旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

カテゴリ:シフォンケーキ( 17 )

皐月ですね~♪

私、「皐月」と言う名前か、男の子だったら、当時の漫画の「元気」と言う名前だったそうです。

でも、あれこれ話し合い、父方の祖父と母方の祖父の名前の頭をつなぎ合わせた今の名前になったんです。でも、父はよく、「女の子だったけど、『元気君』のような男の子のような元気な女の子になったもんだ」、と・・・。

それと、誕生した時の話があります。

私が産まれ、証券会社の方が父方の祖父の家に来ていて、祖父が私を抱きながら庭の池の周りを歩きながら、その証券会社の方が
「一番目が男ではなく、女の子なら、池に投げてしまいましょう」とおっしゃって。
(本当に投げるつもりはなかったと信じますが・・・)
我が家は今でも、祖父の言う事は絶対です。なのに母は、「次は男の子を産みますから」と、祖父から私を取り上げに行ったそうです。

今では、笑い話で誕生日が来る度、その証券会社の方が遊びに来られる度にこの話をして笑いますが、母は怖かったでしょうね・・・。
でも、性別こそ女でしたが、今では性格や考え方も一番祖父に似ていると言われます。


あっ、そうそう。本当に母は宣言通り、一年後無事、弟を出産しました。


生まれた月だからか、寒いってわけでもなく、暑いってわけでもない、この涼しい気候の今が一年でもっとも好きです。
c0226317_20303823.jpg

そんな季節でウキウキ、事務所の周りにも花々が季節季節で移り変わり、今は孔雀サボテンが満開です♪
c0226317_20195864.jpg

見た目は、「月下美人」にも似ていますが、これは孔雀サボテンで、二日位は花が咲いていてくれます。この孔雀サボテンは、明日が満開だと思います♪
c0226317_20254587.jpg

一年かけて咲くのは二日。この花々をお客様に見せないと、この子達が可愛そうだとつぼみを膨らませ、順番を待つ花々で、事務所の周りはいっぱいです。

朝、つぼみでも、お昼にはもう満開だったのは、この菖蒲です。
c0226317_20284153.jpg

今朝、カーテンを開けた時は右のつぼみの状態だったんです。お昼、お客様が見えられて窓側に行った時、もうすでに満開でした。

あっ、バジルも元気でお客様に今、配布中です♪
c0226317_20412994.jpg

卵を買いに見えられる方に、母の準備したトマト苗とこのバジルをセットです♪
こんなにたくさん有っても、食べられないし、皆がバジルの美味しさを知ったら良いよね~♪

事務所では、鶏糞も販売しているんです。昔は、鶏糞って生で、臭いが強かったんです。
でも、家庭菜園をする母に弟が、「母ちゃん、おっが(俺が)よか鶏糞ば作ってやる。」と言うことで、弟は独学で研究。あれこれ試行錯誤、今は大きなコンポを投入。
家庭にある生ごみ処理機のようなものに生の鶏糞を入れ、発酵させ、鶏糞自体が70~80度の熱が発生するらしいです。
そして、それを塊があると使いにくいだろうからと、大きな大きな篩器を投入。
サラサラ鶏糞の完成で、農場から持って来ればなくなり、「今度来たら20袋確保しとって!」「私も10袋!」と、予約が入ります。


今日の夕方、階段の下で呼び声が。降りていくと、いつも卵を買いに見えられる農家の方でした。
「おたくん鶏糞ば使うけん、野菜が美味しく甘く、よか出来だけん。」と・・・・
c0226317_20452145.jpg

分かるかしら・・・右下の黒い足が私の足です。
これでも、24.5cmあるんですが、野菜のでかい事。左の赤いのは、赤カブではなく、ラディッシュです。
写真には入っていませんが、立派なピリリと辛味の効いた大根も5本頂きました。
キャベツも大きくて、これまた大きなロールキャベツが出来そうです♪

あっそうだ、これも配っています♪
c0226317_20561182.jpg

何年か前に植えた「メドーセージ」が、もう何年も経って玄関横にほこっています。こんな花が咲いた状態でも、根からスコップで掘って、根をビニールに入れて要られる方にお分けします♪


5月22日の夕方引き取りで、シフォンのご注文頂いていました。いつも隣で仕事をしている方で、私が小学生の頃からずっといらっしゃる方です。ご注文頂いたのは、「たまごシフォン」でした♪
c0226317_2172792.jpg

御礼に使いたいし、横浜から、80何歳のお姉さんがいらっしゃるとの事。本当は4台希望でしたが、22日に3台と25日に1台でお願いしてしまいました。
なんか土曜は何があるか分からなく、急な配達に行ったなら焼けなくなってしまうので。
c0226317_215383.jpg

今日お姉さんがお見えになるとお休みされていたのに、強風と大雨の中わざわざ取りに見えられて、申し訳ないので、今回は1キロ煮ていた「ホルモン煮込み」もタッパーに入れて♪
c0226317_2111570.jpg

弟曰く、「こんにゃく、デカっ」。
「でも、晩酌のお供には大きい方が箸で掴み易いんじゃない?」と私が言うと、父が「小さい方が、よかばい」との事。でも私は、こんにゃくですよって主張している方が好きなんだけどなあ~。


そして、25日も約束の一台と、叔母からも頼まれていたので1台。計二台焼きました。
c0226317_21165180.jpg

シフォンって、型を出すまでドキドキ。
c0226317_21173371.jpg

高さも弾力も申し分ないのに、底がはげているでしょ・・・へこみます。
お~~~なぜ、最後まで気を抜かずに出来なかったのか・・・修行が足りませんね。


こんなブログを書いていると、母がゴソゴソ。
「畑に行って、折ってしまった・・・」
「何を?」
c0226317_21202466.jpg

とらにゃんさ~~~~ん、分かりますか?とらにゃんさんの影響で畑担当の母にお願いした「ルバーブ」です。
こんなのがたくさん茂っているそうです。
収穫は、もうちょっと長くなってからでしょうか???
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-05-26 21:50 | シフォンケーキ

5月20日。

5月20日、誕生日を迎えました。
朝、母と「おはよう!誕生日おめでとう」「おはよう。産んでくれて、ありがとうございます」って交わす日です。

30歳って、どっと来るのよとか、かなり不安で押しつぶされそうになるのよって聞いていました。でも、毎日の忙しさで、そんな暇もなく30歳になりました。
そうね・・・30歳。文字にすると、あ~30歳かぁ・・・って感じですね。

でも、そうこう言っても毎日を大切に生きる事には変わりないわけだし。周りがもうそろそろ結婚しても良いんじゃない?って、周りが焦っている横でバタバタの毎日です。

そんな30歳の昨日も朝からシフォンロールを作るべく、スポンジ作り♪
生地を作り、オーブンに!で、母がまたまた頂いて来た「甘夏」。
「甘夏」・・・ゼリーにしたり、シャーベットにしたり、絞って100%ジュースにしたり、剥いてそのまま頂いたり、果汁でシフォン焼いたり、もう少しで無くなるはずだったのに・・・。
母がまた頂いて来ました・・・。
もう剥いても誰も食べない、食べるの飽きたりしたら、ジャム作りです。
オーブンにスポンジ生地を入れてから、3.2キロの甘夏をひたすら刻みます。
8時の仕事始めに遅れる事は出来ない、ひたすら刻み、土鍋いっぱいの甘夏に、お砂糖を降り掛け、仕事に♪
c0226317_20561840.jpg

水分が出てきてくれるの待ちです。
昨日は比較的涼しくて、その上バタバタで、仕事に下りれば仕事に集中。煮るのは、お昼休みまでお預けです。

昼休み、二階に上がると同時に、甘夏の水分の上がり具合を確認、果汁を入れ、火にかけます。
c0226317_20591630.jpg

あまりベチョ~っとならない、お菓子に入れてもピールのような存在感のあるジャムにしたいと思いました。なので、いつもより厚く切っています。その為に、小さな肉切り包丁で切りました。

ジャムを火にかけ、新玉ねぎの巣篭もり卵(我が家で出来た新玉ねぎとグリーンピースを鰹節で煮て、真ん中に温泉卵を入れて煮たもの)をパクッと食べた時、父から、「○○(私の名前)、こっちに来なさい」との事。
何か壊しちゃったかな?何て思いながら父の所に、座ると「今日は誕生日だからな」と頂きました。
c0226317_215152.jpg

「何??」「数珠だ」
c0226317_2174223.jpg

へぇ~~数珠??
私も大人になったものだ、数珠なんて日常使うものではないし、お葬式に行く時位しか使わないけど、大人としては持っているのが当たり前のものだよな・・・でもなんか照れくさくて、「お父さん、来年は喪服を作ってくださいね」って言ってしまいました・・・。

母は、誕生日の時はもちろん赤飯です。祖父母をはじめとする家族の誕生日には、いつも赤飯でお祝いです。
c0226317_2195280.jpg

朝から甘夏を刻む私の隣で、「今朝は共同調理場で、ごめんなさいね」って言いながら、大きな蒸し器で赤飯を作ってくれていました。
c0226317_21115544.jpg

パックに入れ、ラップで包み、近所の方や私がお世話になっている方などに配ります。毎年ながらありがたいです。
なので、今朝作ったママレードもおまけに配りました。スペアリブや手羽元をこのママレードと醤油と酒で煮るとかなり美味しいので、ちっちゃなレシピも添えました。
c0226317_2113194.jpg


配った残りは、冷蔵庫に。妹達には今、イチゴジャムを食べさせているので、ジャムなくなったとのメールが来たら今度はこのママレードを持たせましょう♪

昼休み、ママレードを作りつつ、ロールケーキも巻きました。
c0226317_2119880.jpg

普段食べない弟が食べて、「俺は、お前のロールケーキだけ食える。なんで店のはあがん甘かつや(甘いのか)?」って言って食べてくれました♪
一つ下の弟、食が細い子で昔から母が手を焼いていたので、弟がお菓子を食べるなんて珍しい事。この歳になってまで母が手を焼くことはありませんが、あまり食べないですね。。。なので、嬉しかった。弟からの言葉の誕生日プレゼントを頂きました。



ママレードを作りながら、食べたいなあ~って思っていたものを夜、焼きました!
c0226317_21161110.jpg

ママレードシフォン♪18cm型を二台いっぺんに焼きます。
c0226317_21332810.jpg

いつも作りながら、固さを見ながら分量を変えるので同じシフォンを作り続けているとカレンダーに書きなぐって一ヵ月後、月が変わると分からなくなるなんてよくあります。

今回は、ママレードを250g、卵白317g、牛乳大4と小1(あっ書き忘れている!カレンダーに書き忘れていますが、小1また入れました)
c0226317_2138470.jpg

焼き上がり。温度をもう少し下げて焼いてもよかったな♪
c0226317_21401451.jpg

こんな感じのママレードがピールのようなアクセントになるシフォンが食べたかったんです。
c0226317_21381976.jpg

もちろん、冷蔵庫に入れておいて翌日、今日ですね。お客様にも甘夏シフォン配りました。
c0226317_21383937.jpg


カレンダーの21日。
今日の分量は、午前中肉屋さんに配達に行った時に、おばちゃんが「豚モツがあるばい、買わんな?(買わないね?)」と言ったので、父と弟の晩酌のおつまみにちぎりこんにゃくも入れて、「豚ホルモンの味噌煮」を昼休みに作った分量です。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-05-21 21:59 | シフォンケーキ

とある一日。

4月14日、14時引き取りで「レモンシフォン」を3台ご注文頂きました。

本来なら、もうレモンがないのでお断りするのですが・・・母が日曜、直売所に行って無農薬の地元農家の方のレモンを6個。
「何かに使うかと思って、買ってきたよ。もう、6個しかなかったから全部買ってきた。何かに使って、ここ置いとくね~」と、買って来てくれていたので助かりました。
c0226317_2056618.jpg


シフォンのご注文は母の友人です。先日ここにも紹介したバリバリのキャリアウーマンです。
また1時間ちょっとかけて、ケーキを取りに来てくれる事に。その方の大好きなのが「レモンシフォン」なので、りクエストはもちろんレモンシフォンでした。
当日、3台焼くとなると何があるか分からないので、2台は前の日の晩に焼きました。
c0226317_20583299.jpg

当日、残りは1台なので1台焼けばいいのですが、朝焼いた1台の型出しの不安もあったので一台保険として2台焼きました。
c0226317_2103364.jpg

型出しの失敗もなく。
c0226317_2105753.jpg

お約束の3台。
c0226317_2111013.jpg

ラッピングもして、準備完了♪保険として焼いた一台は、カットしてお客様に配りました。
c0226317_2162652.jpg





翌日の12時5分。昨日も見えられた常連さんがいらっしゃいました。
ん?たまご昨日買いに見えられたのに?どこかに持っていかれるのかな?なんて思っていたら、これを手渡されました。
c0226317_21113286.jpg

温かい~まだ熱い位です。
「昨日、シフォンばもろうたけんな(貰ったので)。おっが(俺が)植えた高菜ばおっが(俺が)漬けて、ばあさんの炒めらしたけん、持ってきたたい。昼飯に食いなっせ。旨かばい」

貴重な物を頂いて、走って二階の食事をしている両親に持って行きました。シフォン、カットで二人分しかお渡ししてないのに・・・。

私は、その頂いた高菜の見た時、ひらめいてしまいました!昼休みに作るしかない!時間との勝負になりそう!!!
それもそのはず、午前中、近くの二つの小学校に給食の配達に出かけ、美味しそうなイチゴを手に入れたんです。「紅ほっぺ」大きくて、綺麗で、5パック買いました。
土曜日に妹の所に行くので、ジャムにして持って行こうと思いました。でも、鮮度が命。
c0226317_21334281.jpg

昼休みに作るしかない、だって今晩もシフォンを2台焼かなくちゃいけないんだから!


12じ30分。
いつもはダラダラと仕事をして、昼食を取り忘れることも多々あって・・・でも、今日は珍しく、昼食になるとすぐに二階に上がりました。何たって、時間勝負です!!!

上がると廊下の食材ストック棚から、強力粉・薄力粉・塩・油・喜界島粗糖を持って台所に。

①強力粉・薄力粉・塩・油を捏ね捏ね。そして、ふきんをして30分寝かす。

②捏ね終わると、イチゴを洗い、ヘタを取り、計量、ホーロー鍋にイチゴを入れ、グラニュー糖をかける。

③イチゴの水分出しを砂糖に任せている間に、卵白の計量、薄力粉・喜界島粗糖・・・ロールケーキ作り。
イチゴがあまりにも綺麗だったので、ロールケーキにして家族に食べさせようと思ったので。
ロールケーキの生地が出来、オーブンに入れタイマーをセット。

よし、イチゴを煮ようと思ったら、思いのほか水分が出ていない・・・一つだけある真ん中の真っ白のイチゴは、パクリと食べました♪
c0226317_21353567.jpg

もう少し水分が出て欲しいので、そのまま蓋をして、夜、煮る事にしました。


30分寝かしていた生地を取り出し、先ほど頂いた「高菜漬け」を包んで、鍋で焼いて、完成したのは・・・
c0226317_2139493.jpg

「おやき」です♪甘めの高菜とモチモチの生地が丁度いいです!お客様にも配るためにも、16個焼きました。

焼いていると、ロールケーキの生地が完成。
c0226317_214439100.jpg

お焼き16個を焼き終え、スポンジが乾燥しないように、ビニールに包み、下に降り仕事に戻りました。

夕方、高菜を持って来ていただいた容器におやきを並べ、母の作った「鶏のたたき」とわけぎをビニールに入れ、先ほど高菜を持って来ていただいた方のお宅に。
c0226317_21395831.jpg


そうそう、祖父母の家に朝、新聞を届けに行った時、いつものトンネルから見た風景。
c0226317_21492748.jpg

ムスカリが終わり、真ん中に「芍薬」が咲いているのを写真に撮ろうと思い出し、お昼に作った「おやき」とカメラを持って祖父母宅に。
c0226317_21535111.jpg

すると、祖父が「こっちもあるばい」「こっちにも来てみろ」と、案内をしてくれたので、写真をパチパチ。その様子は後日。

仕事に戻り、でも5時までは到底無理の仕事量。でも、晩酌に間に合わないと母の「鶏のたたき」が・・・仕事を一時中断。車に乗って出かけようとしたら、母が「鶏のたたき」の袋を二つ。ん・・・・・・?
「○△さんちにも行ってきて」と言うことで、○△さん宅に到着。畑に出ているみたいで鍵が閉まっている、「タタキ」とワケギの入った袋を木にぶら下げ、母に電話。「○△さん、居ないから柿の木にぶら下げたって、電話しとって~」と。先を急がなきゃ!

高菜を頂いた方のお宅に到着。ご主人がいらして、「おう!どうしたとか!」おやきとタタキを見せると、「うちんとがおるけん、やって帰れ、あすこば開けてみれ」、との事。勝手口から、奥様にご挨拶、お渡しして、「おじゃましました~~~~」と戻るや否や、仕事に。

仕事が終わると、庭からパクチーを収穫。弟が大切に育てた鶏を頂きました。母が切ったワケギ。母らしい、つながっている・・・。
c0226317_2241626.jpg

生姜レモン醤油で食べたり、パクチーを刻み、スウィートチリソースとレモン。
c0226317_2242666.jpg


パクチーを刻むとすぐイチゴの入った鍋をコンロに。ジャム作りです。
c0226317_2284023.jpg


ジャムをコトコト。タタキを頂きつつ、ロールケーキ用のシロップを作り、生クリームをあわ立て、ロールケーキを巻きました。
c0226317_22101231.jpg

一晩置いて、明日頂く事にしましょう♪

そして、シフォンを二台焼きました。二台目をオーブンに入れ、少し洗い物をして、入浴。
焼きあがる前に、上がってこないと!バタバタ入浴し、上がってきたのが焼き上がりまで、2分18秒。お~~~間に合った!

シフォンをオーブンから出して、髪を乾かし、バタバタしている間にシフォンを冷まし、シフォンをビニールに包み、就寝。



あっ、昼食。
あの白いイチゴ、一粒しか食べてなかった・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-16 22:28 | シフォンケーキ
ポカポカ陽気で、クンシランもたくさん咲き誇り、母が一年かけて育ててきた花の発表会のような毎日です。

クンシランはつぼみの段階でどなたかのお宅にお邪魔し、花が終われば母の手元に帰って来て、また母が一年世話をする。母はこんな事を、毎年しています。

こんなお客さんもいらっしゃいます。
c0226317_15141341.jpg

我が家の家紋は扇なのですが、女紋は蝶です。なので、蝶を見かけると、ウキウキしてしまいます。他にもたくさん蝶が来ていました。どんな味なのかしら~♪


土曜日、知り合いの方から頂いたお豆腐が美味しくて、その方に電話をすると、「近くまで行くので、持って行きますよ!」との事。そのお言葉に甘え、持って来て頂くことに。

もちろん御代は払いますが、わざわざ来て頂くので、たまごとシフォンをお渡ししようと朝からシフォンを焼きました!
何シフォンにしようかな~やはり、一押しの「たまごシフォン」にしました。
c0226317_1520295.jpg

バニラビーンズも何も入れないのに、たまごの良い香り♪
c0226317_15212122.jpg

初めてお会いするので、何人家族か分からないので、18cmで焼きました。
c0226317_1522269.jpg

気に入っていただけると、嬉しいです!

その方が作られるのは、これです。「味噌豆腐」です。
c0226317_1526925.jpg

入れ物いっぱいに入っているのは、もろみ。この中に、ガーゼに包まれ、4丁の豆腐が入っています。
c0226317_1527857.jpg

ガーゼを外し、切り分けると、ご飯に合うんです!!

残ったもろみを弟はご飯にかけ、食べて仕事に行きました。
味噌豆腐は、チーズのように硬いのもあれば、このようなソフトタイプもあったり、家庭ごとに味が違います。

我が家でも、自宅用は作るのですが、県外の親戚や日曜にお料理の先生のお宅に伺う予定で、たぶん御高齢のご両親は作っていらっしゃらないだろうとお持ちする事にしました!




土曜の夕方、仕事が終わり、両親は畑の手入れに行き、台所から父と母の具合を見つつ、晩御飯を作ります。
二人を見ながら、コトコトとカレーを作りました。
暑い時は、ココナッツミルク。土曜日、こちらは25度になり、暑かった・・・。
冷蔵庫にある魚とジャガイモを蒸して、先日教わったカレーをアレンジ。ガラムマサラを多めにしました。
もう少しで、帰ってくるなと分かれば、母の作ったサンチュとお菓子用にストックしてある胡桃をカリカリに焼いたものを和え。
サンチュを私が全て使ってしまったので、弟は、「かあちゃ~~ん、帰ってくる時、サンチュばまた持って来て~~~~」と叫んでいました。



夕食が済めば、先生のお宅にお持ちする「桜シフォン」作り。もう、桜も終わるので、桜シフォンもこれが今年最後かな。
c0226317_15335753.jpg

昨晩焼いて準備していたので、余裕かと思って、部屋の掃除をしていたら、出かける時間が迫り焦りました。三分の一・・・桜が綺麗に取れませんでした・・・。残念だ~~~。
c0226317_1534118.jpg


先生のお宅で作ったのは、「筍ご飯」「鶏レバーの甘辛煮」「さばの味噌煮」「わらび煮」「しいたけのおすまし」です。
やはりやはり、同じ料理のはずか、家庭それぞれで味付けや料理の仕方が違うんです。面白いです。
c0226317_1539280.jpg


このワラビ。母が、金曜仕事が終わって、「もう暗くなるから、止めなさい」と、言われても収穫に行った命がけのワラビなんです。
c0226317_15414079.jpg

農場の崖にワラビがたくさんあります。農場なので肥やしが効いて、ワラビも大きくてたくさんあるんです。
c0226317_15415590.jpg

母が収穫してきたワラビの量が、半端ではなかった・・・。今までで、一番多かったです。
手では抱えられないほど、カゴいっぱいありました。母はそれを、夜11時頃からアク抜きをして、先生のお宅に持たせようとしていました。

でも、私は早く休ませてもらいました。。。






今朝、シフォンは昨晩焼いていたので、余裕があると思いながらも6時に起きました。

すると父と母の姿はなく、蒸篭に母の掘ってきた筍、摘んできたわらび、収穫したにんじんの入った「山菜おこわ」が蒸されていたので、いい香り♪・・・父は、庭の草取り。母は、畑の手入れだったみたいです。

畑の手入れが終わったのか母が、車の鍵を取りに来ました。ホームセンターかどこかに行くのかなって思いました。

準備をしている私に電話が。母からでした。
「先生の所に出発するのは何時?ちょっと待ってて欲しいんだけど・・・」

先生の所に出かける数分前に、汗まみれの母が戻ってきました。
「先生のお宅に、筍を持っていきなさい」・・・・・・・「え~~~~~~竹山行ってたの????」母のパワーには脱帽です。

山菜おこわに、筍とわらびをたくさん使ったから、筍を取りに行ったそうです・・・。


先生のお宅で、「白花豆」も煮ました。
c0226317_15392957.jpg

先生のお宅で、先生が作られていたのを頂いて美味しかったので、リクエストしました!

お砂糖を控えめに、豆を踊らさずに崩さずに煮ます。

んもぉ~~美味しい事!パクパク食べちゃいます!色々自分でも煮ましたし、食べた中で祖母の次に美味しいです。

祖母が入院しちゃって、食べられなくなったので、今度この煮方をマスターして、豆を煮て持っていくつもりです!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-11 16:05 | シフォンケーキ

我が家のピザ

先週の土曜日は、友人の結婚式でした。
c0226317_20395722.jpg

友たちに式に参列するから北九州から帰ってきたら、焼いてよと、何度も何度もご注文頂いたのですが・・・今回も時間が合いませんでした。。。式後、絶対シフォンを持ってウロウロしたら大変なことになる・・・案の定、夜遅くまで皆でウロウロ。


今年?去年?最後の貴重なレモンは、4月3日、誕生日を迎える友人の為に「レモンシフォン」を焼きました♪
c0226317_2043364.jpg

皮をいつもよりたっぷり入れたので、良い香り~~~♪

土曜日に式があるので、金曜も遅くまで仕事をして土曜の午前中は仕事をしなくてもいいようにしたつもりが・・・仕事って増えるのね。。。11時まで仕事をしました。
仕事を切り上げ、急いで友人宅に。13時30分に美容院を予約したので、友人宅に居られる時間が1時間弱。

二人目を出産したので、その子に会いに来ると言いつつ。サプライズで左手にシフォンを、右手には母が掘ったばかりの筍と米ぬかを持って行きました。

すると、おばちゃんは私がシフォンやお菓子を作るのをご存知なので、「紫芋」で羊羹を作って待っていてくれました~。おじさまが裏ごしをして下さったそう、とても美味しかったのですが、車の中にカメラを置き忘れ、写真がありません。。。おばちゃん~美味しかったです♪おじちゃん、ありがとうございました!


バタバタと友人宅を出ようとすると、「持って帰りなさい」と、袋いっぱいの柑橘類。
c0226317_20514677.jpg

ネーブル、八朔、晩柑・・・友人宅の庭は、何せ柑橘類が多くてビックリします。これでも、配りながら帰ってきたんです。。。



土曜日、遅くまでウロウロしていたので、日曜日はゆっくりするはずが・・・・。
習慣って恐ろしい。。。目覚ましをセットしてなかったのに、目覚ましの時間に「あっ!!目覚ましが壊れてる!」っと飛び起きました。そして、リビングに来ると・・・日曜たい。。。

そう、思った私の目に入ったのがこれ。
c0226317_20565694.jpg

真ん丸い華が連なる、蘭です。一年かけてようやく開花しました。その開花を、間違えて早く起きて一番に見ました。
c0226317_2057757.jpg

この花を見て・・・「シュークリーム」が食べたくなりました。

何ヶ月に一日、何もする事を決めない、したくなったらしたい事をする日曜日にするつもりだったので、「シュークリーム」を作りました。バターを使わず、綿実油使用。
c0226317_2102492.jpg

う~ん、下手。。。シュークリームは作るの、3回目かな。得意なお菓子ではないです。でも、得意になりたいお菓子です。
c0226317_2104284.jpg

イズミサンが以前、シューの皮だけを頂くと言うのを拝見した事があります。
中に何も詰めないで、シューの皮を頂く。とても、新鮮な事です。一口パクリ。
「うま~~い、へぇ~美味しい!」この見た目からは期待してなかったのですが、味は良いです。


シュークリームって、面白いです!!!



今日、こちらはポカポカの良い天気でした。

天気が良いと、この暖かさがありがたくて、布団を干すだけでは物足りない。ど~~~~も、この位暖かくなると、粉ものが捏ねたくなります、発酵に活かしたくなります。

なので、昼休み、捏ねちゃいました。
c0226317_2173998.jpg

小麦粉も、塩も、イーストも丁度有ったので。

捏ね捏ね、濡れふきんをかけて、ビニールで大きく囲って。ポカポカ暖かい、蘭の部屋に。

そして、そのままベランダに!母が昨日、甥っ子と新玉ねぎを収穫して干していたのを知っていたので~♪
c0226317_21104786.jpg

一つ頂いて来ました!
c0226317_21122841.jpg

玉ねぎを炒め、ホールトマトでピザのトマトソース作り!

トマトソースも完成、生地も良い感じに発酵していたので、半分にして、ビニール袋に入れて冷蔵庫に。仕事に戻りました!


仕事を終え、二階に上がり、冷蔵庫で待っていてくれたのは、この生地。
c0226317_21151427.jpg

好きな発酵具合♪

伸ばして伸ばして、トマトソースを塗り・・・
c0226317_2118085.jpg

今日のトッピングは、母の友達の中野さんに頂いたナスと、弟が食べるつもりで買っていたモッツラレラチーズとウインナー♪
c0226317_21204100.jpg

焼き上がり。見た目がお上品ではないですね・・・。
c0226317_2223959.jpg



母の掘ってきた筍♪
c0226317_21203753.jpg

焼き上がり。ホクホクしていて、栗のような、林檎のような、とうもろこしのようなお味です。
c0226317_2121734.jpg



庭に生えている三つ葉も乗せて~♪茎の部分の方が香りが強いので刻んで、葉は乾燥してしまうので、チーズの下に隠しました。
c0226317_21205429.jpg



ピザは6枚焼きました。  

我が家で食べたのは、2枚。他のは、焼いては、皿に入れ、アルミホイルを軽くかぶせ、近所に配りました♪
遅番の子にも、ピザを持たせました!晩御飯作りの間のつなぎにでもなれば、嬉しいな♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-06 21:35 | シフォンケーキ
毎朝、祖父母の新聞受けから新聞を取り、祖父母の家の中に届けます。雨や雪が降ると、足元が滑りやすいからです。

一歩門をくぐると、すぐ左手に私の好きな景色があります。これです。生垣があるはずなのに、ここだけ中が見えるようになっています。
c0226317_22473886.jpg

あまり良く分からないでしょ・・・右には、「ムスカリ」
c0226317_22481592.jpg

奥を見ると、ずーーーとクリスマスローズが一面咲いているの分かるでしょうか?奥の木が生えている先までクリスマスが咲き誇っています。
c0226317_22482435.jpg

毎朝、この景色を見ると「じいちゃんって、クリスマスローズ育てるの上手いなあ」っていつも尊敬。
c0226317_2258256.jpg

この贅沢な景色をありがとう、感謝です。

祖父は、いろんな花を植えています。窓を開けると今一番好きなのが、この花の香りがすることです♪
c0226317_22541517.jpg

「フリージア」の香り、大好きです♪毎年、許可を得て、摘んでは部屋に飾らせてもらいます。
c0226317_22545792.jpg



たぶん、アヤメ科の植物で、祖父は名前を知っているのでしょうが、早朝でまだ祖父は起きていなくて聞いてません。最近この花も、たくさん咲き始めました。
c0226317_2257189.jpg




春ですね~♪




3月31日。甥っ子3歳が保育園、最後の日です。
何かね、妹の住んでいる所はおかしな事に、子どもを増やしましょうという掛け声はあるもの、二人目が産まれたら、今までに保育園に行っていた子は保育園を辞めなくちゃいけなくて、また保育園に行きたいなら待機児童の一番後ろに並びなおし。

そんなこんなで、甥っ子がお世話になった担任の先生お二人にシフォンを焼く事になりました!!

お一人は、25歳の女性なので、「レモンシフォン」。もう一人は、高校生のお子さんがいらっしゃる女性には、「桜シフォン」に決めました。

丁度3月31日は月末と、年度末。
忙しいの覚悟でした。でも、甥っ子の節目におばとして出来る事は、お世話になった先生にちゃんとご挨拶のシフォンを焼くこと。早朝からの作成でした。

レモンシフォンは、いつも同様焼きあがりました。

桜シフォンに取り掛かり、材料を揃え、準備をしていると母が隣で料理をしてて、「かつおぶしが無くなっちゃった。買い置きあったっけ?」「あっ、あれはどこだっけ?」「蕗の味付け、甘いのとあっさりしょうゆ味どっちが良い?」・・・・・やっぱりダメだ、台所に二人入ると、母のペースに巻き込まれちゃう。

メレンゲ作るとき、ふと思いました。あ~~これ、レモンシフォンの砂糖の分量だって。通常の桜シフォンより砂糖が多め。。。塩分があるから、この程度でも大丈夫かな?出来て食べて判断しよう!

「桜シフォン」って、桜の塩漬けと甘納豆が入るんです。お味的には、桜餅のような感じです。

オーブンを見て、お~良い感じ♪なんて思いながら、下からお客さんが呼ぶので降りていき、上がってくると後5分。洗い物するかと、テーブルに手を伸ばすと・・・
「あ~~~~~~~~~~~~~~~~~あずきが~~~~~~~ココにある!!!!」
「あ~びっくりした。あずきは、さっきからそこにあったわよ♪」って、母。
入ってなきゃいけない甘納豆が、ココに。。。入れ忘れました。
焼き直しの決定です。。。
c0226317_21505987.jpg

でも、先生にはちゃんとしたものをお渡ししたい!でもでも、桜の塩漬けがもうない。。。
妹は16時にココを出るので、焼きなおすなら、もう昼休みしかありません。
父も母も「○△にはない?」と、思いつくお店を回ってくれて、聞いてくれて。
少し遠いけど、一軒だけお店に並んでいるのを見た記憶があるお店が有ります。昼休みになった途端に買いに行き、焼くつもりでした。
すると母が、「準備してなさい!買ってくること位は出来るから!行かせて頂戴!」と、行ってくれたのでギリギリまで、月末閉めの仕事をして、材料を集め、準備万端!!

後は母待ち。待ち。待ち。ん????帰ってこない・・・。
「もう帰るから」と電話に答える母。普段会わない3人もの方と偶然会って、少し話してきたの・・・・・お~~~~い、母さん!!!

何とか母のお陰で、完成しました♪
c0226317_229592.jpg

チラシの上において写真撮影とは・・・あの時バタバタしてて、写真撮る事さえ忘れてたもんな。
c0226317_22105899.jpg

妹は、感謝の言葉を書きまくっていました。
c0226317_22111021.jpg

先生お二人は、とても喜んで下さったみたいで、妹からメールが来てました「忙しいのに、ありがとうね」って。



小豆を入れ忘れた、桜シフォン。。。その日はバタバタしていたので、型ごと袋に入れて冷蔵庫に。
翌日型出し。食べてみました。
c0226317_22363674.jpg

「お~~~ミラクル♪小豆がないところに、いつもより少し多めの砂糖の甘み。美味い~♪」

丁度おやつ時の祖父母にも持って行きました。
c0226317_2236508.jpg


丁度「木曜市」と言う、近所のお年寄りが各自自分の家で作った野菜を持ち寄って、「市」と言っても大きなものではなく、商店街の空き店舗を利用してお店をしている日でした。なので、差し入れに持って行きました♪
c0226317_22384117.jpg





暖かいと油断していたら、日によっては突然寒くなったり。
私の手と足がしもやけになり、寒いと痛いし、暖かくなるとかゆい・・・。一人、真冬のような状態です。。。

c0226317_21342919.jpg

寒い時には、スパイシーな物が食べたいと、日曜に教えてもらったカレーを作ってみました♪

レシピには本当は入っていなかったんですが、行商に見えられたおばちゃんが持っていたあさりと海老が美味しそうで購入。その他は、母がまた掘ってきた筍も入れました♪

スパイスのお陰で、指はありえないほど赤くなり、弟には「今時、しもやけになる奴なんておらんばい。何か違う炎症だろ?」。。。父は、「四月になったのになぁ・・・俺も、出来とる」。。。母は、「全国探せども一人かもしれんね」って・・・。その位、急にしもやけの手に逆戻り。あ~~~ぁ、明日は友人の結婚式なのになぁ・・・。



夕食後、明日、結婚式に持って行く「レモンシフォン」を焼きました♪

最後のレモンを使ってしまったので、これでレモンは最後かな。去年、緑レモンを頂いた柿原さんに感謝ですね。大切に大切に使わせていただきました!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-02 23:05 | シフォンケーキ

桜とたまごとレモン味

今日のお花は、「利休梅」です♪
c0226317_20411146.jpg


昨日すっかり焼くのを忘れていたシフォン、今朝焼きました!!
早起きしようと思いましたが、今日は弟の朝食時間に重なってしまうので、6時まで事務所で仕事をして、6時10分から焼きました。

おまかせかぁ~何をこの前は焼いたかな・・・。記録に残しておけばいいものの、その時にある素材でシフォンを作るので何シフォンだったのか。。。

今は、桜の綺麗な時。このシフォンを注文された方からは、よく「桜の塩漬け」を頂きます。そして、去年も頂いた塩漬けで、「桜シフォン」を焼きました。
聞くところによると、月末、年度末で遅くまで残業される女性の従業員の方達への差し入れとの事。暗くなるまで事務所でお仕事をされるのだから、見た目も味もホッとできるものがいいのでは?と、「桜のシフォン」を焼こうと決めました。

6時から焼くので、3台は焼けます。
本番の「桜シフォン」の前に、オーブンを温めるつもりで、「たまごシフォン」と「レモンシフォン」を焼きました。

時間との勝負、この二台については途中の写真がありません。(デジカメを取りに行く余裕なんて、ない!撮っている時間も、ない!!)


なので、三台目の「桜シフォン」を。
c0226317_205258.jpg

桜の塩漬けを30分位水に漬けて、塩抜きします。そして、隣町で作っていらっしゃる小豆の甘納豆をキッチンバサミで半分にします。
あまり大きいと穴になるし、虫の様で見た目が悪いので・・・。

焼き上がり。とても良い香り~~濃いお茶が頂きたくなります♪
c0226317_20541279.jpg


香りに浸っている時間も無い、急いで着替えなければ出社時刻8時に間に合わないよ~~~なんさま急いで着替え。。。階段を下りて行きました。

左から、「レモンシフォン」に、「たまごしふぉん」に、「桜シフォン」です。お昼休み、完全に冷えたので、型出し!
c0226317_2055870.jpg


「レモン」
c0226317_20565262.jpg

「たまご」
c0226317_20575282.jpg

「桜」です。
c0226317_20583941.jpg

事務所の中で、ホッとして頂けるかしら。桜たちよ、癒してあげてくれよ~~~。
c0226317_20582724.jpg


「桜シフォン」、会社に持っていかれるのならば、ご家庭・奥様にはないじゃないですか!!と、レモンシフォンもお渡ししました。

c0226317_2131919.jpg


「約束を忘れるなんて、失態をしでかしたのですから!」と言う私に、「な~ん、全く大した事じゃないよ。気を使わないで。こっちが好きで焼いてもらってるんだから」とニコニコ。

やっぱり、仏の心をこの人持っているんだわ~と、感謝。いつも父が会合なんかある時は、通り道だからと車で送り向かいをして頂いたり、すっかり父がお世話になりっぱなしなので。


たまごシフォンは、シフォン好きな祖父母の家に少し持って行き、残りはカットして、今日見えられたお客様に配りました♪




私と妹がバタバタ行動していた日曜。
金曜、「泣いちゃいそう~~~天気が良いのにたけのこ掘りに行けないなんて・・・」と大声で山に向いながら洗濯を取り込んでいた母は、日曜、2時間父と二人で、たけのこ掘りに行っていたそうです。

なので、まだ筋肉痛だそう。でも、「あ~~~筋肉痛が取れないうちに、またたけのこ掘りに行きたい~~~」
おいおい、またかよ・・・。
c0226317_21134559.jpg


と言うことで、今晩は母の掘った「たけのこ」と、母が摘んだ「木の芽」で、母が作った「たけのこの木の芽和え」です。
c0226317_21135323.jpg


それと、馬刺し。
c0226317_21151049.jpg

お醤油と生姜で頂くのですが、我が家は、とにかく「生姜」を食べます。
四人分なのに、普通で大きな塊の生姜を摩り下ろして、食べてしまいます。

だから、冬でも靴下要らずなのかも~~~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-30 21:24 | シフォンケーキ
二月に植えたパクチー。頼りなくて、心配でした。。。
c0226317_20251381.jpg

土と相性が良かったのか、菜園担当の母の植え方が良かったのか、スクスクと大きくなり。
c0226317_2027147.jpg

パクチー独特の香りが恋しくなり、冷凍庫に海老があるのを思い出し、無性に「ヤムウンセン」が食べたくなりました。でも、春雨は先日「太平燕」にしたのでなくて、でも、食べたい!ゴソゴソと探し出てきたのが「マロニー」。う・・・・ん、微妙。でも、まいっか!
c0226317_20264657.jpg

パクチーの香りが何とも言えません!



昨日、妹親子が来ていたのは、お友達のおうちに持って行くシフォンを受け取る為でした。
c0226317_20312651.jpg

早朝に置き焼くつもりが普通の5時50分目覚ましのまま寝てしまい、6時から焼きました。
c0226317_20314072.jpg

1歳ちょっとのお子さんがいるからと、妹のリクエストは「たまごシフォン」でした。先々週、妹が行った結婚式。式前日、花嫁さんが交通事故で体調を崩し、花嫁さんの居ない式でした。そして、お見舞いもかねて結婚祝いのシフォンを焼かせてもらいました♪

イズミサンのスポンジケーキを焼くようになってから、シフォンを作ると、メレンゲと卵黄生地を混ぜる時に今までの作る時と生地に対する考え方も、混ぜ方もスピードも変わりました。
もちろん、スポンジケーキを作る時のような混ぜ方やあのボウルは使いませんが、微妙にボウルを傾けて、ゴムベラの入る角度も変わりました。
言葉にするのは難しいのですが、やはり体で習得するものなんだと思いました。イズミサンスポンジを作り、「たまごって凄いわ~」「たまごって偉大だわ~」「たまごって不思議だわ~」ってたまごに馬鹿のように一段と愛情を注いでいます。。。
色々なお菓子が作りたくなってきます♪




これ、なんだか分かりますか?
c0226317_20444775.jpg

一日外に干した「高菜」です。この写真からは伝わらないかもしれませんが、一抱えある高菜が、5山あるんです。。。

廊下の半分を占領するこの膨大な量の高菜。止めればいいのに、母は昨夜11時半から塩揉み込みを始めました。

「おやめなさい、もう11時半だよ!そんなことしてると、明日になるんだから、明日すればいいのに、おやめなさい」
そう言って、一度扉を閉め、もう一度母の居る廊下に来ると、塩を開封していました。
あ~ダメだ、もうやる気になっている・・・。私は、明朝シフォンを2台焼かなきゃいけないので、先に休ませてもらいました。
いつもは外でするのに、もう夜の11時半。新聞の上に、どこから持ってきたのか大きな白い紙を広げ、塩もみ開始。

いつもは、塩もみした高菜を桶に詰めては、高菜の上にビニールを乗せ、妹に踏んでもらっていました。でも、その妹は京都に旅行に行っているので、自分でしていたそうです。
母が作業をしている所は、廊下。弟の部屋の前です。絶対、弟に「うるさい!」と、怒られるはずです。

案の定、母はもう本当に最後の最後で、我慢していた弟の怒りに触れ、夜中怒られたそうです。だから、おやめなさいと言ったのに。。。
弟は朝が早いし、肉体労働なので睡眠はたっぷり取らないと、鶏達の世話が出来ません。「弟が寝るときは静かに」、が暗黙の了解なのに・・・。
母は、怒られた後、重石を移動させるのも、ゆ~~~~っくり。歩くのも差し足。何かを移動する時も音を立てずに、しず~~~~かに。
重石をゆ~~~~~~っくり持っていたせいで、今朝は腕に湿布を貼っていました。オイオイ・・・。


私も大学時代、一人暮らしだったので自分で青菜を漬けようと、塩もみをしたまでは良かったんです。でも、大学生の一人暮らしの部屋には、重石がない!
重石に変わるもの、変わるもの・・・この部屋で一番重いテレビやベットを乗せる訳にも行かないし。自分の手で動かせて、重いもの・・・・・・・・・・・・。
あっ、あった!「自分だ!」と、汁が出ては困るので、何重ものビニールに入れ、その下にも上にも座布団を敷き、乗ったんです。
でも、もちろん何日間も動かずには居られないので、重石の役割が果たせず。
青菜漬けを断念した事があります。


高菜漬けの季節になるといつも思い出してしまいます・・・。



このレモンは、ご近所の柿原さんから11月に頂いたもので、緑色のレモンが、オレンジ色になり、ようやく今頃黄色くなったんです。
長い間シフォンが焼けるようにと、木にならせて置くのではなく、緑の状態で下さいます。
c0226317_21132356.jpg

今日は、母のお友達から「レモンシフォン」を二台注文を受けたので、早朝から焼きました。
c0226317_21171724.jpg

これは、祖父母も食べたいと言っていたので、祖父用に豆乳使用でもう一台焼きました。
c0226317_21182020.jpg

祖母に、「今日はレモンシフォンだから、後で持ってくるね」と言うと、「わぁ~嬉か!一番嬉か!お昼には間に合うどか?」と手を合わせて喜んでくれました。配達を二件抱えていたので、配達を冷ましている間に済ませ、急いで型出しをし持って行きました!

このシフォンを頼んでくれる母の友達の方は、熊本の街の一番真ん中で仕事をされています。そこの近くにはデパートや有名なケーキ店が並んでいるのに、いつも1時間掛けてケーキを取りに見えられます。
c0226317_21213793.jpg

こんな素人のケーキでお客様の所に持っていく手土産に良いのだろうかと、いつも思います。

でも、「本当に美味しい、食べたいと思うものはお店にはないのよ。だから、あなたが迷惑でないなら、私は喜んであなたのケーキを取りに来るわ」と、おっしゃってくださいました。

よ~し、鶏達!これからも美味しいケーキ作りに励むわよ~~~って一日でした♪と言っても、ケーキを取りに見えられたが、まだお昼休みが30分残っていた時。
まだ、30分もある。焼いちゃお~~~と、イズミサンのスポンジにココアを入れて焼いてみました。
c0226317_21301530.jpg

これを書き終えて、クリームを巻きます♪

今晩は、「タラの芽」を頂いたので、天ぷらをしました。
c0226317_21313071.jpg

ごぼうもにんじんもあった、にんじんの葉っぱもある、母の植えた葱も、鶏の胸肉も、ナスも。頂き物の野菜達を揚げ、その間胸肉は、「とり天」にしようと、日本酒と少量の醤油と辛子に漬け込みました。
c0226317_21345547.jpg

手前の黒いのは、父が好きな「焼き海苔の天ぷら」です。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-18 21:43 | シフォンケーキ
1月2月って、忙しくないと思っていたのに、忙しい毎日。
仕事が追いかけて、季節の食べ物も追いかけて・・・。
そうこうしている内に、更新が止まっていました。。。

更新はしなくても、ロールケーキは焼き続けています。
c0226317_20375738.jpg

これは、今迄で一番イズミサンのロールケーキに近い感じでした。




実は、2月20日。
友人の結婚式で、福岡に行くことになっていました。結婚式となれば、普段着ないような服を着るので、体を絞らなくてわ・・・と、無駄な抵抗のような気もしますが、お菓子作りを気持ち減らしていました。。。
友人に会うので、ワクワク♪




その間には、バレンタインもあり、もちろんしました♪
それも、今年はバレンタインが日曜だったので、土曜日と月曜日の二日間、バレンタインをしました♪
土曜日、胡桃のブラウニー。
c0226317_2182152.jpg

いつも、大きなトラックに乗って、言葉数が少ないおじさんがたまごを買いに見えられたので、もしや?チョコ嫌い?甘いの駄目?なんて、思いつつも、お渡ししました。すると、「ヤッタァ~、いい事有るぞ!!嬉かぁ~~」と言われ、ニコニコ笑いながら帰られました。
もちろん、感謝の気持ちなので女性にも、お渡ししました。「いつも貰ってばかりで、良いの~それも、バレンタインまで!!」と、ニコニコされて、夕方には「美味しかった~♪」と、また卵を買いに見えられました。

月曜日、胡桃ブラウニー(土曜より、胡桃多め)と、ブラックサンダーと言うお菓子に似せたチョコバー(珍しく、甘いものが嫌いな弟からのリクエスト)。
c0226317_2183966.jpg

二種類あるので、年代や性別によってどちらを渡すか考えられて、助かりました♪
朝一番に見えられたお客様二人には、温かいブラウニーと紅茶でおもてなしをしました。

バレンタインも無事に終わり、ホワイトデー何を作ろうかしら♪ホワイトデーも二日間出来るのワクワク♪

いつもお茶を買っている地元のお茶屋さん、昔はミカン農園もされていました。
でも、ミカンの価格が安くなり、人手が足りず、ミカン山も荒れていき、皮の硬いミカンしか取れず、家庭で消費するか、配るだけになったそうです。
確かに、無農薬ですから皮も硬く、見た目も悪いです。でも、安心して食べることが出来ます。
先日も、茶と急須を買いにお店に行くと、袋いっぱいのミカンを頂きました。
c0226317_21132326.jpg

綺麗でしょ!!実も甘くて、美味しくて、家族はパクパクと頂きました。
おいおい~~~お礼に何か持っていかなきゃ!このミカンで、シフォン作ろう♪と思い立ち、冷蔵庫に・・・。
c0226317_2117453.jpg

「お~~~~~い」  鶏達が卵を持ち始めたと言っても、こんな入れ方ないでしょ~~~。10月6日に生まれた鶏が、ようやく産み始めた卵です。
c0226317_21185844.jpg

だから、小さくて、バラバラです。
c0226317_21201688.jpg

昼休みに、焼いて、仕事が終わる頃には冷えていたので、型出しをして、車で5分。
c0226317_212153100.jpg

お茶屋さん、わざわざお店から出てきて、喜ばれました。良かったぁ~皆様で、召し上がって下さいね♪
この、お茶屋さん、私のシフォンを早くお売りなさいよ、と言って下さいます。ありがたいです、でも、「まだお茶屋さんの美味しいお茶の横にお出しできるシフォン作りはまだまだなので、また、食べてくださいね~」と帰ってきました。


今年は、大根が豊作で。
c0226317_20404145.jpg

朝起きると母は、冷たい大根を抱えては体重計に乗り、大根の重さを測っています。
c0226317_20435232.jpg

まだまだたくさんあります。30kg、40kg、60kg・・・母の大根漬けはまだまだ続きます。

でも、母も仕事があるので、季節に追い越されそうになると、畑から抜いた大根、泥つきのまま、近所の方やお客様に配ります。すると、姿を変えて帰ってきます!
この方は、先日、金柑ジャムを頂いた方で、わざわざ持ってこられました。
c0226317_20465425.jpg

左のが五分漬け、右がたくわん。その家その家で作り方が違うので、食卓に漬物があると、「今日の漬物はどこの?」と、聞いて食べます。
たくわんは先ほど頂いて、まだ食べていませんが、五分漬けが美味しくて、美味しくて、レシピを聞いちゃいました♪
たくわんを持ってこられて、「土曜は居らんかったね、福岡に結婚式に行っとったとね?」、と。皆さん、私がどこに行ったのかいつもよくご存知です。。。ですので、旅行に行けば、お土産を買います。

友人の結婚式は、職場結婚だったので、会社一丸となっての祝福。友人の会社の方々の優しさに、友人は愛されているなぁと嬉しくなって、涙。
c0226317_21301811.jpg

そして、ブーケトス。一緒に参列した友人4人中、未婚者は私を含め二人。
参加するのも恥ずかしくなって・・・でも、誰もいないのも可愛そうだからと、友人のお母様に押され、拍手していた間にブーケが。「えっ?え~~~~~~~~~~~?うっそ~~~~!」一瞬、ポカンとしてしまい。係りの人に連れられ、新郎新婦の間に、そして写真撮影。
「え~~~~~~~~~」と、ビックリの結婚式でした。

でもな・・・・私、3年前に友人の結婚式に行って、その時はブーケトスは無くて、突然名前を呼ばれ、友人からのサプライズで、ブーケ授与式みたいなので、頂いた事があるのに・・・今に至ってるんだよな。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-02-22 21:50 | シフォンケーキ
熊本に雪が降るのなんて何年ぶりでしょう~♪庭も真っ白♪粉糖を掛けたみたいです~~。
c0226317_21292019.jpg

ウキウキしちゃうけど、しもやけの手が痛い。。。
小さい頃は、「今は痛いけど、大人になればならなくなるからね」って言われて、私はいつ大人になれるのでしょうか・・・。手はもちろん、足のかかとや指、痛い、かゆい。

小学2年生の頃、あまりにも痛くて皮膚科に行きました。
真っ赤に腫れた手を先生が手に取り、「何でしょうかね~?」と言われ、私が「えっ?これ手です!」と答えたら大笑いされたのをはっきりと覚えています。
今どきしもやけなんて珍しいそうです。でも、父方の系統譲りの手。分厚くて、まん丸しています。

高校生の頃、めったに雪の降らない熊本で雪が降ると、交通網は必ず乱れます。
その為、朝課外に出ようと6時半のバスで街まで出て来てたら、途中でバスがストップ・・・。
課外出なきゃとの一心で、重い辞書や教科書を詰め込んだ鞄を両手に、一時間走りました。

いつもはバスで通る道も走ると遠い。学生なので、タクシーなんて乗るお金は無く定期券だけ。
走れば温まるもので、ひたすら走って、ボックスコートには雪が積り、髪を振り乱して走り到着。
セーフ。ホッとして、扉を開くと、友達が来ていない「えっ?」「今日は、皆遅れるから自習だって!」
「え~~~~~~~~走ってきたんだよ・・・・。」
そんなこんなで、私小学生の頃から高校卒業まで、皆勤賞でした。大学の授業も休んだことないし、社会人になって、ナミナミさんに素敵な影響を受けて、東京に飛ぶようになって初めて、休みと言うものをとるようになりましたね。。。

イズミサンのケーキ、東京に行く価値大です。
私にイズミサンのケーキの美味しさを教えてくださった、ナミナミさんに感謝。
ナミナミさんにイズミサンのケーキを教えて頂いた、小粒サンに感謝。
すごく美味しいケーキを作ってくださる、イズミサンにも、もちろん感謝。
感謝の気持ちいっぱいで、いつも東京行きの飛行機はウキウキです♪


これまた、小粒サンの影響で購入した「ちびスィーツの本」です。

前の晩から仕込んでいたスコーン。なんて簡単で、こんなに美味しいの?
今までのスコーンとは違うけど、うまい。
c0226317_21541660.jpg

「ちび」スィーツを三倍量作るので、弟からは「ちびじゃなかばい、大量たい」と言われます。確かに。
c0226317_21564730.jpg

本ではおしゃれなのに。。。ごめんよ、妹達よ!姉さんの、この所帯染みた分け方。妹親子と、北九州に居る妹に送りました。
c0226317_2159395.jpg



今日の昼休み、今晩お客さんの居酒屋に伺うので「シフォン」をお持ちしようと思い、作りました。
お子さんもいらっしゃるし、シフォンなどのお菓子は置いてないので。
c0226317_2214189.jpg

何のシフォンにしようかな~やっぱり初めは「たまごしふぉん」でしょ。
c0226317_2254881.jpg

シフォンはやっぱ、楽しい~♪
クイジナートって、何で使うと手元に風が起こるのでしょう?私のだけ???
しもやけの手には、ツライっす。でも、あのパワーに慣れたら、シフォンはこの相棒が一番。
にしても、何で風が?顔にまで風が来るんだな。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-16 22:12 | シフォンケーキ