旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

皐月ですね~♪

私、「皐月」と言う名前か、男の子だったら、当時の漫画の「元気」と言う名前だったそうです。

でも、あれこれ話し合い、父方の祖父と母方の祖父の名前の頭をつなぎ合わせた今の名前になったんです。でも、父はよく、「女の子だったけど、『元気君』のような男の子のような元気な女の子になったもんだ」、と・・・。

それと、誕生した時の話があります。

私が産まれ、証券会社の方が父方の祖父の家に来ていて、祖父が私を抱きながら庭の池の周りを歩きながら、その証券会社の方が
「一番目が男ではなく、女の子なら、池に投げてしまいましょう」とおっしゃって。
(本当に投げるつもりはなかったと信じますが・・・)
我が家は今でも、祖父の言う事は絶対です。なのに母は、「次は男の子を産みますから」と、祖父から私を取り上げに行ったそうです。

今では、笑い話で誕生日が来る度、その証券会社の方が遊びに来られる度にこの話をして笑いますが、母は怖かったでしょうね・・・。
でも、性別こそ女でしたが、今では性格や考え方も一番祖父に似ていると言われます。


あっ、そうそう。本当に母は宣言通り、一年後無事、弟を出産しました。


生まれた月だからか、寒いってわけでもなく、暑いってわけでもない、この涼しい気候の今が一年でもっとも好きです。
c0226317_20303823.jpg

そんな季節でウキウキ、事務所の周りにも花々が季節季節で移り変わり、今は孔雀サボテンが満開です♪
c0226317_20195864.jpg

見た目は、「月下美人」にも似ていますが、これは孔雀サボテンで、二日位は花が咲いていてくれます。この孔雀サボテンは、明日が満開だと思います♪
c0226317_20254587.jpg

一年かけて咲くのは二日。この花々をお客様に見せないと、この子達が可愛そうだとつぼみを膨らませ、順番を待つ花々で、事務所の周りはいっぱいです。

朝、つぼみでも、お昼にはもう満開だったのは、この菖蒲です。
c0226317_20284153.jpg

今朝、カーテンを開けた時は右のつぼみの状態だったんです。お昼、お客様が見えられて窓側に行った時、もうすでに満開でした。

あっ、バジルも元気でお客様に今、配布中です♪
c0226317_20412994.jpg

卵を買いに見えられる方に、母の準備したトマト苗とこのバジルをセットです♪
こんなにたくさん有っても、食べられないし、皆がバジルの美味しさを知ったら良いよね~♪

事務所では、鶏糞も販売しているんです。昔は、鶏糞って生で、臭いが強かったんです。
でも、家庭菜園をする母に弟が、「母ちゃん、おっが(俺が)よか鶏糞ば作ってやる。」と言うことで、弟は独学で研究。あれこれ試行錯誤、今は大きなコンポを投入。
家庭にある生ごみ処理機のようなものに生の鶏糞を入れ、発酵させ、鶏糞自体が70~80度の熱が発生するらしいです。
そして、それを塊があると使いにくいだろうからと、大きな大きな篩器を投入。
サラサラ鶏糞の完成で、農場から持って来ればなくなり、「今度来たら20袋確保しとって!」「私も10袋!」と、予約が入ります。


今日の夕方、階段の下で呼び声が。降りていくと、いつも卵を買いに見えられる農家の方でした。
「おたくん鶏糞ば使うけん、野菜が美味しく甘く、よか出来だけん。」と・・・・
c0226317_20452145.jpg

分かるかしら・・・右下の黒い足が私の足です。
これでも、24.5cmあるんですが、野菜のでかい事。左の赤いのは、赤カブではなく、ラディッシュです。
写真には入っていませんが、立派なピリリと辛味の効いた大根も5本頂きました。
キャベツも大きくて、これまた大きなロールキャベツが出来そうです♪

あっそうだ、これも配っています♪
c0226317_20561182.jpg

何年か前に植えた「メドーセージ」が、もう何年も経って玄関横にほこっています。こんな花が咲いた状態でも、根からスコップで掘って、根をビニールに入れて要られる方にお分けします♪


5月22日の夕方引き取りで、シフォンのご注文頂いていました。いつも隣で仕事をしている方で、私が小学生の頃からずっといらっしゃる方です。ご注文頂いたのは、「たまごシフォン」でした♪
c0226317_2172792.jpg

御礼に使いたいし、横浜から、80何歳のお姉さんがいらっしゃるとの事。本当は4台希望でしたが、22日に3台と25日に1台でお願いしてしまいました。
なんか土曜は何があるか分からなく、急な配達に行ったなら焼けなくなってしまうので。
c0226317_215383.jpg

今日お姉さんがお見えになるとお休みされていたのに、強風と大雨の中わざわざ取りに見えられて、申し訳ないので、今回は1キロ煮ていた「ホルモン煮込み」もタッパーに入れて♪
c0226317_2111570.jpg

弟曰く、「こんにゃく、デカっ」。
「でも、晩酌のお供には大きい方が箸で掴み易いんじゃない?」と私が言うと、父が「小さい方が、よかばい」との事。でも私は、こんにゃくですよって主張している方が好きなんだけどなあ~。


そして、25日も約束の一台と、叔母からも頼まれていたので1台。計二台焼きました。
c0226317_21165180.jpg

シフォンって、型を出すまでドキドキ。
c0226317_21173371.jpg

高さも弾力も申し分ないのに、底がはげているでしょ・・・へこみます。
お~~~なぜ、最後まで気を抜かずに出来なかったのか・・・修行が足りませんね。


こんなブログを書いていると、母がゴソゴソ。
「畑に行って、折ってしまった・・・」
「何を?」
c0226317_21202466.jpg

とらにゃんさ~~~~ん、分かりますか?とらにゃんさんの影響で畑担当の母にお願いした「ルバーブ」です。
こんなのがたくさん茂っているそうです。
収穫は、もうちょっと長くなってからでしょうか???
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-05-26 21:50 | シフォンケーキ

5月20日。

5月20日、誕生日を迎えました。
朝、母と「おはよう!誕生日おめでとう」「おはよう。産んでくれて、ありがとうございます」って交わす日です。

30歳って、どっと来るのよとか、かなり不安で押しつぶされそうになるのよって聞いていました。でも、毎日の忙しさで、そんな暇もなく30歳になりました。
そうね・・・30歳。文字にすると、あ~30歳かぁ・・・って感じですね。

でも、そうこう言っても毎日を大切に生きる事には変わりないわけだし。周りがもうそろそろ結婚しても良いんじゃない?って、周りが焦っている横でバタバタの毎日です。

そんな30歳の昨日も朝からシフォンロールを作るべく、スポンジ作り♪
生地を作り、オーブンに!で、母がまたまた頂いて来た「甘夏」。
「甘夏」・・・ゼリーにしたり、シャーベットにしたり、絞って100%ジュースにしたり、剥いてそのまま頂いたり、果汁でシフォン焼いたり、もう少しで無くなるはずだったのに・・・。
母がまた頂いて来ました・・・。
もう剥いても誰も食べない、食べるの飽きたりしたら、ジャム作りです。
オーブンにスポンジ生地を入れてから、3.2キロの甘夏をひたすら刻みます。
8時の仕事始めに遅れる事は出来ない、ひたすら刻み、土鍋いっぱいの甘夏に、お砂糖を降り掛け、仕事に♪
c0226317_20561840.jpg

水分が出てきてくれるの待ちです。
昨日は比較的涼しくて、その上バタバタで、仕事に下りれば仕事に集中。煮るのは、お昼休みまでお預けです。

昼休み、二階に上がると同時に、甘夏の水分の上がり具合を確認、果汁を入れ、火にかけます。
c0226317_20591630.jpg

あまりベチョ~っとならない、お菓子に入れてもピールのような存在感のあるジャムにしたいと思いました。なので、いつもより厚く切っています。その為に、小さな肉切り包丁で切りました。

ジャムを火にかけ、新玉ねぎの巣篭もり卵(我が家で出来た新玉ねぎとグリーンピースを鰹節で煮て、真ん中に温泉卵を入れて煮たもの)をパクッと食べた時、父から、「○○(私の名前)、こっちに来なさい」との事。
何か壊しちゃったかな?何て思いながら父の所に、座ると「今日は誕生日だからな」と頂きました。
c0226317_215152.jpg

「何??」「数珠だ」
c0226317_2174223.jpg

へぇ~~数珠??
私も大人になったものだ、数珠なんて日常使うものではないし、お葬式に行く時位しか使わないけど、大人としては持っているのが当たり前のものだよな・・・でもなんか照れくさくて、「お父さん、来年は喪服を作ってくださいね」って言ってしまいました・・・。

母は、誕生日の時はもちろん赤飯です。祖父母をはじめとする家族の誕生日には、いつも赤飯でお祝いです。
c0226317_2195280.jpg

朝から甘夏を刻む私の隣で、「今朝は共同調理場で、ごめんなさいね」って言いながら、大きな蒸し器で赤飯を作ってくれていました。
c0226317_21115544.jpg

パックに入れ、ラップで包み、近所の方や私がお世話になっている方などに配ります。毎年ながらありがたいです。
なので、今朝作ったママレードもおまけに配りました。スペアリブや手羽元をこのママレードと醤油と酒で煮るとかなり美味しいので、ちっちゃなレシピも添えました。
c0226317_2113194.jpg


配った残りは、冷蔵庫に。妹達には今、イチゴジャムを食べさせているので、ジャムなくなったとのメールが来たら今度はこのママレードを持たせましょう♪

昼休み、ママレードを作りつつ、ロールケーキも巻きました。
c0226317_2119880.jpg

普段食べない弟が食べて、「俺は、お前のロールケーキだけ食える。なんで店のはあがん甘かつや(甘いのか)?」って言って食べてくれました♪
一つ下の弟、食が細い子で昔から母が手を焼いていたので、弟がお菓子を食べるなんて珍しい事。この歳になってまで母が手を焼くことはありませんが、あまり食べないですね。。。なので、嬉しかった。弟からの言葉の誕生日プレゼントを頂きました。



ママレードを作りながら、食べたいなあ~って思っていたものを夜、焼きました!
c0226317_21161110.jpg

ママレードシフォン♪18cm型を二台いっぺんに焼きます。
c0226317_21332810.jpg

いつも作りながら、固さを見ながら分量を変えるので同じシフォンを作り続けているとカレンダーに書きなぐって一ヵ月後、月が変わると分からなくなるなんてよくあります。

今回は、ママレードを250g、卵白317g、牛乳大4と小1(あっ書き忘れている!カレンダーに書き忘れていますが、小1また入れました)
c0226317_2138470.jpg

焼き上がり。温度をもう少し下げて焼いてもよかったな♪
c0226317_21401451.jpg

こんな感じのママレードがピールのようなアクセントになるシフォンが食べたかったんです。
c0226317_21381976.jpg

もちろん、冷蔵庫に入れておいて翌日、今日ですね。お客様にも甘夏シフォン配りました。
c0226317_21383937.jpg


カレンダーの21日。
今日の分量は、午前中肉屋さんに配達に行った時に、おばちゃんが「豚モツがあるばい、買わんな?(買わないね?)」と言ったので、父と弟の晩酌のおつまみにちぎりこんにゃくも入れて、「豚ホルモンの味噌煮」を昼休みに作った分量です。
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-05-21 21:59 | シフォンケーキ

形はいびつでも・・・

嫁いだ妹の旦那様が5月10日、緊急入院。
c0226317_20354290.jpg

心臓が痛いと訴え、病院に。大きな病院の先生ですら、二例目と言うような珍しい症例で、検査入院。
「6ヶ月の甥っ子と4歳の甥っ子をお風呂に入れるの大変だよ」と、言う事で、仕事終わりに片道1時間ちょっとの妹の家に母と向かいました。父も来るつもりだったみたいなのですが、「俺行ってもする事ないよな」とポツリ、お留守番してました。
4歳の甥っ子は、私が初めてアパートに来たものだから、大興奮。
絵本やらおもちゃやら片っ端から持って来ては、見せてくれたり、折り紙で「金魚作って!」「かぶと作って!」「カメラ作って!」「箱作って」・・・折り紙ってかなり久しぶり。母は、リクエストに応え、作るのですが・・・思い出せない。
「最初四角だっけ?三角だっけ?」母に聞くと、甥っ子が「ばあば、こうしてたよ。こうするんじゃ?」と二人で折り紙をしていました。
二人をお風呂に入れ、甥っ子を寝かせ、帰ろうとすると、私も泊まっていくものだと思っていたみたいでシクシク。前はワーンと大泣きし続けていたのに、今は大泣きしてお布団に潜り、シクシク。

妹が、「今、帰って」の一言でアパートを出ました。
翌日から、妹親子は実家に戻ってきました。4歳の甥っ子のパワーがすごくて、遊びに来た時と同じテンションで付き合っていたので、ヘトヘト。
お菓子作りの時間が取れないので、早起きしても5時には起きて遊んでいるので、甥っ子が遊んでいる間や寝てから時間を確保しました。
甥っ子がヨーグルトを食べるためのジャム作り。我が家のイチゴです。
c0226317_2033115.jpg

朝から庭に収穫に行ったのですが、甥っ子が食べちゃうので少ししかなくて、こんな事になるだろうなと2キロイチゴを買っておきました♪イチゴにお砂糖をまぶし、甥っ子と遊び、この位水分が出てきたら煮ます。
c0226317_20303419.jpg

主婦の方って凄いなあ~って思いました。仕事が始まる時間まで、甥っ子と遊びつつ煮ました。
c0226317_2037391.jpg


弟から農場に書類を持って来て欲しいとの電話があり、甥っ子を助手席に乗せ、農場に。
「にいにに会いたい。」と言う甥っ子。
でも、弟は鶏舎に入っているので、会う事が出来ず、事務所に戻り、町内の小中学校(小学校3校・中学校1校)の給食配達に連れて行きました。
「ここはね、ママとじいじとねえねとにいにとちっちゃいねえねが来た小学校よ」と、説明。「車から降りて中を見たい」と言うので、小学校の授業をしている様子を二人で見ました。

昼休み。妹親子がパパとの面会の為に居なかったので、甥っ子と今晩戻ってくる妹の為に「シフォンロール」を作ろうと思いました。
でも、昼休みも1時間は取る事が出来ず、スポンジを焼き始めたのは仕事に戻る10分前。
頭で段取りをして、テキパキ。スポンジも良い感じで、オーブンをセットし、タイマー片手に階段を下り仕事に戻りました。
タイマーが鳴り、階段を上がる。「ん?ん~~~~~何だ???」いつもと臭いが違う。
そう、シフォンをいつも焼く温度で焼いてしまった・・・。スポンジ、パリンパリン。
c0226317_20495113.jpg

皆に食べさせるのも気がひけちゃう「シフォンロール」。
でも、バラバラに食べた妹二人は同じことを言ってました。「このスポンジの味が良い。クリーム要らないよね?」って。姉さん、泣きそうでした。失敗したスポンジですら、美味しいと言ってくれる家族。

その日の夜。北九州に居る妹が、就活の為に最終のバスで熊本に戻ってきたので街まで迎えに行きました。
妹は翌日が二次試験でした。
そんな事を知らない弟。昨日帰ってきた妹の姿がないので、「何でおらんと?」
「今日は二次試験だけん帰ってきとるとよ。」
「なら、母ちゃん。(妹に)電話して、馬心と豚足どっちが良いか聞けよ」って。「おいおい、あんた試験前に食べさせるならまだしも、なんで試験中にそんな電話せなんね・・・。」と言って止めました。

北九州の妹は、馬の心臓(レバ刺しのようなもの)と弟が飲みに行くお店の豚足が大好きなので・・・。馬の心臓は新鮮じゃないと食べる事が出来ないので、弟は妹の為によく分けてもらいに行きます。
熊本ってやっぱ、牛や豚より、馬の方が馴染みがあります。

姉としては、○となったロールケーキで試験に送り出すつもりが・・・なので、帰って来て食べさせようと朝からスポンジを焼き、昼キウイを入れて、巻きました。
c0226317_2151627.jpg


遅ればせながらの兄からの応援、豚足も食卓に並びました。

こちらも朝、頂きました。甥っ子、ひたすら見てはアサリに水をかけられていました。
c0226317_2181965.jpg

今年は立て続けに頂いて、アサリ料理のオンパレードです。
そして、母がハチクをバケツに入れてお渡ししたらしく、玄関に置いてありました。
c0226317_2110586.jpg

「これ○△さんに持たせたバケツだけん、○△さんが置いて行かしたとよ」

大根は大根おろしにして、葉っぱがきれいだったので刻んでアサリと一緒に酒蒸しにしました。
c0226317_21114751.jpg

フライパンに山積みのアサリを、家族皆で頂きました。アサリの季節ですね~♪
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-05-17 21:16 | 焼き菓子

私の母の日

5月8日は、母の日でした。
母の日には毎年、洋服をプレゼントすると決めています。それも、私が普段買うお店で、母に似合いそうなのを買います。
私の母は、ラベンダー色や薄いピンクが良く似合うので、今年はラベンダー色のカーディガンを贈りました。去年は、マリンルックの青と白のボーダーのカットソーにパンツを付けて贈りました。
母にはいつまでも、母らしく元気で居て欲しいものです。

私のもうひとりの母、と言っても良い位の、お料理の先生には毎年、エプロンを贈ります。料理の先生は、エプロンが戦闘着。
先生67歳?68歳?だったかな?いつまでも、若く居て欲しいので、これまたお気に入りのお店で探します。絶対、先生が買う事も手に取る事もないような綺麗で、明るくて、料理するのもその前にエプロンをつけることまでもが楽しくなるようなエプロン探し。なかなか良いのがなくて大変ですが、楽しくもあり♪

先生のお宅にお邪魔する時は、何かしらお菓子を作って行きます。先生のご両親が先生から30分位の所に住んでいらっしゃるので、4人分のお菓子作り。で、何を作ろう~~~あっ、母の日だから、私の母の大好きなチーズケーキを作ろうと思い立ちました。もちろん、我が母の分にも1台。
c0226317_1933050.jpg

たまごたっぷりのスフレチーズ。
たまごのお陰で、高さが10cm以上のケーキになります。
これを2台、焼きました。このレシピは、たまごの味がするので、自分でも一口食べて唸ってしまう程美味しくて、家族も大好きなレシピで、以前先生宅にもお持ちしたらとっても喜んでくださったので。

c0226317_19295780.jpg

先生宅に行くと母は知っていたので、いつものごとく母は山にハチクを取りに行っていました。先生には、取ったその日のを食べて貰いたいけん、との事。だから、朝起きたら母の姿はなかったです。

チーズケーキ1台を包んで、祖父母の家に芍薬の花を頂きに行きました。先生と先生のお母さんに持って行こう♪
c0226317_19303622.jpg


先生宅に出発する20分前位に、頭に笹やくもの巣をつけた母が戻ってきました。ハチクをたくさん抱えて、車にたくさん乗せてくれました。孟宗竹とは違い、手でポキポキ。
孟宗竹が嫌いでも、ハチク好きな方結構多いです。養鶏場の肥やしがよく効いていて、ハチクは大収穫。汗かき、汚れまくっては、母はお客様に配っています。

そんな母に、『冷蔵庫開けてね~』と、言って出発しました。
c0226317_19455611.jpg

冷蔵庫には、スフレチーズをカットしておきました。草取りと庭の手入れをしている父と二人で休憩する時に食べて欲しくて、「今日は母の日、好きなだけど~ぞ」と、書いて貼ってきました。

先生宅に到着する直前位に、母からメールが。
「今、お父さんと食べてるよ。毎日が母の日でも良いよ~♪」って。


先生宅で今回作ったのは、
蕗の煮物・シジミご飯・野菜スープ・鮭のクリームコロッケ・イチゴのブッセ♪
c0226317_19511034.jpg


私イチゴのブッセ、初めて食べました。ブッセって、どんな意味なんでしょう?ブッセって、油もバターも使わずに、たまごの味がして、ふわふわ、しっとり。軽い、これ良いです。
c0226317_19531418.jpg

祖父にも良いと思います。

早速、翌日、先生のお宅ではグラニュー糖で作ったのをもちろん、喜界島粗糖に置き換えて作るつもりで、お昼休みになったら、急いでイチゴを買いに行こうと思っていました。

そう思っていたら・・・以前、金柑のジャムを下さった方の御主人が見えられて。
c0226317_1957831.jpg

「福岡から送って来たと、食べんね?」ってイチゴを頂いてしまいました♪

思わぬ頂き物にビックリ!喜んで作っちゃいました♪中は喜界島粗糖ですが、上には粉糖をかけました。喜界島粗糖でも出来るのかしら??
c0226317_2005630.jpg

これが完成品。たくさん出来たので、もちろんイチゴを頂いたお宅にお持ちして、お見えになったお客様にも紅茶を添えて、お出ししました。
c0226317_202588.jpg

今回も、祖父の為に豆乳クリーム使用です。
祖父母宅に行き、好きか分からなかったので、お皿に2個入れて持って行きました。
夕方、祖母にどうだった?と味を聞いたら、「じいちゃんな、全部食べてしまいなはったけん、ばあちゃんな食べとらんとたい。じいちゃんが食べなはったってことは、美味しかったってことたい」って。
「うっそ~~~~!ばぁちゃん食べてないの???」
もう配ってしまって、残っていなかったので、明朝、早く起きて作りました。

今度は、祖母の為のブッセ作り。
c0226317_209634.jpg

祖父母宅に3個持っていきました。今度こそ、祖母も食べる事が出来ますように!
夕方、今度は祖母が「じいちゃんな二つ食べなはったばってんが、今日はのさったよ(食べられたよ)。美味しかった~♪」とニコニコでした。

祖父って九州男児で、本当にちゃぶ台がひっくり返っていたみたいです。父から、昔は好き嫌いしたら怒られ、悪い事をした本人を怒るんじゃなくて、ばあちゃんば怒らすけん、余計応えたたいなって聞いたことあります。
でも、そんな祖父は食べたくないと思ったものは、今は一口も食べません。祖母が入院した時も、祖母以外の食事は食べたくないと食べずに、祖母に心配をかけていました。
そんな祖父ですので、シフォンや作ったお菓子を食べてくれただけでも、嬉しくなってしまいます。

体によくて、食べて美味しくて、楽しくなって、心がホッとできるお菓子って良いなって思いました。


その後も二日間ブッセ作りにはまっています。あ~~~他にも作った記事を載せたいのですが、今日はここまで・・・。
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-05-15 20:17 | 私の先生
4月30日、5月1日は月末と月初めで、朝8時前から夜も8時過ぎまでバタバタ。
ゴールデンウィークもありがたいことにバタバタの毎日。電話が鳴り、電話を置くと電話が・・・昼食が取れなかったり、お手洗いに行く時間も取れないことも・・・。

そんな人間達がバタバタしている一方、両親の育てている薔薇も咲きました。ん・・・・写真に撮るの、難しい。花びらの色がもっと濃い、深紅なんです。
c0226317_19165391.jpg


ようやくゴールデンウィークが終わり、ホッとしている暇もなく、通常のバタバタが始まりました。そんな時こそ、いつも幸せな時間を与えてくれる祖父の家の庭の生垣の中を見ると・・・・・アマリリスが咲きました♪
c0226317_19115286.jpg

そして右手には、一面芍薬が咲いています。手前の三本は、ムスカリの枝だけになったものです。
c0226317_1912495.jpg

にしても、ここからみるといつも花が咲いています。祖父も知らない、祖父の芸術だといつも新聞を届ける時に思います。
c0226317_19121171.jpg


バタバタしていても、わざわざ来て頂いているお客様のため、早起きをしてお菓子は作り続けています。

これは、母が結婚した時に持ってきた嫁入り道具の料理の本に載っているクッキーのレシピを見て作ります。我が家は何かあるとこのクッキーを良く焼くので、このレシピの載っているお菓子の本はかなり使い込んでいて、ボロボロです。。。
これは、4月30日月末の早朝に生地を作って、午前中に妹親子が来たので型抜きをしてもらいました。たまご塗りは、3歳の甥っ子担当でした♪

c0226317_19241671.jpg


このクッキーには、喜界島粗糖を使います。何せ、味が良いです。噛み応えがあります。そして焼いている途中から、バターの良い香が部屋中、部屋の外に出て事務所にたまごを買いに見えられたお客さまのお鼻にも届き、
「うわぁ~~~~すっごく、良い香り!お菓子も売られてるんです?このお菓子頂きたいです!」「今日は何を焼いてるの?外まですっごく良い香りがしてるよ~」
ありがたいお言葉頂戴して、嬉しい限りです♪

5月3日、朝早く起き、シュークリームを焼き、カスタードを炊きました。
c0226317_19342578.jpg

ゴールデンウィークの暑さとしては当たり前の暑さですが、今までが寒くて急に夏のような暑さで、見えられるお客様皆さん、「暑か~~~」と言って入ってこられます。なので、冷えた麦茶と冷やしておいたシュークリームをお出ししました。
c0226317_19343486.jpg


結婚が決まったから、受付して欲しいの、挨拶に来るから・・・と言った友人には、こうやって準備して持たせました。二人で食べてくれたかしら~♪
c0226317_19505996.jpg


「よし、元気出たけん、孫の所まで行って来ようかな!」と言って、帰られたお客様もいらっしゃいました~。

美味しかったので、またまた「なかしましほさん」の御本から。
c0226317_19401758.jpg

これ食べると、レーズンって美味しいなあ~って、シミジミ噛み締めちゃいます。
c0226317_1942813.jpg

お客さんにも、幸せのお裾分け♪みんなで噛み締めましょう~~~♪妹が父同様、レーズン好きなので朝から2回作りました。なので、レシピの4回分の量を作りました。

楽しかった~♪

甥っ子が来ると言うので、スポンジを朝から焼いておいて、甥っ子にフルーツを並べさせ、「出来たよ~」と内線を受け、二階に上がると、思った以上にフルーツがたくさん。。。
c0226317_1945022.jpg

甥っ子よ、ごめんね。おばさんヘタだから、入れてもらったたくさんのフルーツを綺麗に巻けなかった。。。
味はイズミサンロールケーキなので、美味しいの。でも、見た目が・・・。今回も豆乳クリームを使いました。


今回のカスタードを炊いた時の残りの卵白。瓦そばの錦糸卵に使いました。なので、たまごの色が白っぽい・・・。
c0226317_19553129.jpg

本当は小葱とかを刻むのですが、畑に小葱もあさつきもなくて、カイワレを6パック。大きなホットプレートに茶そばを入れて、カイワレ・たまご・豚肉を甘辛く煮たものを並べ、麺をカリカリに。

程よくカリカリになったら、混ぜます、そして今度下になった部分がカリカリに。麺つゆで頂きますが、薬味には、頂き物の大根に乾燥させておいた鷹の詰めを一緒に摩り下ろして作った、もみじを添えます。
c0226317_2004029.jpg



昼食を取らずに、頂き物のトマトやナス、母の植えた玉ねぎなどある野菜で、今晩食べるためのカポナータを作ったり。
c0226317_205138.jpg

冷蔵庫で、キンキンに冷えたカポナータ。トマトって何でこんなに美味しいんでしょう~~~♪
[PR]
# by sobokuna-okasi | 2010-05-06 20:14 | 焼き菓子