旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我が家の植物達

ナミナミさんに我が家の写真を撮ってと言われていたので、なんて事の無い写真ですが載せたいと思います。
まずは、私の部屋から見える風景です。

のどかな所です。
大きな声で叫んでも、農家のおじさんにも聞こえないと思います。
c0226317_19273729.jpg


池に鯉達が住んでいたのですが、去年の大雨で居なくなってしまい、入れても入れても、大雨に連れて行かれてしまうので、もう水を抜いてあります。
母曰く、「庭も恥ずかしかよ、庭師さんを呼んで綺麗になった所を写真に撮ってあげなさいよ」、とのことです。
待ちきれずに撮りました。。。
c0226317_12383476.jpg


左手前にあるのが、イチジクです。
もう少し大きくなってくれれば、部屋から食べられます♪
以前、びわを部屋から食べられるように、食べる度に種を庭から落としていました。
でも、全然生えてこない、おかしい・・・。
母は、出るたびになんでここばかり、びわが出で来るのかしら・・・と、びわを抜いていたらしいです。


これは、サフラン。
パエリヤをする時に、この赤い所を収穫して乾燥させて使います。
c0226317_12462036.jpg

皇帝ダリアも今が満開♪
c0226317_12491664.jpg

c0226317_12503593.jpg


これは、ドラゴンフルーツです。
なのに。。。クリスマスのツリーにさせられています。
七夕やお正月、それぞれの季節毎に、母によって飾り付けをされてしまいます。
c0226317_12531735.jpg


これは何だか分かりますか?

c0226317_12584868.jpg


もっと寄って見ると・・・分かりました?
c0226317_1921489.jpg

c0226317_193495.jpg

これは、茶色くなり熟すと、自分で落下します。
パッションフルーツです。
パッションフルーツで、シフォンケーキを焼いたのはあっさり、程よい酸味で美味しいです♪

次は、
c0226317_1953918.jpg

パイナップル。
母が、食べたパイナップルの頭の部分を切って土に植えています。
c0226317_199193.jpg


苺を一株しか植えていないのに、どんどんランナーが増えて広がり、ちゃんと苺の季節には、甥っ子が収穫係です。クリスマスローズも開花の時期には、一面綺麗です。
c0226317_1995676.jpg

苺が実る頃には、この一枚の葉っぱが手の平以上に大きくなります。
ランナーがはみ出てしまったので、プランターを置きました。
クリスマスローズの種も飛んできたみたいで、プランターが狭そうなので、移動させてやらなければ。
c0226317_1910755.jpg


車で走っていると、近所の方に呼び止められ頂いたのは、これ。

母も大根を植えていて、もうそろそろ収穫だと思いますがまだ抜いていません。
c0226317_19184915.jpg

近所の方がほとんど作られています。
我が家の大根も収穫が始まると、たくさんの大根が・・・。
思い出すだけでも・・・たくあんにしたり、べったら漬け、カリカリ漬け、ラディッシュと一緒に漬けると自然の赤みの即席漬け、大根とにんじんを柚子の果汁で作るなます、後は煮たり。

そんな時は、こうして保存します。
c0226317_1921849.jpg

好きな干し加減まで干します。朝晩寒いので、助かります。
五分漬けにしても美味しいですし、煮物に入れても凝縮した大根のうまさがあります。
ナミナミさん、大学の一人暮らしのマンションに干していて、友達に「イカ干してんの?」と聞かれたのは、これです。

大根のお礼に、母からこの「きねかぼちゃ」と「冬瓜」を持っていくように言われ、持って行きました。
c0226317_19445383.jpg

種が無いといってもいい位、少ししか種が無いし、皮も柔らかいので輪切りにして煮付けると美味しいです。


庭のあらゆる所に、ハーブが生えています。

右奥のは、ローズマリーで木の様になっています。
c0226317_19304575.jpg

レモングラス、メドーセージ、パイナップルセージ、レモンバーム、ラベンダー、チェリーセージなどなど。
土が合えば、野生化して生えています。
誰かが、ハーブの横を通ると香りで誰かベランダに出ているというのが分かります。
写真に撮り忘れましたが、三つ葉も自生しています。
まだ、SDカードの容量がいっぱいで、一部しか写真を撮りに行っていません。
また撮りに行ったらアップします。

こんな写真に撮っても、誰も見ないのでは。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-28 20:02
頭がかなり興奮状態で、お風呂に入り、友達と電話したり気を落ち着かせて、目覚ましを6時半にセットし就寝。したものの、6時には、「東京タワーが見たい!!!」と、目が覚めました。ナミナミさんがキャリーを預かっていただけるとの事、動きやすい~ウキウキしました♪

布団から飛び起き、7時にはフロントで、「東京タワーに行きたいのですが、どうやって行けばいいですか?あそこに見えているので方向は分かるのですが」と聞くと、「この角を曲がって・・・赤羽橋まで電車に乗ってください」と言われました。
「いや、歩いていこうと思うのですが・・・」「歩くと30分以上かかりますよ、電車に乗った方が良いです」

う~~~電車って、乗り場がもちろん地下。乗り場を探すのが大変で、移動よりも、地下にもぐる穴を探すのが大変・・・。
でも、親切に言ってくれているんだから、言う通りにしよう。テクテク歩いて、やはりもぐる穴が見つからない。
優しそうな方に話しかけると、外国の方で「ゴー ライト(右に行け)」と、言われても通りが二本。
手前の道?もう一つ先の道を?何度聞いても、「ゴー ライト」・・・冷静になって考えたら分かること、私、ひたすら日本語で聞いていました。英語で話せばよかった。

なお、キョロキョロしていると二人の警察官の方に遭遇。乗り場を教えて頂きました。
地下鉄に乗り、ほっとしていると「大門、大門」・・・。
え~~~~一つ手前の駅で降りなきゃいけなかったのに。
朝早起きしたんだし、時間的にも余裕がある。東京タワーさえ見つかれば、歩ける範囲内だわ。
しかし、ビルに囲まれ目印の東京タワーが見つからない。よし、勘を働かせ、何の根拠も無くひたすら走り出しました。でも、都会の中で、勘か鈍ったのか、ふと後ろを振り返ると、来た方角に東京タワーが見えました。
「なに~逆じゃない~~~」雨がポツポツ降り始め、次のコンビニで傘を買おうと歩く。
でも、通行人は傘を持っていない。
雨でぬれた服は、乾く。今回は濡れる事にしよう、これ以上荷物が増えたら、帰り走れなくなってしまう。

幸いな事に雨もパラパラ位だった。「お~う、東京タワーだ!」写真を取りたい気持ちを抑え、近くに行くんだから近くで撮りたい!
そして、到着。
c0226317_2214628.jpg

きゃ~東京タワーだ。興奮して、家族や友達に写メ送るは、大興奮!

ナミナミさんと「牛浜駅」で10時に待ち合わせ。余裕を持って行かないと、乗り換えに「新宿駅」が入っている。
前回、新宿に泊ったものの、駅の大きさにビックリ。出口が分からず、キャリーを引っ張り、グルグル。
走れども走れども、出口が無い。
「私、地上に出たいんですが・・・」 「ならば、そのエスカレーターで地下に行ってください」
おかしいでしょ?地上に出たい人が、地下に行くなんて・・・。でも、教えて頂いたので、その通りにすると無事地上に出られました。
そんなことがあり、新宿駅ちょっと怖い。
でも、余裕を見て新宿駅入りしたので、走ることなく、牛浜駅に辿り着きました。

ナミナミさん、昨日も遅くまで付き合って頂いて、お子さんもいらっしゃって大変なのに、車で迎に来てくださいました。そして、連れて行って頂いたのが、Cafe du Jardin(カフェ・ドゥ・ジャルダン)。
ナミナミさん、小粒サンのお勧めのお菓子屋さんです。

もちろん、シュークリームとプリンは外せません。小粒サンお勧めのモンブランも。。
c0226317_22175563.jpg

イズミサンのロールケーキを頂いたので、ここでもロールケーキが頂きたかったのですが、まだ並んでいなかったのでショートケーキにしました
c0226317_22193913.jpg


ナミナミさんと二人でゆっくりお話をするのは、初めてでした。でも、携帯でメールのやり取りをさせて頂いているので、なんか以前からの知人と話をしているような感じでした。
モンブランの美味しいこと。ナミナミさんが苦手とおっしゃっていましたが、小粒サンがお勧めされるからには何かあるんじゃないか?もし、今日食べなくて、次回来た時ナミナミさん食べるだろうか・・・。
いや、今日ナミナミさんに食べてもらったほうが良いのではと、勝手にモンブランを押し付けてしまいました。
でも、モンブラン嫌いなナミナミさんも、美味しいとおっしゃるほど、モンブラン美味しかった。

1時間以上ここでおしゃべりをして、次は神楽坂。

c0226317_2238352.jpg

このお店、素材にこだわっていらっしゃって、もちろんベーキングパウダーなしのシフォンです。
それにこれ・・・
c0226317_22363576.jpg

c0226317_22403125.jpg

焼印なんて、思いつかないわ~素敵。
この焼印を本で見てから、このシフォンを食べたくて、夏初めて上京した時新宿に泊ったんです。
でも、新宿って広くて、いろいろな用をこなしているとこのお店にうかがうことが出来ない、なのでお手紙を書きました。
自分のシフォンケーキの思いやどうしても、シフォンを食べたいので、もし卸していらっしゃる所があるならば、そちらに伺うので教えて頂きたいと。
すると、ちゃんとお返事のお手紙を頂戴しましたが、お店でしか食べることは出来ないとの事。

ですので、ようやく念願叶ってのシフォンとのご対面。
c0226317_22482596.jpg

シフォンとの対面よりも、もっと嬉しかったのがお店の方が覚えていらっしゃったこと。
素敵な女性でした。専門学校卒業後、洋菓子店でバイトをしつつ資金を貯め、フランスで2年修行されたそうです。

甘いものばかりで、少し塩っけのあるものが恋しくなりました。ここのガレットも本に載っていて気になっていました。なにせ、ガレット初体験。本やテレビで見たことあるけど、食べたこと無い。
食べる機会だわっと、満腹で、その上寒さで震えるナミナミさんに一緒に並んで頂き、ようやくカフェ クレープリー ル ブルターニュに入店。
c0226317_22554355.jpg

c0226317_2304024.jpg

おいしい~~。食べた後、思いました。そば粉が丁度頂いたのがある、もちろん卵もほうれん草もある、弟の友人から頂いたハムもある。
妹親子が来たら作ってあげよう。

ナミナミさんとの時間はあっという間、でも私には日に日に重たくなったキャリーが待っている。
キャリーを送るのは簡単ですが、2日もかかって皆に配るお土産が無いのは困る。
こりゃ、頑張らねば。
ナミナミさん、車から降りたらすぐの所に地下鉄の入り口あったじゃないですか?あまりにも、手前にありすぎて、降りて走り出したら見落とし、いくら行けども入り口が無いのに気がつき、そう言えばお巡りさんかガードマンさんの居るとこの前だったと。振り向くと、かなり遠くに地下鉄の入り口が見えました。
雨も降り出し、走って入り口まで引き返しました。。。都会では、勘が鈍るのかキャリーに気をとられてしまうのか。。。

このまま、無事に帰り付けばいいものの。。。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-24 23:15

東京行き 二泊三日

東京の友人に会うべく上京することになりました。
それも、二泊三日も。
東京に行くとなると、普段食べられないものや見られないものを見る機会です。



11月20日金曜日、11時発の飛行機に乗るには1時間前に来てくださいとのこと、本当にギリギリの9時10分まで仕事をしました。
空港で、17日テレビで見たオーブン・ミトンさんに電話してシュークリームを2個取っておいて頂くようにお願いしました。
17日小嶋ルミさんのフルーツケーキを見てから、東京に行くんだから、食べてみたくなりました。
その日の宿泊は、新横浜。
オーブン・ミトンさんの最寄り駅の武蔵小金井まで着いて、キャリーを引っ張り走りました。
お店の営業時間を考えると、滑り込みと言う時間。
それに、新横浜に帰るとして、一番乗り継ぎのしやすいのは15:38に武蔵小金井を後にする電車に乗ること。
時間との戦いでした。キャリーと共に走り、到着したのが15:05。

c0226317_21125930.jpg

ここまで何分かかったのか来る時時間を計り忘れ、果たして何分かかるのか分からず・・・。
フルーツケーキとシュークリーム、チーズケーキ、バニラパウンドもちろんシフォンケーキを買いました。
お店で、シュークリームを一つ頂くことにしました。
c0226317_2116230.jpg

アールグレーのアイスティーも一緒に頂きました。

シュークリーム。卵を使ったシュークリームやプリンは、ケーキ屋さんに伺うと必ず頂きます。
上に乗っているシュー皮を取り、中のカスタードを付けて頂きました。
c0226317_21213974.jpg


カスタードクリームが硬く感じました。
後で小粒サンに伺ったらそれが、オーブン・ミトンさんの特徴らしいです。
生クリームたっぷりではなく、卵の味が濃く感じました。
何だか我が家で作るカスタードに似てる味がしました。
急いで、食べあまり雰囲気を味わうことなく、またキャリーを引っ張って走りました。
駅に着いたのが5分前。切符を買うのにもたつき、何行きに乗ればいいのか?何番乗り場なのか?
時間の中をもがいているような感じで、キャリーが自分のだったなら捨てて行きたい位重くて走るのが大変だった。

新横浜プリンセスに一泊。ホテルが高くて見えているのに、入り口が分からずグルグル。

あっ、シフォンを載せるの忘れていました。
シフォンケーキは、持った段階で軽くふわふわしていました。
c0226317_21293059.jpg


携帯の充電器を忘れ、ホテルで有料の携帯充電器を見つけ使ったにもかかわらず、充電が2つしかなく、電車の乗り継ぎを全て携帯に頼っているので、携帯が充電切れするのが困るので、鎌倉駅に着くとドコモショップを見つけ、充電することに。
充電には、30分から1時間かかりますよと言われ、ドコモショップに戻ってこれる距離しか動くことが出来ない。う~ん、どこ行こう??横断歩道で、考えていたら・・・・・・・。
「あった~~♪」

何と、ドコモの目の前に、「鎌倉シフォン 市場のケーキ屋さん」
鎌倉に来るなら、行ってみたいと思っていたシフォンケーキ屋さんでした。
ガイドブックを忘れ、携帯を見ながら行くつもりが、携帯は充電中。
なんという偶然。すぐにお店に飛び込んでしまいました。
c0226317_21474165.jpg


プレーンはもちろん・アールグレイ・ロイヤルミルクティー・チョコレート・かぼちゃ・ココナッツ・ヨーグルトを買いました。今晩ナミナミさんにお会いするので、味見しよう♪

c0226317_21491631.jpg


見つけた嬉しさで、飛び込み、シフォン購入。
よく考えたら、後で買えばいいものの・・・。
シフォン片手に、人がゾロゾロ歩いているので、もしや鎌倉大仏?なんて思いながら、人の流れに着いて行きました。地図を見れば、今からどこに行くというのが分かるけど、人に着いていくのも面白いかも。
着いていって、到着したのが、あっ写真撮り忘れましたが、「藤岡八幡宮」。
なんか聞いたことあるなあっと思いながら、上まで上り、参拝して降りてきました。

友達と別れ、いざイズミサンのお店に!
乗継が沢山あって、キャリーがお土産を買ったのでもっと重くなって。。。
池袋駅に着き、またまた時間との勝負。キャリーを抱え、走る走る。

よし、切符も買ったし改札口を通過しようとすると、通せんぼ。
なんで???ちゃんと買ったのに???
そうなんです、メトロの切符を購入していたので、通過できなかったんです。
駅員の方に聞いて分かりました。
切符を購入して、今まで以上の猛ダッシュ。

ようやく電車に乗って、えっ?乗り換え?
携帯に、準急?に乗り換えるっていうのが何か分からず、隣の女性に聞くと大泉学園までは行きますよ、との事。なら、乗り換えなくていいのに、何で準急乗換えなんて出てくるんだろう、と思いながら、そのまま乗り続けました。
しばらくすると、分かりました。自分が乗っている電車が、各駅停車だと言うことが。

ナミナミさん、小粒さん、イズミサンをお待たせするなんて・・・。
申し訳なく、キャリーを引っ張り走りました。走ると、こっちで良いのかな?と不安になり、誰かに聞こうと目の前の散歩中の女性に聞こうと思って急ぐと、キャリーがうまく動かなくなって、どんどん距離が離れてしまって。。。
あまりの不安に、ナミナミさんに電話。間違っていない、走るのだ~~。と自分を奮い立たせて、のんちゃんのはらどけいさんに到着。
あ~このぶたさん、見たことある~。この店構えも見たことある~。感激しっぱなしで、入店しました。
お店はお客さんが沢山いらして、ナミナミさんのお顔を見た時には、ほっとして泣きそうでした。
そして、同じテーブルの二人の女性。小粒サンとイズミサン。
尊敬するナミナミさんの尊敬するお二人。
とっても優しくて、人見知りをする私もすんなりお話させて頂きました。
小粒サンやイズミサンの可愛らしさ、小粒サンのお話がつぼに入って大爆笑。

のんちゃんのはらどけいさんで頂いた物全てが美味しく、近所だったかここ通いたいと思うお店でした。
特に、山芋をのりで巻いてあるのが、美味しかった。

待ってました~イズミサンのケーキ。
ロールケーキと白いんげんのモンブラン。
c0226317_22162479.jpg


白いんげん???ビックリ!白いんげんって白アンでしょ?
それがモンブランに?ビックリ!もちろん白いんげんモンブランを先に頂きました。
スポンジケーキの上に白いんげん、すごい~~。
うわぁ~~~の連呼です。

ナミナミさんが一本食べちゃったと言う、ロールケーキ。
c0226317_22211026.jpg

楽しみしてきたんだよな~ワクワク、パクリ。
分かる、ナミナミさんが仰った事。
何と言うか、う~ん口ではまだ今もなお覚えているのですが、スポンジケーキの口解けの良さ。
こりゃ、一本食べちゃうなと言う、優しいお味。
食べながら、いや~こんなスポンジケーキを作るには、どうしたら良いか。
頭の中で、卵、お砂糖、小麦粉、油の分量がグルグル。
作り方も頭の中でグルグル。
早く帰って、焼きたい!すごく良い勉強になりました。粗糖を使ってお菓子を作るの面白い。
ワクワクしちゃいました。へェ~へェ~うなって、ワクワク興奮しながら、頂きました。

帰りは、駅までナミナミさんに送って頂き、また乗り継ぎ乗り継ぎで帰りました。
ホテルの駐車場から、
c0226317_2233261.jpg


あ~~~東京タワーだ!
前回東京に来た時は見られなくて、見たいと思っていた東京タワー。
23;43・・・まだホテルにもチェックインしていない。
今晩は、我慢せねば。

イズミサンや小粒サン、ナミナミさんとの時間があまりにも楽しく、イズミサンのケーキを頂いて、その上東京タワーなんて見ちゃったので、2時まで頭が興奮して寝れませんでした。


明日は、6時起きして、東京タワーを見つけに行こう♪と思いながら、就寝。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-23 22:44
最近、あまりにも切ないことがあって、何もする気がしなくて。。。

お菓子さえも焼こうと言う気にもなれなくて、オーブンの前に居ませんでした。


でも、やはり季節が肩を叩くと言うのか、背中を押すと言うのか・・・。
「そんな悩んでいないで、早く食べないと季節が終わってしまうよ」と言わんばかりに、季節の野菜が届きます。


まずは、「ほうれん草」

c0226317_5532528.jpg

「たくさん作ったから、食べるの手伝って~」と、午前中、近所の方から花束のように新聞で包まれたほうれん草を頂きました。
あそこのうちは、小さい子が居るからシフォンにしなくちゃ!!
c0226317_554270.jpg


ほうれん草をフードプロセッサにかけていたら途中から、調子が悪くなってしまい、もう少しほうれん草を細かくしたかったのですが、後は包丁で切って入れました。

c0226317_6364199.jpg

次は、「紫芋」
c0226317_5573194.jpg


おばさんの同僚の方が、「作るのは好きなんだけど、どうやって食べたらいいのか分からないから、食べて~」と言われ、おばさんが毎年持ってきます。
去年は、シフォンやきんつば、蒸しパン、パウンドケーキ、モンブランにしました。

「明日、何か作って、持って行くから!」と、おばさんに言われ、冗談だと思いました。
でも、パウンドケーキを作ろうと思いました。

なぜ、パウンドにしたのか・・・。
夜、もうそろそろお風呂を頂こうかと、テレビのリモコンを握ると間違ってボタンを押したらしく、NHKが映りました。すると、「フルーツケーキ」の文字。
小嶋ルミさんが出てらっしゃいました。この方のフルーツケーキの作る手順は、見たことがありません。
本しか教材の無い私には、動くテレビでのお菓子作りの放送はとても貴重です。
どんな方の作り方でも、見る機会があったら、見ます。
正座をして、見入ってしまいました。

本で見たときと、やはり違います。ハンドミキサーの動かし方、ゴムベラの使い方、型への流し方等など。
へえ~、ふう~ん、この人はこうやって作られるんだと、ハンドミキサーやゴムベラの動かし方、やってみたくなりました。
なので、翌日、朝早く起きて、紫芋を入れたパウンドケーキを作ろうと思いました。
フルーツケーキの分量は書きとめもせず、作り方に見入ってしまったのでフルーツの分量が分からず、紫芋入りに変更したのです。おばさんが言った「何か作って」という言葉も、頭にあったので。

洗って、切って、蒸しました。綺麗な紫色です。
c0226317_6142215.jpg


ゴムベラを2時から8時と言いながら、100回ちょっと混ぜました。

c0226317_6153026.jpg

ラム漬けにしていたフルーツを100g、紫芋を150g入れました。
ラム酒とお芋が合いそうな予感♪
c0226317_6181383.jpg


焼いて、冷まして、日にちが経ったほうが美味しいだろうから、寝かせて持たせようと思いました。
しかし・・・・「良いから、一つくらい持っていけるでしょ?」と急かされ、焼き上がりの断面をゆっくり見ることも出来ずに、バタバタしながらも写真をパチリ。一切れ食べ、うん大丈夫、勘で作ったにしてはうまい。

ラッピングしたのは、撮りそびれてしまいました。おばさんのお姉さんんの所に行くからと、また包んで、もう二切れ分しか残らなくて、家族の味見分は何とか二切れ確保。

ナミナミさん、徳ちゃん、桂さん、心配かけちゃってごめんね。。。
考えないように、考えないように、生活しています。私もこんな気持ちになるのねって感じです。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-19 06:38 | 焼き菓子
我が家のドラゴンフルーツはもうとっくに終わったのですが、いつもお取り寄せしている徳之島のお砂糖農家の方からドラゴンフルーツもおまけに頂きました。

2個入っていて、一つが真っ赤。
で、あ~ならもう一つも真っ赤だろうと思い、ショートケーキに使おうと思いました。

イズミサンのスポンジケーキを夢見て、スポンジケーキばかりで頭いっぱい。
何度も何度も自分なりに焼いています。
どんなスポンジケーキなんだろうと思うと、益々作ってみたくなって。

ちょうど、日曜に帰ってしまった妹も遊びに来るとの事。
「バターとか脂っこいの食べると、乳腺が詰まってしまう、でも甘いのが食べたい」、と言っていたので、スポンジケーキをバターではなく、シフォンに使っているものを使おうと・・・



c0226317_19114760.jpg

それが、この綿実油。

綿実油を使い、お砂糖は、徳之島の粗糖を使おうと思ったのですが、妹は喜界島粗糖のスポンジケーキが気に入っているので、喜界島粗糖を昨晩買いに行って。
デコレーションも植物性ならいいかなと今回も豆乳のに喜界島粗糖を使って。

まずは、スポンジケーキ。

卵と、粗糖をハンドミキサーでとろ~りとなる位まで混ぜ、小麦粉を入れ、ゴムベラで切るのではなく、手前から奥に押しやるように混ぜました。

普通、スポンジケーキのレシピには、溶かしバターって書いてある。
ならば、綿実油と牛乳を湯銭にかけ、温めて混ぜ込みました。

160度で35分。
ケーキの底に敷いているシートを剥がして、あっ!写真撮らなきゃと思い出しました。

c0226317_19214668.jpg


これが、断面。
穴がボコボコ空きすぎでしょう・・・。
c0226317_19274952.jpg


バターの時と、もちろん焼き上がりの香りが違います。
バターの香りも好きですが、こっちの香りのほうが好きです。


豆乳ホイップを泡立て、いざドラゴンフルーツを切ると・・・赤ではなく、白のドラゴンフルーツでした。
いつもならどちらでも良いのですが、白のホイップの上に、白って・・・。
隣に居た妹に笑われながらも、並べていきました。
c0226317_1932327.jpg


そして・・・この写真をデジカメで撮ると、私のデジカメには顔認識機能があるんです!
すると、ドラゴンフルーツのこの黒い粒々を顔と認識するのか、たくさん反応したんです!!!
それを妹に見せると、「粒々を顔認識してる、気持ちが悪い・・・」と。
もし機会があったら、ドラゴンフルーツを顔認識機能で撮ってみて下さい!
思わぬ顔認識に大爆笑しながら、最後に上のホイップを乗せる時は硬めにホイップし直すつもりだったのに忘れて、そのまま乗せてしまいました。
c0226317_19392042.jpg

c0226317_19395140.jpg


ですので、緩いです。
彩りも確かに、不気味・・・。
でも、これが我が家用で、家族は美味しいと言ってくれたのが救いです。

スポンジケーキをバターではなく、綿実油で作る風味や食感好きです。
もちろん、粗糖の風味も美味しいです。
シフォンケーキに慣れているせいか、とても美味しく感じました。
見た目は悪いですが、楽しかったです~♪

ダイナミックと言うか、私には繊細さが欠けているんだと、小粒さんやイズミサンのケーキを見て改めて恥ずかしくなりました・・・。
よ~し、もっと練習しなくっちゃ。
今日のケーキもいつの日か、見た時に良い思い出になるだろうとアップすることにしました。
私のブログだし、恥はかいてなんぼ。
上達するためにも、どんどん恥をかかなくちゃ。
また、焼こう~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-11 20:05 | 焼き菓子
イチジクの切り方・・・。
小粒サンやイズミサンのブログを拝見して、イチジクを輪切りにするなんて衝撃的でした。
いつも、決まった方向にばかり切ってタルトにしていたので、衝撃を受けてからというもの、輪切りにした断面が頭の中から離れなくて・・・まだ、木になっているのがあるはずだと探しました。
イチジクの木が5本あるのですが、探せばあるものですね。
まだ、上のほうには葡萄位の大きさの緑のイチジクがあります。
あれも、使えるかもしれませんが、届かないので、緑は次回。
今朝、タルト生地を準備し、昼休みに見つけたイチジクを早速輪切りにして、アーモンドクリームを入れその上にたくさん敷き詰めました。
c0226317_17473480.jpg


焼くこと、1時間・・・出来ました♪
c0226317_17485223.jpg

イチジクの切り方が違うので、いつもと表情の違うタルトの完成です。
今日は、タルト生地を喜界島粗糖で作り、アーモンドクリームはキビ砂糖、そしてイチジクの上にもキビ砂糖を軽く振り掛けました。

これは、いいですね!大きなイチジクはフレッシュでタルトにして、熟すのが遅くて固めの今頃のイチジクはこんな使い方があるのですね~勉強になりました。

喜界島粗糖がなくなったので、徳之島粗糖に移りたいと思います~♪
日常、煮物をしたりする時は、我が家はずっと黒砂糖なので、粗糖もすんなり馴染めるのだと思います。
「粗糖」なんて言い方をするなんて知らなかったのですが、徳之島の黒砂糖農家から頂くのは「ザラメ」って書いてあって・・・。今度から、黒砂糖とこの「粗糖」も注文しなきゃ。
焼き菓子には、粗糖の方が合いますね。
学ぶことばかりだわ~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-09 18:03 | 焼き菓子

今年二度目の柚子

お菓子ではありませんが、柚子の季節のお仕事を書きます。庭に、柚子の木が一本あります。

c0226317_21323432.jpg


お店に良く売られているような小ぶりの柚子ではなく、手のひらに一個しか乗らない位の大きな柚子です。
もちろん、無農薬。なので、見た目は良くありませんが・・・。全てが黄色になる頃にはジャムやピールにしますが、青みが残る頃には「柚子こしょう」にします。

c0226317_2150525.jpg


柚子を、林檎の皮をむくように包丁で一つ一つ。内側の白い所が入らないように、丁寧に丁寧に。
その皮と、唐辛子と、塩を混ぜ合わせます。
今日は、青唐辛子を田楽味噌作りに使ってしまったので、赤唐辛子を使用。
その為、赤い柚子こしょうになりました♪
c0226317_21525560.jpg


小粒サンのブログを拝見して、甥っ子中心の食事で何かスパイシーな食事がしたかったので、母の畑からバジルを収穫。今晩は、グリーンカレーにしました♪
c0226317_21565055.jpg


c0226317_21583626.jpg

[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-08 22:06 | 季節のお仕事

はじめの一歩

旬の果物や野菜をぎゅっと詰め込んで、いろいろなお菓子を焼いています。
家族や周りの方に食べて頂く、ほんとに素朴なお菓子です。
シフォンケーキは、卵の力を借りてふわふわしっとり。

まずは、最近焼いた胡桃イチジクシフォン。

c0226317_2016010.jpg


小粒サン、ナミナミさん、なんちゃんさん、ありがとうございます・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-05 20:21 | シフォンケーキ