旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

カテゴリ:焼き菓子( 23 )

毎日、8時近くになると『ウグイス』が鳴きます。もう、「ホ~~~~~ホケキョ♪」完璧です!

でも、どこで鳴いているのか見渡しても、鳴声は聞こえるものの見当たらず、いつも鳥の色々な鳴声を聞き流しているけど、いろんな鳥が居ますね。
c0226317_20505363.jpg





そうそう、昨日の朝、新聞を読んでいると台所から、母の声が。

「包丁が刺さったーーーー。抜くことも出来ないーーーーー」って。
「はぁーーーーーーーーーーーーーーー」と、急いで走っていきました。

「あーーーービックリした。もう朝から、悲鳴上げるの止めてよね・・・」包丁が刺さったのは母ではなく、これです。
c0226317_2005157.jpg

親戚のおばさんから頂いた赤芋の親です。
c0226317_2032640.jpg

ホクホクしているので、味噌汁にしようとしてあれこれ包丁を変え、考えて切っていたそうです。

母はこの芋をそのままにして、どこかに。。。私がカメラを取りにリビングに戻り、この写真を取っているのを芋から包丁を抜いているのだと思ったみたいで、
「え~~~~~~写真???抜いてくれてるのかと思った」、と。
「嫌よ、芋触った手でカメラ触りたくないよ・・・」

母は、どこからか持ってきたトンカチで、カチンカチンと芋を真っ二つに切っていました。
んもう・・・・・・朝から、止めて!!!!




またまた、イズミサンのスポンジ♪今回は、イズミサンのココアバージョンが美味しそうだったので、真似っ子。
c0226317_20103893.jpg

でも、どの位ココアを使うのかイズミサンに教えて頂いたのに、メモをなくしてしまい・・・。
勘でココアを投入、これから研究です。

それと、私。。。イズミサンのお教室で、ビックリしたことがあったんです。
それは、バナナを包丁で切ること。
c0226317_20131461.jpg

いつもバナナって、皮むいてちぎって使うものだと思っていました。確かに、売り物なので包丁を使うのが当たり前なのかもしれませんが、すごく新鮮なことで、一人ビックリしていました。
帰って練習をする時は包丁を使ってバナナを切り、巻き巻き。
なんか一人で、東京のお教室に行って垢抜けたような気がしていました。バナナを包丁で切る自分・・・新鮮です。
でも、今回のロールケーキには、やっぱちぎったバナナを巻きたくて、二本バナナを使い、ちぎって巻きました。
c0226317_20212035.jpg


出来たのはこんな感じでした。自分が考えていた、色が出ました。味もこれで丁度いいかな♪
母は、クリームが少ない。妹は、まだ少なくて良い。色々なご意見ありがとうございます、です。
てかてか・・・・後ろの八朔、どうにかしなきゃ~~~たくさん有り過ぎ。。。







いつも野菜をくれるおばちゃんに、生姜を頼んでいたんです。そしたら、今朝届きました~♪
c0226317_20421539.jpg


「ジンジャーエール」を作ろうと思って、いざお昼休みに、調合開始♪
c0226317_2043508.jpg


鷹の爪とクローブ6粒に黒砂糖やら・・・。早く飲みたい気持ちをぐっとこらえて。
c0226317_20444417.jpg


最近、母と弟は『ハイボール』を飲むんです。
全くお酒を飲まない私も、なんか隣に居て、ソーダで割ったりして飲んでいるのが面白そうで、カルピスソーダを作って飲んでいたのですが、ジンジャーエール飲みたい!!と、作ることにしました!
早く自家製ジンジャーエールを頂きたいわ~~~♪




夕方、農家をされている本田さんご夫婦が見えられて、山の様にほうれん草を持ってこられて。
c0226317_2054567.jpg


「この前んとは、たいがな美味かった!」って。

内心、ん・・・・・・・何を私、渡したんだろう・・・・・・・・・・・・。「えっ???」

「ホワイトデーの遅なったばってんが」って。
あ~チョコブラウニーか、って「私、こんなお礼して頂けるような大した物、作ってないですよ」て、恐縮してしまう位のほうれん草とジュースを一ケース。
「あら、そ~~~な美味かった」を御夫婦で連呼されていて、ものすご~~く申し訳なくて。

本田さんご夫婦のお住まいまで1時間ちょっと。わざわざ来て頂けるだけで、充分嬉しいのです。
たまごを買いに見えられる1時間位前に、お電話頂くのですが、いつも夕方で、玉(お客様にお配りするお菓子)がない。。。
こりゃいつかシフォンを焼いて持っていかねば!




妹が、京都二泊三日からの旅から戻って参りました~♪

だ~~~~い好きな山椒ちりめんと、だ~~~~~い好きな山椒の粉を買って来てくれました。弟には好物の一味でした。
c0226317_20243043.jpg

妹の好物の八つ橋屋さんに行ったら、シフォンがあったからと買って来てくれて。
妹親子が遊びに来て、皆揃ったら頂きたいと思います!

去年、小粒サンから頂いたのが、右のお抹茶です。右に緑の袋があるの、わかりますでしょうか?

「これね、東京で一緒に食事した人から頂いたんだけど、その人は焼き菓子が凄く上手らしくって、ナミナミさんも凄く誉めていた人から頂いたの~~。こんな缶にお抹茶が入ってるんだよ~凄くない?」
って妹に話してました。

でも、その貴重な抹茶で焼き菓子、マドレーヌやフィナンシエやら作ったら美味しそうなのはわかりますが、自分で作るレシピを持っていないので、専らシフォン。

去年、小粒サンから頂いたお抹茶が入っていた袋を妹は、
「ねえ、この袋貰って良い?」って、今思い出せばそう言って、持って帰ったんです。
私は、妹は抹茶好きだから、この袋も好きなのかな位しか思ってなかったんです。

でも、京都から戻ってきてビックリ。え~~なんで?小粒サンから頂いたお抹茶がテーブルの上に?大切にしまってあるはずなのに?

妹。私が、今まで自分が使っていたお抹茶以上に大切に大切にしまい、妹が帰ってきて妹が食べるシフォン位にしか使わなかったのを知っていたみたいで、袋を持って、探してくれたそうです、このお抹茶を。

「お茶屋さんに到着して、『お菓子に使う一番美味しい抹茶、下さい』と言ったらこれをくれたよ」、と。

「え~~~自分のは?一番、抹茶好きでしょ?自分の買ってないの????」と聞いたら、「買ってないよ。良いよ、使って。これだったでしょ?」

ねえさん、涙出そうでした。「な~ん、北九州に持って帰って、自分で立てて飲んだら?」って笑いながら言って、泣きそうでした。。。
「よかよ、お菓子に使って」なんて、言うもんだから・・・。

ねえさん、抹茶のお菓子のレパートリーを増やすよう頑張ります!!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-20 21:20 | 焼き菓子
3月10日、温かくなりこのまま暖かい日が続くのかしらと思っていた矢先・・・。雪って、明るいと写らないのかしら・・・。遠くが白くなっているの分かりますか?
c0226317_211825.jpg

青々とした、緑が生えてきたのに・・・熊本にも雪が舞いました。

c0226317_2112082.jpg

でも、着実に温かくなり春めいてきました。
温かくなって、この前までつぼみだったヒヤシンスに花が咲き。
c0226317_20581960.jpg

庭の椿も咲き。
c0226317_20595887.jpg

つくしも顔を出し。
c0226317_2141036.jpg

桜も咲き。
c0226317_2154463.jpg

我が家のたけのこがまだなのに、母の友達が持ってきてくれました。今年は、たけのこが少ないです。
猪に食べられている上に、たぶん去年が豊作だったからかな。たけのこを掘るお客さんが見えられると、今年の状況をうかがうと皆さん、少ないとおっしゃいます。
大切に頂かなくては!と思い、セリ摘みに♪
c0226317_2184170.jpg

農場の横は、土が肥えていて、何でも植わっています。
母は、「土は、野菜のお布団だから、何でも作ってくれる、ありがたいんだよ」って、よく言います。
たけのこご飯で、春は始まります。
たけのこ、にんじん、ちりめん、ちくわを煮ます。そして、椎茸だけは甘辛く、別に煮ます。
c0226317_21121333.jpg

そして、本当は錦糸卵を作っていたのですが、薄焼き卵を焼くと弟がパクパク食べるので、急いで切って乗せてしまいました。
母曰く、「なんで今日のたけのこご飯には、卵焼きが乗ってんの?」・・・だって、食べちゃうんだもん。。。
本当なら、桜でんぷでもかければ綺麗なのでしょうが、そんなの我が家にはありません。




パリンっとなったロールケーキ。やっぱりすぐに巻かなかったから?何でだろうと思いながら、今度はバナナで挑戦。(ま~え、ナナコさんのところで、バナナだけを巻いていたのが美味しそうで、やってみたいと思っていたので!)
c0226317_21171824.jpg

朝、スポンジを焼き、昼休みに巻き巻き♪
c0226317_2119544.jpg

妹よ!これでどうだとばかりに切り分けて、妹がパクリ!
「ね~、このバナナいる?スポンジとこの大豆クリームだけでよくない?」また妹の駄目出し。。。バナナ嫌いだからでしょ・・・。



3月14日。ホワイトデーです♪でも、14日は日曜なので13日・15日が、ホワイトデーです♪
今回は、是非ともホワイトデーには「ビスコッティ」が焼きたかった。皆さんに、「ビスコッティ」を食べていただきたかった。
なので、焼いちゃいました。いつもは、胡桃でするのだけれども、以前ゆうさんから頂いた「アーモンドのビスコッティ」が美味しくて美味しくて!アーモンドを買い求め、この日を迎えました。
c0226317_2127381.jpg

小麦粉、一袋使いました。た~くさん、出来ました♪
c0226317_21273380.jpg

いつもお世話になる皆様に感謝を込めての「ホワイトデー」♪
c0226317_21283345.jpg

妹の二週間の病院実習も、無事終了!一緒に頑張った妹の友達にも持たせました。
c0226317_21294229.jpg

毎晩、妹は帰宅してはレポートと、課題の蒸しパンやゼリー作り。
お菓子作りが好きな姉から見ても、面倒くさそうな課題でした。
小麦粉を増やして、水分を減らす。水分を増やして、小麦粉を減らす。5種類位の試作品を毎晩作っては持っていっていました。

今大学生の妹、本当は小学校の頃から薬剤師になるのが夢でした。

高校も理数系に進み、ギリギリまで先生も薬学部に進むものだと思っていました。でも、妹のクラスに、過食拒食を繰り返し、大学進学が出来ない子が居たそうです。
薬をたくさん飲んでいたそうです。その子が妹の隣の席になり、話すようになり、妹は帰宅してこう言いました。
「○○ちゃんを治すのは薬じゃない。食べ物だ」って。
それで、急遽方向転換。「栄養士」目指すようになりました。で、今、その途中です。


ホワイトデー・・・作ってお渡ししたばかりではなく、たくさんたくさん頂きました!これはまた後日にでも~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-15 21:46 | 焼き菓子
3月7日、妹が友人の結婚式に行くので、4ヶ月の甥っ子は母が預かり、3歳の甥っ子を連れて、北九州から帰って来ている妹も一緒に南阿蘇に出かけました♪前日から、妹親子が泊り込みです♪

今回の目的は、「イチゴ狩り」と「トロッコ列車」!

毎年苺を我が家で収穫していたのですが、なにせ自然任せなのでまだなっていなくて、ようやく花が咲いている段階で。それに、葉っぱが小さくなってきているので、ランナーが好き勝手に伸びて、どんどん株が小さくなっているのかも・・・ならば、「イチゴ狩り」に連れて行くか!と言うことになりました。

そして、「トロッコ列車」は、3歳の男なので、車や電車が大好き。車の種類を突然聞かれても、さっぱり分からず、「ねえねえ、○○○だよ」っていつも教えられています。

トロッコ列車の出発が、13:33。
私の住む所から、南阿蘇まで2時間位かかります。
なので、「朝、8時には出発したい」と、妹(甥っ子のママ)に伝えると、「かなり興奮してるし、さっきテレビにトラが出てて、それを見るって9時過ぎまで起きてて、ようやくお布団に入っても『ママ~、明日ね、イチゴ食べて、トロッコ列車に乗るとよ~。ママは、ふみちゃんの結婚式に行くと?』・・・ひたすら、話し続けていたらしいです。
なら、出発を遅らせようと思い就寝。すると、翌朝6時。
私の携帯に電話が、「ねえねえ~起きた?早く起きないと置いて行くよ~」 え~~~~甥っ子からでした。飛び起きて、準備をして30分遅れましたが無事、8時半に出発完了!

イチゴ農園に到着。南阿蘇は、かなりかなり寒いです。「寒いけど、大丈夫ね?」と聞くと、「ジャンバー着てるから、寒くないよ!」と言って、イチゴの所に走っていきました。
c0226317_7485631.jpg

はやっ、もうイチゴ食べてる~。こんなイチゴ狩りに慣れている3歳いません・・・。去年、我が家での収穫体験で、上手に収穫してはパクパク。
c0226317_7505969.jpg

「○○○君(甥っ子の弟)にイチゴ持って帰る~」
「○○○は、まだ食べられないでしょ?」
「先生が、お汁は飲んで良いって言ったと。そして、僕が残った実を食べるんだよ~。でもね、お汁が無くて、美味しくないと。でもね、お兄ちゃんだけん食べてやらなんと」って言ってました。お兄ちゃんだなんて・・・甥っ子の成長の早さに、おばさん泣きそうでした。

イチゴばっかり食べていたので、妹が「甘くないのが食べたい!」と言ったので、昼食はベーグルサンドにしました。
c0226317_802440.jpg

合鴨サンドと、タンドリーチキンサンドを注文。あ・・・・甥っ子は何を頼めばいいんだ???と思っていて、妹と「これは、クリームチーズとサーモン。こっちは、レタスと・・・」と話していたら。「僕、クリームチーズだ~~~い好き!クリームチーズが良い!!」と、この子「クリームチーズ」なんて食べるのかしら?私の小さな頃には、食べたこと無かったと思うな・・・。まっ、言われるままに注文。パクパク食べてました。
戻って妹に聞くと、キリを食べさせているそうです。。。

その後、「トロッコ列車」に。(妹と甥っ子の写真ばかりで、トロッコ列車だけを撮った写真が無いので、トロッコ列車の写真は無いです。。。)
c0226317_891540.jpg

(写真の直し方がまだ分かりません・・・)入り口にあったこれを見ていたので、私が「トロッコ列車まだかね?」と聞くと「黒い石を取りに行ってるんだよ~」と。
ん?ん?黒い石???「ねえねえ、蒸気機関車は、黒い石で動くんだよ!!」 あ~納得。石炭の事ね・・・。
色々教えられることがあり過ぎて、その度に妹と大爆笑!
c0226317_8145016.jpg

トロッコ列車からの風景。広葉樹林が増えなきゃ、針葉樹林ばかりじゃ駄目だよな~って思いながら、甥っ子車掌さんの案内のもとガタンガタン。

南阿蘇は、本当にのどかで素敵な所です。あいにくの雨で霧がかかっていて、南阿蘇の写真がありません。また、いつか南阿蘇に来た時撮りたいと思います。でも、この子達はいました。
c0226317_7382491.jpg

甥っ子が見たがっていた、『あか牛』
c0226317_7393649.jpg

この後も、「黒牛」と「黒と白の牛(ホルスタイン)」を見たいと言われ、南阿蘇を探し回り、車中から「黒牛」は見ました。でも、「黒と白の牛」が居ない・・・。

道の駅に、牛のオブジェがありました。すると甥っ子が、「ねえねえ!ここにあるんじゃ?聞いてみよう!」と言うことで、道の駅に。甥っ子は、モジモジしながらも、店員さんに「『白と黒の牛』、居ますか?」って聞くと、「この辺には白と黒の牛は居ないもんね~それに、雨だし、小屋に居るもんね~」
それを聞いた途端、店員さんの居るレジの前で、「牛が見たい、牛が見たい、う~~~し~~~」と大泣き・・・。抱かかえて、車に戻りました。
たぶん、眠いんだろうなと思いました。夜遅く寝て、朝早く起きたので。
途中、車内からようやく「白と黒の牛」を発見!後ろを振り返ると、ウトウト・・・。ちらっと、「白と黒の牛」・・・と、言って寝てました。
しばらくして起き、「僕、今日泣かんかったね」って、一言。そして、「ママに会いたいな」。夕方になって少し淋しくなったみたいで。
「本当に、泣かんだったね。偉いぞ!よ~し、近道してママに早く会いに行くぞ~」と、帰路を急ぎました♪

帰宅後、空腹な甥っ子の為に野菜たっぷり焼きうどんを作りました。野菜はとにかく好きなのですが、甥っ子はハムやらお肉が受け付けません。とてもヘルシーな焼きうどんをお弁当箱に詰めて、ママの車に乗って戻って行きました。

帰る時、「ねえねえ、イチゴでまたお菓子作ったらいいよ」と、イチゴを甥っ子から頂きました。弟の為に摘んだイチゴを分けてくれました。
すぐに、スポンジケーキを焼きました!でも・・・・・・・・忘れていました。夜、予定が入っていたことを。
c0226317_8512971.jpg

バタバタ、焼きあがったスポンジをビニールで包み、出かけ。分けてもらったイチゴで、ロールケーキをまいたのが翌日の夕方。
c0226317_8523232.jpg

シートから剥がしきれていなかった状態で巻いたから?乾燥してた?イチゴ入れすぎたから?スポンジが割れてしまいました。

でも、妹が「今までで一番美味しいよね、てか、これスポンジだけでも充分美味しいから、こうやって巻く必要あるかな?」って。
え?あなた・・・スポンジだけを食べるケーキ、誰が食べたがるの???華がないじゃない!!「でも、これはスポンジだけで充分いけるよ」って。
イズミサン、妹が私のでさえこのように申します。イズミサンの食べたら、もう食べてくれなくなるかも・・・・。たぶん、いや絶対。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-14 08:58 | 焼き菓子
暖かい日が続き、「ホォ~ホケキョ」と鳴けるようになると、どのウグイスか分からなくなるのですが、毎年、庭先にうぐいすの見習いが来ます。「ピピピピピ、ホ~」・・・。
c0226317_20273967.jpg

それが面白い位、ヘタな音色で・・・仕事をしていると吹き出してしまうほど。今は、「ホ~ケキョ」と、まだ一人前ではないのですが、雰囲気は、うぐいすらしくなってきました。
もう少しで、「ホォ~ホケキョ」と鳴けるようになります♪
c0226317_19295911.jpg


春らしくなってまいりました♪
c0226317_20292879.jpg

何株か植えたら、自分で種が落ちて増え、一面クリスマスローズが咲いています。
c0226317_19312096.jpg

ヒヤシンスも、花瓶で栽培して、地植えしていたものが毎年花を咲かせます。
c0226317_1934583.jpg


北九州から、妹が病院実習の為に戻ってくるので、スコーン作り♪

ナミナミさんに東京でお会いした時、「がちまいやさん」のスコーンは、塩気が良いとおっしゃってました。
有塩バターで、スコーンを作ったことがありませんでした。

なにぶん、私は、塩気が苦手です。舌の上に、しばらく、塩気が残り・・・食べ物にも、極力塩は使いません。ジャガイモ、サトイモ、蓮根、にんじん、かぼちゃなど野菜を蒸して、そのまま食べるのが好きです。何も付けないで食べてこそ、その野菜の味が分かるのだと思っています。野菜の味も、それぞれ。
それも、個性なのでいろんな味があっていいです。酸っぱいトマトがあって、甘いトマトがある。それも、そのまま食べます。

でも、ナミナミさんの好まれるお味って、どんなお味なのだろう~と、興味はありました。でも、食べてしまう自信がありませんでした。なので、妹の帰りを待っていました。(でも、妹が一番的確な意見を言います。食べたくないものは、食べません。)
昼休み、妹の帰るのは分かっていましたが、月末でバタバタ・・・。でも、何か作りたい、本をさらりと読み、いとこも来るので、お土産に持たせようと、2倍量作りました。

生地に牛乳を入れると、ゆる~ぃ。え~~~~本では硬い生地を伸ばしているような感じ。。。
これって腕?なんて思いつつ、まっいいっか、腕が無くても、形になって食べられれば。

本の分量を倍にして、計量カップを取りに、戻る時にはブツブツ・・・また倍にしてしまい。分量の倍量の牛乳を入れてしまったためと、作った後本を見て気づきました。。。。
で、完成したものがこれ。
c0226317_1937522.jpg

スコーンを焼いた時、表面に強力粉がついているのが好きなので、粉を掛けました。
パンのよう・・・。で、お味は・・・・・母には良かったです。でも、我が家、皆塩っけに弱いみたいです・・・。まっ、勉強です、これも。次回は、無縁バターで作りましょう・・・。

翌日の昼休み。そうだ、ユキ先生のスコーンなら簡単で昼休み時間内で、間に合う!
チョコチップ入りが食べたかったので!これは、良いです~~♪パクパク食べて、危ないです。
c0226317_19523320.jpg

母の友人の方がみえられると聞いて、急いで包みました。
c0226317_19543076.jpg


丁度見えられていたお客様にも配ると、もう無い・・・いくら2倍量で作っても、16個。足らないよね・・・また作るか!今度も、チョコチップにしようと作っていると、あっ!ココア入れちゃおう~♪
c0226317_19562816.jpg

ココアを入れるタイミングが遅すぎて、まばらに。でも、味は良かった!
これは妹も、もう一つ食べて良い?明日、実習に持って行って良い?(ちゃんとしたの作るから、これは持って行かないで~~~、と頼みました)と言う位の味でした。

鳥の鳴声も、春めき、たけのこあるかなって、竹山に!
いつもは3月に竹山に来ることはないのですが、温かくなるのが早いんだから、たけのこも早いのでは?と言うことで。
c0226317_2085690.jpg

竹で作った、橋を渡り竹山に入ります。
c0226317_20102454.jpg

長靴で、地面の小さなたけのこの存在を探して、歩きます。
c0226317_20135595.jpg

たけのこは、我が家の竹山ではまだだったみたいで、今日の収穫。
c0226317_20161618.jpg


たけのこがまだだったので、わらびを摘みに~♪手前が、わらびです。
c0226317_20183864.jpg

母は、テンション高くなり、「春よ、出でおいで~」なんて、大きな声で歌を歌っていました・・・。
そこに、釣り人が通過、「母さん、静かに!」。ん~もう!恥ずかしい!!!!
c0226317_20225931.jpg

そんなこんなで、収穫終了。わらびを積んだ時の、わらびの香りって何とも言えません!好きな香りです。
わらびの味噌汁と、酢の物にして頂きました!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-02 20:33 | 焼き菓子

金柑ロールケーキ

2月6日のスポンジ・・・。7日、先生のお宅にお持ちする分の保険として焼いたんです。
でも、ひどい失敗もなく、保険のスポンジのお世話にならずにバタバタと先生のお宅に。

んで・・・8日の朝、ビニールに包まれたスポンジケーキが型のまま入っていたことに・・・。
ごめんよ~~~お~~~忘れていたよ。。。

その時、食卓にあったのがこれ。金柑のジャムです。(家族が、かなり食べた後です・・・)
c0226317_22482443.jpg

お客様が、「あんたは何でもするけん、ジャムは持っとるど?」と電話を掛けてこられました。
金柑ジャムは今年は作っていないことを伝えると。すぐに持ってきて下さいました。

この方も、我が家で取り寄せている黒砂糖でこのジャムを作られました。
半分に切った金柑の種を一つ一つ取り出し、コトコト煮て。自分で作るので、大変さは良く分かります。
この方も、大変さをもちろん分かられるので、お互いのジャムを交換します。
う~んと、この女性は70歳を超えられていると思います。

その忘れていたスポンジをちぎり、このジャムをつけてパクリ。美味しい~~~♪
ジャム美味しい~♪

「あっ、このジャムにスポンジを助けてもらおう!」とひらめき、巻きました。
c0226317_22565742.jpg

美味しい~~~~~~~!!!
でも、ご覧の通り、割れました。乾燥してたんでしょうね。。。ごめんよ、でも妹が来ていたので全て食べてしまいました。

う~ん、金柑ジャムを使ったロールケーキの美味しいこと♪ジャムの美味しさは、あの方はもちろんご存知だけど、このロールケーキの美味しさはご存知無いはず!と、またまた巻きました~♪
c0226317_232739.jpg

金柑ジャムの酸味と苦味。良いですね~♪パクパクいけちゃいます。
c0226317_2321729.jpg

持って行こうかなと思っていたら、御夫婦で卵を買いに見えられて。
食べて頂きました!「こがん使い方があるたいね~いつも、ジャムはパンかヨーグルトと思っとったよ」、と。
「今度は、レモンジャムば持ってきてやるけんね、また何か考えなっせよ」と、言って帰って行かれました。

このご夫婦も素敵です。奥様がお料理が好き、でも体調が優れない時もあってご主人が買い物に行かれたり、病院に連れて行ったり。でも、体調が良いと「卵屋さんまで連れて行って!これば、あげなんとだから!」と、おっしゃるそう。
お顔が見られると、今日は体調がいいんだなって安心します。
凄く、興奮されて私の腕をバシバシ叩きながら、作ったもののお話をされます・・・。まっ、これも元気な証拠と言うことで。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-10 23:14 | 焼き菓子
母が、NHKベリーダンスなるものを見ながら踊ってる・・・母を見ている方が面白くて、家族大爆笑!!そんな母を見てばかりじゃ、ケーキのアップが遅れてしまうと、ようやくパソコンの前に。。。
今回の記事は、自分の記録です。

1月24日日曜日、イズミサンのもとを飛び立って、帰ってすぐ復習開始し、何度焼いたことでしょう・・・。
これは翌日の25日に焼いた分。
c0226317_21581118.jpg

目が詰まってて、パサパサな感じ・・・。温度調節せねば。
c0226317_2159377.jpg

私の大豆クリームはいつも、緩いです。悪しからず。クリームと、スポンジの間が茶色いのは栗のシロップを使ったからです。
c0226317_2201522.jpg

1月26日。
c0226317_222882.jpg

1月30日。月末締めでバタバタなのに、祖父の誕生日。丸型で焼き、もちろん乳製品が駄目な祖父の為、大豆クリームと苺で飾りつけ。
c0226317_2233770.jpg

右の部分が腰折れになったけど、デコで隠しました。てか・・・・完成の写真が無い。。。。
c0226317_2263599.jpg

1月31日。
c0226317_229870.jpg

今日は小ぶりな苺を巻き巻き・・・
c0226317_22101688.jpg

c0226317_2211543.jpg

2月1日。
請求書発行の為、昼食抜こうかと思ったけど二回に上がり、おにぎりを食べながらのスポンジ作り。
c0226317_2213158.jpg

2月3日。新しいボウルが来て、初めてのスポンジ。
c0226317_22172730.jpg

c0226317_2219348.jpg

2月4日。桃のような大きな甘い苺を巻き巻き。
c0226317_2221191.jpg

c0226317_22222525.jpg

2月7日。先生の所に持っていった分。苺とバナナの組み合わせが美味しかったので、先生にはその組み合わせで巻きました。
c0226317_22264936.jpg


2月6日に焼いた分は後日・・・。


スポンジを出した時に、これ違う・・・って、レアチーズケーキやなんちゃってティラミスになったスポンジもいます。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-10 22:42 | 焼き菓子

頂き物のお礼

東京行く前もバタバタ。帰ってからも仕事が山済みでバタバタ。でも、ロールケーキは焼きたい。
そんなこんなで、少しの時間さえあれば早朝や昼休み、晩御飯の後、ロールケーキ時間になっておりました。
すると、ブログが止まってしまい・・・。あれ?1月で止まってた。。。
そうだよな・・・もうこの季節です。今年のは、あまり苦味がなかったなぁ・・・。
c0226317_1625055.jpg

ふきのとうですね。天ぷらで食べました。

ロールケーキをアップしたいのですが、その前に載せたいものが。
この前のイズミサンのお菓子教室の時、ナナコさんから頂いた物。
c0226317_15575761.jpg

お菓子ともう一つ。シールなんです~♪
ナナコさんのブログで、ラベルを作ってらっしゃったのがあまりにも可愛くて、作り方を尋ねたんです。
丁寧に教えてくださって、ナナコさんってやっぱりとても親切な方なんだ、と思っていたんです。
そしたら、今度はお教室の時、小粒サンに預けて下さって・・・。ビックリして、嬉しくて。リビングに飾ってあります!
ナナコさん!!かなり遅くなりましたが、ありがとうございます!
あっ、ナナコさんから頂いたお菓子は、もちろん嬉しくて、家族皆でパソコンを見ながら、あ~やって作るのよ!私には絶対出来ないお菓子なんだから、噛み締めて食べなさいよ!!と言い聞かせ、食べました。
すると、妹が「この人、すご~い!!この人、絶対優しい人だよね!」と、大声を上げました。
その理由は、これです。
c0226317_16192370.jpg

分かりにくい写真で、すみません。テープ横の、この、切れ込み。
妹が、「この人は、食べる直前のことまで、食べる人のことを考えているんだね」っと。
ななこサン、勉強になります。




それと、これ。何か分かりますか~?
c0226317_1651161.jpg

これを作って下さったのは・・・ナミナミさんのお義父様です。ナミナミさんは「柚子巻」だから、と渡して下さいました。
「柚子巻」???初めて聞いたんです。「柚子巻」って。埼玉県では普通の食べ物なのでしょうか?
これ、凄いんです。大きさや見た目は、マカロニ位の長さ、細さです。
でも、この一本一本の中には、柚子の皮が入っていて、薄くむいた大根で巻いてあるんです。これ、凄い。見た目や手間もそうなんですが、味も凄いんです。柚子の香りと柚子の味。良いですこれ~♪
ナミナミさんの側に住んでいるなら、お義父様に教えて頂きたい位の美味しさで。
家族皆、大切に大切に頂きました。これ、おせちに絶対良いですよね!
お義父様、お土産まで頂いてしまったお義母様、ありがとうございました~~♪
いつの日にかお目にかかりたいです~~。

お教室でお会い出来ない日曜組にもたくさんのプレゼントがあり、本当に嬉しい限りでした。
なのになのに・・・私は、ナミナミさん、とらにゃんさん、小粒サン、イズミサン、ワタヤさんにとんでもない物をばらまいてしまって。
(ゆうさんには、一人暮らしだと思い、遠慮しました・・・大鍋無いなら困られるかなと思い。。)
c0226317_16321947.jpg


それも、熊本にしかたぶん出回らないだろうと思われる位の、一番大きいものを。。。小さいのは、全国に出回っていると思うのですが。
弟に、「ドラゴンボールじゃあるまいし、そんなの全国にばらまくなよ」と・・・。でも、晩白柚美味しいんだもの。
皆さん、楽しんで食べた後は加工して頂けるのではと・・・。

そうそう、旅立つ前には、とらにゃんさんがユキ先生の「クラッカー」を作られたのを見た翌朝、クラッカーも焼きました。
c0226317_1639879.jpg

七味唐辛子・チーズの他には柚子味も作りました♪

あれこれ、焼いたものや作ったものがあり過ぎて、バラバラになってきてる。。。
2月3日。就職説明会の為に帰ってくる大学生の妹の為に、「いちじくスコーン」と「ビスコッティ」を焼きました。
c0226317_1653192.jpg

前、違うスコーンを宅配したんです。喜ぶかな?って思ったのに、妹は「イチジクのが良い・・・」
そうかそうか・・・それで、今回イチジクスコーンを作りました。
c0226317_16541483.jpg

このイチジクスコーンのレシピ、何十回焼いたでしょうか。全粒粉を使います。

それと、妹が食べたことのない「ビスコッティ」。
c0226317_1657124.jpg

妹の大好きな、胡桃をたくさん入れました。妹が食べる前に、母が隣でガリガリと食べ始めました。
すると妹は、「あ~~~それ、好き!そんなの、好き」、と食べかけの恵方巻を置き、パクリ。
珍しい・・・・・・・。
妹は、毎年、家族に邪魔されつつも、家族で唯一、恵方巻きは一言もしゃべらず、食べます。
なのに、今回は、しゃべった・・・。妹のことだから、誰にも邪魔されることのない、熊本に戻るバスの中で一人恵方巻を食べて来るかと思った位、真面目に、恵方巻を食べる妹が・・・珍しい。

ビスコッティの誘惑に負け、あったビスコッティを見て一言。「これ、全部頂戴」。
「よかよ」と、お菓子や話を聞くこと位しか妹の就職の役に立てない、姉に対して一番の嬉しい言葉でした。
普段、妹の食べられるお菓子は限られています。アレルギーがあるというのではなく、バターや生クリーム、油に弱いんです。
気分転換にお菓子でも食べて、気を休めて欲しいのですが。。。何分、妹が食べたいお菓子はお店にはなくて。抹茶やきな粉、もなかなど「和」ならば、お茶屋さん、和菓子屋さんのは大丈夫なんですが、スーパーとかに並んでいるは駄目なんです。。。
そんなこんなで、妹の食べる物は、作るしかありません。昔から。なので、シフォンに出会ったんですが・・・。

妹が、ビスコッティを全て持って帰ったので、この日のお客様へのお菓子は、4名様限定でした。
c0226317_17142990.jpg

[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-07 17:16 | 焼き菓子

大雪だぁ~~~

朝4時半。起きて、新聞を取りに玄関を開けると・・・「きょおぇ~~~~雪が降ってる!それも積ってる~~~!!!」
c0226317_2045669.jpg

雪~雪~~♪足を一歩踏み入れると、片栗粉のようなキュッキュと言う音が。
いやぁ~すご~い!雪だわぁ~~と大興奮!!
c0226317_205525.jpg

滑らないように気をつけながら、新聞を取りに。

かなりかなり興奮して、弟や母に伝えると「はぁ~?そんなには降らないでしょう?」「なら見ておいでよ!」
それもそのはず、熊本にこんなに雪が積ったのが62年以来ぶりだと、さっき夕方のニュースで言ってました。
昨日寝る前、東京に雪が降る、なんて言ってたから、ナミナミサンや小粒さん達は大丈夫かしらと心配して寝たら、この状態。ビックリ!そして、大興奮!

こんなに雪が降るんだから、「スノーボール」作らなきゃ!!

でも、「スコーン」も気になってたんだよな。。。バターを使わないで、スコーン?美味しいの?

スコーンのページをみると、やっぱり寝かす時間が必要か。ならば、スコーンを仕込んで、寝かす間に「スノーボール」作ろう!

いつもは作る前に、作り方を読み込むのに、先日購入したこれに「スノーボール」が載っているのを覚えていたので、すぐページをめくり、材料も確認せずに、量りだのお砂糖だの取り出し、作り出していました。三倍量を作りました。
c0226317_20215543.jpg


小粒サンお薦めの御本、去年、本屋さんに行ったら2冊あって、「これ~~~これよ!!」と妹に「静かにしてよ」と叱られながら購入した本です。

雪が降るんだもの「スノーボール」。
今日作らなきゃ、いつ作るよ~位の勢いでした。食べたことも無いのに。。。
だから、アーモンドパウダーだっけ?アーモンドプードルだったっけ?(二階に本を置いてきてしまった・・・)がが必要になって、ゴソゴソ探しても、ストックが無い。
そして、目に付いたのが「杏仁霜」。これ使っちゃおう~♪
でもな、ココア入れるんでしょ?ココアの香りや味が消されちゃうのも、駄目でしょ・・・ならばと、アーモンドの分量よりも少なめに入れました。

なのに、くるみは気持ち多めに。
(父と、私と、弟がしもやけなので、ビタミンEを多めに摂取するためにも!)
「スノーボール」作り、楽しくて♪本当は、カットしなきゃなんだけど、胡桃をたくさん入れちゃったのでまとまりにくくなっちゃって、ひとつひとつ丸めていきました。

外は相変わらず、雪が降り続けていました。
私がオーブンを使うし、母も煮炊きするので温かい部屋。でもでも、母は・・・大根を漬物にするため、大根の皮むき。
c0226317_20344026.jpg

その前に笑ってしまうのが、大根の計量。
体重計に、冷たい大根を抱かかえられる限りたくさんの大根を、「冷たい~~~~」って叫びながらも、何度も繰り返し量っています。もっといい方法があるでしょうに。。。

左に写っているのが、母です。
写真を撮ると、「きゃ~あ、写真撮るなら着替えるから待ってよ~!!」って、「母さんの成長記録じゃないから、よかよ」と言っているのに、「これ『プロク』に出るんでしょ??』って、何回言えば覚えるんだ~~「ブログでしょ。。。」

と、脱線しましたが、そんな母の口に「スノーボール」を入れてあげると、「美味し~い!!くるみも良いお味~♪」と言うことで、今日のお客様へのお菓子は、「スノーボール」にしました。
口の中に入れると、ホロホロとしていて、ドッカリ来ない。おいしい!
c0226317_20413445.jpg

こんな寒い、雪が降る時に見えられる方はいらっしゃるのかしら?見えられたら見えられたで、無事に帰り着かれるだろうかと心配の一日でした。
c0226317_20431636.jpg


スノーボールが焼きあがると、すかさず成形した「スコーン」をオーブンに入れました。
二倍量で作った、スコーンも完成。スコーン、こんなに簡単で?美味しいの?
c0226317_20534845.jpg


このスコーン、このスコーン。。。。。美味し~~~~~~い♪
止めなきゃと思っても、パクパク食べちゃう、駄目じゃない!
こんなに簡単で、美味しくて、普段作るレシピよりも柔らかい。祖父母にぴったり♪
もちろん、持って行きました~~~♪
これも、お客様にとも思ったけど、妹親子が来るので取っておこう!と、さっきまであったのに、家族で夕食後しゃべりながらつまんでいたら、無くなり。。。また、焼けば良いたいねっと、またまた仕込み中~♪
今回も、二倍量で作りました
c0226317_2112973.jpg


*おまけ*
母が大根の皮をむいている時、下に敷いている新聞。
私が雪の中、滑らないように気をつけながら取ってきた新聞です。

昼前、父が今日の新聞を読もうと探すと、トップ記事、一面の無い新聞がテーブルに置いてありました。。。
父に、「今日の新聞でしなくてもいいだろうに・・・」とあきれられ、母は「銀行で読んできてください」って。

夕方には、二ページ以降は綺麗なのに一面がしわくちゃの新聞がテーブルに置いてありました。
何事も無かったようには出来んのよお~、母さん。。。

夜、しわくちゃの新聞がテーブルにあったので、父に「新聞届いたみたいだよ~」と話すと、母が「塩がまみれてますので、台所で読んで下さい」って・・・おいおい、はたいて来いよ。。。
父は、寝室で寝る前に読みたかったみたいで、「もう、よか」としわくちゃの新聞を広げずに寝てしまいました。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-13 21:10 | 焼き菓子
イズミサンのブログを拝見したら、「ビスコッティ」なるお菓子が載っていました。
何?何?どんなお菓子なの?????
私の唯一の教材、お菓子の本を何冊かめくり、見つけました!ありました!!!
バターも使わないし、甥っ子にも良いし、お正月明けの我が家にピッタリ!

寝る前、お布団の中で本を読み、いざ翌朝6時。
今までのお菓子に比べると、難しくなく、大丈夫そう~♪

今回は、ナミナミさんと東京でお会いした時に、唯でさえ重いのだから、止めればいいものの、ナミナミさんのブログで拝見したのと同じ、二人のおじちゃんの着いた「喜界島粗糖」を発見、嬉しさで購入して東京中を持ち歩いた「粗糖」を使いました。
c0226317_16214763.jpg

イズミサンはナッツをたくさんと書かれていたので、胡桃を150g入れました。

でもな、「なまこ」型に、成形すると書かれていました。「なまこ」型。
お菓子作りで、初めて出てきた言葉です。

「なまこ」と言えば、先日、行商のおばちゃんから、なまこを買い、さばき、ムラサキ大根を摩り下ろして合え、柚子も絞りました。
c0226317_16144117.jpg

柚子に反応したんでしょうね、ムラサキがピンクになりました~。野菜って面白いですよね~。
c0226317_1616535.jpg


「なまこ」型・・・「なまこ」型・・・あっ~~~~~とらにゃんさんから頂いた「シュトレンの形が「なまこ」型なのでは?と、思い出しながら、成形しました。
c0226317_16234418.jpg

食べたことのないお菓子作り。形はこんなものかな・・・。
c0226317_16242287.jpg

焼き上がり。カットして、片面10分ずつ焼きました。
焼いていると、母が「何焼いてんの???美味しそうな香りだね~~~」と、良い香りに引き寄せられてきました。
c0226317_16263444.jpg

少し冷めたら、母と一枚ずつ、味見しました。
「味のよか~~美味しか~~~。こがん美味しかお菓子のあるたいね~~~いやぁ~美味しか♪」母、大絶賛。
私も、こんな味のあるお菓子があるのか、うまぁ~いと、嬉しくなってしまいました。美味しいお菓子が出来たら、もちろん。
c0226317_16294574.jpg

ラッピング~。お客様には、紅茶とビスコッティをお出しします~♪

あまりの美味しさに、イズミサンの言葉を思い出しました。
こう言う事なのね~~「ビスコッティ」食べてしまうわ~危険~~~。




翌日は、何十度目だろう・・・また、スポンジケーキに挑戦。もちろん「粗糖」で。
c0226317_16352849.jpg

これも、違ったの。。。。イズミサンの10年分の思いと苦労、試行錯誤の詰まったスポンジケーキがすぐ出来るはずもなく。
あの美味しかったイズミサンのスポンジケーキを食べさせてあげたい!!でも、違う違う・・・・・・。

母が「美味しいのに、これじゃ駄目なの?味が良くて、美味しいよ!」と言っても、母に食べさせたいのは私がイズミサンのロールケーキを食べたときの衝撃を味わって欲しいの!
にしても、スポンジばかり作り、見守ってくれる家族。感謝です。

今朝、どうしても「ビスコッティ」を食べて頂きたい方がいらっしゃったので、5時半から準備開始。
再び焼きました。一昨日、たくさん焼いて、この方に食べた頂く分を確保していたのですが、妹親子が来たので食べさせると、帰り際、「あのお菓子持って帰って良い?」と聞かれ、「よかよ~全部持って帰りなっせ~♪」とすべて持たせたのです。
食べてくれる人が居るから、また焼くことが出来る。ありがたいです。

なので、二度目の「ビスコッティ」。
c0226317_1647178.jpg

写真は代わり映えしませんね。。。違うのは、前回は初めて鶏が産む「初卵」と呼ばれる、小さな卵を使い、今回は、卵重からするとLサイズの卵を使ったという事位で。
大きな差は出ません。
c0226317_16502372.jpg

c0226317_1651818.jpg

味を知っているのに、またまた母と二人、味見。「うまいよね~~~」バカ親子です。

ラッピングして持っていくと、「味のよか~~~」と誉められました♪
そして、帰り道、妹から「ビスコッティうまくて、とまらな~い」とのメールが。
「嬉しい~また作るね♪」と返信しました。

ビスコッティの美味しさを教えて頂いて、イズミサンありがとうございます♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-10 16:57 | 焼き菓子
妹が変える時間に間に合わなかった、イチジクスコーン。
お客様にも、イチジクのスコーンにしようと寝る前に生地作り。朝から成型して、焼きました。
c0226317_14264724.jpg

丸いスコーンよりも、全てが違うサイズのスコーンが好きです。
全粒粉と喜界島粗糖と素・・・何とか糖(いつも使っている砂糖に洒落た名前が付いていたのですが、忘れました・・・)が入っていて、ごっつとしていて中はしっとりしているスコーンが好きです。。
c0226317_1428434.jpg

ラッピング~♪今日は、紅茶が合うんだろうけど、地元のお茶屋さんのほうじ茶をお出ししました。
c0226317_1429411.jpg



年末最後の二日間は、何作ろうかなって一晩悩んで、「たまごプリン」にしました。
c0226317_14392618.jpg

この三倍量を作りました。普段は陶器で作るのですが、プラスチックのは、お持ち帰りの方に便利です。
プリンって冷たいから、悩んだんです。。。なので、紅茶をつけました。
これは、ゆっくり食べる時間がない方用。
c0226317_1451699.jpg

地元のお茶屋さんの温かい紅茶とプリン。
年に一度来られる方や御馴染みの方々。
「うまかった~」「毎年貰ってからに~」「プリンな、うまかった。また来るけん」「あたは何でも、作るけん今年は何種類のお菓子ば、食べたかいな」

皆さん、今年もありがとうございました~風邪ひかれないで下さい、また来年もお菓子食べてくださいね~♪


日曜、とらにゃんさんからの贈り物が届きました~♪
とらにゃんさん、優しいんです。泣きそうでした。
早く開けたいのに、どこから開ければ良いのか分からず箱との格闘。。。ようやく開いた~~~♪
c0226317_1514217.jpg

すご~~~~~~お菓子屋さんの詰め合わせです♪

繊細さのない大雑把な私には無理です・・・にしても、すごい。
こんな素敵な贈り物を今居る家族、両親と私だけで頂くのはもったいない。妹達が来てから食べようと決めて、大切に神棚にお供えしていました。
そして、頂いたのが12月31日のお昼、さっきです。
まずは、「シュトレン」。家族揃って、味わいました。家族皆、初めての「シュトレン」。
c0226317_15232255.jpg

私は、とらにゃんさんのお気持ちが嬉しくて、お菓子達を持っただけでも嬉しさが倍増。
泣けちゃいそうで、「これはね、私がブログをしてて、とらにゃんさんという方がわざわざ送ってくださったお菓子なのよ!」と、説明して食べさせました。

シュトレンは、大人の味でした♪これがシュトレンなのか、味を噛み締めました。どうやって作るんだろ、大変だろうな・・・とらにゃんさんの偉大さ、優しさがガンガン伝わってきます。
レーズン好きな妹は大喜び、中でも、引く位喜んでいたのは、母です。
「おいし~~~~~い、幸せ♪」感激していました。なので、二切れ目を渡すと、とらにゃんさんにもお見せしたかった位、喜んでいました♪

次は、「コーヒーフェッジバーニ」。
このお菓子は、初めて名前を聞きました。まさか、一緒に送って頂けるなんて、思ってもいなくて、これがその「コーヒーなんとか」なのね、って妹達と試食。
c0226317_15273534.jpg

私、コーヒーは飲めないのですが、これ、好きです。美味しいんです。コーヒーの香り、風味が初めて美味しいと思いました。上に乗っているクリームも美味しいんです。
c0226317_15152853.jpg

パクリと一口頂くと、クリームがすーっと口の中で溶けて、これ美味過ぎます!!
こんな美味しいお菓子があるなんて、知らなかった。今年が終わる前に食べてよかった~♪
これ、いくらでも食べちゃいそう、危険なお菓子です。

次は、「フィナンシエ」。これも、作った事も、食べた事もないです。
宝石みたいに、キラキラしていて、色とりどりで美しい~♪
c0226317_15322715.jpg

綺麗なお菓子。プレーン・チョコ・抹茶・ゆずの四種類♪
どれから食べるか、妹達と考え、抹茶好きな妹が抹茶と言うのを無視して、もちろんプレーンから頂きました。
一口食べて、ビックリ。
私、このようなお菓子の大体の味を予想していたんです。見事に裏切られました。「うわ~~~~~~これ、美味しい!!何これ~~~!」感激しました。今まで食べたことのない味でした。いやぁ~こんな美味しいの作られるなんて、とらにゃんさん、すご~~~~い。

チョコは、口に入れるとホロホロとなくなってしまいました。凄いなぁ、凄いなぁと、うなりながら食べました。
硬いかなって思って食べたので、ビックリ。

ゆずは、ピールが入ってました。こんな小さなお菓子にぎゅっと詰め込まれていて、芸術的作品のように感じました。ピールがキラキラ。宝石です。
妹のリクエストだった抹茶は、最後でした。抹茶、濃いです。抹茶の味がちゃんとガツンとしました。へぇ~すごいね~って、妹達を感動の時間をすごしました。
普通、お菓子を食べると、紅茶やお茶を入れようかと言うことになるのですが、今回はそんなことがなかったんです。
c0226317_15485056.jpg

また、写真を見ると抹茶の味がよみがえります♪抹茶のお菓子でこんなに美味しいもの食べたことありませんでした。バターの味よりも、抹茶の味が強くて、好きです。

とらにゃんさん、たくさんの感動・発見・幸せをありがとうございました。初めて口にするものばかりで、嬉しかったです。
かぼちゃの種の入ったものとレモンケーキは、一番下の妹が大好きみたいで、「今日は抹茶で大満足。正月に食べよう」と、また神棚の前に並べてしまいました。ご先祖さん、うらやましがるよな・・・。

とらにゃんさんの優しさに包まれたひと時でした♪ありがとうございました。
よし、あともう少し。心満たされ、頑張ります~~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-31 16:04 | 焼き菓子