旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

ビスコッティとやら・・・

イズミサンのブログを拝見したら、「ビスコッティ」なるお菓子が載っていました。
何?何?どんなお菓子なの?????
私の唯一の教材、お菓子の本を何冊かめくり、見つけました!ありました!!!
バターも使わないし、甥っ子にも良いし、お正月明けの我が家にピッタリ!

寝る前、お布団の中で本を読み、いざ翌朝6時。
今までのお菓子に比べると、難しくなく、大丈夫そう~♪

今回は、ナミナミさんと東京でお会いした時に、唯でさえ重いのだから、止めればいいものの、ナミナミさんのブログで拝見したのと同じ、二人のおじちゃんの着いた「喜界島粗糖」を発見、嬉しさで購入して東京中を持ち歩いた「粗糖」を使いました。
c0226317_16214763.jpg

イズミサンはナッツをたくさんと書かれていたので、胡桃を150g入れました。

でもな、「なまこ」型に、成形すると書かれていました。「なまこ」型。
お菓子作りで、初めて出てきた言葉です。

「なまこ」と言えば、先日、行商のおばちゃんから、なまこを買い、さばき、ムラサキ大根を摩り下ろして合え、柚子も絞りました。
c0226317_16144117.jpg

柚子に反応したんでしょうね、ムラサキがピンクになりました~。野菜って面白いですよね~。
c0226317_1616535.jpg


「なまこ」型・・・「なまこ」型・・・あっ~~~~~とらにゃんさんから頂いた「シュトレンの形が「なまこ」型なのでは?と、思い出しながら、成形しました。
c0226317_16234418.jpg

食べたことのないお菓子作り。形はこんなものかな・・・。
c0226317_16242287.jpg

焼き上がり。カットして、片面10分ずつ焼きました。
焼いていると、母が「何焼いてんの???美味しそうな香りだね~~~」と、良い香りに引き寄せられてきました。
c0226317_16263444.jpg

少し冷めたら、母と一枚ずつ、味見しました。
「味のよか~~美味しか~~~。こがん美味しかお菓子のあるたいね~~~いやぁ~美味しか♪」母、大絶賛。
私も、こんな味のあるお菓子があるのか、うまぁ~いと、嬉しくなってしまいました。美味しいお菓子が出来たら、もちろん。
c0226317_16294574.jpg

ラッピング~。お客様には、紅茶とビスコッティをお出しします~♪

あまりの美味しさに、イズミサンの言葉を思い出しました。
こう言う事なのね~~「ビスコッティ」食べてしまうわ~危険~~~。




翌日は、何十度目だろう・・・また、スポンジケーキに挑戦。もちろん「粗糖」で。
c0226317_16352849.jpg

これも、違ったの。。。。イズミサンの10年分の思いと苦労、試行錯誤の詰まったスポンジケーキがすぐ出来るはずもなく。
あの美味しかったイズミサンのスポンジケーキを食べさせてあげたい!!でも、違う違う・・・・・・。

母が「美味しいのに、これじゃ駄目なの?味が良くて、美味しいよ!」と言っても、母に食べさせたいのは私がイズミサンのロールケーキを食べたときの衝撃を味わって欲しいの!
にしても、スポンジばかり作り、見守ってくれる家族。感謝です。

今朝、どうしても「ビスコッティ」を食べて頂きたい方がいらっしゃったので、5時半から準備開始。
再び焼きました。一昨日、たくさん焼いて、この方に食べた頂く分を確保していたのですが、妹親子が来たので食べさせると、帰り際、「あのお菓子持って帰って良い?」と聞かれ、「よかよ~全部持って帰りなっせ~♪」とすべて持たせたのです。
食べてくれる人が居るから、また焼くことが出来る。ありがたいです。

なので、二度目の「ビスコッティ」。
c0226317_1647178.jpg

写真は代わり映えしませんね。。。違うのは、前回は初めて鶏が産む「初卵」と呼ばれる、小さな卵を使い、今回は、卵重からするとLサイズの卵を使ったという事位で。
大きな差は出ません。
c0226317_16502372.jpg

c0226317_1651818.jpg

味を知っているのに、またまた母と二人、味見。「うまいよね~~~」バカ親子です。

ラッピングして持っていくと、「味のよか~~~」と誉められました♪
そして、帰り道、妹から「ビスコッティうまくて、とまらな~い」とのメールが。
「嬉しい~また作るね♪」と返信しました。

ビスコッティの美味しさを教えて頂いて、イズミサンありがとうございます♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2010-01-10 16:57 | 焼き菓子