旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

先生のお宅で「白花豆」♪

ポカポカ陽気で、クンシランもたくさん咲き誇り、母が一年かけて育ててきた花の発表会のような毎日です。

クンシランはつぼみの段階でどなたかのお宅にお邪魔し、花が終われば母の手元に帰って来て、また母が一年世話をする。母はこんな事を、毎年しています。

こんなお客さんもいらっしゃいます。
c0226317_15141341.jpg

我が家の家紋は扇なのですが、女紋は蝶です。なので、蝶を見かけると、ウキウキしてしまいます。他にもたくさん蝶が来ていました。どんな味なのかしら~♪


土曜日、知り合いの方から頂いたお豆腐が美味しくて、その方に電話をすると、「近くまで行くので、持って行きますよ!」との事。そのお言葉に甘え、持って来て頂くことに。

もちろん御代は払いますが、わざわざ来て頂くので、たまごとシフォンをお渡ししようと朝からシフォンを焼きました!
何シフォンにしようかな~やはり、一押しの「たまごシフォン」にしました。
c0226317_1520295.jpg

バニラビーンズも何も入れないのに、たまごの良い香り♪
c0226317_15212122.jpg

初めてお会いするので、何人家族か分からないので、18cmで焼きました。
c0226317_1522269.jpg

気に入っていただけると、嬉しいです!

その方が作られるのは、これです。「味噌豆腐」です。
c0226317_1526925.jpg

入れ物いっぱいに入っているのは、もろみ。この中に、ガーゼに包まれ、4丁の豆腐が入っています。
c0226317_1527857.jpg

ガーゼを外し、切り分けると、ご飯に合うんです!!

残ったもろみを弟はご飯にかけ、食べて仕事に行きました。
味噌豆腐は、チーズのように硬いのもあれば、このようなソフトタイプもあったり、家庭ごとに味が違います。

我が家でも、自宅用は作るのですが、県外の親戚や日曜にお料理の先生のお宅に伺う予定で、たぶん御高齢のご両親は作っていらっしゃらないだろうとお持ちする事にしました!




土曜の夕方、仕事が終わり、両親は畑の手入れに行き、台所から父と母の具合を見つつ、晩御飯を作ります。
二人を見ながら、コトコトとカレーを作りました。
暑い時は、ココナッツミルク。土曜日、こちらは25度になり、暑かった・・・。
冷蔵庫にある魚とジャガイモを蒸して、先日教わったカレーをアレンジ。ガラムマサラを多めにしました。
もう少しで、帰ってくるなと分かれば、母の作ったサンチュとお菓子用にストックしてある胡桃をカリカリに焼いたものを和え。
サンチュを私が全て使ってしまったので、弟は、「かあちゃ~~ん、帰ってくる時、サンチュばまた持って来て~~~~」と叫んでいました。



夕食が済めば、先生のお宅にお持ちする「桜シフォン」作り。もう、桜も終わるので、桜シフォンもこれが今年最後かな。
c0226317_15335753.jpg

昨晩焼いて準備していたので、余裕かと思って、部屋の掃除をしていたら、出かける時間が迫り焦りました。三分の一・・・桜が綺麗に取れませんでした・・・。残念だ~~~。
c0226317_1534118.jpg


先生のお宅で作ったのは、「筍ご飯」「鶏レバーの甘辛煮」「さばの味噌煮」「わらび煮」「しいたけのおすまし」です。
やはりやはり、同じ料理のはずか、家庭それぞれで味付けや料理の仕方が違うんです。面白いです。
c0226317_1539280.jpg


このワラビ。母が、金曜仕事が終わって、「もう暗くなるから、止めなさい」と、言われても収穫に行った命がけのワラビなんです。
c0226317_15414079.jpg

農場の崖にワラビがたくさんあります。農場なので肥やしが効いて、ワラビも大きくてたくさんあるんです。
c0226317_15415590.jpg

母が収穫してきたワラビの量が、半端ではなかった・・・。今までで、一番多かったです。
手では抱えられないほど、カゴいっぱいありました。母はそれを、夜11時頃からアク抜きをして、先生のお宅に持たせようとしていました。

でも、私は早く休ませてもらいました。。。






今朝、シフォンは昨晩焼いていたので、余裕があると思いながらも6時に起きました。

すると父と母の姿はなく、蒸篭に母の掘ってきた筍、摘んできたわらび、収穫したにんじんの入った「山菜おこわ」が蒸されていたので、いい香り♪・・・父は、庭の草取り。母は、畑の手入れだったみたいです。

畑の手入れが終わったのか母が、車の鍵を取りに来ました。ホームセンターかどこかに行くのかなって思いました。

準備をしている私に電話が。母からでした。
「先生の所に出発するのは何時?ちょっと待ってて欲しいんだけど・・・」

先生の所に出かける数分前に、汗まみれの母が戻ってきました。
「先生のお宅に、筍を持っていきなさい」・・・・・・・「え~~~~~~竹山行ってたの????」母のパワーには脱帽です。

山菜おこわに、筍とわらびをたくさん使ったから、筍を取りに行ったそうです・・・。


先生のお宅で、「白花豆」も煮ました。
c0226317_15392957.jpg

先生のお宅で、先生が作られていたのを頂いて美味しかったので、リクエストしました!

お砂糖を控えめに、豆を踊らさずに崩さずに煮ます。

んもぉ~~美味しい事!パクパク食べちゃいます!色々自分でも煮ましたし、食べた中で祖母の次に美味しいです。

祖母が入院しちゃって、食べられなくなったので、今度この煮方をマスターして、豆を煮て持っていくつもりです!
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-04-11 16:05 | シフォンケーキ