旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

カテゴリ:シフォンケーキ( 17 )

今朝、まだ真っ暗の4時に起きました。寒さのお陰で空にはたくさん星が輝いていて、寒ささえも愛おしくなる位の星の綺麗さでした。
今日は、今までお世話になっていた美容師がイタリアに行かれるので、伺うのが最後の日でした。
この方には10年、妹二人もお世話になっていて、最後もシフォンを焼いてお渡ししようと思っていました。
たぶん、年末最後の日曜日。きっとバタバタで、スタッフの方もお昼ご飯食べる時間がないんじゃないかと、スタッフさん達の分まで焼いていくことにしました。



まずは、レモン。去年もレモンシフォンをお持ちした時に、レモンが一番好きだとおっしゃったので、ワンホールでお渡ししようと思っていました。
c0226317_22181787.jpg

c0226317_2221685.jpg

突然のイタリア行きで、驚きましたが、頑張ってきてください!
c0226317_22463079.jpg

イタリアで修業して、また熊本に帰ってこられたら、もっと美味しいシフォンが焼けるよう私も頑張ります!!
c0226317_22473218.jpg

(ナミナミさん、とこさん、ありがとうございました)



そして、またまたレモン。(緑レモンが次々と届き、季節に追い越されそう・・・頑張らなくちゃ!)
c0226317_22222616.jpg

この逆さにしたシフォンの色の方が、本物に近いです。
c0226317_22234720.jpg
c0226317_22251495.jpg


さっぱりのレモンとあともう一台は・・・久々にチョコマーブルを焼きたくなりました。

今年の夏、シフォンシフォンさんの所で作り方を教えて頂き、あれこれ悩んで、レシピを自分の好きな食感に近づけました。でも、作り方は、シフォンシフォンさんの所で教えて頂いた事を頭に何度も思い出しながら作りました。
そして、焼き上がり。オーブンから出てきたのは、これ・・・。
c0226317_22323879.jpg

久々の大爆発・・・。底上げかな?大きな穴が開いてるのかな?ドキドキの型出しです。
こんなひどいシフォンは、ホントに懐かしく。一時期、焼くシフォン焼くシフォン続けてこんなのが5台位続いて凹みました。またスランプ?とドキドキ。手前が少し底上げしてしまいました・・・。
c0226317_22385250.jpg

型出しをして、下の部分がこんなモコっとするのは、好きではありません。美味しくないんです。
焼き直したかったのですが、甥っ子生後2ヶ月を引き取りに行かなくてはならず、この部分を切って今回は包んでしまいました。(スタッフさん、また焼き直したの今度お持ちします・・・)
c0226317_2240015.jpg

マーブルもこんなだし。。。
c0226317_22452054.jpg

修行に励まなければ・・・。

この後、妹が甥っ子を迎えに来るので「イチジクのスコーン」を持たせようと、スコーンを焼こうと思いました。
喜界島粗糖がなくて、買いに走る。近所に有ったのがこれ。(ごめんなさい、写真の回転のさせ方が分かりません・・・首を傾げてください。。)
c0226317_22573193.jpg

喜界島粗糖と同じ会社。でも、我が家で使っているのと似てる。でも、買ってみよう~♪と購入。

(あ~~~今、写真をよく見たら奄美って。。。やっぱり我が家で使ってるのと同じでした。そりゃ、同じ味でしょうね。。。奄美のお砂糖農家さんから送ってもらうのは、こんな洒落た名前ではないから。。。)

砂糖を買いに行ったり、シフォンを15カット分ラッピングしていたら、時間がなくなってしまって、妹が「明日焼いてて!」と帰っていきました。なので、冷蔵庫で一晩眠らせています。

モタモタしていると、母から「宅配便来てるよ~」と呼ばれました。
住所を見ると、とらにゃんさんではありませんか!!!
こんなすごいことは、また後日アップいたします~~~♪もったいない~~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-27 23:07 | シフォンケーキ
今朝は、また一段と寒い、でもウキウキ。
夕方6時からの我が一族の忘年会(祖父の一言で、皆予定が入ってても,収集がかかれば集合)以外,特別な予定を入れずに、年内最後のお休みなのでゆっくりしたいことをしようと思っていました。

ゆずを頂いている方、キャベツや白菜ブロッコリーなど野菜をたくさん頂いている方にシフォンを焼いてお届けしようと思います。
でも、12月22日は冬至。
柚子茶の仕込みをしなきゃです。来て頂くお客様の一年の健康を祈り、少しでも暖かくなって頂くための柚子茶作り。
c0226317_15154059.jpg

柚子を半分に切り、果汁を絞ります。
中の袋と、皮を分けます。
c0226317_15171796.jpg

中の袋には種が入り込んでいるので、もみこんで取り除きます。
c0226317_15183419.jpg

c0226317_15192555.jpg

皮だけで、この位。この重さの半分のお砂糖を乗せて、しばらく放置。

その間にシフォン作り♪
c0226317_1521175.jpg

柚子の皮を残していたのを摩り下ろし、果汁はさっき絞ったのからもらいました。
c0226317_15223821.jpg

一台目の完成。焼いている間に、二台目の準備。
c0226317_15232083.jpg

二台目の完成♪
c0226317_15242256.jpg

寒くてウキウキするのは、シフォンが天然の冷蔵庫とも呼べる寒さで冷えるのが早いからです~。

そして、柚子茶のほうを見ると・・水分が出ているの分かりますか?
まだ果汁は入れていません。柚子の水分を使って、水は一滴も入れずに作ります。
c0226317_15261145.jpg

好きな濃度までコトコト。
c0226317_15281987.jpg

煮沸した瓶に入れていきます。
c0226317_15293610.jpg

柚子茶の完成♪

マーマレードとしても使えます。
先日、弟がようやく買ってきてくれました。黒豚のスペアリブ2キロ。
柚子ジャムとお醤油を圧力鍋に入れて、シュッシュッシュと言い始めてから10分。
c0226317_15321389.jpg

柚子ジャムが良い仕事をしてくれて、かなり美味しいです。

話が外れてしまいましたが、シフォンに戻って。
一台目を型出し。真ん中が少し底上げ・・・。
c0226317_15351095.jpg

二台目も。型だしがヘタ、はげちゃってます・・・。
c0226317_15371597.jpg


ラッピングし、シフォン一台とゆず茶を一瓶ずつ。
c0226317_15382337.jpg

今、母とお届けに行ってきました~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-20 15:43 | シフォンケーキ

今日は、柚子シフォン

今朝も、寒かった~。
おまけに雪マークまで付いてる。え~ここに雪が降るなんて、かなり寒くなるんだろうな。

今日は、たくさん頂いた「ゆず」をシフォンに詰め込んで、お出ししたいと思います。
3台焼きました。
c0226317_632517.jpg

メレンゲって綺麗ですよね~ウキウキしてしまいます♪
c0226317_640305.jpg

一台は、油なし。
この一台を焼き上げ、二台目焼こうと思ったら・・・・
「あ~油、残っとる・・・・」
油を入れ忘れました。すると母が、「な~ん、二回目でしょ?油なしも美味しかったから、良いわよ~♪」
そう、そうよね、確かに二回目だな・・・。
c0226317_6471664.jpg

油なくても、ふわふわしっとり。でも、油なしとは、少し違います。
まずいならお出しできないけど、これも油なしって言えば大丈夫かな・・・。
祖父母宅に持って行きました!

気を取り直して、二台目も「ゆず」。
c0226317_6422295.jpg

写真とっている暇なく、焼きました。

だって、3台焼こうと思っていたので、時間との勝負です。
油なしの一台目も少し包み、二台目を全て包みました。
c0226317_6511125.jpg

先日東京に行って買って食べた、鳩サブレの缶に並べて入れておきます。
私が居ない時でも、母がお渡しできるように。

三台目~こちらも「ゆず」。部屋中に良い香り~♪
c0226317_656494.jpg

これはカットせずに、お昼休みにラッピング~♪
c0226317_6582812.jpg
c0226317_6593966.jpg


この「ゆずシフォン」を携えて、夜お邪魔したのは、一番好きなタイ料理屋「クェンマイ」さん。
あまり外でご飯を食べることはないですが、1時間かけて熊本市内まで。。。

クェンマイさん、お店の作りもほっとする癒される空間なのですが、お客様が座ってらしたので写真は撮れませんでした。
お店の顔とも言える、「ヒカサン」はとても、素敵な女性です。お店のお料理はもちろん、私はお店の人間性と言うか、お店の方の雰囲気で通うお店を決めてしまいます。
あまり、長々お話をしたことはないのですが、素敵な笑顔とさりげない優しさ。癒されます。
インテリアも、全てヒカサンがされたみたいです。手作り感がある所も大好きです。

お料理、もちろん「生春巻き」を頂きました。
c0226317_7103080.jpg

少し、写真が黒っぽく写ってしまって見にくいかも・・・左が甘めのタレで、右がパクチー入りのタレ。
c0226317_7112140.jpg

私はこのお店の、パクチー入りのタレが大好きで、何が入ってるんだろ?どうやって作るんだろう?何度も、何度も考えます。フレッシュなパクチーが効いてて美味しいんです。
パクチーが大好きで、庭に植えてみたのですが難しい。。。うまく出来ませんでした。
c0226317_717922.jpg


ここの「ヤムウンセン」は、温です。
c0226317_720782.jpg

お店によっては、冷たいヤムウンセンで、今まで我が家でも冷たい合えるタイプのヤムウンセンを作っていました。でも、ここで頂いたのが美味しくて、以来我が家では「温」のヤムウンセンです。
c0226317_721068.jpg

今日は辛めにしてもらいました。塩辛いのは駄目ですが、唐辛子が効いているのは大好きです♪

母も植えている「空芯菜」、炒め物で頂きました。これも辛めでお願いいたしました。
c0226317_724744.jpg

それと、今まで食べたことがなくて、たぶん今年の夏、とこさんとお邪魔しなければず~っと食べることがなかったかも・・・「パッ・タイ」。
c0226317_7274023.jpg

食べて、ビックリしました!。「パッ・タイ」はよく、「タイ風焼きそば」と書いてありますが、そんなもんじゃないです。食べて、「え~~~~~何!?何??うま~~~い、え~何で今まで食べなかったんだろ。。。。」この食感・味。感激しました!お料理の本を見ても、「パッ・タイ」惹かれませんでした。こんなに美味しいとは・・・。
その感動を妹にもと思って連れて行った時も、ビックリ「美味しい」を連呼してました。
今日一緒した友達にも、食べて欲しくて注文して正解でした!喜んでました。

次は、「豚挽き肉のアロイ醤炒めチャーハンの揚げ目玉焼き乗せ」(←ごめんなさい、正確な名前覚えてくるの忘れました、たぶんこんな感じ・・・。)
c0226317_737978.jpg

写真・・・これも、黒っぽく写ってる・・・。
この、「アロイ醤」お店のオリジナルの調味料で、本当に「美味しいです」
このチャーハンを頂いた時も「美味しい」を連呼して、感激しました。タイ米のチャーハン、上には目玉焼きと、揚げてあるバジルの葉。うまいです♪友達をビックリさせるために、麺にご飯・・・お腹いっぱいです。

でも、ヒカサンが「ココナッツのアイスと黒ゴマアイス」を出して下さいました。
c0226317_745291.jpg

美味しかった~やっぱり別腹ですね。ココナッツと黒ゴマの組み合わせも面白かった、カリカリのナッツも良いです~♪大満足、ご馳走様でした~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-20 07:51 | シフォンケーキ

レモンシフォン

今日の最高気温は、6度の予想でした。
こんな寒い中でもたまごを買いに来てくださるお客様がいらっしゃいます。
緑茶に紅茶、コーヒーに自家製柚子茶。
バタバタしていると、電話も鳴って全てのお客様には温かい飲み物をお出し出来ない事もあります。

そんな時のために、今朝はレモンシフォンを焼きました。
c0226317_1934456.jpg

先日、またまたお客様にたくさん頂きました。
c0226317_19402245.jpg

「庭になってて、こんなに使わないの、お菓子に使ってよ~。」
わざわざ持ってきて頂いたのが、申し訳なく御代を払おうとしたら、
「そんなことは絶対にしないで。好きで持ってきてるんだから、そんな事されたらもう持ってこないからね!」
と言われてしまい、ならばと柚子ピールを一袋と柚子ジャムを一瓶お渡ししました。
また近いうちにシフォンを焼いてお邪魔させていただきますね~♪

c0226317_19405533.jpg

お歳暮の時期なので、年に一度決まって見えられる方や新規のお客様も見えられます。
今日は、地元のお茶農家さんが始めて作られたと言う、紅茶と一緒にお出ししました。
紅茶をお出し出来なかったお客様には、走ってシフォンを持ってお見送り。
「去年もシフォンもらったわね」
「あら、去年も頂いて今年も頂いてからに」
「去年も頂いて、今年も無事一年迎えられましたばい」
c0226317_19414684.jpg

うちの農場が田舎にあるために、何時間もかけて買いに来て頂くお客様や自転車で自分の分だけと買いにみえられる方。
本当にありがたいです。今年初めての雪もちらほら舞い、今年一番の寒さではなかったでしょうか。
鶏達に頑張って産んでもらっているたまごを、たくさんの方に食べて頂く事が何より嬉しいです。
c0226317_1943295.jpg

農場で一羽一羽餌やりをして、ひとつひとつ手でたまごをひろう。もちろん、365日の仕事。
そのため真っ赤に腫れた弟の霜焼け。霜焼けに薬を塗りこむ弟の姿を見て、頑張らなくちゃと思う姉でした。
よ~し、明日は何シフォンにしようかな~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-18 20:00 | シフォンケーキ

甥っ子と畑に・・・

妹親子が来るので、シフォンを朝から焼きました。
今朝のシフォンは、次回書きます。
焼き終わると、母が「あ~~!!」っと叫ぶ、その先には虹でした。

c0226317_19572759.jpg

急いで外に出て、カメラを構えると、雨が降っていました。
c0226317_1958331.jpg

雨が降っているなんて知らずに、「虹よぉ~」の一言に夢中になってしまい、濡れて気付きました。

お昼、妹親子が遊びに来ました。
甥っ子3歳は弟が10月に生まれ、お兄ちゃんらしくなり来る度に言動が大人っぽくなり驚きます。

今日も畑に行く準備を私がモタモタしていると、
「ねぇね(誰も私のことを「お姉ちゃん」と言う呼び方はしませんし教えていないのに、なぜか「ねえね」と呼ばれています)、おいで~。置いて行くよ~」
と急かされました。
「ばぁば!畑にいってきま~す」と元気にスコップを握って出発。

到着するなり、大好物のほうれん草に直行。
収穫がもう最後なので、母が孫の為に5株残しておいたものです。
c0226317_19305028.jpg

c0226317_19315661.jpg

「ねぇね、ほうれん草の根っこは、ピンクだね。なんで?」質問攻めです。
ちゃんと質問に返そうと努力しますが、分からないことも多々あり・・・「ばぁばに帰って聞いてみよう!」と思わず言ってしまいました。


何が隠れているか分かりますか?
我が家は農薬をするわけでもなく、最近母がバタバタなので草取りにも手が行き届かず・・・。
いろいろな所に野菜があります。
c0226317_19362946.jpg

c0226317_19373725.jpg

「きねかぼちゃ」です。
甥っ子に見つかってしまい、「持って帰る!」と収穫しました。
c0226317_19382540.jpg

「こっちはねぎで、こっちは玉ねぎだよ~」テンションが高くて、畑を歩き回ります。
たぶん母に言われたり、一緒に植えているので知っているんだと思います。

c0226317_19402073.jpg

畑と畑が遠い時はこうして移動します。
c0226317_19435531.jpg

「なんで~ブロッコリーキラキラしてるの?」と言われ、指差すほうを見ると確かにキラキラ。
水滴です。「さっき、雨が降ったたい」「そ~か~♪」
c0226317_19451081.jpg

大根ももう少しで収穫です。
c0226317_1951965.jpg

「ターサイ」ももう少しです。青梗菜よりも使いやすくて美味しいので好きです。
c0226317_19482870.jpg

「水前寺菜」ポロフェノールが含まれていて、少し個性的な香りがします。
c0226317_19494157.jpg

「わさび菜」炒めてもいいですが漬物にもします。
c0226317_19501753.jpg

「サニーレタス」と「水菜」 玉ねぎドレッシングを作ってサラダにしたり、鍋物にもいいです。
c0226317_19532623.jpg

他にもまだありますが、今日はこの辺にしておきます。
野菜を写真に撮っていると長くなるので。。。


甥っ子の声です。「バナナ色の葉っぱ~♪と、りんご色の葉っぱ~♪」
何の歌だろうと思って聞いていて良く見ると、この葉っぱ達のことでした。「そ~とらえるのか」・・・勉強になります。
c0226317_19543067.jpg


畑から帰り玄関を開けると、「お~~~柚子だ!」
ご近所の方から頂きました。もううちの柚子もちぎらなくちゃと思っていました。

c0226317_19551350.jpg
c0226317_19555169.jpg

へぇ~~何にしようかな♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-05 20:27 | シフォンケーキ
今日は、叔母にたまごシフォンを頼まれていたので、朝早く起きました。
まだ、空には星が光っていて冷たい空気との組み合わせは一番好きです。
星を見るために夜や早朝、ずーっと立っていることもよくあります。

そんな私の隣で今朝、母は白菜を干していました。
c0226317_19401810.jpg

半分に切り、根元の方だけ後二回切れ目を入れ、塩を振り、干します。
冷たい空気と太陽のお陰で程よくなった所で漬け、一晩位で取り出し明朝の食卓に並びます。

たまごシフォンは、誕生日プレゼントに送りたいからとの事。
小さなお子さんもいらっしゃるし、一番たまごシフォンがお好きなおうちに届けられるみたいです。

c0226317_1929182.jpg

c0226317_1930586.jpg

叔母ちゃん、ごめんなさい。。。底が綺麗に出せなかった・・・。
c0226317_19331715.jpg


叔母ちゃんは「良いのよ」って言って喜んでくれました。

いつもありがとうございます。頑張ります~♪

ラッピングしました。でも、底はげが申し訳ないです。。。
c0226317_19561332.jpg


c0226317_1957187.jpg


シフォンケーキには、絶対にベーキングパウダーは入れません。
たまごの力を借りて、メレンゲの力をどれだけうまく活かせるか。
私とたまごの共同作用です。
たまごに囲まれ育ち、生活しているので、たまごを何かに変身させ食べて頂くのが嬉しいです。
たまごを買いに見えられたお客様に、準備している間お待たせしてしまうので、その間紅茶やコーヒーとその日のお菓子をお出しします。
シフォンを焼くようになってからは、シフォンの出番が多いです。


一つを焼き上げ、テーブルにはレモン。
そ~言えば、昨日レモンを叔母ちゃんに頂いていました。
「知り合いの人の庭にレモンがたくさんなってどうしようもないの、このレモンでいいなら?」って試しに3個持ってきてくれていました。
c0226317_19444060.jpg


綺麗なレモンです。
この位の緑レモン好きです。
c0226317_19473196.jpg

農薬もされていないとの事なので、皮も入れました。

今回も、たまごの力にお世話になりました。冷えたみたいです。
c0226317_1952160.jpg

レモンのさわやかな香り。
c0226317_19541941.jpg

レモンを頂いた方に上げてくださいと叔母ちゃんに持っていってもらいました~♪
c0226317_1955152.jpg

[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-04 20:20 | シフォンケーキ

はじめの一歩

旬の果物や野菜をぎゅっと詰め込んで、いろいろなお菓子を焼いています。
家族や周りの方に食べて頂く、ほんとに素朴なお菓子です。
シフォンケーキは、卵の力を借りてふわふわしっとり。

まずは、最近焼いた胡桃イチジクシフォン。

c0226317_2016010.jpg


小粒サン、ナミナミさん、なんちゃんさん、ありがとうございます・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-05 20:21 | シフォンケーキ