旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

桜とたまごとレモン味

今日のお花は、「利休梅」です♪
c0226317_20411146.jpg


昨日すっかり焼くのを忘れていたシフォン、今朝焼きました!!
早起きしようと思いましたが、今日は弟の朝食時間に重なってしまうので、6時まで事務所で仕事をして、6時10分から焼きました。

おまかせかぁ~何をこの前は焼いたかな・・・。記録に残しておけばいいものの、その時にある素材でシフォンを作るので何シフォンだったのか。。。

今は、桜の綺麗な時。このシフォンを注文された方からは、よく「桜の塩漬け」を頂きます。そして、去年も頂いた塩漬けで、「桜シフォン」を焼きました。
聞くところによると、月末、年度末で遅くまで残業される女性の従業員の方達への差し入れとの事。暗くなるまで事務所でお仕事をされるのだから、見た目も味もホッとできるものがいいのでは?と、「桜のシフォン」を焼こうと決めました。

6時から焼くので、3台は焼けます。
本番の「桜シフォン」の前に、オーブンを温めるつもりで、「たまごシフォン」と「レモンシフォン」を焼きました。

時間との勝負、この二台については途中の写真がありません。(デジカメを取りに行く余裕なんて、ない!撮っている時間も、ない!!)


なので、三台目の「桜シフォン」を。
c0226317_205258.jpg

桜の塩漬けを30分位水に漬けて、塩抜きします。そして、隣町で作っていらっしゃる小豆の甘納豆をキッチンバサミで半分にします。
あまり大きいと穴になるし、虫の様で見た目が悪いので・・・。

焼き上がり。とても良い香り~~濃いお茶が頂きたくなります♪
c0226317_20541279.jpg


香りに浸っている時間も無い、急いで着替えなければ出社時刻8時に間に合わないよ~~~なんさま急いで着替え。。。階段を下りて行きました。

左から、「レモンシフォン」に、「たまごしふぉん」に、「桜シフォン」です。お昼休み、完全に冷えたので、型出し!
c0226317_2055870.jpg


「レモン」
c0226317_20565262.jpg

「たまご」
c0226317_20575282.jpg

「桜」です。
c0226317_20583941.jpg

事務所の中で、ホッとして頂けるかしら。桜たちよ、癒してあげてくれよ~~~。
c0226317_20582724.jpg


「桜シフォン」、会社に持っていかれるのならば、ご家庭・奥様にはないじゃないですか!!と、レモンシフォンもお渡ししました。

c0226317_2131919.jpg


「約束を忘れるなんて、失態をしでかしたのですから!」と言う私に、「な~ん、全く大した事じゃないよ。気を使わないで。こっちが好きで焼いてもらってるんだから」とニコニコ。

やっぱり、仏の心をこの人持っているんだわ~と、感謝。いつも父が会合なんかある時は、通り道だからと車で送り向かいをして頂いたり、すっかり父がお世話になりっぱなしなので。


たまごシフォンは、シフォン好きな祖父母の家に少し持って行き、残りはカットして、今日見えられたお客様に配りました♪




私と妹がバタバタ行動していた日曜。
金曜、「泣いちゃいそう~~~天気が良いのにたけのこ掘りに行けないなんて・・・」と大声で山に向いながら洗濯を取り込んでいた母は、日曜、2時間父と二人で、たけのこ掘りに行っていたそうです。

なので、まだ筋肉痛だそう。でも、「あ~~~筋肉痛が取れないうちに、またたけのこ掘りに行きたい~~~」
おいおい、またかよ・・・。
c0226317_21134559.jpg


と言うことで、今晩は母の掘った「たけのこ」と、母が摘んだ「木の芽」で、母が作った「たけのこの木の芽和え」です。
c0226317_21135323.jpg


それと、馬刺し。
c0226317_21151049.jpg

お醤油と生姜で頂くのですが、我が家は、とにかく「生姜」を食べます。
四人分なのに、普通で大きな塊の生姜を摩り下ろして、食べてしまいます。

だから、冬でも靴下要らずなのかも~~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-30 21:24 | シフォンケーキ

ドタバタ3日間

う~~~ん、何から書こうかと思う位、バタバタの毎日。

だからだから・・・・・注文を頂くようになってから、初めてシフォンを焼くのを忘れてしまったんです。。。
「月曜でも火曜でも都合の良い日にシフォンまたお願いできるかな?」と、ご注文を頂き、今日の昼13時にお引取りの予定だったのに。。。

朝一番のバスで妹が北九州に帰る。
1時間かけてバス停まで送るので、5時に起きて、6時15分に家を出る。
忘れ物はない?あれとこれも持った?ギリギリまで伝票を発行したり、バタバタ。。。
3月29日に帰るんだから、前日の28日に妹は美容室に行っておかなきゃいけない、日曜日をようやくやり繰りして美容室も終わり、妹に食べさせたいもの、食べたいものも食べさせて・・・。
昨日から、妹が帰る事で頭がいっぱい。寝る前に思い出し、枕もとのメモに持たせるものを書きなぐった位。


シフォンケーキ・・・頭になかった。。。


今日の10時過ぎ。
母が銀行に出かけ、窓口の方が「○△□印刷様~~~」と聞いた途端、母はハッとしたらしく、私に電話。もちろん、、朝から私が送っていったのを知っているので「シフォン、焼いてないたいね・・・」
あ~~~~~~~~~~~~~忘れてた。

注文を頂いたのは、父の友人。お断りの電話を入れると、
「いやいや、大丈夫。明日お願いします。明日焼いてもらいたいけど、都合は大丈夫?」と、逆に気を使って頂いて、申し訳ないです。
その電話の30分後、父に用があって会社に見えられました。
ひたすら謝り、コーヒーとラム酒胡桃レーズン栗たっぷりのパウンドケーキを出して、ぺこぺこ。謝るしか出来ません・・・。   にしても、このお盆の色(青)とお菓子の色が合いませんね・・・。
c0226317_2321774.jpg

「な~~ん、大丈夫よ。今日のケーキも明日焼くケーキも美味しさには変わらないから、心配せんでよかよ。シフォン美味しいから、どれだけでも待てるよ~」
だなんて、いつも優しいおじ様が仏様のように見えて、涙出そうでした。。。明日の朝、頑張ります!!!



一先ず、3月26日からの事を書こうかと思います。
3月26日、北九州から妹が帰ってきます。就職活動やゼミやらで熊本北九州を行ったり来たり。
でも、しばらくは帰ってこないんじゃないかな。
3月26日、①妹をバス停まで迎えに行く事②中国薬膳料理研究家の方のお料理教室が当ったので受ける事がこの日のイベントです。
教室は18:30から、妹は早めに着いて現地集合。
18:30からなので、遅くとも17時に会社を出ないと間に合いません。
昼食も抜いて、昼休みはケーキを焼くだけで済ませ、すぐ仕事に戻り、週末前で唯でさえ電話が多いのに、事務所が一人休みだったのでその者の仕事も背負い込み、母が
「後はするから、余裕持って出かけたほうが良いよ」って言葉に、「うん、分かった」と言いつつ・・・仕事が次から次に。
ようやく二階にトイレに上がると、母は布団を取り込みながら
「涙出ちゃう~泣いちゃいそう~」
「どしたの?」
「だって、こんなに良い天気なのに、たけのこ掘りにいけないんだから」って、お~~~い貴重な時間をそんな事で足止めしないでおくれ・・・。

こなしてこなして出発できたのが.16:55。貴重な5分短縮、気をつけて行かねば。
夕方渋滞していて、近道したりして到着したのが18:10。それから、バタバタ妹と二人教室に。
一番乗りでした。
今日教えて頂いたのは、「太平燕」と「中華天」と「海老とブロッコリーの炒め物」と「杏仁豆腐のイチゴソース」です。
c0226317_22191452.jpg

太平燕は、我が家でも作るのですが、先生はどのようにして作られるのか興味があったので、申し込んでいたのです♪
c0226317_22202658.jpg

虎皮卵も美しく、野菜たっぷりで美味しいです♪海老とブロッコリーの海老も、油で揚げたりせず、極力ヘルシーに。

先生は食べ物自体は薬なのだから、気管支が弱りそうな今、杏仁を頂きなさい。夏、暑くなったら熱を逃がすためにココナッツを食べなさい。など、お料理の事だけではなく、料理は、五味・五性・五法を活かして材料や調理の方法を考え、組み合わせて料理を作るというお話を以前お聞きしていたのでとても楽しみにしていました。

五味・五性・五法

   五味:甘い・・・・・疲れをとる          
    苦い・・・・・気を静める      
酸・・・・・・・すっぱい味でお腹をひきしめる。つまり下痢などに良い。
辛い・・・・・体を温める
鹹(かん)・・塩辛い味でお腹を軟らかくして便秘などによい

五性:熱・・・・体を温める
   寒・・・・体を冷たくする
   温・・・・体を穏やかに温める
   涼・・・・体を穏やかに冷やす
   平・・・・温めも冷やしもしない

   五法:揚げる、蒸す 、焼く、炒める、煮る

なるほどなるほどの連続です。17年間病院の栄養士さんもされていたとの事、勉強になります。

「太平燕」は、鶏肉(スープ)、豚肉、海老、イカ、白菜、揚げ卵、そして主役の緑豆春雨と五味五性に適った食材をバランスよく使うとても理に適った調和のとれた料理みたいです。

お料理教室が終わったのが、21時。それから1時間かけて戻りました。

翌日は、お昼休みに芋のねったくりを食べながら、妹の為に、抹茶ケーキを作りました♪
これが、「ねったくり」です。
c0226317_2239633.jpg

蒸かした芋にそば粉を入れて、「ねったくる」=「混ぜる」んです。そして、芋の甘さにもよるのですが、お好みで、黒砂糖をかけて頂きます。
抹茶ケーキは、イズミサンスポンジを抹茶にアレンジして、巻いてばかりなのでたまには重ねてみようと思い、その間には大豆クリームを挟みました。
c0226317_22374265.jpg

基本的に、クリームが苦手な妹なので、全体にクリームは不要なのでこの位です。
重ねて、夜に頂く事にしましょう~♪


でもでも、夕方、お客様からの電話。注文するの忘れたので持って来て欲しいとのこと、了解です。
丁度、弟もお客様の所に送っていかなきゃいけなかったので、途中で降ろして、そのまま配達に。
お客様の所に到着したのは、20時。
助手席の妹に「お腹空いてきた!」と言うと、「私はずっとお腹ペコペコだったよ」って・・・・「早く言わんね~~~」と急いで食事にしました。あ~~~抹茶ケーキ作ったのに・・・。


翌朝、日曜日の朝なので、いつも4時に朝食を摂る父も遅めの朝ごはん、家族揃って朝6時半から頂きました。
パクパク朝食を食べ、デザートは昨日食べるはずだった「抹茶ケーキ」。
c0226317_22515686.jpg

妹が食べて、「これ、薄~いホワイトチョコを挟んでも美味しいよね。それか、ホワイトチョコで薄く包む。」
う~ん、勉強になります。
それと、妹の為に焼いていた「母の好きなラム酒、父の好きなレーズン、弟の好きな胡桃、妹の好きな栗」の入ったパウンドケーキもです。
c0226317_22545190.jpg


朝から、しっかりと食事をして9時に出発。
今日は、スパイスの専門家の方に習う「本格インド料理教室」です。これも、隣の市の事業の一環で行われるものでこちらも当選したんです。
c0226317_2312829.jpg

これも妹と参加をしました。ここでは、「チキンカツとココナツトマトカレー」「人参のチュンバル」「かぼちゃのサブジ」「バナナとレーズンのヨーグルト和え」を教えて頂きました。
c0226317_2322762.jpg

全てのお料理にスパイスが入っていて、独学でカレーを作っている私にはとても勉強になりました。
カレー好きの弟の為に、スパイスを色々教えて頂きました♪

レシピには計量スプーンで分量が記載されていましたが、目分量でスパイスを使われる姿は凄くかっこよく、憧れてしまいました。私も使いこなした~い。会場を出たのが、13時5分。3時予約の美容室に連れて行かねばなりません。

せっかく街まで出てきたのだからと食材屋に寄って、教えて頂いたスパイスをバタバタと買い求めました。ワクワクします♪

調達が済んだら、美容室に。妹を乗せていくのだから、私もしてもらう事に。

美容室が終わったが18:20。妹の第一声は、「サザエさんスペシャル見たかった・・・」
妹は唯一サザエさんは欠かすことなく見ます。
どう頑張っても、サザエさんには間に合わない・・・。
気持ち急ぎながら、美容室に居て食べたいな~と思ったのが、「パクチー」。もう大きくなったよね?食べても大丈夫だよね?なんて思いながら。
c0226317_2315338.jpg

車で走りながら、妹との話では「生春巻きを作ろうか」と言うことになっていました。
でも、二人ともお腹が空いて、「あっ、パクチーダレで牡蠣食べよう~♪」と言うことに。
c0226317_23144649.jpg


3月26日にまたひよこ達が入ってきたので、両親はひよこを見に行く為に夜ご飯は済んでいました。
二人で、コンロを取り出し。牡蠣しゃぶ♪
c0226317_23214153.jpg

パクチー刻んでレモン絞って、スイートチリソースを混ぜました♪
c0226317_23215297.jpg

母は、妹にお刺身を食べさせようとたくさん買っておいてくれたので、お腹いっぱいになりました。
そして、明日、妹は帰る。明日は送りに行かなきゃ送りに行かなきゃ・・・・・・・・・・と、就寝。


翌朝、シフォンを焼かなきゃいけないことも忘れて・・・。




こんなにつまらぬ私の生活を、タラタラと書いたのに、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-29 23:28 | 焼き菓子
弟が夕方帰るなり、「これ、もろたばい」とビニール袋を二つくれました。
何だろ~~~~♪ワクワク中を開けると、一つはタラの芽が入っていました。
c0226317_19525985.jpg

「うわ~~美味しそう!綺麗ね~~~天ぷらにしようか?」
次のもう一つは、蓮根でした!
c0226317_19541146.jpg

「やっぱ天ぷらだよね~」
食卓にはお魚屋さんが売りに来た鰯を三枚おろしにして、すり鉢で胡麻をすり、わさび、しょうゆ、すこ~しオリーブオイルをたらして和えた「鰯のゴマわさび和え」はもう出来ていました。
c0226317_20361232.jpg

父と弟がそれをおつまみに晩酌している間に天ぷらにしました♪
c0226317_19575598.jpg

タラの芽は、お塩で。
c0226317_19582229.jpg

蓮根は、たわしでゴシゴシ洗い、皮のまま輪切りに。そして衣はつけないで、素揚げ!
素揚げにするとモチモチで、蓮根料理の中で一番好きな食べ方です♪


私、先日、L'oeufさんのブログを拝見したんです。
すると美味しそうなパウンドケーキが載っていて、それも、全て我が家にあるものが詰まっているパウンドケーキで、L'oeufさんに作り方をお聞きしたら、親切に教えてくださったので、レシピを今日の午前中に見て、昼休みに作りました!!

中に入れるのは、ローストした胡桃と自家製の栗のシロップ漬けと自家製のラムレーズン♪
昼休み、二階に上がるとすぐ卵とバターを冷蔵庫から出し、胡桃を160度で焼き、焼いている間にご飯をささっと食べ、冷蔵庫に保管している栗のシロップ漬けを出しに。
c0226317_207575.jpg

どの位、栗入れようかな~今、北九州に一旦帰っている妹は栗が大好きです。多めに入れよ~~~♪帰ってくる頃には食べごろになっているかも~~~~♪

ラムレーズンを冷蔵庫から取り出し、どの位入れようかな~。
c0226317_2093594.jpg

父がレーズン好きなので、多めにしちゃおう~~~♪量りを0に戻して、レーズンを計量。

L'oeufさんのレシピではグラニュー糖でしたが、グラニュー糖はないのでキビ砂糖でしました。

準備が終わり、オーブンに入れるとお昼休みが終わる時間が迫ってきて、事務所にタイマーを持って下りました。
仕事中にタイマーが鳴って、二階に急いで上がりました。う~ん、もう少し。また10分後にタイマーをセットし事務所に。

焼くこと、計1時間10分♪同時に二本、出来ました。
c0226317_20115238.jpg

こっちはパックリ焼けて、こっちの方が好きですね。
c0226317_20122140.jpg

パウンドの焼き型の違い?一緒にオーブンに入れたので、置く場所の違いで温度が違った?確かにこっちのパックリしてないほうの型は、横広かったから?

色々なハテナ?を抱えつつ、焼きあがるとすぐにラムレーズンをつけていたラム酒を25ccずつたっぷり打ちました。
そして書かれている通りに、すぐにラップをし完成です!!
妹が帰って来るまでの、お楽しみ♪美味しくな~~~れ♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-25 20:39 | 焼き菓子

抹茶試作中。

3月21日日曜日は、1時間ちょっと掛けて、妹二人でまたお料理の先生の所にお邪魔する予定でした。

でも前日の20日、熊本の天気はすごく荒れ、雨に強風に雷。

先生から、「今、阿蘇の妹のペンションの手伝いに来てて、家に一人で帰ろうとしたら皆に反対されて帰れないの。突然で悪いんだけど、中止にさせてください」と、メールが来ました。

雨の強さもかみなりがずーっとゴロゴロピカピカしているのは知っていましたし、阿蘇から下るのは大変なこと。
「気になさらないで下さい。ご無理されないのが一番です」と、返信し、明日の日曜、特別何をするということも決めず、たまには日曜日ゆっくりしようかな?妹の洋服を見るのに連れて行こうかな?妹の好きなベーグルでも、ゆっくり焼いてあげようかな?なんて思いながら休みました。

日曜日だけは、時間に関係なく起きたいので目覚ましをセットしていなくて、夢の中でした。翌朝6時11分、携帯が鳴りました。
「今、阿蘇から帰ってきているから、今日はお教室しますのでいらっしゃいね!!」
「はい、分かりました。先生ご無理されないで下さいね・・・」
夢ののか現実なのか。。。お~~~~~現実だ、何もお菓子準備してない~~~~~~~。

いつもは先生のおうちにお邪魔する時は、必ず何かのシフォンを持っていきます。先生ももちろんお菓子を作られるのですが、先生もご主人も先生の96歳と88歳のご両親も喜んでくださって、先生が「シフォンは、あなたのにはかなわないわ」と言ってくださるので♪

布団から飛び出し、レモンシフォンを焼きました。
レモンシフォンをオーブンに入れるとまだ時間はあります。何作ろう・・・あっ、抹茶のマドレーヌなんてどうかな?
c0226317_19371860.jpg

マドレーヌなんてニ三回しか焼いたことのないのに、それも抹茶なんて焼いたこともないのに味を想像して、、小麦粉・たまご・バター・喜界島粗糖をかき集め、焼きました!
もちろん、妹の買ってきたお抹茶を使いました。
c0226317_1940128.jpg

ん~~~?色が薄い?もう少し抹茶入れなきゃいけなかった?ほうれん草みたい・・・。
でも、一口食べてみる。う~ん、私が思い描くマドレーヌとは違ったのですが、母は「美味しい♪先生のお宅に持っていくんでしょ?」
先生に食べて頂いて、ご意見を賜ろう~。
c0226317_19423774.jpg


マドレーヌも焼きあがり詰めても、シフォンがまだ微妙に温かい。そういう時には、こうします。
c0226317_1946158.jpg

シフォンにラップをして、風呂敷の上にシフォンを逆さに乗せて、風呂敷に包んでいくんです。
c0226317_1947191.jpg

先生のお宅で型出しをします。

今回教えて頂いたのは、「季節のちらし寿司」と「菜の花のオーロラサラダ」と「変わりイチゴ大福」と「なめこと豆腐のお味噌汁」と「菜の花とわかめの辛子酢味噌和え」です。
c0226317_19493852.jpg

ちらし寿司の作り方も材料も、我が家とは違います。先生と一対一の時はお料理しつつ洗い物なのですが、妹と一緒の時は妹優先、妹に習得して欲しいので、洗い物しつつお料理をします。

妹は、この辛子酢味噌は美味しい、こんな風に作るんだと感心していました♪

私が、えっ?っと思ったのは、「変わりイチゴ大福」でした。白玉粉と小麦粉を捏ね、その生地でイチゴとあんこを包み、茹でる。
c0226317_1957622.jpg

あん無しで、黒蜜でもいいのよ~ともおっしゃってました。

先生は、このお教室の後もまた阿蘇に帰ってくるようにと、頼まれていたそうです。でも、阿蘇には行かず、近所を散歩して、近くの温泉に歩いていってゆっくりしていたわ~っておっしゃっていました。

先生、ご無理されたのでしょう。先生、ありがとうございました~~~~。


翌朝、抹茶とビスコッティ好きの妹。
ならビスコッティにも抹茶でしょ♪
抹茶を30gも入れて、妹の好きな濃い抹茶のビスコッティ!妹のお土産の一缶使ってしまいました。こ~~~~~~い抹茶のお味。
c0226317_2022248.jpg

甘納豆も入れました。でも、甘納豆は小さかったので、次回は黒豆を煮たやつを入れた方が良いかも♪

妹に試食させると。
「う~~~~~ん、これ良いね♪美味しい!ここにあるの全部持って帰っていい??」と、鉄板一枚をジップロックに入れていました。良かった、喜んでくれて。
c0226317_20887.jpg

アーモンド入りも作りました。
そして、もう一人ビスコッティ好きになった妹が来ると言うことなので袋詰めをし、残りは今日見えられるお客様に。
c0226317_2072883.jpg

妹は実習で仲良くなった子と、ビスコッティ片手に熊本城の桜を見に行ったそうです。加藤清正もビックリ!



3月23日、朝飯前の仕事。妹が好きなベーグルを焼きました。
何かの本に、成型する時にねじって成形すると書いてあったので、今回はそのようにしました。
妹の好きなベーグルは、かたくてもっちもちなベーグルです。
c0226317_20114084.jpg

甥っ子も遊びに来ると言っていたので、張り切りすぎて少々焼きすぎてしまいました・・・。

またリベンジするからと言う私に、「美味しい~~い。良いお味、モチモチだよ」と、妹。

次回頑張ります~~~と言い残し、仕事に急ぎました。

夜ご飯は、母が掘ったたけのこで「グリーンカレー」でした♪
c0226317_10154347.jpg

これも妹が好きな味です。妹の春休みがもうじき終わり、北九州に戻ってしまいます。
昨日北九州にいったん戻って、また金曜日に熊本に戻ってくるそうです。



家族が妹に食べさせたいもの+妹が食べたいもの>食事の回数なので、大変だぁ・・・。

金曜日に妹が帰って来て食べさせられるように、昨日大豆クリームを買ってきました♪抹茶のロールケーキを作りましょう~~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-24 20:32 | 焼き菓子
毎日、8時近くになると『ウグイス』が鳴きます。もう、「ホ~~~~~ホケキョ♪」完璧です!

でも、どこで鳴いているのか見渡しても、鳴声は聞こえるものの見当たらず、いつも鳥の色々な鳴声を聞き流しているけど、いろんな鳥が居ますね。
c0226317_20505363.jpg





そうそう、昨日の朝、新聞を読んでいると台所から、母の声が。

「包丁が刺さったーーーー。抜くことも出来ないーーーーー」って。
「はぁーーーーーーーーーーーーーーー」と、急いで走っていきました。

「あーーーービックリした。もう朝から、悲鳴上げるの止めてよね・・・」包丁が刺さったのは母ではなく、これです。
c0226317_2005157.jpg

親戚のおばさんから頂いた赤芋の親です。
c0226317_2032640.jpg

ホクホクしているので、味噌汁にしようとしてあれこれ包丁を変え、考えて切っていたそうです。

母はこの芋をそのままにして、どこかに。。。私がカメラを取りにリビングに戻り、この写真を取っているのを芋から包丁を抜いているのだと思ったみたいで、
「え~~~~~~写真???抜いてくれてるのかと思った」、と。
「嫌よ、芋触った手でカメラ触りたくないよ・・・」

母は、どこからか持ってきたトンカチで、カチンカチンと芋を真っ二つに切っていました。
んもう・・・・・・朝から、止めて!!!!




またまた、イズミサンのスポンジ♪今回は、イズミサンのココアバージョンが美味しそうだったので、真似っ子。
c0226317_20103893.jpg

でも、どの位ココアを使うのかイズミサンに教えて頂いたのに、メモをなくしてしまい・・・。
勘でココアを投入、これから研究です。

それと、私。。。イズミサンのお教室で、ビックリしたことがあったんです。
それは、バナナを包丁で切ること。
c0226317_20131461.jpg

いつもバナナって、皮むいてちぎって使うものだと思っていました。確かに、売り物なので包丁を使うのが当たり前なのかもしれませんが、すごく新鮮なことで、一人ビックリしていました。
帰って練習をする時は包丁を使ってバナナを切り、巻き巻き。
なんか一人で、東京のお教室に行って垢抜けたような気がしていました。バナナを包丁で切る自分・・・新鮮です。
でも、今回のロールケーキには、やっぱちぎったバナナを巻きたくて、二本バナナを使い、ちぎって巻きました。
c0226317_20212035.jpg


出来たのはこんな感じでした。自分が考えていた、色が出ました。味もこれで丁度いいかな♪
母は、クリームが少ない。妹は、まだ少なくて良い。色々なご意見ありがとうございます、です。
てかてか・・・・後ろの八朔、どうにかしなきゃ~~~たくさん有り過ぎ。。。







いつも野菜をくれるおばちゃんに、生姜を頼んでいたんです。そしたら、今朝届きました~♪
c0226317_20421539.jpg


「ジンジャーエール」を作ろうと思って、いざお昼休みに、調合開始♪
c0226317_2043508.jpg


鷹の爪とクローブ6粒に黒砂糖やら・・・。早く飲みたい気持ちをぐっとこらえて。
c0226317_20444417.jpg


最近、母と弟は『ハイボール』を飲むんです。
全くお酒を飲まない私も、なんか隣に居て、ソーダで割ったりして飲んでいるのが面白そうで、カルピスソーダを作って飲んでいたのですが、ジンジャーエール飲みたい!!と、作ることにしました!
早く自家製ジンジャーエールを頂きたいわ~~~♪




夕方、農家をされている本田さんご夫婦が見えられて、山の様にほうれん草を持ってこられて。
c0226317_2054567.jpg


「この前んとは、たいがな美味かった!」って。

内心、ん・・・・・・・何を私、渡したんだろう・・・・・・・・・・・・。「えっ???」

「ホワイトデーの遅なったばってんが」って。
あ~チョコブラウニーか、って「私、こんなお礼して頂けるような大した物、作ってないですよ」て、恐縮してしまう位のほうれん草とジュースを一ケース。
「あら、そ~~~な美味かった」を御夫婦で連呼されていて、ものすご~~く申し訳なくて。

本田さんご夫婦のお住まいまで1時間ちょっと。わざわざ来て頂けるだけで、充分嬉しいのです。
たまごを買いに見えられる1時間位前に、お電話頂くのですが、いつも夕方で、玉(お客様にお配りするお菓子)がない。。。
こりゃいつかシフォンを焼いて持っていかねば!




妹が、京都二泊三日からの旅から戻って参りました~♪

だ~~~~い好きな山椒ちりめんと、だ~~~~~い好きな山椒の粉を買って来てくれました。弟には好物の一味でした。
c0226317_20243043.jpg

妹の好物の八つ橋屋さんに行ったら、シフォンがあったからと買って来てくれて。
妹親子が遊びに来て、皆揃ったら頂きたいと思います!

去年、小粒サンから頂いたのが、右のお抹茶です。右に緑の袋があるの、わかりますでしょうか?

「これね、東京で一緒に食事した人から頂いたんだけど、その人は焼き菓子が凄く上手らしくって、ナミナミさんも凄く誉めていた人から頂いたの~~。こんな缶にお抹茶が入ってるんだよ~凄くない?」
って妹に話してました。

でも、その貴重な抹茶で焼き菓子、マドレーヌやフィナンシエやら作ったら美味しそうなのはわかりますが、自分で作るレシピを持っていないので、専らシフォン。

去年、小粒サンから頂いたお抹茶が入っていた袋を妹は、
「ねえ、この袋貰って良い?」って、今思い出せばそう言って、持って帰ったんです。
私は、妹は抹茶好きだから、この袋も好きなのかな位しか思ってなかったんです。

でも、京都から戻ってきてビックリ。え~~なんで?小粒サンから頂いたお抹茶がテーブルの上に?大切にしまってあるはずなのに?

妹。私が、今まで自分が使っていたお抹茶以上に大切に大切にしまい、妹が帰ってきて妹が食べるシフォン位にしか使わなかったのを知っていたみたいで、袋を持って、探してくれたそうです、このお抹茶を。

「お茶屋さんに到着して、『お菓子に使う一番美味しい抹茶、下さい』と言ったらこれをくれたよ」、と。

「え~~~自分のは?一番、抹茶好きでしょ?自分の買ってないの????」と聞いたら、「買ってないよ。良いよ、使って。これだったでしょ?」

ねえさん、涙出そうでした。「な~ん、北九州に持って帰って、自分で立てて飲んだら?」って笑いながら言って、泣きそうでした。。。
「よかよ、お菓子に使って」なんて、言うもんだから・・・。

ねえさん、抹茶のお菓子のレパートリーを増やすよう頑張ります!!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-20 21:20 | 焼き菓子
二月に植えたパクチー。頼りなくて、心配でした。。。
c0226317_20251381.jpg

土と相性が良かったのか、菜園担当の母の植え方が良かったのか、スクスクと大きくなり。
c0226317_2027147.jpg

パクチー独特の香りが恋しくなり、冷凍庫に海老があるのを思い出し、無性に「ヤムウンセン」が食べたくなりました。でも、春雨は先日「太平燕」にしたのでなくて、でも、食べたい!ゴソゴソと探し出てきたのが「マロニー」。う・・・・ん、微妙。でも、まいっか!
c0226317_20264657.jpg

パクチーの香りが何とも言えません!



昨日、妹親子が来ていたのは、お友達のおうちに持って行くシフォンを受け取る為でした。
c0226317_20312651.jpg

早朝に置き焼くつもりが普通の5時50分目覚ましのまま寝てしまい、6時から焼きました。
c0226317_20314072.jpg

1歳ちょっとのお子さんがいるからと、妹のリクエストは「たまごシフォン」でした。先々週、妹が行った結婚式。式前日、花嫁さんが交通事故で体調を崩し、花嫁さんの居ない式でした。そして、お見舞いもかねて結婚祝いのシフォンを焼かせてもらいました♪

イズミサンのスポンジケーキを焼くようになってから、シフォンを作ると、メレンゲと卵黄生地を混ぜる時に今までの作る時と生地に対する考え方も、混ぜ方もスピードも変わりました。
もちろん、スポンジケーキを作る時のような混ぜ方やあのボウルは使いませんが、微妙にボウルを傾けて、ゴムベラの入る角度も変わりました。
言葉にするのは難しいのですが、やはり体で習得するものなんだと思いました。イズミサンスポンジを作り、「たまごって凄いわ~」「たまごって偉大だわ~」「たまごって不思議だわ~」ってたまごに馬鹿のように一段と愛情を注いでいます。。。
色々なお菓子が作りたくなってきます♪




これ、なんだか分かりますか?
c0226317_20444775.jpg

一日外に干した「高菜」です。この写真からは伝わらないかもしれませんが、一抱えある高菜が、5山あるんです。。。

廊下の半分を占領するこの膨大な量の高菜。止めればいいのに、母は昨夜11時半から塩揉み込みを始めました。

「おやめなさい、もう11時半だよ!そんなことしてると、明日になるんだから、明日すればいいのに、おやめなさい」
そう言って、一度扉を閉め、もう一度母の居る廊下に来ると、塩を開封していました。
あ~ダメだ、もうやる気になっている・・・。私は、明朝シフォンを2台焼かなきゃいけないので、先に休ませてもらいました。
いつもは外でするのに、もう夜の11時半。新聞の上に、どこから持ってきたのか大きな白い紙を広げ、塩もみ開始。

いつもは、塩もみした高菜を桶に詰めては、高菜の上にビニールを乗せ、妹に踏んでもらっていました。でも、その妹は京都に旅行に行っているので、自分でしていたそうです。
母が作業をしている所は、廊下。弟の部屋の前です。絶対、弟に「うるさい!」と、怒られるはずです。

案の定、母はもう本当に最後の最後で、我慢していた弟の怒りに触れ、夜中怒られたそうです。だから、おやめなさいと言ったのに。。。
弟は朝が早いし、肉体労働なので睡眠はたっぷり取らないと、鶏達の世話が出来ません。「弟が寝るときは静かに」、が暗黙の了解なのに・・・。
母は、怒られた後、重石を移動させるのも、ゆ~~~~っくり。歩くのも差し足。何かを移動する時も音を立てずに、しず~~~~かに。
重石をゆ~~~~~~っくり持っていたせいで、今朝は腕に湿布を貼っていました。オイオイ・・・。


私も大学時代、一人暮らしだったので自分で青菜を漬けようと、塩もみをしたまでは良かったんです。でも、大学生の一人暮らしの部屋には、重石がない!
重石に変わるもの、変わるもの・・・この部屋で一番重いテレビやベットを乗せる訳にも行かないし。自分の手で動かせて、重いもの・・・・・・・・・・・・。
あっ、あった!「自分だ!」と、汁が出ては困るので、何重ものビニールに入れ、その下にも上にも座布団を敷き、乗ったんです。
でも、もちろん何日間も動かずには居られないので、重石の役割が果たせず。
青菜漬けを断念した事があります。


高菜漬けの季節になるといつも思い出してしまいます・・・。



このレモンは、ご近所の柿原さんから11月に頂いたもので、緑色のレモンが、オレンジ色になり、ようやく今頃黄色くなったんです。
長い間シフォンが焼けるようにと、木にならせて置くのではなく、緑の状態で下さいます。
c0226317_21132356.jpg

今日は、母のお友達から「レモンシフォン」を二台注文を受けたので、早朝から焼きました。
c0226317_21171724.jpg

これは、祖父母も食べたいと言っていたので、祖父用に豆乳使用でもう一台焼きました。
c0226317_21182020.jpg

祖母に、「今日はレモンシフォンだから、後で持ってくるね」と言うと、「わぁ~嬉か!一番嬉か!お昼には間に合うどか?」と手を合わせて喜んでくれました。配達を二件抱えていたので、配達を冷ましている間に済ませ、急いで型出しをし持って行きました!

このシフォンを頼んでくれる母の友達の方は、熊本の街の一番真ん中で仕事をされています。そこの近くにはデパートや有名なケーキ店が並んでいるのに、いつも1時間掛けてケーキを取りに見えられます。
c0226317_21213793.jpg

こんな素人のケーキでお客様の所に持っていく手土産に良いのだろうかと、いつも思います。

でも、「本当に美味しい、食べたいと思うものはお店にはないのよ。だから、あなたが迷惑でないなら、私は喜んであなたのケーキを取りに来るわ」と、おっしゃってくださいました。

よ~し、鶏達!これからも美味しいケーキ作りに励むわよ~~~って一日でした♪と言っても、ケーキを取りに見えられたが、まだお昼休みが30分残っていた時。
まだ、30分もある。焼いちゃお~~~と、イズミサンのスポンジにココアを入れて焼いてみました。
c0226317_21301530.jpg

これを書き終えて、クリームを巻きます♪

今晩は、「タラの芽」を頂いたので、天ぷらをしました。
c0226317_21313071.jpg

ごぼうもにんじんもあった、にんじんの葉っぱもある、母の植えた葱も、鶏の胸肉も、ナスも。頂き物の野菜達を揚げ、その間胸肉は、「とり天」にしようと、日本酒と少量の醤油と辛子に漬け込みました。
c0226317_21345547.jpg

手前の黒いのは、父が好きな「焼き海苔の天ぷら」です。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-18 21:43 | シフォンケーキ

ポカポカ春日和♪

今日も、風は冷たいものの、日差しは温かくポカポカ陽気。ローズマリーです。
c0226317_20582774.jpg

遊びに来ていた甥っ子は、母とじゃがいもを植えに行き、長靴を履いたまま事務所に。
庭に行きたいと言う事で、庭に散策に出かけました。チェリーセージにも花が来ていました。
c0226317_20594734.jpg

三つ葉もまだこの位。もう少し大きくなったら、おひたしや茶碗蒸し、巻き寿司に使います。
c0226317_2114376.jpg

母の蘭。何種類あるのでしょう・・・。事務所の中や玄関にも所狭しと並んでいます。
c0226317_2153913.jpg

甥っ子が来ると聞いていたので、朝からレアチーズケーキを「生クリーム抜き」で作りました。妹も食べるということだったので。彩りに、先日のイチゴジャムも添えました♪
c0226317_2194721.jpg


今晩の夕食は、甥っ子が昼に収穫した春キャベツと豚肉で「ホイコーロー」♪
c0226317_2019537.jpg

黒砂糖と、醤油、塩、お味噌。鷹の爪もアクセントに入れました。
我が家で使うお味噌は、父のお姉さんが作って下さいます。
c0226317_20274721.jpg

いつかは、私も教えて頂きたいのですが、今はおば様の仕事と言うことで、すっかり甘えて頂いてばかりです。
c0226317_20312727.jpg

それと、父がお酒を飲むのにおつまみが無いので、冷凍庫を探ると頂き物のえびを発見!
c0226317_2033349.jpg

熱した鍋にえびを並べ、日本酒で蒸し焼きに!でも、日本酒が少なかったので、紹興酒も入れて蒸し焼きに。
c0226317_20351570.jpg

塩も、胡椒も何もいりません。えびの味です。



今年も、ホワイトデーには、お菓子やら野菜やらたくさん頂いてしまいました。
来ていただいた方皆様に、ビスコッティです。
(でも、少し考えればよかったと思いました。。。歯の弱い方には、無理ですね。「お孫さんに上げて下さい」って渡すしか無かったです。配慮に欠けていましたね・・・。)

3月13日。以前、金柑ジャムを頂いたお客様ご夫婦が見えられて。
ご主人はお菓子の詰め合わせを、奥様はこれを下さいました!
c0226317_2014277.jpg

おはぎ~♪真ん中の青海苔、中にはあんこと栗の甘露煮が一個入っています。

奥様は、持病があるので健康な人のように、ずっと起きておく事は出来ないのに、こうして作って下さった気持ちだけでとても有りがたく、年をとったのか涙が出てきてしまい。
「な~ん、泣かんちゃよかたい!!」って。だって、だって嬉しいんですもの・・・。

ホワイトデーモードなのに、この日はなぜかしら「グリーンデー」でした。。。
c0226317_20471937.jpg

左が、「野田さん」。 真ん中の大きいのが、「石田さん」。 右が、「吉岡さん」。三人の方にほうれん草を頂いてしまいました!
熱したフライパンにオリーブを入れ、切ったほうれん草を入れすぐ塩コショウをして、さっと炒め卵でとじ、最後に一回し醤油を鍋肌にかけ入れる、我が家では「ほうれん草」=「ポパイ」と言うことで、「ポパイエッグ」なるこの料理でよくほうれん草を頂きます。

二日目にはおひたし。翌日には、にんにくと鶏肉をトマトで煮たものに、ほうれん草を入れて頂きました。ありがたいです。

他にも、どっさりの八朔を頂いたり。これでも、妹に半分持たせました。
c0226317_21122392.jpg

柑橘類、あまりにもあり過ぎて消費が間に合いません。。。こんな時には、ジャムなりピールなり加工しなくては。

妹が遊び来た目的は、「たまごシフォン」でした。
また後日、アップします!ちなみに、今は、レモンシフォンを焼いています~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-17 21:30 | 季節のお仕事
3月10日、温かくなりこのまま暖かい日が続くのかしらと思っていた矢先・・・。雪って、明るいと写らないのかしら・・・。遠くが白くなっているの分かりますか?
c0226317_211825.jpg

青々とした、緑が生えてきたのに・・・熊本にも雪が舞いました。

c0226317_2112082.jpg

でも、着実に温かくなり春めいてきました。
温かくなって、この前までつぼみだったヒヤシンスに花が咲き。
c0226317_20581960.jpg

庭の椿も咲き。
c0226317_20595887.jpg

つくしも顔を出し。
c0226317_2141036.jpg

桜も咲き。
c0226317_2154463.jpg

我が家のたけのこがまだなのに、母の友達が持ってきてくれました。今年は、たけのこが少ないです。
猪に食べられている上に、たぶん去年が豊作だったからかな。たけのこを掘るお客さんが見えられると、今年の状況をうかがうと皆さん、少ないとおっしゃいます。
大切に頂かなくては!と思い、セリ摘みに♪
c0226317_2184170.jpg

農場の横は、土が肥えていて、何でも植わっています。
母は、「土は、野菜のお布団だから、何でも作ってくれる、ありがたいんだよ」って、よく言います。
たけのこご飯で、春は始まります。
たけのこ、にんじん、ちりめん、ちくわを煮ます。そして、椎茸だけは甘辛く、別に煮ます。
c0226317_21121333.jpg

そして、本当は錦糸卵を作っていたのですが、薄焼き卵を焼くと弟がパクパク食べるので、急いで切って乗せてしまいました。
母曰く、「なんで今日のたけのこご飯には、卵焼きが乗ってんの?」・・・だって、食べちゃうんだもん。。。
本当なら、桜でんぷでもかければ綺麗なのでしょうが、そんなの我が家にはありません。




パリンっとなったロールケーキ。やっぱりすぐに巻かなかったから?何でだろうと思いながら、今度はバナナで挑戦。(ま~え、ナナコさんのところで、バナナだけを巻いていたのが美味しそうで、やってみたいと思っていたので!)
c0226317_21171824.jpg

朝、スポンジを焼き、昼休みに巻き巻き♪
c0226317_2119544.jpg

妹よ!これでどうだとばかりに切り分けて、妹がパクリ!
「ね~、このバナナいる?スポンジとこの大豆クリームだけでよくない?」また妹の駄目出し。。。バナナ嫌いだからでしょ・・・。



3月14日。ホワイトデーです♪でも、14日は日曜なので13日・15日が、ホワイトデーです♪
今回は、是非ともホワイトデーには「ビスコッティ」が焼きたかった。皆さんに、「ビスコッティ」を食べていただきたかった。
なので、焼いちゃいました。いつもは、胡桃でするのだけれども、以前ゆうさんから頂いた「アーモンドのビスコッティ」が美味しくて美味しくて!アーモンドを買い求め、この日を迎えました。
c0226317_2127381.jpg

小麦粉、一袋使いました。た~くさん、出来ました♪
c0226317_21273380.jpg

いつもお世話になる皆様に感謝を込めての「ホワイトデー」♪
c0226317_21283345.jpg

妹の二週間の病院実習も、無事終了!一緒に頑張った妹の友達にも持たせました。
c0226317_21294229.jpg

毎晩、妹は帰宅してはレポートと、課題の蒸しパンやゼリー作り。
お菓子作りが好きな姉から見ても、面倒くさそうな課題でした。
小麦粉を増やして、水分を減らす。水分を増やして、小麦粉を減らす。5種類位の試作品を毎晩作っては持っていっていました。

今大学生の妹、本当は小学校の頃から薬剤師になるのが夢でした。

高校も理数系に進み、ギリギリまで先生も薬学部に進むものだと思っていました。でも、妹のクラスに、過食拒食を繰り返し、大学進学が出来ない子が居たそうです。
薬をたくさん飲んでいたそうです。その子が妹の隣の席になり、話すようになり、妹は帰宅してこう言いました。
「○○ちゃんを治すのは薬じゃない。食べ物だ」って。
それで、急遽方向転換。「栄養士」目指すようになりました。で、今、その途中です。


ホワイトデー・・・作ってお渡ししたばかりではなく、たくさんたくさん頂きました!これはまた後日にでも~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-15 21:46 | 焼き菓子
3月7日、妹が友人の結婚式に行くので、4ヶ月の甥っ子は母が預かり、3歳の甥っ子を連れて、北九州から帰って来ている妹も一緒に南阿蘇に出かけました♪前日から、妹親子が泊り込みです♪

今回の目的は、「イチゴ狩り」と「トロッコ列車」!

毎年苺を我が家で収穫していたのですが、なにせ自然任せなのでまだなっていなくて、ようやく花が咲いている段階で。それに、葉っぱが小さくなってきているので、ランナーが好き勝手に伸びて、どんどん株が小さくなっているのかも・・・ならば、「イチゴ狩り」に連れて行くか!と言うことになりました。

そして、「トロッコ列車」は、3歳の男なので、車や電車が大好き。車の種類を突然聞かれても、さっぱり分からず、「ねえねえ、○○○だよ」っていつも教えられています。

トロッコ列車の出発が、13:33。
私の住む所から、南阿蘇まで2時間位かかります。
なので、「朝、8時には出発したい」と、妹(甥っ子のママ)に伝えると、「かなり興奮してるし、さっきテレビにトラが出てて、それを見るって9時過ぎまで起きてて、ようやくお布団に入っても『ママ~、明日ね、イチゴ食べて、トロッコ列車に乗るとよ~。ママは、ふみちゃんの結婚式に行くと?』・・・ひたすら、話し続けていたらしいです。
なら、出発を遅らせようと思い就寝。すると、翌朝6時。
私の携帯に電話が、「ねえねえ~起きた?早く起きないと置いて行くよ~」 え~~~~甥っ子からでした。飛び起きて、準備をして30分遅れましたが無事、8時半に出発完了!

イチゴ農園に到着。南阿蘇は、かなりかなり寒いです。「寒いけど、大丈夫ね?」と聞くと、「ジャンバー着てるから、寒くないよ!」と言って、イチゴの所に走っていきました。
c0226317_7485631.jpg

はやっ、もうイチゴ食べてる~。こんなイチゴ狩りに慣れている3歳いません・・・。去年、我が家での収穫体験で、上手に収穫してはパクパク。
c0226317_7505969.jpg

「○○○君(甥っ子の弟)にイチゴ持って帰る~」
「○○○は、まだ食べられないでしょ?」
「先生が、お汁は飲んで良いって言ったと。そして、僕が残った実を食べるんだよ~。でもね、お汁が無くて、美味しくないと。でもね、お兄ちゃんだけん食べてやらなんと」って言ってました。お兄ちゃんだなんて・・・甥っ子の成長の早さに、おばさん泣きそうでした。

イチゴばっかり食べていたので、妹が「甘くないのが食べたい!」と言ったので、昼食はベーグルサンドにしました。
c0226317_802440.jpg

合鴨サンドと、タンドリーチキンサンドを注文。あ・・・・甥っ子は何を頼めばいいんだ???と思っていて、妹と「これは、クリームチーズとサーモン。こっちは、レタスと・・・」と話していたら。「僕、クリームチーズだ~~~い好き!クリームチーズが良い!!」と、この子「クリームチーズ」なんて食べるのかしら?私の小さな頃には、食べたこと無かったと思うな・・・。まっ、言われるままに注文。パクパク食べてました。
戻って妹に聞くと、キリを食べさせているそうです。。。

その後、「トロッコ列車」に。(妹と甥っ子の写真ばかりで、トロッコ列車だけを撮った写真が無いので、トロッコ列車の写真は無いです。。。)
c0226317_891540.jpg

(写真の直し方がまだ分かりません・・・)入り口にあったこれを見ていたので、私が「トロッコ列車まだかね?」と聞くと「黒い石を取りに行ってるんだよ~」と。
ん?ん?黒い石???「ねえねえ、蒸気機関車は、黒い石で動くんだよ!!」 あ~納得。石炭の事ね・・・。
色々教えられることがあり過ぎて、その度に妹と大爆笑!
c0226317_8145016.jpg

トロッコ列車からの風景。広葉樹林が増えなきゃ、針葉樹林ばかりじゃ駄目だよな~って思いながら、甥っ子車掌さんの案内のもとガタンガタン。

南阿蘇は、本当にのどかで素敵な所です。あいにくの雨で霧がかかっていて、南阿蘇の写真がありません。また、いつか南阿蘇に来た時撮りたいと思います。でも、この子達はいました。
c0226317_7382491.jpg

甥っ子が見たがっていた、『あか牛』
c0226317_7393649.jpg

この後も、「黒牛」と「黒と白の牛(ホルスタイン)」を見たいと言われ、南阿蘇を探し回り、車中から「黒牛」は見ました。でも、「黒と白の牛」が居ない・・・。

道の駅に、牛のオブジェがありました。すると甥っ子が、「ねえねえ!ここにあるんじゃ?聞いてみよう!」と言うことで、道の駅に。甥っ子は、モジモジしながらも、店員さんに「『白と黒の牛』、居ますか?」って聞くと、「この辺には白と黒の牛は居ないもんね~それに、雨だし、小屋に居るもんね~」
それを聞いた途端、店員さんの居るレジの前で、「牛が見たい、牛が見たい、う~~~し~~~」と大泣き・・・。抱かかえて、車に戻りました。
たぶん、眠いんだろうなと思いました。夜遅く寝て、朝早く起きたので。
途中、車内からようやく「白と黒の牛」を発見!後ろを振り返ると、ウトウト・・・。ちらっと、「白と黒の牛」・・・と、言って寝てました。
しばらくして起き、「僕、今日泣かんかったね」って、一言。そして、「ママに会いたいな」。夕方になって少し淋しくなったみたいで。
「本当に、泣かんだったね。偉いぞ!よ~し、近道してママに早く会いに行くぞ~」と、帰路を急ぎました♪

帰宅後、空腹な甥っ子の為に野菜たっぷり焼きうどんを作りました。野菜はとにかく好きなのですが、甥っ子はハムやらお肉が受け付けません。とてもヘルシーな焼きうどんをお弁当箱に詰めて、ママの車に乗って戻って行きました。

帰る時、「ねえねえ、イチゴでまたお菓子作ったらいいよ」と、イチゴを甥っ子から頂きました。弟の為に摘んだイチゴを分けてくれました。
すぐに、スポンジケーキを焼きました!でも・・・・・・・・忘れていました。夜、予定が入っていたことを。
c0226317_8512971.jpg

バタバタ、焼きあがったスポンジをビニールで包み、出かけ。分けてもらったイチゴで、ロールケーキをまいたのが翌日の夕方。
c0226317_8523232.jpg

シートから剥がしきれていなかった状態で巻いたから?乾燥してた?イチゴ入れすぎたから?スポンジが割れてしまいました。

でも、妹が「今までで一番美味しいよね、てか、これスポンジだけでも充分美味しいから、こうやって巻く必要あるかな?」って。
え?あなた・・・スポンジだけを食べるケーキ、誰が食べたがるの???華がないじゃない!!「でも、これはスポンジだけで充分いけるよ」って。
イズミサン、妹が私のでさえこのように申します。イズミサンの食べたら、もう食べてくれなくなるかも・・・・。たぶん、いや絶対。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-14 08:58 | 焼き菓子

牡蠣とお雛様といちご

雨が降ったり、ぽかぽか温かくなったり、何か最近のお天気は気まぐれで。
給食の配達を終え、我が家に戻ろうと信号待ちをしていると、我が家から茶色のもの飛び出し、すごいスピードで走り出しました。その後を、母が追いかけます。

「え~なんだろ?猫?ん~~~~あれ、もしやナナ(我が家で飼っている犬です)???」

そう、ナナもお天気と同じ気まぐれだったのか、御主人様の弟を探して養鶏場のある山に行こうとしたのか、人生初めての大脱走をしました。
捕まらなくて、母も走り、車を止めてしまう位の走り回りようで・・・。ぽかぽか陽気プラス冷や汗で、探しながら汗をかきまくり。探し回っていると、母から、「ナナ捕まったよ・・・と言うか、小屋に戻ってきてるよ・・・」って。
お~~~い、ナナ気まぐれ、大冒険はやめておくれ!心配したよ!!

その連絡の帰り、畑を見るとキャベツが巻きかかっていました。今の春キャベツは、巻きが緩くて、甘くて何も付けなくても充分美味しいです。
c0226317_21175672.jpg


兵庫県の知り合いの方から頂きました。兵庫って牡蠣が取れるんですね~私は広島広島って思ってました。。。15kg届いて、焼き牡蠣が簡単で美味しい。シンプルに焼きました。
c0226317_2185577.jpg

昨晩も今晩も、焼き牡蠣でした。コンロの上に、魚焼きの網を置き、その上に牡蠣を並べます。コンロのお掃除が大変・・・。
c0226317_21232750.jpg

牡蠣の殻が焼けて、パチンと飛び散ることもあるので、トング片手に注意しながら焼きます。
c0226317_21251640.jpg

開いた瞬間の写真が撮りたくて、頑張ったのですがブレてますね・・・。
c0226317_21262057.jpg

カパッと開けると、牡蠣が出てきます。手のひら位の大きさで、何も付けずに自然の塩分で充分です。

わんこ蕎麦の様に、食べれば、皿に焼き牡蠣を殻のまま入れます。そう、わんこ蕎麦状態なので、ストップを掛けないとひたすら牡蠣を焼き続け、皿に入れていきます。
父が食べたみたいなので、皿に牡蠣を入れると「おら、もうよかばい」。妹が隣で「お父さん、いらんならもうよかって言わんと、ジャンジャン持ってこらすでしょ!」「あ~そうだった、おらもうストップ!」「よかとね?もうお腹いっぱいになったと?」「なったなった・・・もう入らん。。。」

毎年恒例になっているので、牡蠣が届くと、家族皆外出禁止です。せっかく頂いたのですから、美味しい時に頂かなくては。



そうそう、3月3日はおひな祭りでした♪
毎年、何かしら作っていて、写真が残っているだけでも。一昨年です。三色のスポンジを焼き、ひし形に。
c0226317_22104442.jpg

これは去年。三色のシフォンを作りました。
c0226317_22105548.jpg

今年は、スコーンにはまっているので・・・もちろん「スコーン」です!
c0226317_22134533.jpg

普通、菱餅では「白・緑・ピンク」ですが、白の雪はこの辺には無いので、雪ではなく、土から出てくると言うイメージで、茶色。
でも、茶色=ココアも嫌だったので、「かぼちゃ」にしました。
c0226317_22413322.jpg


緑は、抹茶。帰省している大学生の妹は、大の抹茶好きなので、濃くしてあげようとしてたくさん抹茶を入れたら、妹や母は大満足ですが、私には濃すぎた・・・。
c0226317_22424771.jpg


そして、「ピンク」・・・苺って、当たり前すぎるし・・・・・・・・。苺、今ないし。
食品庫をガサゴソガサゴソ。
妹の大好きな、あずき入れちゃおう~♪アズキを入れたのが赤飯なんだから、「赤」だし。
でも、甘いだけじゃ男性が食べたら?って思ったら、桜茶用の桜の塩漬けがあったのを思い出し、乗せちゃいました。
c0226317_22214788.jpg

この組み合わせが、一番美味しかった♪2倍量作ったので、甘納豆を100g入れました。
これはお薦めです♪
今回もユキ先生のスコーンのレシピを参考にさせて頂いたのですが、何分、生クリームが駄目な妹ゆえ、北九州に送ったスコーンあまり反応がよろしくなく。。。よく分かったなあって感心してしまいました。

なので、生クリームを使わず、牛乳で置き換えました。ユキ先生、申し訳ありません。。。

3月3日に見えられたお客様には、ひな祭り「スコーン」?「パン」?「クッキー」? (牛乳に置き換えたので、なんと呼んだら良いのか分かりませんが・・・。)を、配りました。
「私も、女の子かねぇ?」
「いやぁ~~、嬉か!いつももろてから、こん前は、じいさんにチョコのお菓子ばもろうてからに、今度は私まで。よかとね?」
「え~~お雛様、だからわざわざ?私は仕事もせんで、家におるばってん、いっちょん作らんとに。あたは、仕事もして、お菓子も作って!」
と、ニコニコ笑って帰られました。

すると、翌日。
c0226317_2233816.jpg

こんなものが届きました!山のような苺♪
昨日、お菓子をお渡しした方の実家が苺農家だったらしく、「お菓子作られるなら、ジャムか何かにして下さい」って。置いているだけで、甘くて苺の良い香り♪
下の妹も帰省してるし、週末もう一人の妹が遊びに来る、ジャムにして、持たせるか!
昼休み返上して、ジャムの準備。
夕方、仕事を終わると、ジャムを煮ながら、晩御飯作り。
c0226317_2237305.jpg

頂いた苺は、3キロありました。2キロ分、ジャムを作り、1キロは、家族皆でパクパク。

苺を頂いた翌日、苺を持ってこられた方とその方を車で乗せてこられた方にシフォンを焼きました。
c0226317_22452275.jpg

たまごシフォンとラムレーズンシフォンとレモンシフォン。大家族ではないとの事なので、カットシフォンを、少しずつ。
今度は、イズミサンに教えて頂いたロールケーキにこの苺ジャムを巻いて、持って行こう~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-05 22:51 | 季節のお仕事