旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

カテゴリ:野菜達( 1 )

我が家のおせちと頂き物

あけましておめでとうございます。
飾りっけもない素朴なお菓子達ですが、昨年よりも多くアップできればと思っています。

12月31日、おせちを作ろうとしたら魚を釣ってきたからと頂きました。
c0226317_16544737.jpg

鯛とハマチの子供。鯛は塩焼き、もう一匹はお味噌汁にしました。まだ、目玉が透明だ・・・この後、40分焼きました。
c0226317_16562786.jpg


ケーキを焼いたり、母が漬物配ったり、魚だけではなく、色々な物が我が家に来ます。
奄美の黒糖農家の方から、昆布をたくさん頂きました。お雑煮に使いましょう♪
c0226317_1730394.jpg


紙袋いっぱいのミニトマト。農家の方から、規格外だけどと、本当にたくさん頂きました。皮が厚くて美味しい!
c0226317_17323962.jpg


そして、お正月だからと、屋久島にちょこちょこ行かれる方が帰ってこられて、また「安納芋」を頂きました。いつも、この芋をいただきます。この芋、甘いです。またシフォンか、何かお菓子にして戻しましょう♪
c0226317_17372967.jpg

芋羊羹も美味しかったな~~♪

まずは、「おせち」の一部を。年末、サツマイモをいろんな方に頂きました。(果たして、何種類の芋が我が家に来ているのでしょう・・・。)
これを蒸して、皮をむき、フードプロセッサーでペーストに。
c0226317_16582942.jpg

10月、「利平栗」を渋皮煮にしていたものもペースト状にして合わせます。
c0226317_1711185.jpg


甘さは、芋自体の甘さと少し栗が漬かっていたシロップを入れるだけで十分です。
c0226317_1740544.jpg

芋と渋皮煮を合わせ、くちなしで色付けすればいいのですが、くちなしがなっていなかったのでそのままの色です。素材の甘さなので、祖父母や甥っ子もパクパクでした。
c0226317_1735939.jpg

もう一つも、芋。「紫芋の茶巾絞り」
c0226317_1764532.jpg

紫芋を蒸して、ペーストにして、キビ砂糖で甘み付け。でも、甘さ控えめ位にしています。
色は凄いですが、甘さはこちらも控えめなので、一口食べてもまた一口・・・。

葱を畑から一抱え位抜いてきて、みじん切りにします。
c0226317_16352152.jpg

風邪をひいちゃ困るので、本当にたくさん使います。
出来たのは、「油淋鶏」です。
c0226317_16372459.jpg

これも、お店のは食べたことはありませんが、何年か前本を見て作って、お正月に出すと好評だったので、お正月には二皿は作ります。
ねぎも、レタスも、畑から収穫してきて、トマトは父の友人の方の所に買いに行きます。
だって、我が家のトマトは寒さで熟すのが、遅くて、今はこの位・・・
c0226317_16404218.jpg

葉っぱは霜で枯れてしまっていますが、すこ~しずつトマトは大きくなっています。
c0226317_16411391.jpg

皮も硬いトマト。でも、私はこの皮の硬いトマトの方が好きです。

たまご・はんぺん・キビ砂糖・みりんを混ぜて・・・「伊達巻」
c0226317_16464830.jpg

お店のよりも、たまごの量が多いと思います。
c0226317_164848100.jpg

市販のを食べたことがあるのですが、パサパサしていてあまり好みではなかったので、試行錯誤。
c0226317_16492918.jpg

たまごやの「伊達巻」とも言える、たまごたっぷりの伊達巻です。

我が家は、食肉用のブロイラーではないので知り合いの方に頼んで持ってきて頂いて、母が6時間オーブンで焼きます。父の母が嫁いで作っていたのを、母が引き継いでいます。
c0226317_1715738.jpg

我が家のガスオーブンは、高・中・低しか温度のメーターがありません。
微妙な温度も、長年の勘でしか焼けません。このガスオーブンで、シフォンを焼く時は何度失敗したことか・・・。高が果たして何度なのか?中は?低は?さっぱり分かりません。どの位右に回せば、どの辺で温度が安定するのか・・・難しい。
こんなガスオーブン、我が家だけかも。。。
でも、母は、クリスマスに3羽。お正月は、6羽焼いていました。(母も、人から頼まれれば、焼いて持って行きます)

「雑煮」は、必ず祖母の指示で作ります。
c0226317_17231023.jpg

鶏モモ肉でダシを取り(肉は出して食べません)、焼き鮎を入れます。昆布やサトイモ、するめ、丸もち、大根、にんじん、京菜が入っています。
「焼き鮎」は、夏、祖母が買って大切に保管してお正月に使います。
風邪ひかず、一年を過ごせる様にと祖母の愛情がたっぷりで、祖父はお餅を3個、3杯はおかわりをします。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-02 17:45 | 野菜達