旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1月2月って、忙しくないと思っていたのに、忙しい毎日。
仕事が追いかけて、季節の食べ物も追いかけて・・・。
そうこうしている内に、更新が止まっていました。。。

更新はしなくても、ロールケーキは焼き続けています。
c0226317_20375738.jpg

これは、今迄で一番イズミサンのロールケーキに近い感じでした。




実は、2月20日。
友人の結婚式で、福岡に行くことになっていました。結婚式となれば、普段着ないような服を着るので、体を絞らなくてわ・・・と、無駄な抵抗のような気もしますが、お菓子作りを気持ち減らしていました。。。
友人に会うので、ワクワク♪




その間には、バレンタインもあり、もちろんしました♪
それも、今年はバレンタインが日曜だったので、土曜日と月曜日の二日間、バレンタインをしました♪
土曜日、胡桃のブラウニー。
c0226317_2182152.jpg

いつも、大きなトラックに乗って、言葉数が少ないおじさんがたまごを買いに見えられたので、もしや?チョコ嫌い?甘いの駄目?なんて、思いつつも、お渡ししました。すると、「ヤッタァ~、いい事有るぞ!!嬉かぁ~~」と言われ、ニコニコ笑いながら帰られました。
もちろん、感謝の気持ちなので女性にも、お渡ししました。「いつも貰ってばかりで、良いの~それも、バレンタインまで!!」と、ニコニコされて、夕方には「美味しかった~♪」と、また卵を買いに見えられました。

月曜日、胡桃ブラウニー(土曜より、胡桃多め)と、ブラックサンダーと言うお菓子に似せたチョコバー(珍しく、甘いものが嫌いな弟からのリクエスト)。
c0226317_2183966.jpg

二種類あるので、年代や性別によってどちらを渡すか考えられて、助かりました♪
朝一番に見えられたお客様二人には、温かいブラウニーと紅茶でおもてなしをしました。

バレンタインも無事に終わり、ホワイトデー何を作ろうかしら♪ホワイトデーも二日間出来るのワクワク♪

いつもお茶を買っている地元のお茶屋さん、昔はミカン農園もされていました。
でも、ミカンの価格が安くなり、人手が足りず、ミカン山も荒れていき、皮の硬いミカンしか取れず、家庭で消費するか、配るだけになったそうです。
確かに、無農薬ですから皮も硬く、見た目も悪いです。でも、安心して食べることが出来ます。
先日も、茶と急須を買いにお店に行くと、袋いっぱいのミカンを頂きました。
c0226317_21132326.jpg

綺麗でしょ!!実も甘くて、美味しくて、家族はパクパクと頂きました。
おいおい~~~お礼に何か持っていかなきゃ!このミカンで、シフォン作ろう♪と思い立ち、冷蔵庫に・・・。
c0226317_2117453.jpg

「お~~~~~い」  鶏達が卵を持ち始めたと言っても、こんな入れ方ないでしょ~~~。10月6日に生まれた鶏が、ようやく産み始めた卵です。
c0226317_21185844.jpg

だから、小さくて、バラバラです。
c0226317_21201688.jpg

昼休みに、焼いて、仕事が終わる頃には冷えていたので、型出しをして、車で5分。
c0226317_212153100.jpg

お茶屋さん、わざわざお店から出てきて、喜ばれました。良かったぁ~皆様で、召し上がって下さいね♪
この、お茶屋さん、私のシフォンを早くお売りなさいよ、と言って下さいます。ありがたいです、でも、「まだお茶屋さんの美味しいお茶の横にお出しできるシフォン作りはまだまだなので、また、食べてくださいね~」と帰ってきました。


今年は、大根が豊作で。
c0226317_20404145.jpg

朝起きると母は、冷たい大根を抱えては体重計に乗り、大根の重さを測っています。
c0226317_20435232.jpg

まだまだたくさんあります。30kg、40kg、60kg・・・母の大根漬けはまだまだ続きます。

でも、母も仕事があるので、季節に追い越されそうになると、畑から抜いた大根、泥つきのまま、近所の方やお客様に配ります。すると、姿を変えて帰ってきます!
この方は、先日、金柑ジャムを頂いた方で、わざわざ持ってこられました。
c0226317_20465425.jpg

左のが五分漬け、右がたくわん。その家その家で作り方が違うので、食卓に漬物があると、「今日の漬物はどこの?」と、聞いて食べます。
たくわんは先ほど頂いて、まだ食べていませんが、五分漬けが美味しくて、美味しくて、レシピを聞いちゃいました♪
たくわんを持ってこられて、「土曜は居らんかったね、福岡に結婚式に行っとったとね?」、と。皆さん、私がどこに行ったのかいつもよくご存知です。。。ですので、旅行に行けば、お土産を買います。

友人の結婚式は、職場結婚だったので、会社一丸となっての祝福。友人の会社の方々の優しさに、友人は愛されているなぁと嬉しくなって、涙。
c0226317_21301811.jpg

そして、ブーケトス。一緒に参列した友人4人中、未婚者は私を含め二人。
参加するのも恥ずかしくなって・・・でも、誰もいないのも可愛そうだからと、友人のお母様に押され、拍手していた間にブーケが。「えっ?え~~~~~~~~~~~?うっそ~~~~!」一瞬、ポカンとしてしまい。係りの人に連れられ、新郎新婦の間に、そして写真撮影。
「え~~~~~~~~~」と、ビックリの結婚式でした。

でもな・・・・私、3年前に友人の結婚式に行って、その時はブーケトスは無くて、突然名前を呼ばれ、友人からのサプライズで、ブーケ授与式みたいなので、頂いた事があるのに・・・今に至ってるんだよな。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-22 21:50 | シフォンケーキ

金柑ロールケーキ

2月6日のスポンジ・・・。7日、先生のお宅にお持ちする分の保険として焼いたんです。
でも、ひどい失敗もなく、保険のスポンジのお世話にならずにバタバタと先生のお宅に。

んで・・・8日の朝、ビニールに包まれたスポンジケーキが型のまま入っていたことに・・・。
ごめんよ~~~お~~~忘れていたよ。。。

その時、食卓にあったのがこれ。金柑のジャムです。(家族が、かなり食べた後です・・・)
c0226317_22482443.jpg

お客様が、「あんたは何でもするけん、ジャムは持っとるど?」と電話を掛けてこられました。
金柑ジャムは今年は作っていないことを伝えると。すぐに持ってきて下さいました。

この方も、我が家で取り寄せている黒砂糖でこのジャムを作られました。
半分に切った金柑の種を一つ一つ取り出し、コトコト煮て。自分で作るので、大変さは良く分かります。
この方も、大変さをもちろん分かられるので、お互いのジャムを交換します。
う~んと、この女性は70歳を超えられていると思います。

その忘れていたスポンジをちぎり、このジャムをつけてパクリ。美味しい~~~♪
ジャム美味しい~♪

「あっ、このジャムにスポンジを助けてもらおう!」とひらめき、巻きました。
c0226317_22565742.jpg

美味しい~~~~~~~!!!
でも、ご覧の通り、割れました。乾燥してたんでしょうね。。。ごめんよ、でも妹が来ていたので全て食べてしまいました。

う~ん、金柑ジャムを使ったロールケーキの美味しいこと♪ジャムの美味しさは、あの方はもちろんご存知だけど、このロールケーキの美味しさはご存知無いはず!と、またまた巻きました~♪
c0226317_232739.jpg

金柑ジャムの酸味と苦味。良いですね~♪パクパクいけちゃいます。
c0226317_2321729.jpg

持って行こうかなと思っていたら、御夫婦で卵を買いに見えられて。
食べて頂きました!「こがん使い方があるたいね~いつも、ジャムはパンかヨーグルトと思っとったよ」、と。
「今度は、レモンジャムば持ってきてやるけんね、また何か考えなっせよ」と、言って帰って行かれました。

このご夫婦も素敵です。奥様がお料理が好き、でも体調が優れない時もあってご主人が買い物に行かれたり、病院に連れて行ったり。でも、体調が良いと「卵屋さんまで連れて行って!これば、あげなんとだから!」と、おっしゃるそう。
お顔が見られると、今日は体調がいいんだなって安心します。
凄く、興奮されて私の腕をバシバシ叩きながら、作ったもののお話をされます・・・。まっ、これも元気な証拠と言うことで。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-10 23:14 | 焼き菓子
母が、NHKベリーダンスなるものを見ながら踊ってる・・・母を見ている方が面白くて、家族大爆笑!!そんな母を見てばかりじゃ、ケーキのアップが遅れてしまうと、ようやくパソコンの前に。。。
今回の記事は、自分の記録です。

1月24日日曜日、イズミサンのもとを飛び立って、帰ってすぐ復習開始し、何度焼いたことでしょう・・・。
これは翌日の25日に焼いた分。
c0226317_21581118.jpg

目が詰まってて、パサパサな感じ・・・。温度調節せねば。
c0226317_2159377.jpg

私の大豆クリームはいつも、緩いです。悪しからず。クリームと、スポンジの間が茶色いのは栗のシロップを使ったからです。
c0226317_2201522.jpg

1月26日。
c0226317_222882.jpg

1月30日。月末締めでバタバタなのに、祖父の誕生日。丸型で焼き、もちろん乳製品が駄目な祖父の為、大豆クリームと苺で飾りつけ。
c0226317_2233770.jpg

右の部分が腰折れになったけど、デコで隠しました。てか・・・・完成の写真が無い。。。。
c0226317_2263599.jpg

1月31日。
c0226317_229870.jpg

今日は小ぶりな苺を巻き巻き・・・
c0226317_22101688.jpg

c0226317_2211543.jpg

2月1日。
請求書発行の為、昼食抜こうかと思ったけど二回に上がり、おにぎりを食べながらのスポンジ作り。
c0226317_2213158.jpg

2月3日。新しいボウルが来て、初めてのスポンジ。
c0226317_22172730.jpg

c0226317_2219348.jpg

2月4日。桃のような大きな甘い苺を巻き巻き。
c0226317_2221191.jpg

c0226317_22222525.jpg

2月7日。先生の所に持っていった分。苺とバナナの組み合わせが美味しかったので、先生にはその組み合わせで巻きました。
c0226317_22264936.jpg


2月6日に焼いた分は後日・・・。


スポンジを出した時に、これ違う・・・って、レアチーズケーキやなんちゃってティラミスになったスポンジもいます。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-10 22:42 | 焼き菓子

美味しい一日♪

私は、67歳になる女性として尊敬する先生がいます。

その先生との出会いは、4年前。養鶏の奥さん達が集まってお菓子やお料理の勉強をしましょうと集まる事になりました。先生は、管理栄養士の資格も持たれているので、講師として招かれていました。

当日教室に行くと、周りは御婦人方ばかり。こりゃ、話が聞こえないなと一番前の席に座りました。
先生も、最年少の私のを作っていきながら教えると言うやり方で進めて行かれ、もちろん私のが一番に出来上がります。
出来ると、当たり前ですが、洗い物をすぐにします。すると、遠くから「ここはどうするんですか?」と。
まさか、私に聞くはずもないだろうと思っていると、私で。ここはこうだから、こうするっておっしゃってましたよ、と伝えたり、「これも、洗って頂けますか?」と言われたり。後で、どこどこの養鶏場さんの娘と自己紹介をするまで、アシスタントだと思われていました・・・。
そんなこんなで、教室は3回位行われましたが、奥様達はビックリすることばかり・・・。
膨らんだかしら?と、シュークリームを入れたオーブンを何度も開けたり・・・。

そして、鳥のインフルエンザが発生のニュースが全国に流れるようになり、養鶏家が集まるのは止めましょうと言う事になり終了。

でも、この先生が「あなた、我が家にいらっしゃいよ」の一言に甘えさせて頂き、と今でも交流があり、1・2ヶ月に一度、先生のお宅にお邪魔させて頂いて、一対一で、郷土料理を中心に教えて頂く様になりました。

お教室と言っても、堅苦しいものではなく、年齢的には、母と祖母の間なので、ゆっくりおしゃべりをしながら教えて頂きます。

先生は、謙遜されて「こんなたいした料理じゃないけど、いいのかしら?」といつもおっしゃいますが、私にはとても新鮮なものばかりで勉強になります。柚子こしょうのキンピラ、ビックリする位美味しいです♪

同じ熊本でも、地域によって味付けや材料、呼び名が違います。
それこそ、派手なお料理ではありません。素朴です。


今朝、6時に起き、ロールケーキを焼き、片道1時間半掛けてお邪魔させて頂きました。

野菜を車いっぱい詰め込んで、たまごと、まだまだ焼かないと近づかないのですが・・・イズミサンから教えて頂いたロールケーキを持って。(先生も、イズミサンのロールケーキを食べさせてあげたい一人なんです!)

今回作ったのは、「だんご汁」「大根の含め煮」「タラのフライ」です。
大根、サニーレタス、ミニトマト、白菜、カブ、水菜・・・我が家の野菜の持込です。
c0226317_17352480.jpg

野菜たちも喜んでいます♪
ランチョンマットも先生が縫われたもので、ご主人がいらっしゃる時はご主人様も一緒に召し上がられます。

このご夫婦、本当に素敵なんです。
ご主人は、好きではない物を残されるんです。すると、「ごめんなさいね、あまり美味しくなかったかしら」と奥様が。長年一緒に居て「ごめんなさい」「ありがとう」って当たり前ですが自然に出る、ご夫婦素敵です。
両親を見ても、お互いを補い合いながら、感謝しながら生きている姿は子どもとして、凄いなと思います。

今日も、「食品庫の電気が切れています」と奥様が一言。すると、旦那様は振り返ると、もう電球を替えられていました。「ありがとうございますね」と奥様。

自然なご夫婦、素敵です~♪

その奥様と言うか、先生と天気が良かったので近くの植木市に行きました。
そして、発見しました!!!!
c0226317_17434325.jpg

パクチーとルバーブ。
ルバーブ、お茶に入っているのしか知らない・・・育つのか・・・。
母が帰ってきたら、お願いしましょう♪農作物担当は母で、母は、「食べたい野菜は言いなさい。作るから!と・・・」ですから、赤い大根や、緑の大根、紫色の大根まで・・・。

「食べたいなら、作る」我が家なので・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-07 17:59 | 私の先生

頂き物のお礼

東京行く前もバタバタ。帰ってからも仕事が山済みでバタバタ。でも、ロールケーキは焼きたい。
そんなこんなで、少しの時間さえあれば早朝や昼休み、晩御飯の後、ロールケーキ時間になっておりました。
すると、ブログが止まってしまい・・・。あれ?1月で止まってた。。。
そうだよな・・・もうこの季節です。今年のは、あまり苦味がなかったなぁ・・・。
c0226317_1625055.jpg

ふきのとうですね。天ぷらで食べました。

ロールケーキをアップしたいのですが、その前に載せたいものが。
この前のイズミサンのお菓子教室の時、ナナコさんから頂いた物。
c0226317_15575761.jpg

お菓子ともう一つ。シールなんです~♪
ナナコさんのブログで、ラベルを作ってらっしゃったのがあまりにも可愛くて、作り方を尋ねたんです。
丁寧に教えてくださって、ナナコさんってやっぱりとても親切な方なんだ、と思っていたんです。
そしたら、今度はお教室の時、小粒サンに預けて下さって・・・。ビックリして、嬉しくて。リビングに飾ってあります!
ナナコさん!!かなり遅くなりましたが、ありがとうございます!
あっ、ナナコさんから頂いたお菓子は、もちろん嬉しくて、家族皆でパソコンを見ながら、あ~やって作るのよ!私には絶対出来ないお菓子なんだから、噛み締めて食べなさいよ!!と言い聞かせ、食べました。
すると、妹が「この人、すご~い!!この人、絶対優しい人だよね!」と、大声を上げました。
その理由は、これです。
c0226317_16192370.jpg

分かりにくい写真で、すみません。テープ横の、この、切れ込み。
妹が、「この人は、食べる直前のことまで、食べる人のことを考えているんだね」っと。
ななこサン、勉強になります。




それと、これ。何か分かりますか~?
c0226317_1651161.jpg

これを作って下さったのは・・・ナミナミさんのお義父様です。ナミナミさんは「柚子巻」だから、と渡して下さいました。
「柚子巻」???初めて聞いたんです。「柚子巻」って。埼玉県では普通の食べ物なのでしょうか?
これ、凄いんです。大きさや見た目は、マカロニ位の長さ、細さです。
でも、この一本一本の中には、柚子の皮が入っていて、薄くむいた大根で巻いてあるんです。これ、凄い。見た目や手間もそうなんですが、味も凄いんです。柚子の香りと柚子の味。良いですこれ~♪
ナミナミさんの側に住んでいるなら、お義父様に教えて頂きたい位の美味しさで。
家族皆、大切に大切に頂きました。これ、おせちに絶対良いですよね!
お義父様、お土産まで頂いてしまったお義母様、ありがとうございました~~♪
いつの日にかお目にかかりたいです~~。

お教室でお会い出来ない日曜組にもたくさんのプレゼントがあり、本当に嬉しい限りでした。
なのになのに・・・私は、ナミナミさん、とらにゃんさん、小粒サン、イズミサン、ワタヤさんにとんでもない物をばらまいてしまって。
(ゆうさんには、一人暮らしだと思い、遠慮しました・・・大鍋無いなら困られるかなと思い。。)
c0226317_16321947.jpg


それも、熊本にしかたぶん出回らないだろうと思われる位の、一番大きいものを。。。小さいのは、全国に出回っていると思うのですが。
弟に、「ドラゴンボールじゃあるまいし、そんなの全国にばらまくなよ」と・・・。でも、晩白柚美味しいんだもの。
皆さん、楽しんで食べた後は加工して頂けるのではと・・・。

そうそう、旅立つ前には、とらにゃんさんがユキ先生の「クラッカー」を作られたのを見た翌朝、クラッカーも焼きました。
c0226317_1639879.jpg

七味唐辛子・チーズの他には柚子味も作りました♪

あれこれ、焼いたものや作ったものがあり過ぎて、バラバラになってきてる。。。
2月3日。就職説明会の為に帰ってくる大学生の妹の為に、「いちじくスコーン」と「ビスコッティ」を焼きました。
c0226317_1653192.jpg

前、違うスコーンを宅配したんです。喜ぶかな?って思ったのに、妹は「イチジクのが良い・・・」
そうかそうか・・・それで、今回イチジクスコーンを作りました。
c0226317_16541483.jpg

このイチジクスコーンのレシピ、何十回焼いたでしょうか。全粒粉を使います。

それと、妹が食べたことのない「ビスコッティ」。
c0226317_1657124.jpg

妹の大好きな、胡桃をたくさん入れました。妹が食べる前に、母が隣でガリガリと食べ始めました。
すると妹は、「あ~~~それ、好き!そんなの、好き」、と食べかけの恵方巻を置き、パクリ。
珍しい・・・・・・・。
妹は、毎年、家族に邪魔されつつも、家族で唯一、恵方巻きは一言もしゃべらず、食べます。
なのに、今回は、しゃべった・・・。妹のことだから、誰にも邪魔されることのない、熊本に戻るバスの中で一人恵方巻を食べて来るかと思った位、真面目に、恵方巻を食べる妹が・・・珍しい。

ビスコッティの誘惑に負け、あったビスコッティを見て一言。「これ、全部頂戴」。
「よかよ」と、お菓子や話を聞くこと位しか妹の就職の役に立てない、姉に対して一番の嬉しい言葉でした。
普段、妹の食べられるお菓子は限られています。アレルギーがあるというのではなく、バターや生クリーム、油に弱いんです。
気分転換にお菓子でも食べて、気を休めて欲しいのですが。。。何分、妹が食べたいお菓子はお店にはなくて。抹茶やきな粉、もなかなど「和」ならば、お茶屋さん、和菓子屋さんのは大丈夫なんですが、スーパーとかに並んでいるは駄目なんです。。。
そんなこんなで、妹の食べる物は、作るしかありません。昔から。なので、シフォンに出会ったんですが・・・。

妹が、ビスコッティを全て持って帰ったので、この日のお客様へのお菓子は、4名様限定でした。
c0226317_17142990.jpg

[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-07 17:16 | 焼き菓子