旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

甥っ子と妹と南阿蘇に・・・

3月7日、妹が友人の結婚式に行くので、4ヶ月の甥っ子は母が預かり、3歳の甥っ子を連れて、北九州から帰って来ている妹も一緒に南阿蘇に出かけました♪前日から、妹親子が泊り込みです♪

今回の目的は、「イチゴ狩り」と「トロッコ列車」!

毎年苺を我が家で収穫していたのですが、なにせ自然任せなのでまだなっていなくて、ようやく花が咲いている段階で。それに、葉っぱが小さくなってきているので、ランナーが好き勝手に伸びて、どんどん株が小さくなっているのかも・・・ならば、「イチゴ狩り」に連れて行くか!と言うことになりました。

そして、「トロッコ列車」は、3歳の男なので、車や電車が大好き。車の種類を突然聞かれても、さっぱり分からず、「ねえねえ、○○○だよ」っていつも教えられています。

トロッコ列車の出発が、13:33。
私の住む所から、南阿蘇まで2時間位かかります。
なので、「朝、8時には出発したい」と、妹(甥っ子のママ)に伝えると、「かなり興奮してるし、さっきテレビにトラが出てて、それを見るって9時過ぎまで起きてて、ようやくお布団に入っても『ママ~、明日ね、イチゴ食べて、トロッコ列車に乗るとよ~。ママは、ふみちゃんの結婚式に行くと?』・・・ひたすら、話し続けていたらしいです。
なら、出発を遅らせようと思い就寝。すると、翌朝6時。
私の携帯に電話が、「ねえねえ~起きた?早く起きないと置いて行くよ~」 え~~~~甥っ子からでした。飛び起きて、準備をして30分遅れましたが無事、8時半に出発完了!

イチゴ農園に到着。南阿蘇は、かなりかなり寒いです。「寒いけど、大丈夫ね?」と聞くと、「ジャンバー着てるから、寒くないよ!」と言って、イチゴの所に走っていきました。
c0226317_7485631.jpg

はやっ、もうイチゴ食べてる~。こんなイチゴ狩りに慣れている3歳いません・・・。去年、我が家での収穫体験で、上手に収穫してはパクパク。
c0226317_7505969.jpg

「○○○君(甥っ子の弟)にイチゴ持って帰る~」
「○○○は、まだ食べられないでしょ?」
「先生が、お汁は飲んで良いって言ったと。そして、僕が残った実を食べるんだよ~。でもね、お汁が無くて、美味しくないと。でもね、お兄ちゃんだけん食べてやらなんと」って言ってました。お兄ちゃんだなんて・・・甥っ子の成長の早さに、おばさん泣きそうでした。

イチゴばっかり食べていたので、妹が「甘くないのが食べたい!」と言ったので、昼食はベーグルサンドにしました。
c0226317_802440.jpg

合鴨サンドと、タンドリーチキンサンドを注文。あ・・・・甥っ子は何を頼めばいいんだ???と思っていて、妹と「これは、クリームチーズとサーモン。こっちは、レタスと・・・」と話していたら。「僕、クリームチーズだ~~~い好き!クリームチーズが良い!!」と、この子「クリームチーズ」なんて食べるのかしら?私の小さな頃には、食べたこと無かったと思うな・・・。まっ、言われるままに注文。パクパク食べてました。
戻って妹に聞くと、キリを食べさせているそうです。。。

その後、「トロッコ列車」に。(妹と甥っ子の写真ばかりで、トロッコ列車だけを撮った写真が無いので、トロッコ列車の写真は無いです。。。)
c0226317_891540.jpg

(写真の直し方がまだ分かりません・・・)入り口にあったこれを見ていたので、私が「トロッコ列車まだかね?」と聞くと「黒い石を取りに行ってるんだよ~」と。
ん?ん?黒い石???「ねえねえ、蒸気機関車は、黒い石で動くんだよ!!」 あ~納得。石炭の事ね・・・。
色々教えられることがあり過ぎて、その度に妹と大爆笑!
c0226317_8145016.jpg

トロッコ列車からの風景。広葉樹林が増えなきゃ、針葉樹林ばかりじゃ駄目だよな~って思いながら、甥っ子車掌さんの案内のもとガタンガタン。

南阿蘇は、本当にのどかで素敵な所です。あいにくの雨で霧がかかっていて、南阿蘇の写真がありません。また、いつか南阿蘇に来た時撮りたいと思います。でも、この子達はいました。
c0226317_7382491.jpg

甥っ子が見たがっていた、『あか牛』
c0226317_7393649.jpg

この後も、「黒牛」と「黒と白の牛(ホルスタイン)」を見たいと言われ、南阿蘇を探し回り、車中から「黒牛」は見ました。でも、「黒と白の牛」が居ない・・・。

道の駅に、牛のオブジェがありました。すると甥っ子が、「ねえねえ!ここにあるんじゃ?聞いてみよう!」と言うことで、道の駅に。甥っ子は、モジモジしながらも、店員さんに「『白と黒の牛』、居ますか?」って聞くと、「この辺には白と黒の牛は居ないもんね~それに、雨だし、小屋に居るもんね~」
それを聞いた途端、店員さんの居るレジの前で、「牛が見たい、牛が見たい、う~~~し~~~」と大泣き・・・。抱かかえて、車に戻りました。
たぶん、眠いんだろうなと思いました。夜遅く寝て、朝早く起きたので。
途中、車内からようやく「白と黒の牛」を発見!後ろを振り返ると、ウトウト・・・。ちらっと、「白と黒の牛」・・・と、言って寝てました。
しばらくして起き、「僕、今日泣かんかったね」って、一言。そして、「ママに会いたいな」。夕方になって少し淋しくなったみたいで。
「本当に、泣かんだったね。偉いぞ!よ~し、近道してママに早く会いに行くぞ~」と、帰路を急ぎました♪

帰宅後、空腹な甥っ子の為に野菜たっぷり焼きうどんを作りました。野菜はとにかく好きなのですが、甥っ子はハムやらお肉が受け付けません。とてもヘルシーな焼きうどんをお弁当箱に詰めて、ママの車に乗って戻って行きました。

帰る時、「ねえねえ、イチゴでまたお菓子作ったらいいよ」と、イチゴを甥っ子から頂きました。弟の為に摘んだイチゴを分けてくれました。
すぐに、スポンジケーキを焼きました!でも・・・・・・・・忘れていました。夜、予定が入っていたことを。
c0226317_8512971.jpg

バタバタ、焼きあがったスポンジをビニールで包み、出かけ。分けてもらったイチゴで、ロールケーキをまいたのが翌日の夕方。
c0226317_8523232.jpg

シートから剥がしきれていなかった状態で巻いたから?乾燥してた?イチゴ入れすぎたから?スポンジが割れてしまいました。

でも、妹が「今までで一番美味しいよね、てか、これスポンジだけでも充分美味しいから、こうやって巻く必要あるかな?」って。
え?あなた・・・スポンジだけを食べるケーキ、誰が食べたがるの???華がないじゃない!!「でも、これはスポンジだけで充分いけるよ」って。
イズミサン、妹が私のでさえこのように申します。イズミサンの食べたら、もう食べてくれなくなるかも・・・・。たぶん、いや絶対。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-03-14 08:58 | 焼き菓子