旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

今朝思いついて・・・

今朝、起きて思いつきました。
「あっ、今日祝日だ!お菓子作ろう!!」

たまごを普段は買いに見えられない方が、祝日には見えられる事が多いんです。
そして、行楽のついでなのでゆっくりお茶を飲んでいかれる方も居れば、バタバタされる方もいらっしゃるので、持ち運びの出来るものを。

実は気になっていたお菓子があるんだな~なかしましほさんの本から。

あっ、正式な名称・・・本が今手元にない。雰囲気でお菓子の名前を書きます。お持ちの方はご存知かと・・・。
まずは、「レーズンサンド焼き」みたいなの。
c0226317_20504776.jpg

なぜこれが気になっていたかと言うと、レーズンが父の大好物で、父が喜ぶと思ったから!!

今日は、紅茶と一緒にお出ししました。たまごたっぷり塗って、艶々です♪
c0226317_20524696.jpg


後もう一つは、「豆乳ときな粉のクッキー」。母の大好きなきな粉入り。母の好きなきな粉の入った、きな粉缶を開け、きな粉を頂戴。
c0226317_2056114.jpg

たまご屋なのに、何故か、豚。
焼き型?抜き型?クッキーの型?たまごやだから、にわとりとかひよことかこの前ナミナミさんと合羽橋を散策した時探したんだけど、見つける事ができなくて。。。
手持ちの豚さん、丁度本も豚さんで型抜きをしていたので。

OPP袋に入れ、マスキングで止めて、写真取る暇がなくて、お客様が見えられたら詰めてお上げして、また新しいお客様が見えられて詰めて、お持ちして・・・・を、繰り返していました。

準備しておけばいいものの、明日は月末締め。仕事をこなせばまた違う仕事が来て、お手洗いにも行けず、仕事に追われていました。



今朝作ったお菓子、父も母も気に入ってくれて、パクパク。
お~~~作った甲斐があった♪父は朝4時から仕事で、一仕事終えた9時頃にはお腹が空くみたいで。
そんな父の為のおやつ作りです。
食べるなら体にいいものを食べてもらいたい、だって両親や家族には長生きをしてもらいたいから!



今はホッと、一息。
よ~~~~し、明日は月末!気を引き締めて、頑張ります!!!
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-29 21:12 | 焼き菓子

今日の母の畑事情

母が畑担当。
「食べたい野菜が有ったら言いなさいよ」と、言う言葉に甘え、母にお任せして、食材になったら、私が調理。

先日、小粒サンのブログを拝見して、お客様にバジルの苗をお渡しする事を思い立ち。母に種を託しました。
c0226317_21462048.jpg

バジルって生命力が強いのかしら、すごい発芽力。


上から、モロヘイヤ、パクチー、バジルです。同じ日に植えたのに、この違い。パクチー頑張れ!!!
c0226317_21484093.jpg

一方、パクチーは、この程度。
c0226317_223327.jpg


苗から育てているパクチーは元気元気。食べるのが間に合わない・・・。
c0226317_21505766.jpg

花束のようにたくさんパクチーが収穫できます。
昨日も収穫して、冷凍庫にささみがあったので、昼休みにおゆでて、ゆでたお湯につけたまま冷まします。
c0226317_2202915.jpg

そして、春雨をゆで、パクチーを刻み、スウィートチリソースとナンプラー、レモン汁で調味して頂きました。美味しかった、やっぱこの香り、この味です!!

母は、畑がいっぱいになるとどこか舞わず、開墾します。
c0226317_21554398.jpg

こんな場所やあんな場所。母の手にかかれば、畑になります。つるむらさきの種が蒔いてあります。
c0226317_21555260.jpg

弟と畑に使うからと、鶏糞を家庭菜園に使いやすいように二人で工夫。「母ちゃん、よか鶏糞ば作ってやるけん、母ちゃんは野菜頑張れよ」バカ親子・・・。
c0226317_2156171.jpg

あっちこち・・・。

一週間後、3歳の甥っ子ととうもろこしの種を植えるために、夕方仕事が終わって、暗くなるまでまた畑仕事・・・。
甥っ子も、にんじんの葉っぱの香りをかいだり、グリーンピースの大きくなるのを来る度に、「ばあば、畑行こう~~~畑、見たい~~~」と言われ、二人で仲良く畑仕事。
母の畑仕事の隣で、虫を見つけたり、蝶について行ってみたり、色々な葉っぱの香りをかいだり、これ何が出来るの?と聞いてみたり、母が植えたものに水をまくためにジョーロに水を汲みに行ったり、何時間畑に居ても、帰ってこないこともしばしば。

母の新たな畑のパートナーです。
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-28 22:12 | 季節のお仕事

母さん!!!!

久々の更新・・・。
c0226317_2129460.jpg

アサリを頂きました。元気元気、バケツの回りはびしょ濡れです。。。
c0226317_21283942.jpg



4月25日・26日は、新横浜に行ってきました~~~♪
c0226317_21171543.jpg

今回も横浜だから、とらにゃんさんの街だわ~と、勝手な親近感で快適に過ごす事が出来ました!

飛び立ったのが4月25日の朝一番。なので、4時半に起きました。
飛行場に早めに着き、友人にお土産を買うべく、売店回り。そして、ようやく搭乗!

今度こそは今度こそは、『飛行機の中では寝る!』

この為にここ一週間バタバタしていたので、準備に開放されて楽しみな時間を待つべく、飛行機で寝る。絶対寝る!!!いつも隣の人に話しかけられ、寝る事は出来ず・・・。
だから、今回はイヤホンを着け、早々と窓にもたれ、寝る仕度と寝てますアピール。

なのに、なのに、なのに・・・・・・・・・・・・。

今回も隣に座られたのは、御婦人。座ってこられた時に軽く会釈をし、寝る態勢に。すると、トントンと叩かれ。イヤホンで音楽を聴いているので、分からないと思い、御婦人はイヤホンの差込口が分からないと、イヤホンを私に差し出されました。「あっ、ここですよ」と差し、また睡眠に。
するとまた、トントン。今度は、オレンジジュースを片手に何かおっしゃっている様子。
イヤホンを外し、尋ねると、「ジュース御飲みなさい。こんなにたくさんは要らないの。」と、キャビンアテンダントさんから買ったばっかりのジュースを氷入りのコップを貰われ、明らかに御婦人が飲まれる量のほうが少ない、頂いて申し訳ないと思い、狭い座席で「結構です」なんて言えず。
「良いんですか?すみません、ありがとうございます。でも、何もお礼を出来るものを持っていないんです」と、預けた荷物にお土産を入れたので、ここに持って置けばよかったと思いながら、お言葉に甘えて頂きました。

ジュースを頂き、またウトウト。すると、トントン。
「あの山は南アルプスかしら?」 そこに、「左手に富士山が見えて参ります」とのアナウンス。
御婦人がおっしゃっている山も見ずに、「富士山みたいですよ」と言いつつ、窓の外を見ると、二つの山が連なっていて、「ん???富士山が二つはおかしいですもんね・・・私もあまり山の事は分からなくて」と、申し上げたにも関わらず。またトントン・・・「地理とかは、実際に見てから覚えると、教科書で覚えられなくても覚えられるものなのよ!」と。

その後も、ウトウト、トントンを繰り返し。寝る事は出来ず、ましてや、偶然にも隣町の方で話が弾み。なぜか御婦人が「携帯番号を教えておいて。あっ、今飛行機だから携帯使えないか。ならここに、書いてくれる?」となぜか、携帯と名前と住所交換。自分が教えた意味もわからず、なぜ相手のを聞いているのかも分からず、まっこれも何かの縁だろうなと、降りるまで、ずっと話しっぱなしでした・・・。

やっぱり、こうなるのね・・・。




さてさて、横浜に行く前バタバタしつつも、お菓子は作っていました。なかしましほさんの本、イズミサンの影響で購入いたしました。
c0226317_20582578.jpg

可愛いし、美味しいし、パクパク、もう一つで止めようと思っても、食べちゃう・・・。
お客様にもお出しすると、好評。
c0226317_2101179.jpg

見た目が決して、派手ではないし、おいしそうと思わない方もいらっしゃるかも。現に、父のお姉さんが紅茶はすぐに飲まれて、このクッキーを見て止まっておられて、そして、パクリ。
「甘みが少ない?お口に合わなかったですか?」
「いや、小麦粉の味もちゃんとして、美味しい。この甘み好き。こんなの、売ってないよ。でも・・・・あまりの可愛さに、食べてしまうのを考えちゃった」
良かった、気に入っていただいたのなら、今度お孫さんが遊びに来られる時焼きますと、約束しました。

こんな感じで、テーブルに置いておくと、すぐになくなります。父も母も気に入ってくれたみたいで、よかった。
c0226317_2161874.jpg


シュークリームの研究もコツコツと。
いつもは「綿実油」で作るのですが、冷蔵庫に、先日街の製菓店によって買ってきた、四つ葉の無塩バターがあったので作ってみました。
c0226317_21121396.jpg

綿実油とバターの違い。朝焼いたのですが、母が隣の部屋から、「何~~~~この香り、いい香りがする~~~~~♪」と言うのが早かった。
c0226317_21134628.jpg

またまた卵黄6個使ったので、卵白がまた出来ちゃった。卵白菓子、ダックワースなる物を作って食べてみたいのですが、作れない、プ・・・何とかと言うクリームを挟むと書いてあり、それが何なのかもわからない。




私が横浜か戻る日、父は出張で東京に。空の上ですれ違うような感じでした。
母は、父が旅行に行くからと仕事を終え、夜買い物に。父の下着を揃え、こそっと父のタンスに。「お父さん、ビックリするよね~~♪」なんて言いながら。
翌朝、母が「朝起きて、タンス開けてビックリした!!!男物の下着が入ってた、それも見慣れない下着が!って思ったら、お父さんのタンスと自分のタンス、一段間違えて入れてたみたい!!」って、オイオイ。



だいぶ外が暖かくなり、部屋の中の方が寒く感じると母は父に、「30分、30分で良いので、草取りに行かせて下さい」と。母は、草を取るのが好きみたいで、草取りしたいからとよく脱走します。(忙しい時には、もちろん行きませんが)

早朝、明るくなるのを待ちきれず、母は畑に、仕事の前の畑仕事です。
「今帰って、鏡見たんだけど、畑から帰るとホクロが口の横に増えてたのよ~」なんて、口の横についた泥を笑いながら、仕事の準備に。
会社の玄関を少し出て、玄関周りに草が生えていると、ちょこちょこと草取り。そして、私の前が母の席なので、草取りを終えた母の顔を見て、また噴出してしまいました。

だって、今朝のホクロならまだ可愛かったのに、今度は・・・・・・・「ひげ」が生えていました。

サラサラした泥が洋服の袖のところに付着。それを知らずに、母は草取りの途中に袖で口周りやあごの辺りを触ったのでしょう。
ひげっ面の母親に思わず、お茶、噴出してしまいました。

も~~~~~~母さん、そんなの反則だよ!!!!!!
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-28 21:42 | 飛行機で・・・
木曜、イチゴがあまりにも綺麗で美味しそうだったので焼いた、イズミサンのロールケーキ。
c0226317_2026742.jpg


お客様にも好評です♪「店んとはあもうして(甘くて)食べれんばってんが(食べれないけど)、あた(あなた)のは旨か」嬉しいです。
c0226317_2028536.jpg


土曜日、妹の居る北九州行きのバスが1日5本位しかなく・・・14時30分のバスに乗る事にしました。
14時30分のバスに乗るためには、遅くとも13時30分までには家を出ないと間に合いません。そのために、早朝からバタバタしていました。「レモンシフォン」を二台!
いつも同じ職場のおばちゃんから、「レモンシフォン」のご注文を頂いていました。娘さんの御主人が「食べたいから、頼んで~」とおっしゃったとの事。
「バタバタ忙しいでしょ?無理しない時で良いよ。」っておっしゃっていましたが、明日は日曜、お孫さんも集まるみたいなので是非とも焼きたいと思いました。

それと、もう一台は、北九州の友人。
来週4月25日に誕生日なので、こっそり妹と計画をしていました。
c0226317_20391186.jpg

出かけなくちゃいけない時間の20分前、型出し終了。それから、事務所に降りて最終引継ぎ、13時30分に出なくちゃいけないのに13時33分まで仕事をしてて、急いでバスセンターに向いました。

バスセンターに到着したのが、5分前。考えてみれば、信号機に上手いこと止まらずに渋滞もなく来ました。

バスに乗り、ホッとして、仮眠を取るつもりが・・・「余命」と言う、映画が始まってしまいました。
公開中に見に行きたいなと思っていた映画だったので、イヤホンをつけ、見入ってしまい、途中で泣いたり・・・最後まで見る事ができ、まぶしくて閉めていたカーテンを開けると、降りるバス停の一つ手前でした。
お~~~よかった、こんなこともあろうかと、途中で整理券とバスの回数券を握っていたのです♪
余裕、余裕~~~そんな気持ちで、前から三番目の席に座っていたのですが後ろに乗っている方が下りてしまって、一番最後に降りました。

整理券と回数券を料金箱に入れる瞬間。ん?えっ?え~~~~何か分からなくなってしまいました・・・。

そう、私は切り離した回数券の要らない方の紙と整理券を料金箱に入れようとしていたのです。

パニックになり、でも乗客の方もバスの後ろにもバスが止まってて、待たせるわけにはいかない・・・。運転手さんに、「バス出してください。次まで行きます」と告げ、席に着き、かばんを開けると、クチャクチャの回数券。

丁度信号で止まっていたので、降ろして頂きました。運転手さん、すみませんでした・・・。


そんなこんなで北九州の妹に会い、妹の部屋でお泊りさせてもらい、私が北九州の大学に居た10年前は妹が小学生。
妹の行きたい所、食べたいもの、やりたい事って考えながら、遊びに来る妹を待っていました。それが今では逆転。駅前に迎えに来てくれた妹を見て、感激してしまいました。大きくなったもんだ・・・。

その日は、北九州の友人と妹と三人で食事をして、妹とは12時近くまでしゃべっていました。
翌朝、洗濯物を回すから6時に起きなくちゃと言う事で、6時起床。

妹が朝食のヨーグルトに、毎朝私が作ったジャムを入れて食べている事に、姉さん泣きそうでした。妹は市販のものはめったに食べないので、今回もイチゴジャム作ってきて良かった!
「よし、今度も美味しいジャム作るぞ!」妹には言いませんでしたが、そっと心に誓いました。


朝食後、7時50分、妹の家を出発。妹は自転車、私は早歩きで15分先のバス停に向かい、妹と二人で天神行きのバスに乗りました。
バスの中では、二人とも爆睡で、妹が私にもたれかかってくるので、気づいたら通路に体が乗り出した状態で寝ていました・・・。妹が見たい洋服屋さんや雑貨屋さんを回り、楽しみました♪


月曜、朝から「シュークリーム」を焼きました。
弟が好きなのはバターではなく、油で作った「シュー皮」。研究!研究!!
c0226317_21125852.jpg

前回のよりは膨らんでいる、何かつかめてきたかも・・・?
c0226317_2113159.jpg

この前のはクリームを入れる前に、友人に誘われ、遊びに行ってしまったので、今回はちゃんとクリームまで作りました。
c0226317_21132574.jpg

キビ砂糖を気持ち入れてカスタードを作ったので、甘さが控えめでした。明日、がんばろ~♪


と言うことで、今朝も研究、研究~~♪
c0226317_21164695.jpg

妹親子が来ると言う事なので、多めに作りました。
c0226317_2116599.jpg

必ず、甥っ子は「大きいのが良い~」と言うはずです。なので、一番大きいのも作りました。
案の定、甥っ子が手前の大きいのにクリームを詰めて食べました♪
c0226317_21171455.jpg

卵黄12個分でカスタードクリームを炊いて、たっぷり詰めました。カスタードが甘さ控えめだったので、急遽粉糖をかけました。30個作りました♪
c0226317_21172869.jpg

車で5分先に住んでいる親戚の家にも、お客様にもお配りしました。
c0226317_21173844.jpg


もっともっと練習しなくては~~~♪

にしても、卵白が14個分ある・・・どうしよう・・・・・・・・。
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-20 21:29 | 焼き菓子

とある一日。

4月14日、14時引き取りで「レモンシフォン」を3台ご注文頂きました。

本来なら、もうレモンがないのでお断りするのですが・・・母が日曜、直売所に行って無農薬の地元農家の方のレモンを6個。
「何かに使うかと思って、買ってきたよ。もう、6個しかなかったから全部買ってきた。何かに使って、ここ置いとくね~」と、買って来てくれていたので助かりました。
c0226317_2056618.jpg


シフォンのご注文は母の友人です。先日ここにも紹介したバリバリのキャリアウーマンです。
また1時間ちょっとかけて、ケーキを取りに来てくれる事に。その方の大好きなのが「レモンシフォン」なので、りクエストはもちろんレモンシフォンでした。
当日、3台焼くとなると何があるか分からないので、2台は前の日の晩に焼きました。
c0226317_20583299.jpg

当日、残りは1台なので1台焼けばいいのですが、朝焼いた1台の型出しの不安もあったので一台保険として2台焼きました。
c0226317_2103364.jpg

型出しの失敗もなく。
c0226317_2105753.jpg

お約束の3台。
c0226317_2111013.jpg

ラッピングもして、準備完了♪保険として焼いた一台は、カットしてお客様に配りました。
c0226317_2162652.jpg





翌日の12時5分。昨日も見えられた常連さんがいらっしゃいました。
ん?たまご昨日買いに見えられたのに?どこかに持っていかれるのかな?なんて思っていたら、これを手渡されました。
c0226317_21113286.jpg

温かい~まだ熱い位です。
「昨日、シフォンばもろうたけんな(貰ったので)。おっが(俺が)植えた高菜ばおっが(俺が)漬けて、ばあさんの炒めらしたけん、持ってきたたい。昼飯に食いなっせ。旨かばい」

貴重な物を頂いて、走って二階の食事をしている両親に持って行きました。シフォン、カットで二人分しかお渡ししてないのに・・・。

私は、その頂いた高菜の見た時、ひらめいてしまいました!昼休みに作るしかない!時間との勝負になりそう!!!
それもそのはず、午前中、近くの二つの小学校に給食の配達に出かけ、美味しそうなイチゴを手に入れたんです。「紅ほっぺ」大きくて、綺麗で、5パック買いました。
土曜日に妹の所に行くので、ジャムにして持って行こうと思いました。でも、鮮度が命。
c0226317_21334281.jpg

昼休みに作るしかない、だって今晩もシフォンを2台焼かなくちゃいけないんだから!


12じ30分。
いつもはダラダラと仕事をして、昼食を取り忘れることも多々あって・・・でも、今日は珍しく、昼食になるとすぐに二階に上がりました。何たって、時間勝負です!!!

上がると廊下の食材ストック棚から、強力粉・薄力粉・塩・油・喜界島粗糖を持って台所に。

①強力粉・薄力粉・塩・油を捏ね捏ね。そして、ふきんをして30分寝かす。

②捏ね終わると、イチゴを洗い、ヘタを取り、計量、ホーロー鍋にイチゴを入れ、グラニュー糖をかける。

③イチゴの水分出しを砂糖に任せている間に、卵白の計量、薄力粉・喜界島粗糖・・・ロールケーキ作り。
イチゴがあまりにも綺麗だったので、ロールケーキにして家族に食べさせようと思ったので。
ロールケーキの生地が出来、オーブンに入れタイマーをセット。

よし、イチゴを煮ようと思ったら、思いのほか水分が出ていない・・・一つだけある真ん中の真っ白のイチゴは、パクリと食べました♪
c0226317_21353567.jpg

もう少し水分が出て欲しいので、そのまま蓋をして、夜、煮る事にしました。


30分寝かしていた生地を取り出し、先ほど頂いた「高菜漬け」を包んで、鍋で焼いて、完成したのは・・・
c0226317_2139493.jpg

「おやき」です♪甘めの高菜とモチモチの生地が丁度いいです!お客様にも配るためにも、16個焼きました。

焼いていると、ロールケーキの生地が完成。
c0226317_214439100.jpg

お焼き16個を焼き終え、スポンジが乾燥しないように、ビニールに包み、下に降り仕事に戻りました。

夕方、高菜を持って来ていただいた容器におやきを並べ、母の作った「鶏のたたき」とわけぎをビニールに入れ、先ほど高菜を持って来ていただいた方のお宅に。
c0226317_21395831.jpg


そうそう、祖父母の家に朝、新聞を届けに行った時、いつものトンネルから見た風景。
c0226317_21492748.jpg

ムスカリが終わり、真ん中に「芍薬」が咲いているのを写真に撮ろうと思い出し、お昼に作った「おやき」とカメラを持って祖父母宅に。
c0226317_21535111.jpg

すると、祖父が「こっちもあるばい」「こっちにも来てみろ」と、案内をしてくれたので、写真をパチパチ。その様子は後日。

仕事に戻り、でも5時までは到底無理の仕事量。でも、晩酌に間に合わないと母の「鶏のたたき」が・・・仕事を一時中断。車に乗って出かけようとしたら、母が「鶏のたたき」の袋を二つ。ん・・・・・・?
「○△さんちにも行ってきて」と言うことで、○△さん宅に到着。畑に出ているみたいで鍵が閉まっている、「タタキ」とワケギの入った袋を木にぶら下げ、母に電話。「○△さん、居ないから柿の木にぶら下げたって、電話しとって~」と。先を急がなきゃ!

高菜を頂いた方のお宅に到着。ご主人がいらして、「おう!どうしたとか!」おやきとタタキを見せると、「うちんとがおるけん、やって帰れ、あすこば開けてみれ」、との事。勝手口から、奥様にご挨拶、お渡しして、「おじゃましました~~~~」と戻るや否や、仕事に。

仕事が終わると、庭からパクチーを収穫。弟が大切に育てた鶏を頂きました。母が切ったワケギ。母らしい、つながっている・・・。
c0226317_2241626.jpg

生姜レモン醤油で食べたり、パクチーを刻み、スウィートチリソースとレモン。
c0226317_2242666.jpg


パクチーを刻むとすぐイチゴの入った鍋をコンロに。ジャム作りです。
c0226317_2284023.jpg


ジャムをコトコト。タタキを頂きつつ、ロールケーキ用のシロップを作り、生クリームをあわ立て、ロールケーキを巻きました。
c0226317_22101231.jpg

一晩置いて、明日頂く事にしましょう♪

そして、シフォンを二台焼きました。二台目をオーブンに入れ、少し洗い物をして、入浴。
焼きあがる前に、上がってこないと!バタバタ入浴し、上がってきたのが焼き上がりまで、2分18秒。お~~~間に合った!

シフォンをオーブンから出して、髪を乾かし、バタバタしている間にシフォンを冷まし、シフォンをビニールに包み、就寝。



あっ、昼食。
あの白いイチゴ、一粒しか食べてなかった・・・。
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-04-16 22:28 | シフォンケーキ