旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

冬至とクリスマス

お菓子をちょっとした時間や夜寝る前に作ったり、時間を見つけては何かしら作っているのですが、パソコンの前に座ることが出来ずまとめてのアップです・・・。と言っても、まだまだ残業の途中。。。
今日も、お昼ご飯を食べ忘れ気づいたのが・・・17:23。
「あ~私、お昼ご飯食べるの忘れてる・・・」お昼、少しあがれそうな時間があったので、二階に上がると(二階が自宅です)、「熨斗書いてもらっていい?20枚と15枚」・・・「わかりました!」トイレに行っただけでした。

ありがたいことに、お歳暮に使って頂くので12月はバタバタ。
お年賀の1月もバタバタですが、やはり12月が一番。
仕事がすごい勢いで追いかけてきて、簡単なミスと言う波に飲み込まれぬようにひとつひとつ確実に業務をこなすのは、1月1日の晩、ぐっすり眠るまで緊張の連続です。やりがいがあって、ありがたいことです。

そんなバタバタの毎日ですが、12月22日は冬至でした。
柚子茶を日曜日に作り、柚子のピールが配りすぎで足りなくなっていたので、21日の朝、早起きして作りました。皮だけで、1.8キロ分。
c0226317_2022450.jpg

今回の柚子は、皮と言うか綿の部分が分厚い。でも、ざぼんもこの位なので、このまま使いました。
c0226317_20244635.jpg

分厚いの伝わるかなぁ・・・。寒いから明日まで出来るかしら・・・との不安もありつつの作成でした。
c0226317_2026242.jpg

でも、お年寄りには、軟らかくて食べやすいかも。
冬至には、、ゆず茶と柚子ピールでお迎えしました。
そして、柚子のピールを作る時、柚子のシロップがたくさん出来たので、林檎を煮ました。
c0226317_2041940.jpg

寒いと、家族はなかなか林檎を食べなくなってしまいます。でも、こうして煮て置くとパクパク。
c0226317_20485445.jpg

柚子の酸味と林檎の甘みが良いです~ヨーグルトに入れて食べます。



24日と25日は、クリスマス。
クッキーを焼いて毎年、お迎えします。
c0226317_203333.jpg

小麦粉とバターとたまご、キビ砂糖の型抜きクッキー。
毎年恒例の、星を重ねてクリスマスツリーにしたのですが、写真がありません。
(母が、お客さんの子供さんにせがまれてお渡ししたみたいです・・・せめて写真とっておけばよかった)大きさの違う星型のクッキーを、粉糖に卵白を混ぜのりを作り重ねて行きます♪
c0226317_20364165.jpg

小麦粉、1キロ分のクッキーを焼いて、ラッピング。
c0226317_20371447.jpg

お子様から、み~んなのクリスマス。お客様、業者さんにも配りました♪




今朝は、甥っ子が来るので、おやつに「丸ぼうろ」を作りました。
たまごときび砂糖、蜂蜜、小麦粉、重曹。
昔ながらのお菓子ですね。
小学校の頃、直径5cm位で、硬くておいしい「丸ぼうろ」が通学途中に売ってありました。
銀行や用で出かけた母と帰宅途中に会うと、乗せて帰ってもらえるし、そこの丸ぼうろも買ってもらえたので嬉しかった思い出があります。
そんな大きなお菓子屋さんではありません。友達の家がされていたのですが、おじいちゃんが体調を崩したからと、小学5年生頃にお店を閉められました。18年位前かな。
でも、あの味と硬さ、おいしさを覚えています。
c0226317_20512939.jpg

あの硬さは、粉かな・・・強力粉の分量を増やしました。
c0226317_2052748.jpg

まずくない、普通の丸ぼうろでした。でも、違います。
私の丸ぼうろ研究は、いつまで続くのでしょうか・・・。あの味、もう一度食べたいなぁ~。
あの味になるまで、作るしかない!

よし、あと少し仕事を片付け、明日の為にシフォンケーキを焼こうと思います。
明日は日曜ですが、もちろん仕事。
日曜にわざわざ来て頂くお客様に、シフォンを焼こうと思います~♪
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-12-26 21:13 | 季節のお仕事