旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

とある一日。

4月14日、14時引き取りで「レモンシフォン」を3台ご注文頂きました。

本来なら、もうレモンがないのでお断りするのですが・・・母が日曜、直売所に行って無農薬の地元農家の方のレモンを6個。
「何かに使うかと思って、買ってきたよ。もう、6個しかなかったから全部買ってきた。何かに使って、ここ置いとくね~」と、買って来てくれていたので助かりました。
c0226317_2056618.jpg


シフォンのご注文は母の友人です。先日ここにも紹介したバリバリのキャリアウーマンです。
また1時間ちょっとかけて、ケーキを取りに来てくれる事に。その方の大好きなのが「レモンシフォン」なので、りクエストはもちろんレモンシフォンでした。
当日、3台焼くとなると何があるか分からないので、2台は前の日の晩に焼きました。
c0226317_20583299.jpg

当日、残りは1台なので1台焼けばいいのですが、朝焼いた1台の型出しの不安もあったので一台保険として2台焼きました。
c0226317_2103364.jpg

型出しの失敗もなく。
c0226317_2105753.jpg

お約束の3台。
c0226317_2111013.jpg

ラッピングもして、準備完了♪保険として焼いた一台は、カットしてお客様に配りました。
c0226317_2162652.jpg





翌日の12時5分。昨日も見えられた常連さんがいらっしゃいました。
ん?たまご昨日買いに見えられたのに?どこかに持っていかれるのかな?なんて思っていたら、これを手渡されました。
c0226317_21113286.jpg

温かい~まだ熱い位です。
「昨日、シフォンばもろうたけんな(貰ったので)。おっが(俺が)植えた高菜ばおっが(俺が)漬けて、ばあさんの炒めらしたけん、持ってきたたい。昼飯に食いなっせ。旨かばい」

貴重な物を頂いて、走って二階の食事をしている両親に持って行きました。シフォン、カットで二人分しかお渡ししてないのに・・・。

私は、その頂いた高菜の見た時、ひらめいてしまいました!昼休みに作るしかない!時間との勝負になりそう!!!
それもそのはず、午前中、近くの二つの小学校に給食の配達に出かけ、美味しそうなイチゴを手に入れたんです。「紅ほっぺ」大きくて、綺麗で、5パック買いました。
土曜日に妹の所に行くので、ジャムにして持って行こうと思いました。でも、鮮度が命。
c0226317_21334281.jpg

昼休みに作るしかない、だって今晩もシフォンを2台焼かなくちゃいけないんだから!


12じ30分。
いつもはダラダラと仕事をして、昼食を取り忘れることも多々あって・・・でも、今日は珍しく、昼食になるとすぐに二階に上がりました。何たって、時間勝負です!!!

上がると廊下の食材ストック棚から、強力粉・薄力粉・塩・油・喜界島粗糖を持って台所に。

①強力粉・薄力粉・塩・油を捏ね捏ね。そして、ふきんをして30分寝かす。

②捏ね終わると、イチゴを洗い、ヘタを取り、計量、ホーロー鍋にイチゴを入れ、グラニュー糖をかける。

③イチゴの水分出しを砂糖に任せている間に、卵白の計量、薄力粉・喜界島粗糖・・・ロールケーキ作り。
イチゴがあまりにも綺麗だったので、ロールケーキにして家族に食べさせようと思ったので。
ロールケーキの生地が出来、オーブンに入れタイマーをセット。

よし、イチゴを煮ようと思ったら、思いのほか水分が出ていない・・・一つだけある真ん中の真っ白のイチゴは、パクリと食べました♪
c0226317_21353567.jpg

もう少し水分が出て欲しいので、そのまま蓋をして、夜、煮る事にしました。


30分寝かしていた生地を取り出し、先ほど頂いた「高菜漬け」を包んで、鍋で焼いて、完成したのは・・・
c0226317_2139493.jpg

「おやき」です♪甘めの高菜とモチモチの生地が丁度いいです!お客様にも配るためにも、16個焼きました。

焼いていると、ロールケーキの生地が完成。
c0226317_214439100.jpg

お焼き16個を焼き終え、スポンジが乾燥しないように、ビニールに包み、下に降り仕事に戻りました。

夕方、高菜を持って来ていただいた容器におやきを並べ、母の作った「鶏のたたき」とわけぎをビニールに入れ、先ほど高菜を持って来ていただいた方のお宅に。
c0226317_21395831.jpg


そうそう、祖父母の家に朝、新聞を届けに行った時、いつものトンネルから見た風景。
c0226317_21492748.jpg

ムスカリが終わり、真ん中に「芍薬」が咲いているのを写真に撮ろうと思い出し、お昼に作った「おやき」とカメラを持って祖父母宅に。
c0226317_21535111.jpg

すると、祖父が「こっちもあるばい」「こっちにも来てみろ」と、案内をしてくれたので、写真をパチパチ。その様子は後日。

仕事に戻り、でも5時までは到底無理の仕事量。でも、晩酌に間に合わないと母の「鶏のたたき」が・・・仕事を一時中断。車に乗って出かけようとしたら、母が「鶏のたたき」の袋を二つ。ん・・・・・・?
「○△さんちにも行ってきて」と言うことで、○△さん宅に到着。畑に出ているみたいで鍵が閉まっている、「タタキ」とワケギの入った袋を木にぶら下げ、母に電話。「○△さん、居ないから柿の木にぶら下げたって、電話しとって~」と。先を急がなきゃ!

高菜を頂いた方のお宅に到着。ご主人がいらして、「おう!どうしたとか!」おやきとタタキを見せると、「うちんとがおるけん、やって帰れ、あすこば開けてみれ」、との事。勝手口から、奥様にご挨拶、お渡しして、「おじゃましました~~~~」と戻るや否や、仕事に。

仕事が終わると、庭からパクチーを収穫。弟が大切に育てた鶏を頂きました。母が切ったワケギ。母らしい、つながっている・・・。
c0226317_2241626.jpg

生姜レモン醤油で食べたり、パクチーを刻み、スウィートチリソースとレモン。
c0226317_2242666.jpg


パクチーを刻むとすぐイチゴの入った鍋をコンロに。ジャム作りです。
c0226317_2284023.jpg


ジャムをコトコト。タタキを頂きつつ、ロールケーキ用のシロップを作り、生クリームをあわ立て、ロールケーキを巻きました。
c0226317_22101231.jpg

一晩置いて、明日頂く事にしましょう♪

そして、シフォンを二台焼きました。二台目をオーブンに入れ、少し洗い物をして、入浴。
焼きあがる前に、上がってこないと!バタバタ入浴し、上がってきたのが焼き上がりまで、2分18秒。お~~~間に合った!

シフォンをオーブンから出して、髪を乾かし、バタバタしている間にシフォンを冷まし、シフォンをビニールに包み、就寝。



あっ、昼食。
あの白いイチゴ、一粒しか食べてなかった・・・。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-16 22:28 | シフォンケーキ