旬をお菓子の中に詰め込んで、季節のお菓子を焼いています。シフォンは、卵の力を借りて、ふわふわしっとり。


by sobokuna-okasi

東京 ナミナミさんと東京観光

頭がかなり興奮状態で、お風呂に入り、友達と電話したり気を落ち着かせて、目覚ましを6時半にセットし就寝。したものの、6時には、「東京タワーが見たい!!!」と、目が覚めました。ナミナミさんがキャリーを預かっていただけるとの事、動きやすい~ウキウキしました♪

布団から飛び起き、7時にはフロントで、「東京タワーに行きたいのですが、どうやって行けばいいですか?あそこに見えているので方向は分かるのですが」と聞くと、「この角を曲がって・・・赤羽橋まで電車に乗ってください」と言われました。
「いや、歩いていこうと思うのですが・・・」「歩くと30分以上かかりますよ、電車に乗った方が良いです」

う~~~電車って、乗り場がもちろん地下。乗り場を探すのが大変で、移動よりも、地下にもぐる穴を探すのが大変・・・。
でも、親切に言ってくれているんだから、言う通りにしよう。テクテク歩いて、やはりもぐる穴が見つからない。
優しそうな方に話しかけると、外国の方で「ゴー ライト(右に行け)」と、言われても通りが二本。
手前の道?もう一つ先の道を?何度聞いても、「ゴー ライト」・・・冷静になって考えたら分かること、私、ひたすら日本語で聞いていました。英語で話せばよかった。

なお、キョロキョロしていると二人の警察官の方に遭遇。乗り場を教えて頂きました。
地下鉄に乗り、ほっとしていると「大門、大門」・・・。
え~~~~一つ手前の駅で降りなきゃいけなかったのに。
朝早起きしたんだし、時間的にも余裕がある。東京タワーさえ見つかれば、歩ける範囲内だわ。
しかし、ビルに囲まれ目印の東京タワーが見つからない。よし、勘を働かせ、何の根拠も無くひたすら走り出しました。でも、都会の中で、勘か鈍ったのか、ふと後ろを振り返ると、来た方角に東京タワーが見えました。
「なに~逆じゃない~~~」雨がポツポツ降り始め、次のコンビニで傘を買おうと歩く。
でも、通行人は傘を持っていない。
雨でぬれた服は、乾く。今回は濡れる事にしよう、これ以上荷物が増えたら、帰り走れなくなってしまう。

幸いな事に雨もパラパラ位だった。「お~う、東京タワーだ!」写真を取りたい気持ちを抑え、近くに行くんだから近くで撮りたい!
そして、到着。
c0226317_2214628.jpg

きゃ~東京タワーだ。興奮して、家族や友達に写メ送るは、大興奮!

ナミナミさんと「牛浜駅」で10時に待ち合わせ。余裕を持って行かないと、乗り換えに「新宿駅」が入っている。
前回、新宿に泊ったものの、駅の大きさにビックリ。出口が分からず、キャリーを引っ張り、グルグル。
走れども走れども、出口が無い。
「私、地上に出たいんですが・・・」 「ならば、そのエスカレーターで地下に行ってください」
おかしいでしょ?地上に出たい人が、地下に行くなんて・・・。でも、教えて頂いたので、その通りにすると無事地上に出られました。
そんなことがあり、新宿駅ちょっと怖い。
でも、余裕を見て新宿駅入りしたので、走ることなく、牛浜駅に辿り着きました。

ナミナミさん、昨日も遅くまで付き合って頂いて、お子さんもいらっしゃって大変なのに、車で迎に来てくださいました。そして、連れて行って頂いたのが、Cafe du Jardin(カフェ・ドゥ・ジャルダン)。
ナミナミさん、小粒サンのお勧めのお菓子屋さんです。

もちろん、シュークリームとプリンは外せません。小粒サンお勧めのモンブランも。。
c0226317_22175563.jpg

イズミサンのロールケーキを頂いたので、ここでもロールケーキが頂きたかったのですが、まだ並んでいなかったのでショートケーキにしました
c0226317_22193913.jpg


ナミナミさんと二人でゆっくりお話をするのは、初めてでした。でも、携帯でメールのやり取りをさせて頂いているので、なんか以前からの知人と話をしているような感じでした。
モンブランの美味しいこと。ナミナミさんが苦手とおっしゃっていましたが、小粒サンがお勧めされるからには何かあるんじゃないか?もし、今日食べなくて、次回来た時ナミナミさん食べるだろうか・・・。
いや、今日ナミナミさんに食べてもらったほうが良いのではと、勝手にモンブランを押し付けてしまいました。
でも、モンブラン嫌いなナミナミさんも、美味しいとおっしゃるほど、モンブラン美味しかった。

1時間以上ここでおしゃべりをして、次は神楽坂。

c0226317_2238352.jpg

このお店、素材にこだわっていらっしゃって、もちろんベーキングパウダーなしのシフォンです。
それにこれ・・・
c0226317_22363576.jpg

c0226317_22403125.jpg

焼印なんて、思いつかないわ~素敵。
この焼印を本で見てから、このシフォンを食べたくて、夏初めて上京した時新宿に泊ったんです。
でも、新宿って広くて、いろいろな用をこなしているとこのお店にうかがうことが出来ない、なのでお手紙を書きました。
自分のシフォンケーキの思いやどうしても、シフォンを食べたいので、もし卸していらっしゃる所があるならば、そちらに伺うので教えて頂きたいと。
すると、ちゃんとお返事のお手紙を頂戴しましたが、お店でしか食べることは出来ないとの事。

ですので、ようやく念願叶ってのシフォンとのご対面。
c0226317_22482596.jpg

シフォンとの対面よりも、もっと嬉しかったのがお店の方が覚えていらっしゃったこと。
素敵な女性でした。専門学校卒業後、洋菓子店でバイトをしつつ資金を貯め、フランスで2年修行されたそうです。

甘いものばかりで、少し塩っけのあるものが恋しくなりました。ここのガレットも本に載っていて気になっていました。なにせ、ガレット初体験。本やテレビで見たことあるけど、食べたこと無い。
食べる機会だわっと、満腹で、その上寒さで震えるナミナミさんに一緒に並んで頂き、ようやくカフェ クレープリー ル ブルターニュに入店。
c0226317_22554355.jpg

c0226317_2304024.jpg

おいしい~~。食べた後、思いました。そば粉が丁度頂いたのがある、もちろん卵もほうれん草もある、弟の友人から頂いたハムもある。
妹親子が来たら作ってあげよう。

ナミナミさんとの時間はあっという間、でも私には日に日に重たくなったキャリーが待っている。
キャリーを送るのは簡単ですが、2日もかかって皆に配るお土産が無いのは困る。
こりゃ、頑張らねば。
ナミナミさん、車から降りたらすぐの所に地下鉄の入り口あったじゃないですか?あまりにも、手前にありすぎて、降りて走り出したら見落とし、いくら行けども入り口が無いのに気がつき、そう言えばお巡りさんかガードマンさんの居るとこの前だったと。振り向くと、かなり遠くに地下鉄の入り口が見えました。
雨も降り出し、走って入り口まで引き返しました。。。都会では、勘が鈍るのかキャリーに気をとられてしまうのか。。。

このまま、無事に帰り付けばいいものの。。。。。
[PR]
by sobokuna-okasi | 2009-11-24 23:15