旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

カテゴリ:季節のお仕事( 10 )

5.8キロのトマト

明日までお天気が良く、明後日からまとまった雨が降るらしいです。
貴重な晴れ、大切にしなきゃ、一日の始まりに窓を開けようとしたら、一番乗りのお客様がお見えでした。
c0226317_20434419.jpg

今年はよくアゲハチョウを見かけます。夕方、戸締りをする時も飛んでいました。


トマトは好きな野菜で、パクパク。何も付けないで頂きます。
c0226317_20492316.jpg

好きなのは、捥ぎりたての青臭いトマトが好きです。でも、完熟や少し熟してしまったのは商品にならないからとお客様からたくさん頂きます。
同じお天道様の下、トマトの時期も同じ頃で、同じ作物が次から次に・・・。
c0226317_2048431.jpg

好きだけど、好きだけど・・・トマト三昧で少し飽きて、消費が間に合わなくなると、ジャムに逃げます。

湯剥きして、ヘタを取って、測ると2.7キロ。もう一つは、3.1キロ。
大きな鍋があれば一度に作る事ができるのですが、二回煮ました。
トマトの甘さもあるので、入れる量の半分の砂糖をまぶし、水分を出し、火にかけ、甘みの調節。
レモンを道の駅で買ってあったので、2個入れました。

①2.7キロのトマト。
朝、湯剥きをしていると早朝のお客様お見えに、下に降りて行き、お仕事。お帰りになるとすぐに、作業再開。
剥いて、お砂糖をまぶし、少し煮た所で、仕事開始の8時間近。着替えなきゃ~~~。
着替え、仕事に。仕事が忙しく、昼食時間の12時半を過ぎても、二階に上がる事が出来ずに、13時25分。ようやく二階に上がり、トマトの鍋に着火。ミニトマトをパクパク。
10分煮るか煮ないうちに内線が。火を消し、下に。また二階に上がり、火をつけコトコトしようとすると内線。

無理だと諦め、氷で周りを冷やし荒熱を取り、鍋ごと冷蔵庫に。そして仕事に戻りました。

その日の夕方、夕食が終わるとすぐ煮て、ジャムの完成!


②3.1キロのトマト。
昨日の様な事がないように、もっと早く起きる。朝からの仕事を済ませ、二階に。
湯剥きをして、お砂糖をまぶし、水分が出たのでコトコト。もう少し煮たら完成と言う所で、8時間近。
着替えて下に降り、仕事をし、一段落したので二階に上がり、瓶の煮沸。
下からの内線に急いで出ようと、お湯でやけどしながら、内線に出ると、急遽発注忘れのお客様の所に配達に行かなくてはならないとのこと。
また火を止め、配達に。
配達から戻ると、また火をつけ、瓶詰めし、煮沸の為に瓶ごとにコトコト。完成!



種を取るのがホントは見た目が良いんでしょうけど、種位食べてあげなくちゃ、皮を捨てたんだからトマトに申し訳ない。
c0226317_20551248.jpg

作る時はたくさんあったトマトも、煮詰めていけばこの位。

これは、北九州の妹ともう一人の妹家族と祖父母、親戚の叔母さん宅に配りました。
もう一つのは、小さなタッパーに入れ、お客様とトマトを頂いた方に配りました。

トマトジャム意外にビックリされ、嬉しいです♪作り甲斐があります!!


暑くなると、シフォンをちょこちょこ焼いていたのをお休みして、冷たく冷やして頂けるお菓子に惹かれます。
何だか、無性にスフレチーズが食べたくて、朝から2台焼きました。
c0226317_2154840.jpg

クリームチーズとたまご。どちらかと言うと、とことん、ギリギリまでたまごの割合を多くしています。

食べる方によっては、すっご~くたまごの味がしますね!っておっしゃったり、たまご屋のたまごケーキですねっておっしゃる方もいらして、嬉しいです♪
c0226317_216282.jpg


さじを入れると、しゅわっとしっとり、そしてたまごの味。そして甘さ控えめ。なので、お連れのご主人様たちにも喜んで頂けました!
丁度母の弟も長崎から来ていたので、「これなら、食べられるよ~~~♪」と嬉しいお言葉を頂きました♪


今日、夕ご飯が済むと近所の方が見えられて、頂きました。初物です~~~♪
c0226317_21423750.jpg

分からないでしょ・・・鮎です。釣って来られたそうです!釣りはされるのに、お魚食べないそうです。
c0226317_21432578.jpg

鮎って骨も硬くないので、塩焼きにしても骨も全て食べてしまいます。
夕飯が済んでいたので、明日鮎のせごしと塩焼きにしましょう!ありがとうございます!!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-06-16 21:31 | 季節のお仕事

今日の母の畑事情

母が畑担当。
「食べたい野菜が有ったら言いなさいよ」と、言う言葉に甘え、母にお任せして、食材になったら、私が調理。

先日、小粒サンのブログを拝見して、お客様にバジルの苗をお渡しする事を思い立ち。母に種を託しました。
c0226317_21462048.jpg

バジルって生命力が強いのかしら、すごい発芽力。


上から、モロヘイヤ、パクチー、バジルです。同じ日に植えたのに、この違い。パクチー頑張れ!!!
c0226317_21484093.jpg

一方、パクチーは、この程度。
c0226317_223327.jpg


苗から育てているパクチーは元気元気。食べるのが間に合わない・・・。
c0226317_21505766.jpg

花束のようにたくさんパクチーが収穫できます。
昨日も収穫して、冷凍庫にささみがあったので、昼休みにおゆでて、ゆでたお湯につけたまま冷まします。
c0226317_2202915.jpg

そして、春雨をゆで、パクチーを刻み、スウィートチリソースとナンプラー、レモン汁で調味して頂きました。美味しかった、やっぱこの香り、この味です!!

母は、畑がいっぱいになるとどこか舞わず、開墾します。
c0226317_21554398.jpg

こんな場所やあんな場所。母の手にかかれば、畑になります。つるむらさきの種が蒔いてあります。
c0226317_21555260.jpg

弟と畑に使うからと、鶏糞を家庭菜園に使いやすいように二人で工夫。「母ちゃん、よか鶏糞ば作ってやるけん、母ちゃんは野菜頑張れよ」バカ親子・・・。
c0226317_2156171.jpg

あっちこち・・・。

一週間後、3歳の甥っ子ととうもろこしの種を植えるために、夕方仕事が終わって、暗くなるまでまた畑仕事・・・。
甥っ子も、にんじんの葉っぱの香りをかいだり、グリーンピースの大きくなるのを来る度に、「ばあば、畑行こう~~~畑、見たい~~~」と言われ、二人で仲良く畑仕事。
母の畑仕事の隣で、虫を見つけたり、蝶について行ってみたり、色々な葉っぱの香りをかいだり、これ何が出来るの?と聞いてみたり、母が植えたものに水をまくためにジョーロに水を汲みに行ったり、何時間畑に居ても、帰ってこないこともしばしば。

母の新たな畑のパートナーです。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-28 22:12 | 季節のお仕事

ポカポカ春日和♪

今日も、風は冷たいものの、日差しは温かくポカポカ陽気。ローズマリーです。
c0226317_20582774.jpg

遊びに来ていた甥っ子は、母とじゃがいもを植えに行き、長靴を履いたまま事務所に。
庭に行きたいと言う事で、庭に散策に出かけました。チェリーセージにも花が来ていました。
c0226317_20594734.jpg

三つ葉もまだこの位。もう少し大きくなったら、おひたしや茶碗蒸し、巻き寿司に使います。
c0226317_2114376.jpg

母の蘭。何種類あるのでしょう・・・。事務所の中や玄関にも所狭しと並んでいます。
c0226317_2153913.jpg

甥っ子が来ると聞いていたので、朝からレアチーズケーキを「生クリーム抜き」で作りました。妹も食べるということだったので。彩りに、先日のイチゴジャムも添えました♪
c0226317_2194721.jpg


今晩の夕食は、甥っ子が昼に収穫した春キャベツと豚肉で「ホイコーロー」♪
c0226317_2019537.jpg

黒砂糖と、醤油、塩、お味噌。鷹の爪もアクセントに入れました。
我が家で使うお味噌は、父のお姉さんが作って下さいます。
c0226317_20274721.jpg

いつかは、私も教えて頂きたいのですが、今はおば様の仕事と言うことで、すっかり甘えて頂いてばかりです。
c0226317_20312727.jpg

それと、父がお酒を飲むのにおつまみが無いので、冷凍庫を探ると頂き物のえびを発見!
c0226317_2033349.jpg

熱した鍋にえびを並べ、日本酒で蒸し焼きに!でも、日本酒が少なかったので、紹興酒も入れて蒸し焼きに。
c0226317_20351570.jpg

塩も、胡椒も何もいりません。えびの味です。



今年も、ホワイトデーには、お菓子やら野菜やらたくさん頂いてしまいました。
来ていただいた方皆様に、ビスコッティです。
(でも、少し考えればよかったと思いました。。。歯の弱い方には、無理ですね。「お孫さんに上げて下さい」って渡すしか無かったです。配慮に欠けていましたね・・・。)

3月13日。以前、金柑ジャムを頂いたお客様ご夫婦が見えられて。
ご主人はお菓子の詰め合わせを、奥様はこれを下さいました!
c0226317_2014277.jpg

おはぎ~♪真ん中の青海苔、中にはあんこと栗の甘露煮が一個入っています。

奥様は、持病があるので健康な人のように、ずっと起きておく事は出来ないのに、こうして作って下さった気持ちだけでとても有りがたく、年をとったのか涙が出てきてしまい。
「な~ん、泣かんちゃよかたい!!」って。だって、だって嬉しいんですもの・・・。

ホワイトデーモードなのに、この日はなぜかしら「グリーンデー」でした。。。
c0226317_20471937.jpg

左が、「野田さん」。 真ん中の大きいのが、「石田さん」。 右が、「吉岡さん」。三人の方にほうれん草を頂いてしまいました!
熱したフライパンにオリーブを入れ、切ったほうれん草を入れすぐ塩コショウをして、さっと炒め卵でとじ、最後に一回し醤油を鍋肌にかけ入れる、我が家では「ほうれん草」=「ポパイ」と言うことで、「ポパイエッグ」なるこの料理でよくほうれん草を頂きます。

二日目にはおひたし。翌日には、にんにくと鶏肉をトマトで煮たものに、ほうれん草を入れて頂きました。ありがたいです。

他にも、どっさりの八朔を頂いたり。これでも、妹に半分持たせました。
c0226317_21122392.jpg

柑橘類、あまりにもあり過ぎて消費が間に合いません。。。こんな時には、ジャムなりピールなり加工しなくては。

妹が遊び来た目的は、「たまごシフォン」でした。
また後日、アップします!ちなみに、今は、レモンシフォンを焼いています~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-17 21:30 | 季節のお仕事

牡蠣とお雛様といちご

雨が降ったり、ぽかぽか温かくなったり、何か最近のお天気は気まぐれで。
給食の配達を終え、我が家に戻ろうと信号待ちをしていると、我が家から茶色のもの飛び出し、すごいスピードで走り出しました。その後を、母が追いかけます。

「え~なんだろ?猫?ん~~~~あれ、もしやナナ(我が家で飼っている犬です)???」

そう、ナナもお天気と同じ気まぐれだったのか、御主人様の弟を探して養鶏場のある山に行こうとしたのか、人生初めての大脱走をしました。
捕まらなくて、母も走り、車を止めてしまう位の走り回りようで・・・。ぽかぽか陽気プラス冷や汗で、探しながら汗をかきまくり。探し回っていると、母から、「ナナ捕まったよ・・・と言うか、小屋に戻ってきてるよ・・・」って。
お~~~い、ナナ気まぐれ、大冒険はやめておくれ!心配したよ!!

その連絡の帰り、畑を見るとキャベツが巻きかかっていました。今の春キャベツは、巻きが緩くて、甘くて何も付けなくても充分美味しいです。
c0226317_21175672.jpg


兵庫県の知り合いの方から頂きました。兵庫って牡蠣が取れるんですね~私は広島広島って思ってました。。。15kg届いて、焼き牡蠣が簡単で美味しい。シンプルに焼きました。
c0226317_2185577.jpg

昨晩も今晩も、焼き牡蠣でした。コンロの上に、魚焼きの網を置き、その上に牡蠣を並べます。コンロのお掃除が大変・・・。
c0226317_21232750.jpg

牡蠣の殻が焼けて、パチンと飛び散ることもあるので、トング片手に注意しながら焼きます。
c0226317_21251640.jpg

開いた瞬間の写真が撮りたくて、頑張ったのですがブレてますね・・・。
c0226317_21262057.jpg

カパッと開けると、牡蠣が出てきます。手のひら位の大きさで、何も付けずに自然の塩分で充分です。

わんこ蕎麦の様に、食べれば、皿に焼き牡蠣を殻のまま入れます。そう、わんこ蕎麦状態なので、ストップを掛けないとひたすら牡蠣を焼き続け、皿に入れていきます。
父が食べたみたいなので、皿に牡蠣を入れると「おら、もうよかばい」。妹が隣で「お父さん、いらんならもうよかって言わんと、ジャンジャン持ってこらすでしょ!」「あ~そうだった、おらもうストップ!」「よかとね?もうお腹いっぱいになったと?」「なったなった・・・もう入らん。。。」

毎年恒例になっているので、牡蠣が届くと、家族皆外出禁止です。せっかく頂いたのですから、美味しい時に頂かなくては。



そうそう、3月3日はおひな祭りでした♪
毎年、何かしら作っていて、写真が残っているだけでも。一昨年です。三色のスポンジを焼き、ひし形に。
c0226317_22104442.jpg

これは去年。三色のシフォンを作りました。
c0226317_22105548.jpg

今年は、スコーンにはまっているので・・・もちろん「スコーン」です!
c0226317_22134533.jpg

普通、菱餅では「白・緑・ピンク」ですが、白の雪はこの辺には無いので、雪ではなく、土から出てくると言うイメージで、茶色。
でも、茶色=ココアも嫌だったので、「かぼちゃ」にしました。
c0226317_22413322.jpg


緑は、抹茶。帰省している大学生の妹は、大の抹茶好きなので、濃くしてあげようとしてたくさん抹茶を入れたら、妹や母は大満足ですが、私には濃すぎた・・・。
c0226317_22424771.jpg


そして、「ピンク」・・・苺って、当たり前すぎるし・・・・・・・・。苺、今ないし。
食品庫をガサゴソガサゴソ。
妹の大好きな、あずき入れちゃおう~♪アズキを入れたのが赤飯なんだから、「赤」だし。
でも、甘いだけじゃ男性が食べたら?って思ったら、桜茶用の桜の塩漬けがあったのを思い出し、乗せちゃいました。
c0226317_22214788.jpg

この組み合わせが、一番美味しかった♪2倍量作ったので、甘納豆を100g入れました。
これはお薦めです♪
今回もユキ先生のスコーンのレシピを参考にさせて頂いたのですが、何分、生クリームが駄目な妹ゆえ、北九州に送ったスコーンあまり反応がよろしくなく。。。よく分かったなあって感心してしまいました。

なので、生クリームを使わず、牛乳で置き換えました。ユキ先生、申し訳ありません。。。

3月3日に見えられたお客様には、ひな祭り「スコーン」?「パン」?「クッキー」? (牛乳に置き換えたので、なんと呼んだら良いのか分かりませんが・・・。)を、配りました。
「私も、女の子かねぇ?」
「いやぁ~~、嬉か!いつももろてから、こん前は、じいさんにチョコのお菓子ばもろうてからに、今度は私まで。よかとね?」
「え~~お雛様、だからわざわざ?私は仕事もせんで、家におるばってん、いっちょん作らんとに。あたは、仕事もして、お菓子も作って!」
と、ニコニコ笑って帰られました。

すると、翌日。
c0226317_2233816.jpg

こんなものが届きました!山のような苺♪
昨日、お菓子をお渡しした方の実家が苺農家だったらしく、「お菓子作られるなら、ジャムか何かにして下さい」って。置いているだけで、甘くて苺の良い香り♪
下の妹も帰省してるし、週末もう一人の妹が遊びに来る、ジャムにして、持たせるか!
昼休み返上して、ジャムの準備。
夕方、仕事を終わると、ジャムを煮ながら、晩御飯作り。
c0226317_2237305.jpg

頂いた苺は、3キロありました。2キロ分、ジャムを作り、1キロは、家族皆でパクパク。

苺を頂いた翌日、苺を持ってこられた方とその方を車で乗せてこられた方にシフォンを焼きました。
c0226317_22452275.jpg

たまごシフォンとラムレーズンシフォンとレモンシフォン。大家族ではないとの事なので、カットシフォンを、少しずつ。
今度は、イズミサンに教えて頂いたロールケーキにこの苺ジャムを巻いて、持って行こう~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-05 22:51 | 季節のお仕事
小粒サンのブログにイズミサンのお教室の申し込みを21時にする。それも、先着順なので一秒たりとも送れる事は出来ない。
でも、でも、でも・・・・・・ひよこ達が。。。。
と、落ち着かないのでいつもより早めに出かけ、やっぱりひよこ達を見てきました。
なにせ、1月4日に生まれ、うちの農場に5日に来たので生後4日目です。
可愛くて、でもこの寒さで心配なので、行きました。

ひよこ達は、鶏舎の中、何重ものカーテンがあってその中で温度管理をされています。
c0226317_21222999.jpg

ピヨピヨと言う鳴き声。カツカツカツと走り回る音。カタカタっとピックから水を飲む音。
ひよこ達の部屋は、35度あります。
毎日、成長と共に温度設定が変わってきます。
ひよこ達の部屋の温度が高いので、母のメガネが曇り、大爆笑したいのを我慢我慢。
声を出さずに、大笑い。。。だって、そんなに曇ってたら、母さん前、見えないでしょう。。。

ひよこ達のおじいちゃんである父が、ひよこの面倒を主に見ます。
そして、成長した鶏をひよこ達の父親である弟が見ます。
でも、ひよこの夜の管理は、家族皆で行ったり、父母弟私のいずれかの組み合わせで行きます。

ひよこの部屋から鶏の部屋に行けても、鶏の部屋から絶対にひよこの部屋には行きません。
もし行かなくてはならない時は、お風呂に入り、衣類も着替えます。
c0226317_21134825.jpg

見にくい写真で申し訳ありません。ひよこ達が居るの分かるでしょうか?
c0226317_2114588.jpg

温度計の横にいるのが、ひよこです。

デジカメで撮れば綺麗に写るのは分かっているのですが、フラッシュをたかずにデジカメで撮影しても真っ黒にしか写らず。フラッシュなんてたこうものなら、鶏達の父親である弟に怒られます。ひよこ達がビックリするからです。
フラッシュも、写真を撮るときの音も駄目です。
携帯なんて鳴ろうものなら・・・くしゃみなんてしようものなら・・・長靴が大きくてつまずこうものなら(実際、つまずいて怒られました。。。)・・・声を出して喋ろうものなら・・・。

携帯片手に、ひよこ達を撮っていると警戒も解け、気づいたらひよこ達が集まってきています。
こんな真っ黒な写真しか取れないので、何回も取り直しをしていると、弟から、「ずっと居れ」との一言。
「え~ちょっと待って~~~」と、次の鶏舎に向かいました。

鶏の一生を決める生後何日の管理には、神経を使います。
ちょっとしたことも見落とすことの無いよう、ひよこ達の集まり方、鳴き方、様子。細心の神経をはらいます。
この子達が、病気することなく大きく成長し、たまごを持てる鶏になれるよう、元気に育つんだよ~と、母親のような気持ちになります。

今晩は、何事もないまま、車に乗り込むと、お尻が冷たい~~~~~~。
そう、写真撮影に一生懸命になりすぎて、カーテンの結露をふき取っていたみたいで、ビショビショ。。。。
寒~~い!!!冷た~~~~~い!
こんなことで、バタバタしている私の隣で、弟は空を見上げ「雲があるから、朝方はそんなに寒くはならないだろうな」と、ひよこ達の部屋の温度のことを考えていました。
「お尻が冷たい~~~!」と叫ぶ私に、「せからしか(うるさいよ、と言う意味の熊本弁です)、知らんばい(知らないよ)」と一喝されてしまいました。トホホ・・・。



そうそう、今日は二度も紅茶を噴出してしまいました。
原因は、両親。まずは、父。
お昼ご飯を食べる時、炊飯器の隣にある、コンロの上に目玉焼きが作ってあって、それを皿に取り分けようとしたんです。
なのに、父は、炊飯器の方を開け、フライ返しを突っ込んで。
思わず、噴出してしまいました。

次は、母。
お客さんとの会話で、「いっぱいありますね~」と言いたかったんでしょうが、母の言った言葉は、「いっぺいありますな~」
なして、なして、訛るの?母さん、熊本から出たことないでしょう!!!
母は、時々訛るんです。それも、無意識に・・・。
大きな声で、真面目に訛って、周りは大爆笑!!母の顔は、真っ赤でした。
そんな母、万歩計が懲りたのか、ラジオ体操を始めたんです。
でも、いつ飛んでいいのか、分からない、と早朝からNHKをつけて、テレビを見ながらの体操。その名も、「テレビ体操」。
ホントに「テレビ体操」と言うのか分かりませんが、ラジオを聴いてするのが「ラジオ体操」なら、テレビを見てするのが「テレビ体操」なのでしょう。
ラジオの時は、何かにつけて、飛ぼうとしていました。「母さんの体操って飛びすぎじゃない?」
「だから、一階に従業員の人が早出してるから、飛ぶ場所を考えてラジオを持ち、家の中をウロウロして、飛んでるのよ」と。真面目に体操する母は、面白すぎて、笑わずにはいられない。。。

何はともあれ、今4日目、続いているみたいです。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-08 22:09 | 季節のお仕事

庭めぐり

お正月、おせちを食べ、食べ過ぎたので、庭の散歩に出かけました。
なのに、むしゃむしゃ・・・。キンカンを発見。
c0226317_2045569.jpg

豪華なものを食べた後には、酸味のあるさっぱりとしたものが美味しい♪
c0226317_2072494.jpg

あ~~~小粒サンが隣に住んでたらなぁ、食べた貰いたい位なっている。
(この前、一緒に食事した時に話題に「キンカン」が出て来たので、キンカンを見ると、小粒サンを思い出します)
c0226317_20103654.jpg

大きいのもあれば小さいのもある、でも、今年もキンカンは美味しいです。
c0226317_20122425.jpg

キンカンのトゲに刺され、痛い思いをしながらもザルにたくさん収穫しました。
3.2キロ分ありました。
これ以上採ると、鳥達の分がなくなるので少し残してあげました。

これは、何の花か分かりますか?
c0226317_20153863.jpg

花より団子。私と妹、母は、金柑の収穫が終わって、足元にアロエの花が来ている事に気づきました。
寒い季節に、とても派手な色の花をつけます。

また、庭を歩いていると、あ・・・・写真撮り忘れてる。。。
サトイモを発見。
何で、こんな所に、サトイモが植わっているんだ???でも、掘っちゃおう!
スコップを持ってきて、ひたすら掘りました。
収穫したのがこちら。
c0226317_20211628.jpg

たぶん、店頭に並ぶのは、手前の二つ位の「小芋」です。
でも、右にある半端なく大きな「親芋」。こっちの方が、ホクホクして美味しいんです♪
小学生の時も、祖父の駐車場の隣に、一株あったサトイモをその時もスコップで一生懸命掘りました。母は、今回の様子を見て、「成長しとらんね」と。。。

サトイモが食べたいから掘るのではないんです。
サトイモがあるから掘るんです。そして、掘ったから、食べるんです。

親芋は、煮ると溶けてとろ~っとします。豚汁に入れても、お味噌汁に入れても、ただ蒸かしただけでも美味しいです♪

庭を一周すると、玄関には蓮根が届いていました~♪
c0226317_2028068.jpg

たわしでよく洗い、皮をつけたまま、輪切りにして天ぷらにすると、モチモチして美味しいです!
調味料は、塩も何も要りません。



てか、母が携帯を購入し、万歩計の機能がついているとのこと、なら庭を歩いたら何歩になるかやってみようと始めた庭一周。
なのになのに。。。。携帯の入った上着を脱いで、違うのを着て外に出たとの事。
母の携帯の万歩計jは、0歩でした。

ならばと、翌日。
正月太りを解消すべく、母が「帰り道、途中で車から降ろして!歩いて帰るから」と、言い出しました。
車から降りるなり、凄い勢いで私達の車を追いかけてきます!今年は、ダイエット、やる気なのか~と家族は、母を降ろし、母に追いつかれまいと、急いで車で帰りました。

すると、母がトボトボ帰ってきて、私達が「何歩だった??」と聞くと、
「車の中に携帯忘れたけん、追いかけたけど、間に合わんで、電話も出来んし・・・。」
オイオイ・・・なにゆえに、毎日同じようなことを繰り返す。母の生活は、漫画か?
戻って来て、家の中を持ち歩き、母の歩数は、259歩。一日10000歩、母が歩ける日は来るのかしら・・・。
天然の母の行動に、今年も大笑いさせられそうです♪


1月3日。「龍馬伝」を見ながら、私はお昼収穫した、金柑3.2キロを煮ておりました。
c0226317_20315672.jpg

風邪ひきさんや、のどの痛いお客様へのお茶請けにはもってこいです。
c0226317_20332780.jpg

多少しわが寄っても、しわのあるのは、お菓子に入れちゃうので大丈夫~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-07 20:49 | 季節のお仕事

おせち作り中~♪

今までは、大晦日は、昼から買出しに行き、我が一族の女性人が祖父母の家に集まり、夜7時から夜中の2時か3時までおせち作りをするのが毎年恒例の行事でした。
でも、そうすると作られる料理の数が限定されてしまうので、今は、私が我が家で作り、母は祖父母の家で作り分担をしています。

今回私が作るのは、伊達巻。我が家のねぎがたくさん入った「ユーリンチ」。大根とにんじんのなます。杏仁豆腐。栗きんとんです。
ユーリンチの葱ソースは出来て、伊達巻、なますも完成。
今は、芋を蒸しています。
紅白を座って見ることは出来ず、聞きながら、作って行き、唯一福山雅治さんが出る時だけは、正座をして見させていただきました。長崎に行けばよかった。。。



今年、私のつたないブログを見てくださった全ての方に感謝します。
ありがとうございましたと、お伝えしたく、アップして、写真を一緒に添付しようと思ったのですが、バッテリー切れ。最後は、文章だけのご挨拶になってしまいました。
年明けたら、今作っているものを、アップします。

また、来年もよろしくお願いいたします。風邪をひかれませんように、ご自愛ください。

また、おせち作りに戻ります~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-31 22:58 | 季節のお仕事

冬至とクリスマス

お菓子をちょっとした時間や夜寝る前に作ったり、時間を見つけては何かしら作っているのですが、パソコンの前に座ることが出来ずまとめてのアップです・・・。と言っても、まだまだ残業の途中。。。
今日も、お昼ご飯を食べ忘れ気づいたのが・・・17:23。
「あ~私、お昼ご飯食べるの忘れてる・・・」お昼、少しあがれそうな時間があったので、二階に上がると(二階が自宅です)、「熨斗書いてもらっていい?20枚と15枚」・・・「わかりました!」トイレに行っただけでした。

ありがたいことに、お歳暮に使って頂くので12月はバタバタ。
お年賀の1月もバタバタですが、やはり12月が一番。
仕事がすごい勢いで追いかけてきて、簡単なミスと言う波に飲み込まれぬようにひとつひとつ確実に業務をこなすのは、1月1日の晩、ぐっすり眠るまで緊張の連続です。やりがいがあって、ありがたいことです。

そんなバタバタの毎日ですが、12月22日は冬至でした。
柚子茶を日曜日に作り、柚子のピールが配りすぎで足りなくなっていたので、21日の朝、早起きして作りました。皮だけで、1.8キロ分。
c0226317_2022450.jpg

今回の柚子は、皮と言うか綿の部分が分厚い。でも、ざぼんもこの位なので、このまま使いました。
c0226317_20244635.jpg

分厚いの伝わるかなぁ・・・。寒いから明日まで出来るかしら・・・との不安もありつつの作成でした。
c0226317_2026242.jpg

でも、お年寄りには、軟らかくて食べやすいかも。
冬至には、、ゆず茶と柚子ピールでお迎えしました。
そして、柚子のピールを作る時、柚子のシロップがたくさん出来たので、林檎を煮ました。
c0226317_2041940.jpg

寒いと、家族はなかなか林檎を食べなくなってしまいます。でも、こうして煮て置くとパクパク。
c0226317_20485445.jpg

柚子の酸味と林檎の甘みが良いです~ヨーグルトに入れて食べます。



24日と25日は、クリスマス。
クッキーを焼いて毎年、お迎えします。
c0226317_203333.jpg

小麦粉とバターとたまご、キビ砂糖の型抜きクッキー。
毎年恒例の、星を重ねてクリスマスツリーにしたのですが、写真がありません。
(母が、お客さんの子供さんにせがまれてお渡ししたみたいです・・・せめて写真とっておけばよかった)大きさの違う星型のクッキーを、粉糖に卵白を混ぜのりを作り重ねて行きます♪
c0226317_20364165.jpg

小麦粉、1キロ分のクッキーを焼いて、ラッピング。
c0226317_20371447.jpg

お子様から、み~んなのクリスマス。お客様、業者さんにも配りました♪




今朝は、甥っ子が来るので、おやつに「丸ぼうろ」を作りました。
たまごときび砂糖、蜂蜜、小麦粉、重曹。
昔ながらのお菓子ですね。
小学校の頃、直径5cm位で、硬くておいしい「丸ぼうろ」が通学途中に売ってありました。
銀行や用で出かけた母と帰宅途中に会うと、乗せて帰ってもらえるし、そこの丸ぼうろも買ってもらえたので嬉しかった思い出があります。
そんな大きなお菓子屋さんではありません。友達の家がされていたのですが、おじいちゃんが体調を崩したからと、小学5年生頃にお店を閉められました。18年位前かな。
でも、あの味と硬さ、おいしさを覚えています。
c0226317_20512939.jpg

あの硬さは、粉かな・・・強力粉の分量を増やしました。
c0226317_2052748.jpg

まずくない、普通の丸ぼうろでした。でも、違います。
私の丸ぼうろ研究は、いつまで続くのでしょうか・・・。あの味、もう一度食べたいなぁ~。
あの味になるまで、作るしかない!

よし、あと少し仕事を片付け、明日の為にシフォンケーキを焼こうと思います。
明日は日曜ですが、もちろん仕事。
日曜にわざわざ来て頂くお客様に、シフォンを焼こうと思います~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-26 21:13 | 季節のお仕事
妹親子が来るので、レモンシフォンを作りました♪
c0226317_205589.jpg

山のようにあるレモン。色づくのが早いのか、私の加工が早いのか・・・。
今から混ぜます~♪
c0226317_2081520.jpg

家族にも、レモンシフォンは大人気です!
c0226317_2091823.jpg




そして、玄関に置かれていた柚子の加工の始まりです♪
我が家のとは、違う品種です。
c0226317_20555694.jpg

一番に、柚子ピールを作ることにしました。
柚子を切り、中の袋と種を取り出し、3回茹でこぼします。
柚子の苦味が好きなので、一晩水に漬けたりしません。
そして、お砂糖を入れ煮ます。
c0226317_2013416.jpg

綺麗な色~~♪グラニュー糖にまぶします。
c0226317_201516100.jpg

そして、広げ乾燥させたら完成です♪
c0226317_20165015.jpg

乾燥させている間も、ついつい食べてしまいます。
おいし~~い♪一つでやめるつもりが・・・。
c0226317_20174456.jpg

柑橘系の香りに癒され、味にももっと癒され、作るのが益々楽しくなります。
c0226317_20211468.jpg

お茶請けにももってこい、お客様にお出ししましょう~。
最初に柚子の皮だけで、200g分作りました。
二回目には600g分、三回目は1.2kg分作りました。
また、配ってしまったら作ります~♪
果汁は、母がかぶ漬けを作るのであげました!



風邪のお客様が見えられた時用に、柚子茶も作らねば!
c0226317_20263710.jpg

大きな土鍋にこんもり。
果汁と種を除いて、皮と中の袋で2kg分。
刻んだ皮の上にお砂糖を乗せます。しばらくそのままにしておいて、水分を出します。
水分を入れてやるのではなく、柚子の水分だけで煮ます。
c0226317_20294056.jpg

水分が出たら、全体を混ぜて火を点けます。
c0226317_20312426.jpg

部屋中にいい香りが~。
父は、「この香りだけで、のどが良くなりそうだよ!」と毎年の事ながら、柚子の香りに包まれています。
煮詰めていくので、瓶詰めするとこの位になりました。
c0226317_20334710.jpg

柚子を頂いた方と、祖母と、妹家族、お客様に配ります~。

柚子シロップも作りました。
(写真に撮り忘れ、気づいたら皆で飲んでいて減っていました。)
右の瓶は、妹家族の元に行きました。
c0226317_2036349.jpg


柚子茶と作る工程は同じですが、こちらは中の袋は入れずに煮たジャムです。
柚子茶よりももっと、も~っと濃厚に煮詰めます。
肉料理に使うと美味しいです。
c0226317_2051145.jpg


次は、妹リクエストのパウンドケーキ。
栗のシロップ煮を入れようかとも思いましたが、柚子のピールがあったのでフルーツパウンドにしました。
二台分の生地を混ぜ。
c0226317_20391792.jpg

50g入れました。
c0226317_20414837.jpg

柚子ピール、くるみ、ブランデーに漬けていたフルーツ。
たくさん入れました。
くるみは、イズミサンのパウンドを頂いてからナッツを入れる美味しさに気づきました!
c0226317_2045864.jpg

完成~♪
c0226317_20454759.jpg

卵と小麦粉、バター、お砂糖。
パウンドにもベーキングパウダーは使いません。


階段を降りて下に行くと、ありゃ、また新入りさん。
あなたは??
c0226317_20575365.jpg

柚子でした!我が家の柚子と同じ品種の柚子です。
c0226317_2101712.jpg

何にしようかな~~?
我が家の柚子も収穫せねば。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-09 21:10 | 季節のお仕事

今年二度目の柚子

お菓子ではありませんが、柚子の季節のお仕事を書きます。庭に、柚子の木が一本あります。

c0226317_21323432.jpg


お店に良く売られているような小ぶりの柚子ではなく、手のひらに一個しか乗らない位の大きな柚子です。
もちろん、無農薬。なので、見た目は良くありませんが・・・。全てが黄色になる頃にはジャムやピールにしますが、青みが残る頃には「柚子こしょう」にします。

c0226317_2150525.jpg


柚子を、林檎の皮をむくように包丁で一つ一つ。内側の白い所が入らないように、丁寧に丁寧に。
その皮と、唐辛子と、塩を混ぜ合わせます。
今日は、青唐辛子を田楽味噌作りに使ってしまったので、赤唐辛子を使用。
その為、赤い柚子こしょうになりました♪
c0226317_21525560.jpg


小粒サンのブログを拝見して、甥っ子中心の食事で何かスパイシーな食事がしたかったので、母の畑からバジルを収穫。今晩は、グリーンカレーにしました♪
c0226317_21565055.jpg


c0226317_21583626.jpg

[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-08 22:06 | 季節のお仕事