焼き上がり。とても良い香り~~濃いお茶が頂きたくなります♪
c0226317_20541279.jpg


香りに浸っている時間も無い、急いで着替えなければ出社時刻8時に間に合わないよ~~~なんさま急いで着替え。。。階段を下りて行きました。

左から、「レモンシフォン」に、「たまごしふぉん」に、「桜シフォン」です。お昼休み、完全に冷えたので、型出し!
c0226317_2055870.jpg


「レモン」
c0226317_20565262.jpg

「たまご」
c0226317_20575282.jpg

「桜」です。
c0226317_20583941.jpg

事務所の中で、ホッとして頂けるかしら。桜たちよ、癒してあげてくれよ~~~。
c0226317_20582724.jpg


「桜シフォン」、会社に持っていかれるのならば、ご家庭・奥様にはないじゃないですか!!と、レモンシフォンもお渡ししました。

c0226317_2131919.jpg


「約束を忘れるなんて、失態をしでかしたのですから!」と言う私に、「な~ん、全く大した事じゃないよ。気を使わないで。こっちが好きで焼いてもらってるんだから」とニコニコ。

やっぱり、仏の心をこの人持っているんだわ~と、感謝。いつも父が会合なんかある時は、通り道だからと車で送り向かいをして頂いたり、すっかり父がお世話になりっぱなしなので。


たまごシフォンは、シフォン好きな祖父母の家に少し持って行き、残りはカットして、今日見えられたお客様に配りました♪




私と妹がバタバタ行動していた日曜。
金曜、「泣いちゃいそう~~~天気が良いのにたけのこ掘りに行けないなんて・・・」と大声で山に向いながら洗濯を取り込んでいた母は、日曜、2時間父と二人で、たけのこ掘りに行っていたそうです。

なので、まだ筋肉痛だそう。でも、「あ~~~筋肉痛が取れないうちに、またたけのこ掘りに行きたい~~~」
おいおい、またかよ・・・。
c0226317_21134559.jpg


と言うことで、今晩は母の掘った「たけのこ」と、母が摘んだ「木の芽」で、母が作った「たけのこの木の芽和え」です。
c0226317_21135323.jpg


それと、馬刺し。
c0226317_21151049.jpg

お醤油と生姜で頂くのですが、我が家は、とにかく「生姜」を食べます。
四人分なのに、普通で大きな塊の生姜を摩り下ろして、食べてしまいます。

だから、冬でも靴下要らずなのかも~~~♪
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-03-30 21:24 | シフォンケーキ

ドタバタ3日間

う~~~ん、何から書こうかと思う位、バタバタの毎日。

だからだから・・・・・注文を頂くようになってから、初めてシフォンを焼くのを忘れてしまったんです。。。
「月曜でも火曜でも都合の良い日にシフォンまたお願いできるかな?」と、ご注文を頂き、今日の昼13時にお引取りの予定だったのに。。。

朝一番のバスで妹が北九州に帰る。
1時間かけてバス停まで送るので、5時に起きて、6時15分に家を出る。
忘れ物はない?あれとこれも持った?ギリギリまで伝票を発行したり、バタバタ。。。
3月29日に帰るんだから、前日の28日に妹は美容室に行っておかなきゃいけない、日曜日をようやくやり繰りして美容室も終わり、妹に食べさせたいもの、食べたいものも食べさせて・・・。
昨日から、妹が帰る事で頭がいっぱい。寝る前に思い出し、枕もとのメモに持たせるものを書きなぐった位。


シフォンケーキ・・・頭になかった。。。


今日の10時過ぎ。
母が銀行に出かけ、窓口の方が「○△□印刷様~~~」と聞いた途端、母はハッとしたらしく、私に電話。もちろん、、朝から私が送っていったのを知っているので「シフォン、焼いてないたいね・・・」
あ~~~~~~~~~~~~~忘れてた。

注文を頂いたのは、父の友人。お断りの電話を入れると、
「いやいや、大丈夫。明日お願いします。明日焼いてもらいたいけど、都合は大丈夫?」と、逆に気を使って頂いて、申し訳ないです。
その電話の30分後、父に用があって会社に見えられました。
ひたすら謝り、コーヒーとラム酒胡桃レーズン栗たっぷりのパウンドケーキを出して、ぺこぺこ。謝るしか出来ません・・・。   にしても、このお盆の色(青)とお菓子の色が合いませんね・・・。
c0226317_2321774.jpg

「な~~ん、大丈夫よ。今日のケーキも明日焼くケーキも美味しさには変わらないから、心配せんでよかよ。シフォン美味しいから、どれだけでも待てるよ~」
だなんて、いつも優しいおじ様が仏様のように見えて、涙出そうでした。。。明日の朝、頑張ります!!!



一先ず、3月26日からの事を書こうかと思います。
3月26日、北九州から妹が帰ってきます。就職活動やゼミやらで熊本北九州を行ったり来たり。
でも、しばらくは帰ってこないんじゃないかな。
3月26日、①妹をバス停まで迎えに行く事②中国薬膳料理研究家の方のお料理教室が当ったので受ける事がこの日のイベントです。
教室は18:30から、妹は早めに着いて現地集合。
18:30からなので、遅くとも17時に会社を出ないと間に合いません。
昼食も抜いて、昼休みはケーキを焼くだけで済ませ、すぐ仕事に戻り、週末前で唯でさえ電話が多いのに、事務所が一人休みだったのでその者の仕事も背負い込み、母が
「後はするから、余裕持って出かけたほうが良いよ」って言葉に、「うん、分かった」と言いつつ・・・仕事が次から次に。
ようやく二階にトイレに上がると、母は布団を取り込みながら
「涙出ちゃう~泣いちゃいそう~」
「どしたの?」
「だって、こんなに良い天気なのに、たけのこ掘りにいけないんだから」って、お~~~い貴重な時間をそんな事で足止めしないでおくれ・・・。

こなしてこなして出発できたのが.16:55。貴重な5分短縮、気をつけて行かねば。
夕方渋滞していて、近道したりして到着したのが18:10。それから、バタバタ妹と二人教室に。
一番乗りでした。
今日教えて頂いたのは、「太平燕」と「中華天」と「海老とブロッコリーの炒め物」と「杏仁豆腐のイチゴソース」です。
c0226317_22191452.jpg

太平燕は、我が家でも作るのですが、先生はどのようにして作られるのか興味があったので、申し込んでいたのです♪
c0226317_22202658.jpg

虎皮卵も美しく、野菜たっぷりで美味しいです♪海老とブロッコリーの海老も、油で揚げたりせず、極力ヘルシーに。

先生は食べ物自体は薬なのだから、気管支が弱りそうな今、杏仁を頂きなさい。夏、暑くなったら熱を逃がすためにココナッツを食べなさい。など、お料理の事だけではなく、料理は、五味・五性・五法を活かして材料や調理の方法を考え、組み合わせて料理を作るというお話を以前お聞きしていたのでとても楽しみにしていました。

五味・五性・五法

   五味:甘い・・・・・疲れをとる          
    苦い・・・・・気を静める      
酸・・・・・・・すっぱい味でお腹をひきしめる。つまり下痢などに良い。
辛い・・・・・体を温める
鹹(かん)・・塩辛い味でお腹を軟らかくして便秘などによい

五性:熱・・・・体を温める
   寒・・・・体を冷たくする
   温・・・・体を穏やかに温める
   涼・・・・体を穏やかに冷やす
   平・・・・温めも冷やしもしない

   五法:揚げる、蒸す 、焼く、炒める、煮る

なるほどなるほどの連続です。17年間病院の栄養士さんもされていたとの事、勉強になります。

「太平燕」は、鶏肉(スープ)、豚肉、海老、イカ、白菜、揚げ卵、そして主役の緑豆春雨と五味五性に適った食材をバランスよく使うとても理に適った調和のとれた料理みたいです。

お料理教室が終わったのが、21時。それから1時間かけて戻りました。

翌日は、お昼休みに芋のねったくりを食べながら、妹の為に、抹茶ケーキを作りました♪
これが、「ねったくり」です。
c0226317_2239633.jpg

蒸かした芋にそば粉を入れて、「ねったくる」=「混ぜる」んです。そして、芋の甘さにもよるのですが、お好みで、黒砂糖をかけて頂きます。
抹茶ケーキは、イズミサンスポンジを抹茶にアレンジして、巻いてばかりなのでたまには重ねてみようと思い、その間には大豆クリームを挟みました。
c0226317_22374265.jpg

基本的に、クリームが苦手な妹なので、全体にクリームは不要なのでこの位です。
重ねて、夜に頂く事にしましょう~♪


でもでも、夕方、お客様からの電話。注文するの忘れたので持って来て欲しいとのこと、了解です。
丁度、弟もお客様の所に送っていかなきゃいけなかったので、途中で降ろして、そのまま配達に。
お客様の所に到着したのは、20時。
助手席の妹に「お腹空いてきた!」と言うと、「私はずっとお腹ペコペコだったよ」って・・・・「早く言わんね~~~」と急いで食事にしました。あ~~~抹茶ケーキ作ったのに・・・。


翌朝、日曜日の朝なので、いつも4時に朝食を摂る父も遅めの朝ごはん、家族揃って朝6時半から頂きました。
パクパク朝食を食べ、デザートは昨日食べるはずだった「抹茶ケーキ」。
c0226317_22515686.jpg

妹が食べて、「これ、薄~いホワイトチョコを挟んでも美味しいよね。それか、ホワイトチョコで薄く包む。」
う~ん、勉強になります。
それと、妹の為に焼いていた「母の好きなラム酒、父の好きなレーズン、弟の好きな胡桃、妹の好きな栗」の入ったパウンドケーキもです。
c0226317_22545190.jpg


朝から、しっかりと食事をして9時に出発。
今日は、スパイスの専門家の方に習う「本格インド料理教室」です。これも、隣の市の事業の一環で行われるものでこちらも当選したんです。
c0226317_2312829.jpg

これも妹と参加をしました。ここでは、「チキンカツとココナツトマトカレー」「人参のチュンバル」「かぼちゃのサブジ」「バナナとレーズンのヨーグルト和え」を教えて頂きました。
c0226317_2322762.jpg

全てのお料理にスパイスが入っていて、独学でカレーを作っている私にはとても勉強になりました。
カレー好きの弟の為に、スパイスを色々教えて頂きました♪

レシピには計量スプーンで分量が記載されていましたが、目分量でスパイスを使われる姿は凄くかっこよく、憧れてしまいました。私も使いこなした~い。会場を出たのが、13時5分。3時予約の美容室に連れて行かねばなりません。

せっかく街まで出てきたのだからと食材屋に寄って、教えて頂いたスパイスをバタバタと買い求めました。ワクワクします♪

調達が済んだら、美容室に。妹を乗せていくのだから、私もしてもらう事に。

美容室が終わったが18:20。妹の第一声は、「サザエさんスペシャル見たかった・・・」
妹は唯一サザエさんは欠かすことなく見ます。
どう頑張っても、サザエさんには間に合わない・・・。
気持ち急ぎながら、美容室に居て食べたいな~と思ったのが、「パクチー」。もう大きくなったよね?食べても大丈夫だよね?なんて思いながら。
c0226317_2315338.jpg

車で走りながら、妹との話では「生春巻きを作ろうか」と言うことになっていました。
でも、二人ともお腹が空いて、「あっ、パクチーダレで牡蠣食べよう~♪」と言うことに。
c0226317_23144649.jpg


3月26日にまたひよこ達が入ってきたので、両親はひよこを見に行く為に夜ご飯は済んでいました。
二人で、コンロを取り出し。牡蠣しゃぶ♪
c0226317_23214153.jpg

パクチー刻んでレモン絞って、スイートチリソースを混ぜました♪
c0226317_23215297.jpg

母は、妹にお刺身を食べさせようとたくさん買っておいてくれたので、お腹いっぱいになりました。
そして、明日、妹は帰る。明日は送りに行かなきゃ送りに行かなきゃ・・・・・・・・・・と、就寝。


翌朝、シフォンを焼かなきゃいけないことも忘れて・・・。




こんなにつまらぬ私の生活を、タラタラと書いたのに、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます♪
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-03-29 23:28 | 焼き菓子